いざモンゴルへ!首都ウランバートルの様子

いざモンゴルへ!首都ウランバートルの様子

今回はモンゴルの首都、ウランバートルの町並みや、訪れるべきスポットを紹介したいと思います!大草原のイメージとは一味違うモンゴルの姿が見えますよ〜。


首都ウランバートルに到着

首都ウランバートルに到着

首都ウランバートルに到着

こちらがモンゴルの玄関口、
「チンギスハーン国際空港」です。

前回の記事でお伝えした通り、
成田から5時間ほどで到着します!

こちらがモンゴルの玄関口、
「チンギスハーン国際空港」です。

前回の記事でお伝えした通り、
成田から5時間ほどで到着します!

入国審査を終えると「ようこそ」のボードでお出迎え。
チンギスハーン国際空港は小さく、迷うこともありません。

市内中心部とは15kmほど離れており、
渋滞がなければ車で30分ほどで到着します。

しかし
後述しますが、ウランバートルはアジア屈指の渋滞の街。

特に通勤・退勤時間は渋滞するので、
時間は多めに見積もっておいた方がいいかもしれません。

入国審査を終えると「ようこそ」のボードでお出迎え。
チンギスハーン国際空港は小さく、迷うこともありません。

市内中心部とは15kmほど離れており、
渋滞がなければ車で30分ほどで到着します。

しかし
後述しますが、ウランバートルはアジア屈指の渋滞の街。

特に通勤・退勤時間は渋滞するので、
時間は多めに見積もっておいた方がいいかもしれません。

ここからは市内の様子を紹介していきます!

こちら、8月のウランバートルの様子です!
8月はモンゴルの短い夏の時期にあたります。
昼間の気温は暑い時で30度近く、夕方と朝は10度前後と、1日の気温差が激しかったです。

雨はあまり降らず、よく晴れています!

ここからは市内の様子を紹介していきます!

こちら、8月のウランバートルの様子です!
8月はモンゴルの短い夏の時期にあたります。
昼間の気温は暑い時で30度近く、夕方と朝は10度前後と、1日の気温差が激しかったです。

雨はあまり降らず、よく晴れています!

「モンゴル=草原」というイメージを持っている人からは
想像もつかないような景色ではないでしょうか(笑)

こちらは中心部、オフィス街です。
多くのビルが立ち並んでいます。
右側に見える三日月型のビルはホテルです。

「モンゴル=草原」というイメージを持っている人からは
想像もつかないような景色ではないでしょうか(笑)

こちらは中心部、オフィス街です。
多くのビルが立ち並んでいます。
右側に見える三日月型のビルはホテルです。

オフィス街には多くの近代的なビルが立ち並んでおり、
道路も綺麗に整備されていますよ!

初めてウランバートルを訪れた時は、
モンゴルがこんなに発展した国だとは!!と驚きました。

オフィス街には多くの近代的なビルが立ち並んでおり、
道路も綺麗に整備されていますよ!

初めてウランバートルを訪れた時は、
モンゴルがこんなに発展した国だとは!!と驚きました。

こちらは住宅街の様子です。
オフィス街の中心部をのぞいて、住宅街は道路が未整備でガタガタしているところが非常に多いのが現状です。

ウランバートルは一軒家はあまりなく、
ほとんどがアマートやマンションとなっています。

前回の記事で触れましたが、
約300万人の全人口のうち、約半数がウランバートルに居住していると言われています。

こちらは住宅街の様子です。
オフィス街の中心部をのぞいて、住宅街は道路が未整備でガタガタしているところが非常に多いのが現状です。

ウランバートルは一軒家はあまりなく、
ほとんどがアマートやマンションとなっています。

前回の記事で触れましたが、
約300万人の全人口のうち、約半数がウランバートルに居住していると言われています。

中にはこのような露天屋台もあります。
フルーツやお菓子、水などを売っている屋台がありますが、
その数は、屋台が立ち並ぶ東南アジアの国と比べるとかなり少ないです。

冬が長く寒さの厳しいモンゴルでは、
屋外の商売はできないのでしょうね・・・。

中にはこのような露天屋台もあります。
フルーツやお菓子、水などを売っている屋台がありますが、
その数は、屋台が立ち並ぶ東南アジアの国と比べるとかなり少ないです。

冬が長く寒さの厳しいモンゴルでは、
屋外の商売はできないのでしょうね・・・。

こちらは「ノミンデパート」という
ウランバートルで最も大きい(?!)であろうデパートです。

スーパーマケットから日用品、家電や本屋、
さらにはお土産店があり充実しています。

私もモンゴルに行くと毎回、
ここでお土産を買って帰りますよ!

こちらは「ノミンデパート」という
ウランバートルで最も大きい(?!)であろうデパートです。

スーパーマケットから日用品、家電や本屋、
さらにはお土産店があり充実しています。

私もモンゴルに行くと毎回、
ここでお土産を買って帰りますよ!

