日本五大稲荷の一つで、島根県津和野町にある「太皷谷稲成神社」に行ってきたけど、そもそも「稲荷神社」って何!?

日本五大稲荷の一つで、島根県津和野町にある「太皷谷稲成神社」に行ってきたけど、そもそも「稲荷神社」って何!?

太皷谷とは、津和野城の城山の一角であり、江戸期には時刻を知らせる太鼓が鳴り響いた谷間であることから、この地名がつけられました。


お稲荷さん

お稲荷さん

お稲荷さん

稲荷神を祀る神社を稲荷神社(いなりじんじゃ)と呼ぶそうですが、じゃあ、稲荷神って?


稲荷神(いなりしん)は、日本の神で、稲荷大明神(いなりだいみょうじん)、お稲荷さんともいいます。
ここ、太皷谷稲成神社の御祭神は、宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)で、衣食住の大祖神様、五穀豊穰の神様であり、江戸時代よりは商売繁昌の神様としても信仰されたそうです。

朱色 狐

朱色 狐

朱色 狐

ところで、どうして稲荷神社に鳥居がたくさんあるか!?ご存知?

理由は、願い事が「叶う(通る、通った)」お礼の意味から、鳥居を奉納する方々が増えたからだそうです。

また、お稲荷さんが朱色で塗ってあるのは、ご存知ですか?

これは、五穀に関わる理由だと考えられていますが、諸説あるようです。
草木や果実が熟すと赤みをおびて 豊年・成熟色を示す。や、木火土金水の五行説から、火は土を生ずる野焼きなどを表す。などがあるそうです。

では、なぜ、狐が居るのでしょう?

実は、狐は、稲荷の神様の神使(しんし)、つまり、神様からのお使いなのです。
「狐」=「おきつねさま」はみなさんの願いを稲荷大神様に届けて、神様からの恵みをみなさんに運んでくれます。
ただ、目には見えません。そのため白(透明)狐=“びゃっこさん”といってあがめられてます。

日本五大稲荷

日本五大稲荷

日本五大稲荷

そして、日本各所にある神道上の稲荷神社の総本社が、京都市伏見区にある伏見稲荷大社です。

伏見稲荷大社  近畿の京都市伏見区

笠間稲荷神社  関東の茨城県笠間市

竹駒神社  東北の宮城県岩沼市

祐徳稲荷神社  九州の佐賀県鹿島市
※海外からの観光客で有名になりました。

そして、最後は、

太皷谷稲成神社 中国の島根県津和野町

稲荷寿司

稲荷寿司

稲荷寿司

さて、うんちくを学んだ後は、やはり食ですね(^^♪
もちろん稲荷寿司かな~、賢明なみなさんは既に想定の範囲でしょうか!?
油揚げは、狐の好物がという言い伝えに加え、稲荷神は豊作の神様であることから米を使用した俵型の稲荷寿司につながってます。

背景を知ってから、あらためて食べると格別な味です。
写真は、笠間の稲荷寿司です!


この記事のライター

関連する投稿


岩国にある美しい5連アーチの有名な橋「錦帯橋」は、未来への架橋だった!?

四季折々に訪れたい錦帯橋で口遊む歌は、未来への架橋! 「きみの心へ続く架け橋へと~♪」 えっと、栄光の架橋ですね。m__m


節分にお蕎麦を食べる習慣があること知っていますか?

節分に江戸時代はお蕎麦を食べて邪気を払っていました。 年越し蕎麦は節分に食べるものでした。 まだまだある節分の習慣!!


最新の投稿


花びんのお花をリユースして、小さなラウンドスタイルにアレンジメント

花瓶にいけてあるお花をアレンジメントに変身させましょう。 同じお花でも,生け方を変えるだけで雰囲気が変わります。 フローラルフォームを使うアレンジメントは、水替えも必要ないので便利ですね。


五月雨を集めて早し最上川・・・ひま散歩♪

山形県には、たくさんの川が流れていますが、いちばん大きい川は、最上川だそうです。1日で、歩ける範囲で恐縮ですが、最上川を紹介します。


「人生はゲーム」と考えてクリアし楽しむ。あなたの生きやすい方法で

「おぎゃあー」と生まれて、あっという間に年数がたって、でも頑張っている私たち。 嫌なことがあった日、半端なく疲れた日、話し相手がいなかった日には、悶々としてしまうこともありますよね。 でも、ちょっと考え方を変えるだけで、人生が素晴らしいと思えるものに変化したら嬉しくないですか? その内容を、一緒に見ていきましょう!


がんや糖尿病の人に“お医者様が知られたくない話”。これを試してみよう!

私たちは具合が悪くなると病院で大量の薬を出されたり、入院、手術で、その病を治そうとします。もし、自分で治癒へ導くことができたら・・、!? 「がんです。糖尿病です」と診断されたら、とてもショックですよね? ある素晴らしいドクターがこっそり教えてくれた方法が、実に効果があると評判なので、その情報の一つをお知らせします。


「励ましの言葉」が人に与える影響が素晴らしい!「励まし」で人は驚くほど変わる。

誰でもが励ましを必要としていて、その励ましの言葉の威力は絶大なものがあります。 その言葉は、相手が自分の価値に気がつけるように伝えることで、「やればできる」という思いや確信の手助けになるようです。それを知っているだけで、あなたは人々にいい意味で素晴らしい環境を提供することができるのです。