嫌いな人、苦手な人が消える?気にならなくなる?そんな裏技を使ってみよう。

嫌いな人、苦手な人が消える?気にならなくなる?そんな裏技を使ってみよう。

私たちは、実に多くの人たちと関わりあって生活しています。
「今日も楽しく過ごそう!」と意気込んでいても、なぜか大勢の中には嫌いな人や会うと気持ちが滅入ってしまう人がいたりします。
そんなとき、うまく切り抜ける方法をお知らせします。


人には波長が合う、合わないがある

人には波長が合う、合わないがある

人には波長が合う、合わないがある

人は誰でも波のような周波数を持っていて、波長が合う、合わないがあります。
ラジオの受信機も周波数を合わせて受信するはずですが、人間も同様なのです。

波動や周波数といった思いや想念が、ラジオの電波のように私たちの波長(周波数)に影響を与えています。

ですから、波長が合う人とは親しくなったりして、「うまが合う」とか「類は友を呼ぶ」という言葉も用いられるほどです。

波長が合わない、反りが合わないとしても、生まれた環境が全く違うのですからあって当然ですよね。

好きな人は価値観も合うし居心地が良く、波長が合うように、その逆も然りです。

嫌な人、付き合いにくい人への対応(嫌いな人の幸せを願う)

嫌な人、付き合いにくい人への対応(嫌いな人の幸せを願う)

嫌な人、付き合いにくい人への対応(嫌いな人の幸せを願う)

嫌な人、付き合いにくい人、腹の立つ人、意地悪な人・・・。
そんな人にはどうしたらいいでしょうか?

「〇〇さんが素敵な人生になりますように」と願いましょう。
※嫌い な 人 の 幸せ を 願う。

なぜ??
「なぜ、嫌いな人が素敵な人生になるのを願う必要があるの?嫌!」
「なぜ、嫌いで腹が立つのに、そんな人の幸せを私が願う必要があるの?」
そう思うはずです。

ですが、そう願うことで、自分の周りからその人がいなくなる、関わらずに済むようになるならとても嬉しいですよね?

思い浮かべたくないとは思いますが、今、波長が合わない嫌な人のことを思い浮かべてみてください。

もし何も共感できる部分がなかったとしても、その人の幸せを願ってみてください。
嫌いな人なのですから、心から思わなくていいです・笑

うわべだけ、口先だけでいいので嫌いな人、苦手な人のことを思い浮かべて「幸せになってください」「ずっと幸せでいてほしい」と。

その瞬間、その人といっきに記憶の中での距離ができてきますし、ある日突然その人が移動や退職するなどなど、不思議なのですが係らなくてよくなります。

実話から学ぶこと

実話から学ぶこと

実話から学ぶこと

Aさんには誰からも嫌われていて、挨拶をしてもちゃんと返してくれないばかりか、いつも文句ばかりで、「あの人がいなければどんなにいいだろう」と思う人がいました。そしてそれは、なんと直属の上司だったのです。

嫌いな人対しては、その人の不幸を願いたくもなるものですが、この方法を知ったAさん、憎んだり恨んだりするのをちょっとストップして、朝「おはようございます」の変わりに「感謝しています」と、言ってみたとのこと。

そうしたら、その嫌われている上司、驚いて「あ、あ、おはよう」と返事をしてしまったのです・笑

その後、会うたびに「感謝してます」と、Aさんは言い続け、それからというものとても仕事がしやすくなって、先日は「今晩、一杯飲みにいかないかい?」とまで言われたそう。

