アジアでのバカンスなら、マレーシアのランカウイ島へ Part1♪

アジアでのバカンスなら、マレーシアのランカウイ島へ Part1♪


お休みを利用してちょっとしたバカンスに行きたい・・・!
という時には、日本から近いアジアに行ってみてはどうですか?
今回はアジアを旅し尽くした筆者がおすすめする、マレーシアの「ランカウイ島」をご紹介します♪


ランカウイ島の魅力

ランカウイ島の魅力

ランカウイ島の魅力


「島」と言えばなんといっても海とビーチ!
ランカウイの海はとっても綺麗です!
パラセーリングやバナナボートなど、様々なアクティビティが体験できますよ♪

アジアだけでなく欧米からの観光客ですごく賑わっています。

Photo by Ayu

Photo by Ayu

Photo by Ayu

Photo by Ayu

ビーチ沿いにはホテルやバーが並んでおり、カクテルや水タバコ(シーシャ)を楽しみながらとってもいい雰囲気で過ごすことができます。

Photo by Ayu

バーのクッションにもたれながら、一杯☆
音楽もかかっていていい感じ。

Photo by Ayu

バーのクッションにもたれながら、一杯☆
音楽もかかっていていい感じ。


夕日もとても綺麗!
夜にはファイヤーダンスのショーも行われます。

Photo by Ayu

夕暮れ・・・

Photo by Ayu

夕暮れ・・・

Photo by Ayu

シーシャ!是非お試しあれ!

Photo by Ayu

シーシャ!是非お試しあれ!

夕暮れ時のシーシャでのんびり・・・♪
シーシャは水タバコのことで、色々なフレーバーを楽しめておすすめですよ!

ランカウイ島へのアクセス

ランカウイ島へのアクセス

ランカウイ島へのアクセス


ランカウイ島はマレーシアにあり、首都クアラルンプールでトランジットをします。
クアラルンプール国際空港までは東京から飛行機で約7時間半。
東京からは羽田・成田空港両方から便があり、エアアジアなどのLCCを利用して行くこともできます。
ランカウイ島までは、クアラルンプールから国内線の小さな飛行機に乗り約1時間で到着です。

Photo by Ayu

クアラルンプール国際空港
とても大きな空港でいつも賑わっています。

Photo by Ayu

クアラルンプール国際空港
とても大きな空港でいつも賑わっています。

おすすめの時期

おすすめの時期

おすすめの時期

マレーシアには大きく分けて乾季と雨季という二つの時期があります。
特に雨季の8月~10月は雨が多く、急なスコールに降られてしまいます。
なので、乾季のベストシーズンである12月~2月の旅行がおすすめです♪
気温は28度前後と、一年を通して安定した気温です。

おすすめのグルメ

おすすめのグルメ

おすすめのグルメ


ランカウイ島のビーチ沿いには、屋台やレストランがたくさん並んでいます。
タイ料理や中華料理が多く、おなかいっぱい食べてもとっても安いのが魅力。
観光客だけでなく地元の人も利用しているので、ローカルの味が味わえます♪

Photo by Ayu

シーフードが有名

Photo by Ayu

シーフードが有名

Photo by Ayu

Photo by Ayu


筆者はタイ料理が大好きなので、タイ料理ばかり食べていました・・・(笑)
辛い物好きの方にはタイ料理は特におすすめ!
島国のマレーシアでは、特にシーフードがとっても安くて美味しいのですよ♪

Photo by Ayu

色々頼んでシェアするのがおすすめ☆

Photo by Ayu

色々頼んでシェアするのがおすすめ☆

旅行客はアジアからはタイやインドネシア、マレーシアからも多く、さらに欧米からの旅行客もたくさんいました。
筆者が行った時(2017年)は日本人には一度も会いませんでした!
ランカウイは日本人にとって意外と穴場スポットかも?!

次回Part2では、ランカウイ島のテーマパーク「オリエンタル・ヴィレッジ」をご紹介します♪


この記事のライター

アジア大好きトラベラー

関連する投稿


兼六園、それは、加賀百万石の文化を映す、歴史的文化遺産!

日本三名園の一つに数えられる、廻遊式の庭園に行ってきました。 (8月後半) もっとカメラの腕を磨けよって言われそうですが、落ち着いた雰囲気に癒されました。


南房総の道の駅をぐるっと周ってみよう♪

南房総だけで道の駅は14カ所あります。 それぞれの道の駅でイベントもやっていますのでお出かけ前はチェックしていこう!!


沖縄西海岸で空と海を見渡す素敵カフェを発見!

沖縄旅行といえば?  海!国際通りで買い物!巨大ジンベエザメの美ら海水族館!など盛り沢山ですよね。 しかし沖縄旅行の数あるスポットの中でも、偶然出会いその魅力に惹き込まれた、あるひとつの喫茶店を取り上げたいと思います!


圧倒的な景観美!棚田ってどんなところ?

「棚田」。主に山間部で斜面に沿って段状に作られた田んぼのことです。 田舎や農家に縁のない方でも聞いたことはありますよね。でも、実際に行く機会はそうそうないかも? 今回はそんな棚田で田植えをしてきましたので、レポートしてみますね!


イタリア、市場でローマを感じる!テスタッチョ市場

ローマと言えば、トレビの泉、スペイン広場…と名だたる観光名所がありますが、『ローマの素顔』を感じるならmercato(市場)に出かけるのが一番です!


最新の投稿


武田氏3代の居城、甲府の躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)紹介

風林火山の旗をなびかせた軍団の館、躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)には、武田氏3代、隆盛と滅亡の物語がありました。 役目を終えた躑躅ヶ崎館は、甲府の観光名所として、今は、静かな時間を取り戻しています。


チャイニーズ・ニュー・イヤー(中国・春節)

こんにちは、juilletです。 1月22日はチャイニーズ・ニュー・イヤーです。 1週間〜2週間は、仕事や学校がお休みになったり、イベントがあったりするそうです。 今回は、マレーシアでのチャイニーズ・ニュー・イヤー(中国・春節)について、ご紹介します。


あなたはなぜ働くのか?

働く理由は? あなた自身を見つめてみる。 多くの女性は自分の最終学校を卒業すると、なぜか就職先を探し、仕事探しに奔放します。 それはなぜなのでしょうか? 皆がそうするからでしょうか? そんな決まりはいったい誰がつくったのでしょうか? あなたは、自分が働く理由を考えたことがありますか?


成東(千葉県山武市)ストロベリー(苺)ロード「梶いちご園」で学ぶ

成東(千葉県山武市)ストロベリー(苺)ロードの終点?に位置する「梶いちご園」に行ってきました。終点(かどうかは不明)ということで、早めに行けば、最高の苺(いちご)がライバルなしの取り放題です。なんてったって、開園時は、都内側の苺園から埋まっていくのでね。


初めてのマレーシア クリスマス・年越し&新年

こんにちは、juilletです。 新年、あけましておめでとうございます! 今年はマレーシアでの年越しを初めて体験しました。 今回はその模様をシェアしたいと思います。