ホテル モンゴル 。モンゴルのホテルをご紹介!

ホテル モンゴル 。モンゴルのホテルをご紹介!

シンプルなタイトルで失礼します。
感染症不安も一巡し、今はGWを控え旅行気分でウキウキの人も多いのではないでしょうか?
そんな中、大自然を満喫できるモンゴルがブームです。
日本人としては、あまり馴染みがなかったモンゴル。今回は、ホテル モンゴル。モンゴルのホテルを中心にお伝えします。


ホテル モンゴル 紹介

ホテル モンゴル 紹介

ホテル モンゴル 紹介

シャングリ・ラ・ホテル・ウランバートル (Shangri-La Hotel, Ulaanbaatar)

高級ホテルで、ウランバートルの中心部に位置しています。
よいロケーション、素敵なレストラン、設備が整い、豪華な客室で、豪華な設備やサービスが提供されており、モンゴル料理や国際料理を楽しめるレストランもあります。


https://www.shangri-la.com/jp/ulaanbaatar/shangrila/

ブルースカイ・ホテル&タワー (Blue Sky Hotel & Tower)

ウランバートルの中心部にある高層ホテルで、モダンな客室と素晴らしい眺望が自慢です。
レストランやバー、スパなどの設備も充実し、フィットネスセンターなど設備も充実しており、また屋内スイミングプール、サウナも完備しています。
ビジネス地区の中心部に位置する 5 つ星ホテル です。


https://www.agoda.com/ja-jp/the-blue-sky-hotel-and-tower/hotel/ulaanbaatar-mn.html

テレルジ ホテル & スパ (Terelj Hotel & Spa)

ウランバートルから車で約1時間の距離にある、ゴルジ国立公園内のリゾート施設です。
伝統的なモンゴルのゲル(遊牧民の住居)をモダンにアレンジした客室があり、自然に囲まれた贅沢な滞在が楽しめます。

スタッフは素晴らしく、フレンドリーで親切です。
ホテルはビクトリア朝の邸宅をテーマにしていて、とても興味深いモンゴルのアンティークがたくさん展示されています。
ホテル自体はとても大きく、この種のホテルで期待されるすべての設備が整っています。
素晴らしいレストラン、多くの共用スペース、あらゆる種類のおもちゃやゲーム、大きなテレビを備えた子供やティーン向けのプレイルーム、ミニ映画館、室内プール、ジャグジー、サウナ、自転車のレンタル、季節に応じたあらゆるアウトドア活動の企画などです。
2階には大きくて素敵なスパがあり、様々なトリートメントのメニューがあります。

Hotel Terelj Hotel & Spa, Ulaanbaatar, Mongolia

https://terelj-hotel-ulaanbaatar.booked.jp/

テレルジ ホテル & スパ モンゴリア (Terelj Hotel & Spa) - 5つ星のテレルジ ホテル & スパ モンゴリアは、Terelj Villageから0.2km離れています。

マリオット・ホテル・ウランバートル (Marriott Hotels in Ulaanbaatar, Mongolia)

ウランバートルの中心部に位置し、ビジネスや観光に便利なホテルです。
駅から車でわずか15分、空港から車で35分です。
現代的でエレガントなデザインで297室のゲストルームとスイートを備えています。
3つのスタイリッシュなレストランでは、楽しい美食体験が待っています。
2,000平方メートル以上の会議室と宴会場があり、結婚式やビジネスミーティングのための総合的な会場を提供しています。
また、館内にはフィットネスセンターや屋内温水プールもあり、快適でリラックスした時間を過ごすことができます。
ショッピングモールや大企業、自然や文化のアトラクションに近接しています。
そして、シンプルで快適な客室と親切なスタッフが魅力です。


https://www.marriott.com/en-us/hotels/bavmc-baotou-marriott-hotel/overview/

ステップ ノマズ (Steppe Nomads Eco Camp)

