すみだ水族館「お江戸の金魚ワンダーランド」でお江戸のアリス気分♪日本を味わいたい方必見スポット!

すみだ水族館「お江戸の金魚ワンダーランド」でお江戸のアリス気分♪日本を味わいたい方必見スポット!

金魚づくしのイベントがすみだ水族館で開催中。江戸風鈴に金魚提灯…日本の魅力がたっぷりのイベントです♪


お江戸の金魚ワンダーランド

お江戸の金魚ワンダーランド

お江戸の金魚ワンダーランド

すみだ水族館で開催!金魚だらけの日本版不思議の国。
会場に飾られた500個の江戸風鈴の音がキレイに響きます。
お祭りを思い出させる懐かしい雰囲気もたっぷり!
日本の夏ならではのイベントです♪
2016年は7月~9月末まで開催しています。

江戸風鈴と金魚提灯

江戸風鈴と金魚提灯

江戸風鈴と金魚提灯

金魚型の提灯が天井にズラッと飾られています。
しかもこの提灯、自分で作って持って帰ることもできます♪
奥には江戸風鈴のスペースも。涼しい音におもわず癒され。

多種多様の金魚

多種多様の金魚

多種多様の金魚

一番の見どころは「金魚」!
お祭りで見たことある金魚、模様がキレイな金魚、ちょっとぶちゃいくな金魚…
とにかく多種多様。金魚の名前も風情あって素敵でした。
しかも水槽の模様が和風でとっても凝っています。
粋な演出が盛り沢山で…目が足りない!

鏡のトンネル

鏡のトンネル

鏡のトンネル

和風だけじゃなく、鏡張りとクラゲの水槽の不思議なトンネルも!
にぎやかな水族館内だったはずなのに、この場所はどこか静かな雰囲気。
座れるスペースもあるので、日常から切り離されたこの空間でゆったり…
なんて過ごし方もオススメです。

日本の良さが改めてわかるイベント。
皆さんもぜひ積極的に探してみて下さい♪


この記事のライター

関連する投稿


ふらっと秋の紅葉とアートアクアリウムin 二条城

秋の京都といえば、各お寺で手入れされた紅葉。 この時期に合わせてみたいのが、夜の二条城で開催されているイベント! 紅葉は見頃は今週か来週末になりそうですので、普段は夜入れない二条城!行ってみませんか?


「季節のお花見スポット」京王多摩川☆フローラルガーデン アンジェで季節のお花見

季節のお花見スポット2! 今回は京王多摩川駅前にある「フローラルガーデン アンジェ」をご紹介♪ 季節のイベントには素敵な装飾も見れるオススメスポット! 中での飲食もOK! 優雅に絵描きしたい人やカメラ好きさんにもオススメ。季節によっては乗馬も可能!  ※ただし虫嫌いの方には結構酷な場所です(*'ω'*)


まーったりするなら八丈島♪

各所に、温泉、美味しい食べ物、絶景、滝、ジャージ牛ちゃん!イタチ!なんかがいる八丈島。 島時間のまったりタイムを味わうにはベストスポットでした〜


植物で癒され♪調布市深大寺「神代植物公園&植物多様性センター」

神代植物公園内には、入場無料の「植物多様性センター」があります。 緑の中、ゆっくり癒されたい時や植物について知りたい時にオススメです♪


自分のハートは、自分でケアしてあげよう!  自分でできる「メンタルヘルス」

「メンタルヘルス」って言葉。最近、よく耳にするのではないでしょうか? つまり、「心の健康」ですね。 自分のハートは自分でケアして、いつも快適な気分でいたいですね。


最新の投稿


あなたが酔っぱらいすぎると、男性は“勘違い”してしまう??

酔っぱらうと4割増しに見える“落とし穴” あなたはお酒が好きですか? お酒を飲むとテンションが上がって声が大きくなったり、身体がよく動くようになる人も多いですよね? これらは「サイン」として“勘違い”されやすいようです。


“うつ病予防に恋愛が効果的”,“一瞬で恋に落ちる”って言うけど本当!?

私たちの周囲で、うつ病で苦しんでいる人が多くいる現実について、また“うつ病に恋愛感情が効果的”とか、“一瞬で恋に落ちる”とかっていう話を聞きますが、実際はどうなのでしょう?紐解いていきますね。


ハーブを使って~鳥かごバスケット

コロナ時代のフラワーアレンジメント教室を模索しています。 今回使用するティーツリーはアボリジニが常備薬としているように,消毒効果があるそうです。日本でもアロマオイルとして使用されています。


密を避け、親密に距離を縮めたいなら見るべき映画のジャンルはコレ!

恋人でも夫婦でも、デートの定番は案外映画だったりしませんか? 実は、映画鑑賞するならその種類によって観た後の恋愛感情や親密度が微妙に違ったりするのです。


トライアングルスタイル(ジューンフローラル)

花の形をとらえましょう♪ 今回のレッスンで使用したユリは八重咲で、まだあまり出回っていませんが、数年後には八重咲ユリが、当然のようになると思います。 八重咲のトルコキキョウが当然になったことと同様に…。