ネイチャーポジティブ のすすめ(千葉県 山武市版)

ネイチャーポジティブ のすすめ(千葉県 山武市版)

里山をフィールドとして地域社会と関わり合う、これからの時代の地域社会と自然の関り方のセミナーで気づいたこと。
講師:国武陽子 教授 (城西国際大学)


ネイチャーポジティブ のススメ

ネイチャーポジティブ のススメ

ネイチャーポジティブ のススメ

自然と人間の関係、特に環境問題と生態系サービス、そして、地域社会におけるネイチャーポジティブ(自然にプラスの影響を与えること)の重要性について、いろいろと学びました。
詳細は、省きますが、参考になるキーワードと、里山で活動するための企画を考えたので、ご紹介します。

環境問題と自然の変化と人間の進化

環境問題と自然の変化と人間の進化

環境問題と自然の変化と人間の進化

環境問題と自然

1992年の国連環境開発会議で採択された2つの条約があります。
・気候変動枠組み条約
・生物多様性条約

これらは、自然と生物多様性の保全の必要性が強調されており、日本政府もこれに応じて戦略を立てています。

自然の変化と人間の進化

地球の大気の成分変化やシアノバクテリアによる酸素の生成など、自然の進化の歴史は、酸素やオゾン層も作っているのです​​。
人類は自然環境の中で進化し、社会環境より圧倒的に⾧期間、狩猟採集環境下で自然選択を受けてきました。

・厳しい資源
・猛獣などによる捕食の危険性
・天候の変化
・感染症など流行
・婚外子を育てるリスク

そして、人類は、以下のように、自然の中で身体力、知力、コミュニケーション力を進化させ、学んできました。

• コミュニケーション力
• 相互に助けあう関係性を築く能力
• 狩りをする能力
• 星で自分の位置を知る
• 木に登り、体のバランスをとる
• 海や川で泳ぐ
• 走る
• いつどこに果物がなるか空間的時間的配置を記憶する
• 危険を察知する
• 異性を惹きつける能力
• 何百キロも石材や獲物を探索をする能力

生態系サービス

生態系サービス

生態系サービス

“自然の恵み”(自然が人間に提供するサービス)は我々が生きる上で重要なサービスが提供されています。

例えば、
・有機物の生産(光合成)、二酸化炭素の吸収、土壌の生産、栄養塩の循環、花粉媒介などの基盤サービス。
・気候調節、洪水制御、水質浄化、病害虫の駆除、環境の制御、波力の抑制などの調整サービス。
・様々な自然資源由来の財を提供する供給サービス、芸術、宗教などの文化の源になる文化的サービス。

つまり、

・安全かつ衛生的な住み場所
・1年を通じての食糧
・文化を育む場所・資源

しsて、自然が壊れると何が起こるか?

耕作放棄地の増加などにより、我々の暮らしている環境が維持できなくなり、生態系サービスが受けられなくなります。
リンなど自然界では不足している元素が生活排水や農業排水などの湖沼や海洋への流入によって、アオコなどの急激な繁殖を招き、貧酸素による生物の死滅や水質汚染が起こります。
物質循環が機能しなくなってきているのです。
さらに、温暖化と生物多様性減少のネガティブフィードバックが起こっています。

山武地域の自然と現状

山武地域の自然と現状

山武地域の自然と現状

山武地域はその多様な自然環境と生物地理学的な特徴で注目されています​​。
しかし、人が維持してきた二次的な自然が利用されないことにより荒廃(水田や森林の荒廃)しています。
これらは、山武地域のトウキョウサンショウウオ個体数減少の要因にもつながります。

ですから、ネイチャーポジティブというキーワードに照らし合わせた取り組みを行っていきます。

・「地域循環共生圏」という考え方で、ネイチャーポジティブ、地域が自然との調和を目指し、生物多様性の損失を止め、回復軌道に乗せる行動を推進すること。
・グリーンインフラの活用や自然の機能を活用した災害対策。

これにより、自然保護と持続可能な開発への取り組みを促進し、健全な自然、心豊かに健康に暮らせる生活を目指します。

・自然が人間に提供するサービス、例えば水質浄化、病害虫の駆除、花粉媒介など
・自然を利用したビジネス
・自然の保全と活用が地域社会にもたらす利益、例えば、観光、教育、食料生産、住など
・再生可能資源としての、木材、魚介類、野菜・穀物、水、酸素・二酸化炭素、土壌