伝統的なモンゴルの遊牧民の体験ができるエコツーリズムキャンプです。
自然に囲まれた場所で、ゲルに宿泊し、モンゴルの文化と暮らしを体験できます。
ヘルレン川沿いの大草原にぽつんと設置されているので、大自然を楽しむことができます。
近くで小鳥類やワシ類など多数の野鳥を観察することもできます。
食事も美味しくて分量もたっぷりあり満足することができます。
WiFiは有料で1時間2USDだったのですが、現時点では、不明です。
ただ、シャワーの温度調節など設備には多少難がありますが、コスパよく、スタッフはとてもフレンドリーで気持ちよく過ごすことができます。
夜はゲルのストーブに火を入れて、早朝に燃料を足しに来てくれたりするので大きな心配ごとはないでしょう。

モンゴルの高級ゲルリゾート「ハーンリゾート」に泊まってみた!

https://colors-style.com/articles/348

今回は、モンゴル高級ホテルとも言えるHISの「ハーンリゾート」に宿泊した体験をレポートして行きたいと思います。モンゴル屈指の高級リゾートで素晴らしい自然体験ができますよ♪

これらのホテル以外にも、ウランバートルやその周辺には多くの宿泊施設がありますので、予算や好みに合わせて選択してください

モンゴル ホテル タイプ

モンゴル ホテル タイプ

モンゴル ホテル タイプ

モンゴル ホテル タイプ

ゲル・キャンプ:
モンゴルの伝統的な住居であるゲルに宿泊できる宿泊施設です。
遊牧民の文化を体験しながら、自然に囲まれた環境でリラックスできます。
ゲル・キャンプは、一部がモダンな設備を備えた高級リゾートタイプのものから、シンプルな地元の家族経営のものまでさまざまです。

市内のホテル:
ウランバートルなどの都市部には、国際的なブランドホテルや地元のホテルがあります。
これらのホテルでは、現代的な設備やサービスが提供され、ビジネスや観光に便利な立地が多いです。

ゲストハウス:
モンゴルでは、家庭的な雰囲気を楽しめるゲストハウスが人気です。
価格も手頃で、地元の人々と交流できるチャンスがあります。
ただし、設備やサービスはシンプルなことが多いです。

ホステル:
若者やバックパッカー向けの安宿で、ドミトリーやプライベートルームが提供されています。
共用スペースで他の旅行者と交流することができますが、プライバシーは限られることがあります。

モンゴルのホテルでは、地元の料理や文化を楽しむことができることが多いです。
また、国内の交通手段が限られているため、ホテルがツアーやアクティビティの手配をサポートしてくれることが一般的です。
モンゴルの宿泊施設は、そのエリアによって特徴が異なります。
また、ホテルのスタッフは、いずれもフレンドリーなので、旅行の目的や予算、好みに応じて選択してください。

モンゴル ホテル VS ゲル・キャンプ

モンゴル ホテル VS ゲル・キャンプ

モンゴル ホテル VS ゲル・キャンプ

モンゴルに行ったら、やはり大自然のゲル・キャンプを経験したいですよね?

ただし、モンゴルのホテル、ゲル・キャンプ 宿泊には、いくつかの注意点があります。

設備とサービス:
ゲル・キャンプの設備やサービスは、施設によって大きく異なります。
一部の高級キャンプでは、快適なベッドや暖房設備、専用バスルームが用意されていることもありますが、シンプルなキャンプでは共用のトイレやシャワーを利用することが一般的です。
事前に設備やサービスについて確認しておきましょう。

気候と服装:
モンゴルは気候が厳しいことで知られており、夏は暑くて冬は非常に寒いです。
季節に応じた服装や寝具を準備しておくことが重要です。
また、夜間の気温が急激に下がることがあるため、保温性のある寝具や服装を持参することをお勧めします。

食事:
ゲル・キャンプでは、伝統的なモンゴル料理が提供されることが多いです。
ただし、メニューや食材のバリエーションが少ないことがあるため、特別な食事制限がある場合は事前に相談しておくと安心です。また、飲料水は常に持参するか、施設で提供される水を確認しておきましょう。