それはあまり嬉しくはない内容ですが(笑)、それでも「感謝してます」の言葉の効果は、素晴らしいとしか言いようがありませんね。

嫌いな人への嫌な感情は、逆にその人のことを自分に引き寄せます。

本当ならその嫌な人を自分から遠ざけたいはずなのに、その人のことを嫌えば嫌うほど、恨めば恨むほど、嫉妬すればするほど引き寄せてしまうのです。

ネガティブとポジティブ

ネガティブとポジティブ

ネガティブとポジティブ

ネガティブとポジティブな感情がありますが、ネガティブな感情のほうが、半端なくエネルギーが大きいです。

ですから、私たちが人にネガティブさをずっと持ち続けている場合、その嫌いな人とネガティブさが増幅されて、ずっとそこに支配され続けていくことになります。

もしかしたら、生きている間、ずっと支配されていくかもしれません。
なぜならネガティブエネルギーの方がずっと大きいからです。

嫌な気持、ネガティブエネルギーに無意識に自分が支配され続けるなんて、考えただけで、ぞっとしますよね。

そしてそのような感情は自分自身を下げる行為でもあり、不幸を引き寄せているということに繋がります。

なぜなら、そのままだと苦手だな、嫌いだなという人が、どんどん集まってきて負の連鎖が永遠に続いていくからです。

こんな人にはもう二度と会いたくないと考えていても、また同じような人が不思議と自分の目の前に現れたりすることになりますよ。

嫌な人間関係を引き寄せるくらいなら、負の連鎖から抜け出るために、今苦手な人、嫌な人の幸せを願うこと、です!

そうすれば、自分の頭の中から嫌な人の存在が消えます。
演技でもいいので、心がこもっていなくていいので、そうしてみてください。

そうするとあなたのオーラも変わり、嫌だと思う空気もどんどん変化して、心地よい空気が流れ始めますよ。

最後に、人の幸せを願うほど引き寄せが働きあなたは幸せになるのです!

最後に、人の幸せを願うほど引き寄せが働きあなたは幸せになるのです!

最後に、人の幸せを願うほど引き寄せが働きあなたは幸せになるのです!

この方法を用いることで、気が付いたらあなた自身が精神的にグレードアップするだけでなく、嫌な人と「さよなら」できたり、自分が嫌だと思う感情がなくなるので、一石二鳥です。

今の想像を超えるような素敵なことが起きたりしますよ。多くの人が実証済みですから、できることなら、ぜひ試してみてくださいね^^)

最後に・・・人の幸せを願うほど「引き寄せ」が働きあなたは幸せになることでしょう!


この記事のライター

最新の投稿


MusikPlatzの音楽ひろば通信第1号【R.シュトラウス作曲「アルプス交響曲」】

第1回である今回ご紹介するのは… ドイツの作曲家、リヒャルト・シュトラウス作曲の「アルプス交響曲」Op.64


秀吉の天下統一最後の相手「九戸政実」の城だった九戸城の物語

「続日本100名城」に選定された史跡九戸城跡(九戸城)は、九戸氏の居城の時に壮絶な戦いのドラマがありました。 九戸氏の居城だった九戸城は、三方を川に囲まれた天然の要害で、五千の兵で豊臣の六万の兵をてこずらせた、豊臣の天下統一にむけた最後の戦場だったのです。


あなたは、セルフイメージを高めるだけでいい。奇跡を起こそう

いつもしっかりやっているのに、なんだかうまくいかない。 努力家なのにいつも報われない・・・。 もしそうなら、解決できますよ。


三陸には、源義経は死せず北上伝説が、各所に残っている

旅行先で耳にした「義経北上伝説」が気になり、旅行ルートに沿った地だけではあるが行ってみた。 奥州 平泉の館のあった衣川から、北上川を渡って対岸の岩谷堂、大股、世田米、宮古、そして八戸から津軽半島の三厩への足どりを伝える史跡がルート上に残されているのは本当にロマンにあふれている。


百年もの間、小田原城を中心に関東を支配していた北条五代を知ろう

戦国時代の関東の勇者、北条氏(後北条氏)の本拠地、小田原城に行ってきました。 北条5代にわたり100年もの間、関東一円を支配していたた戦国大名、北条氏は、豊臣秀吉によって、ついに降伏させられてしまいました。