記事総数:21

公開中の記事


新米を楽しむ季節!秋の美味しいごはんとそのお供について

秋の訪れとともに収穫される新米。その甘みと もちもちとした食感 は、まさに季節の贈り物。今回は千葉県のJA、農家さんに聞いた、新米 ごはん の魅力を最大限に味わうための炊き方や、その美味しいごはんに合う漬物の提案です。炊きたての ごはん と共に、秋の食卓を楽しむために、新米情報を農家さんに聞きました。


スイカ で 熱中症対策 ? スイカの栄養の秘密とその活用方法

みなさんの夏の風物と言えば? キラキラと輝く海や花火の美しさを堪能し、涼し気な場所で、かき氷を食べながら、ゆっくり過ごす。夏祭りに浴衣を着て、うちわを仰ぎながら屋台での食べ歩き? そう、今回は、そのシーンに似合う「スイカ(西瓜)」を取り上げてみました。


枝豆で今年はピチピチシャツにオサラバ。コリン、オルニチンパワー

梅雨明け宣言で、夏本番、この時期、毎年気になるピチピチシャツ! 毎年、どうにかしなきゃって思っているのに、つい、同じことの繰り返しになってしまう。 まぁ、今年もお腹ひっこめてやり過ごすしかないか!? なんて考えている人に朗報? 枝豆食べると〇〇〇〇〇〇〇かも!?


茄子(なす)パワーで、今年の夏をバッチリ快適に過ごす。

夏を目前にすると、こんなふうに体の不安を訴える方がいます。 「血圧、ちょっと高めな感じなので、気をつけたいなー、太らないようにしたいなー、塩分をなるべく控えるようにはしてるんだけど・・・、夏は汗かいちゃうので、少しとらないとね・・・。」そんな方は、この記事読んでみてください。


オクラで猛暑を乗り切れ!その効果とおすすめレシピを農家さんで調査!

江戸時代より平均気温がかなり高くなったといわれる現代。 そんな夏を目前に年々、皆さんも憂鬱になったりしてませんか? 疲れやすくなって、普段と違うと疲労感を感じていることも多くなった。食欲下がった。 そんな夏のお悩みに効果が期待できるという旬の野菜があります。そう、オクラです。今回は、オクラについてご紹介します。


野菜 を 食べる メリットを日本全国の農家さんからお取り寄せ

農園ゲーム「らぶとみ」は、リアル農家さんをゲームで遊びながら応援するサービスです。 農エンゲームで脳トレして入賞すると、リアル農家さんから野菜が送られ、食べた感想で農家さんを宣伝しちゃうんです。 SNSでは、写真やレシピを公開したり、いろいろな 野菜 を 食べる メリット を公開していきます。


これから旬をむかえる浜ニラに含まれている栄養素、βカロテンやビタミンEには、強力な抗酸化作用があるんですよ。

今回は【林修の今でしょ講座】ニラ編に出演した「櫻田農園」のブランド 浜ニラについてのインタビューをご紹介します。


トマトの栄養を効果的にとる方法が続々判明してきた。

元々トマトは、健康的な野菜というイメージがありましたが、実はここ10年で見ても、今もなお、新しい栄養や、元々あった栄養素の新しい健康パワーが発見されているんです。


初夏を告げる野菜、そら豆を味う

そら豆。 意外とスーパーでは買われない野菜なのだとか? どうやら、コスパが悪いイメージと、売られている時期が短いというのが要因のようだ。 そんな、そら豆のあまり知られていない秘密を取材してみた。


3.11”LoveSweetsコンサート”は、梶いちご園とのコラボ開催

東日本大震災から10年 あの日を忘れない。思いをひきつぎ、命をつなぐ、希望への奏で・・・! 音楽コーディネーター”関井うらら”の地方応援プロジェクト LoveSweetsコンサート3.11のお知らせです。


甲斐駒の恵み(農薬や化学肥料を使わない野菜)を食べさせたい父の想い

事業を始めた時、小学5年生男児の父親であった私の偽らざる思いでした。当時、4年間、農業生産法人の労務者として日々泥まみれで作業をする中で、山梨県北杜市周辺には、こんな思いを共有できる生産者が数多く、また、その昔、東京で暮らしていた経験から、都会にも共感してくれる人たちが数多くいることも実感していました。


九十九里のド真ん中、ニラ(浜ニラ)で直球勝負を挑む「櫻田農園」さんをご紹介!

九十九里平野・・・遠い昔、習った記憶があります。 九十九里浜まで約2kmの平坦地に位置する山武市は五木田。 そう!! 訪れた地の風景には、昔、聞いた「九十九里平野」そのもののイメージが存在していました。


新潟の地、農家に経営手法を取り入れた「すずまさ農園」スタートアップ!

新潟からレンタカーで、右側の日本海越しの佐渡島を眺めながら少し走ると「すずまさ農園」があります。日本海から、季節の楽しみと健康をお届けしようと、新規就農した「もとITエンジニア」お二人の物語が始まりました。


メイドイン”むく”の野菜を食べてみたい。そんなこと・・・時々、ふっと思います。

やさしさに包まれて育った野菜たち! その野菜たちは、心やさしい人たちが育てています。 そう、障害者の支援活動をしている「自立センターむく」の畑は、ほのぼの野菜たちの小さな園でした。


千葉県の最南端 !! 太陽の恵みを贅沢に受けた野菜を育てる「南房総太陽農園」さんを取材してきました。

色とりどりの花畑、蒼い海、四季を通じて素敵な気分を味わえる南房総! この大自然の恩恵を”ぎゅっと詰めた野菜”を育てる「南房総太陽農園」堀尾さんにお話しを伺いました。


福島のちいさな町(桑折町)に「桃源郷」を見つけました!

春の阿武隈川土手沿いから眺めた桃畑は、ピンクの絨毯を敷き詰めた夢の世界、まさに桃源郷の様相です。 この地で、希望の桃を栽培する”よもぎた果樹園”をご紹介します。


発見、人参(ニンジン)王子 ! 千葉県八街市「そうぶファーム」の佐々木祐介さんをご紹介します。

千葉県八街市にて、新農2年目、1人で4反5畝もの大地を耕し、大自然と会話し、若く謙虚な心で農を学び、安全で豊かな食を私たちに与えてくれます。 畑で!生で!食べたい人参(ニンジン)! 人参王国を築いてください!


非日常を感じさせる大人の隠れ家「丹波山」で長期滞在してみたい!

村全域が秩父多摩甲斐国立公園という周囲を中規模の山々に囲まれた「丹波山」村は、誰にも会わず大自然を感じられる”大人の隠れ家”と言えるでしょう。


千葉県一宮町から初夏の便り「今年のスナックエンドウも夢のようにおいしいケロよ!」

「さいのね畑」は、千葉県九十九里浜沿いの一宮地域、温暖な美しい自然の中で、家族と研修生と一緒に気持ちよく野菜や鶏を育てています。 無農薬・無化学肥料栽培での野菜や、ハーブ、平飼い養鶏による最高のタマゴは、まさに逸品です。


自然栽培で美味しい野菜作りに挑戦中「白州おとなの里山塾」からのお便り

南アルプス・甲斐駒ケ岳の麓、山梨県の白州から、笑顔と自然をお届けします。 「白州おとなの里山塾」で、一緒にオーガニックな生き方をシェアしよう (^^♪


最近話題のキーワード

カラーズスタイルで話題のキーワード


AGE テロメア 食べて健康