結果、山武市におけるネーチャーポジティブな(地域の自然を資源として保全及び活用する)取り組みが創出する価値が認知され、

・評価されていなかった地域資源の経済的価値の創出
・地域資源の価値の再評価における地域への関心・愛着の醸成
・環境問題や防災に対する当事者意識の高まり
・多様な生態系機能を有し、レジリエンスの高い地域の自然環境の維持
・東京近郊及び、成田空港から近いと立地で
・豊かな観光・防災・教育・食・住食の提供

などの効果を期待できます。

山武市 ネイチャーポジティブ イベント

山武市 ネイチャーポジティブ イベント

山武市 ネイチャーポジティブ イベント

ということで、今後、以下のようなイベントを開催していきます。
講師をされたい方は、以下よりお問合せください。
https://tommy-farm.net/contact-us/

イベント案内については、同じサイト「らぶとみSHOP」サイトにてご案内致します。
上記の問い合わせよりメルマガ希望でご登録ください。

1.自然×防災x教育

※サバイバル体験の場としての里山や、避難場所としての里山
・野生食材の収集と調理
・仮設シェルターの建設
※火起こし、避難所作り、野外での食料調達
・方位の読み方とウォーキング
※昆虫採集、植物のスケッチ、自然散策などのアクティビティ
・キャンプファイヤーでの交流会
・地域の動植物、生態系の調査
※森の中で様々な生物や植物を発見し、自然のサイクルや生態系について学ぶ
・里山保全の方法について学ぶ
・自然をテーマにしたアート作品を創作
※竹灯篭、ひょうたん、竹とんぼ、竹馬
※フラワーデザイン、木の枝、葉、石など自然の素材でアート作品
・里山の風景を描く絵画クラス
・自然写真撮影イベント、撮影技術を学ぶ
※作品はWEB展示され、里山の美しさを広く伝える手段となる

2.自然x食育
・有機野菜などの高付加価値作物
・体験型農園、山林部の果樹園など
・森林を利用した、キノコの栽培と収穫体験など
・農家レストラン×地域の郷土料理
・害獣駆除のイノシシなどを利用したジビエ
・市民農園(災害時の食料供給のシステム)

みんなで楽しくネイチャーポジティブ




この記事のライター

千葉県山武市を中心に オーガニック・無農薬で野菜を栽培しながら、無農薬野菜での地域活性化を目出しています。

最新の投稿


薪拾い散策から始まるキャンプには自然に触れる喜びが盛り沢山

グリーントピアフォレストは、人里から少し離れたキャンプ場で、その先は、道も荒れているので車があまり通りません。整備されてないので、散策しながら薪拾いを行って火起こしという自然との触れ合いを存分に楽しめます。火起こしデイキャンプ(BBQ)の方も多く訪れるキャンプ場です。


九十九里の恵み極上ネギの収穫体験、ねぎやSugary。ポロネギお土産

千葉県九十九里浜の温暖な気候と豊かな自然環境で育った、みずみずしくシャキシャキ食感、そして甘みと香りが漂う畑にお邪魔しました。 見てるだけで、うまいとわかる立派な葱です。今日は、この葱を収穫体験できるということで、潮風を感じる?葱畑に行ってきたのでご報告です。


学校給食に有機農産物を!オーガニック給食の素晴らしさ。

日本各地で進むオーガニック給食の動きは、地域の環境を考慮した農業への移行を目指しています。地域社会全体で持続可能な食材を生産し、消費し、地域農業をサポートし、持続可能な食生活を奨励するメリットは計り知れません。今回、みどり戦略とオーガニックビレッジのセミナーを参考に記事にしてみました。


日本の食料・農業危機に関する深刻な問題と解決策

深刻化する食料危機、崩壊の危機に瀕する日本の食料安全保障。農業の現状と根本原因、そして抜本的な解決策の提言が、【れいわ政策勉強会 ~日本の食料・農業危機~セミナー】で納得する形で受けてきましたので紹介します。日本が食料を確保するために今すぐ行動を起こさなければならない理由がありました。


野草食材の収集と調理で、サバイバルの場としての里山を体験

たびたび発生する災害、その時の食料源として野草が注目されています。災害時の野草の価値は計り知れません。今回は、グリーントピアフォレスト(グリトピ)キャンプ地周辺の里山を舞台に、野草散策を試みた。


ウィークリーランキング


>>総合人気ランキング