交通手段:
ゲル・キャンプは、都市部から離れた場所にあることが多いです。
公共交通が利用できない場合もあるため、事前にアクセス方法を調べておくことが重要です。
また、現地でドライバーやガイドを手配することが一般的です。

エチケット:
モンゴルの文化や習慣に敬意を払い、地元の人々との交流を楽しみましょう。
例えば、ゲルに入る際には、ドアの敷居を踏まないように注意したり、右足から入るなどの習慣に気をつけましょう。

予約とキャンセル:
人気のゲル・キャンプは、特に観光シーズンには予約が混み合うことがあります。
早めに予約を行い、キャンセルポリシーや変更条件を確認しておくことが重要です。
また、予約時には、宿泊人数や必要なサービス(例:送迎サービス)を明確に伝えることが大切です。

保険:
旅行中の事故や病気に備えて、適切な旅行保険に加入しておくことをお勧めします。
特に、ゲル・キャンプでは自然環境に身を置くことが多いため、緊急時の対応や医療費をカバーする保険が役立ちます。

電気・充電設備:
ゲル・キャンプでは、電気や充電設備が限られていることがあります。
必要に応じて、予備のバッテリーや太陽光充電器を持参することを検討してください。
また、モンゴルの電源プラグや電圧に対応した変換アダプターが必要な場合があります。

インターネット接続:
都市部のホテルとは異なり、ゲル・キャンプではインターネット接続が不安定な場所が多いです。
オフラインで楽しめるアクティビティや、事前に必要な情報をダウンロードしておくことをお勧めします。

やはり、一度は、モンゴル ホテル 、ゲル・キャンプを経験したいですね。
注意点を忘れずに、滞在を十分に楽しんでください。
モンゴルの自然や文化を満喫する素晴らしい体験が待っています。

安いゲル・キャンプ

モンゴルの安いゲル・キャンプはには、いくつかの理由があります。
設備がシンプルであり、贅沢なアメニティが提供されないことが一般的です。
例えば、共用のトイレやシャワー施設があったり、暖房設備が限定的であったりします。
例えば、食事の提供が簡素化されていたり、アクティビティのオプションが少なかったりすることがあります。
また、観光地から離れた場所にあったり、地元の家族が経営するゲル・キャンプだったり。
観光シーズンが終わると宿泊施設の需要が減少するため、ゲル・キャンプはオフシーズンに料金を下げることがあります。

ただし、安いゲル・キャンプでも、素晴らしい体験ができることは多いのです。
地元の文化に触れたり、自然を満喫したりできます。
ディーパッカーも大変多いのです。
予算に応じて選択し、モンゴルのゲル・キャンプでの滞在を楽しんでください。
ただし、清潔さや安全性には注意してください。

高級ゲル・キャンプ

近年、快適なモンゴル滞在を提供する優雅なホテルが建設されています。
もともとモンゴルの遊牧民が暮らすテント式の家だった“ゲル”スタイルの高級キャンプが増え、既存のツーリスト・キャンプ(ゲル体験が出来るホテル)と併せて、楽しみ方の幅はぐっと広がっています

旅行スタイルに合わせて、モンゴルの旅を満喫してください。

モンゴルの広大な自然と壮大な景観

モンゴルの広大な自然と壮大な景観

モンゴルの広大な自然と壮大な景観

ゴビ砂漠:
世界で最も有名な砂漠のひとつで、ユニークな地形や生物が生息しています。
ゴビ砂漠では、砂丘や岩の谷を探検したり、野生動物に出会うチャンスがあります。

ホブスグル湖:
モンゴル最大の淡水湖で、別名「モンゴルの海」と呼ばれています。
ホブスグル湖周辺では、釣りやカヌー、トレッキングなどのアウトドアアクティビティが楽しめます。

オルホン渓谷:
ユネスコの世界遺産に登録されているオルホン渓谷は、美しい景観と歴史が魅力の場所です。
渓谷を散策しながら、ウルグ・トゥルグット・ハン碑文や古代の遺跡を訪れることができます。

テレジ国立公園:
ウランバートルから比較的近い場所にあるテレジ国立公園では、壮大な山々や草原、野生動物を観察できます。
馬やラクダでのツアーが人気で、モンゴルの自然を満喫できます。

アルタイ山脈:
モンゴル西部に位置するアルタイ山脈は、高い山々や氷河、美しい湖が点在しています。
トレッキングや登山を楽しみながら、壮大な自然を体感できます。

エルセンタスカイ国立公園:
奇岩や岩の柱が立ち並ぶエルセンタスカイ国立公園は、モンゴルの大自然を感じるのに最適な場所です。ハイキングや写真撮影が楽しめます。

モンゴルの大自然を満喫するだけでなく、遊牧民の文化や生活に触れてみるのもいいですね。
モンゴル ホテルというタイトルでありながら、ゲル・キャンプ 大好き筆者でした。
モンゴルの自然を探検してみましょう!


この記事のライター

ボクの名前は「うけうり君」TVや先生から学んだ知識を、みんなに教えてあげるのだウリ♪

関連する投稿


いざモンゴルへ!首都ウランバートルの様子

今回はモンゴルの首都、ウランバートルの町並みや、訪れるべきスポットを紹介したいと思います!大草原のイメージとは一味違うモンゴルの姿が見えますよ〜。


知っているようで知らない!「モンゴル」ってどんな国?

日本人にとっては、お相撲さんの活躍などから馴染みの深い「モンゴル人」。しかしモンゴルがどんな国か、知らない人も多いのでは?!今回からは、そんなモンゴルについて紹介していきたいと思います。筆者も大好きな国の一つです。


モンゴルの高級ゲルリゾート「ハーンリゾート」に泊まってみた!

今回は、モンゴル高級ホテルとも言えるHISの「ハーンリゾート」に宿泊した体験をレポートして行きたいと思います。モンゴル屈指の高級リゾートで素晴らしい自然体験ができますよ♪


モンゴルの大草原で気球体験!

今回は、モンゴルの大草原の中を気球で飛んだ思い出をシェアします。日本では味わうことのできない大自然の体験をおすすめしていきます!


衝撃!モンゴルの「市場」でカルチャーショック?!

今回は、私がモンゴルに滞在中ショックを受けた、マーケットの様子を紹介したいと思います!


最新の投稿


日本の食料・農業危機に関する深刻な問題と解決策

深刻化する食料危機、崩壊の危機に瀕する日本の食料安全保障。農業の現状と根本原因、そして抜本的な解決策の提言が、【れいわ政策勉強会 ~日本の食料・農業危機~セミナー】で納得する形で受けてきましたので紹介します。日本が食料を確保するために今すぐ行動を起こさなければならない理由がありました。


野草食材の収集と調理で、サバイバルの場としての里山を体験

たびたび発生する災害、その時の食料源として野草が注目されています。災害時の野草の価値は計り知れません。今回は、グリーントピアフォレスト(グリトピ)キャンプ地周辺の里山を舞台に、野草散策を試みた。


キャンプって? 醍醐味は? 昼夜で異なる楽しみ方がある

千葉県山武市に2023年秋にオープンしたキャンプ場「グリーン・トピア・フォレスト」(略称:グリトピ)荒れ果てていた森を数年前から改善し畑やキャンプ場として自然を大切にした里山になり始めている。今後、皆様と一緒に自然体験をしながら新しいコミュニティの場にしたい。始めに、ここで何をしたらよいか?についてご紹介します。


ネイチャーポジティブ のすすめ(千葉県 山武市版)

里山をフィールドとして地域社会と関わり合う、これからの時代の地域社会と自然の関り方のセミナーで気づいたこと。 講師:国武陽子 教授 (城西国際大学)


寝かしつけのストレスを減らそう!

ママと子どものための貴重な夜の一瞬を大切にしてみませんか? 一緒に考えていきましょう。インスタでつながってください。コメントお待ちしてます。


ウィークリーランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

カラーズスタイルで話題のキーワード


AGE テロメア 食べて健康