ノミンデパートの中はこんな感じ。

なかなか綺麗な造りをしています。
東南アジアのデパートにはかないませんが・・・。

ノミンデパートの中はこんな感じ。

なかなか綺麗な造りをしています。
東南アジアのデパートにはかないませんが・・・。

コスメや香水、高級時計店などもあります。
モンゴルにはお土産やさんが少なく、空港の売店もあまり充実しているとは言えないため、外国人観光客はノミンデパートで買い物をする人が多いと思います。
おすすめです!

コスメや香水、高級時計店などもあります。
モンゴルにはお土産やさんが少なく、空港の売店もあまり充実しているとは言えないため、外国人観光客はノミンデパートで買い物をする人が多いと思います。
おすすめです!

また、モンゴルは影が充実しています!

世界のどこにでもあるように思えるStarbucksなど有名な店は、
あまりモンゴルには進出していません(泣)
(2018年時点)
ですが、その代わり知らないカフェショップがたくさんあるので、
気に入ったお店を見るけるのもなかなか楽しいです♪

また、モンゴルは影が充実しています!

世界のどこにでもあるように思えるStarbucksなど有名な店は、
あまりモンゴルには進出していません(泣)
(2018年時点)
ですが、その代わり知らないカフェショップがたくさんあるので、
気に入ったお店を見るけるのもなかなか楽しいです♪

こんな可愛いラテアートをしてくれるカフェも♪

こんな可愛いラテアートをしてくれるカフェも♪

ちなみに、最近はハードロックカフェがウランバートルに進出しましたよ!
私が来店した時は客数が少なかったので、(モンゴル人には単価が高すぎる気がしますが…)
撤退してしまわないことを願っています。苦笑

ちなみに、最近はハードロックカフェがウランバートルに進出しましたよ!
私が来店した時は客数が少なかったので、(モンゴル人には単価が高すぎる気がしますが…)
撤退してしまわないことを願っています。苦笑

8月は日が長く、写真の通り夜21時すぎでもこの明るさです・・・!

8月は日が長く、写真の通り夜21時すぎでもこの明るさです・・・!

国会議事堂「スフバータル広場」

国会議事堂「スフバータル広場」

国会議事堂「スフバータル広場」

次に紹介するのは、ウランバートル観光にはずせない、
「スフバータル広場」です。

社会主義時代のパレード、その後の民主化運動など、
数多くの様々な社会運動が繰り広げられてきた、
20世紀以降のモンゴル政治の舞台となってきた広場です。

次に紹介するのは、ウランバートル観光にはずせない、
「スフバータル広場」です。

社会主義時代のパレード、その後の民主化運動など、
数多くの様々な社会運動が繰り広げられてきた、
20世紀以降のモンゴル政治の舞台となってきた広場です。

正面から見ると、その大きさと広さは圧巻。

真ん中に鎮座するのはかの有名な英雄、
チンギス・ハーンの像です。

正面から見ると、その大きさと広さは圧巻。

真ん中に鎮座するのはかの有名な英雄、
チンギス・ハーンの像です。

チンギス・ハーン像。威厳あります。
国民にとってチンギスはモンゴルの英雄なのです。

チンギス・ハーン像。威厳あります。
国民にとってチンギスはモンゴルの英雄なのです。

スフバータル広場は様々なお祭りごとにも使用されます。
国内からもここを訪れる人は後を経ちません。

また、市民は散歩などでここを訪れることから、
日々多くの人で賑わっています。

スフバータル広場は様々なお祭りごとにも使用されます。
国内からもここを訪れる人は後を経ちません。

また、市民は散歩などでここを訪れることから、
日々多くの人で賑わっています。

例えばある日、結婚式の撮影に出くわしました。

若い人はドレスですが、
年配の人はモンゴルの伝統衣装を着ていることがわかります。

スフバータル広場ではよく結婚式の撮影に出くわすので、
こうした民族衣装を見るチャンスもありますよ!

さらに、モンゴル人は気さくに一緒に写真を取ってくれるので
伝統衣装を着た方に声をかけてみてもいいかもしれません。

例えばある日、結婚式の撮影に出くわしました。

若い人はドレスですが、
年配の人はモンゴルの伝統衣装を着ていることがわかります。

スフバータル広場ではよく結婚式の撮影に出くわすので、
こうした民族衣装を見るチャンスもありますよ!

さらに、モンゴル人は気さくに一緒に写真を取ってくれるので
伝統衣装を着た方に声をかけてみてもいいかもしれません。

これはまた別の日・・
この日に出くわしたのは「デモ」です。(笑)

モンゴル人の友人の話によると、
賃金の安い教員たちが「給料を上げろ!」というデモを行なっていたようでした。

このように、現代でも様々なイベントや政治的活動がここで行われます。

これはまた別の日・・
この日に出くわしたのは「デモ」です。(笑)

モンゴル人の友人の話によると、
賃金の安い教員たちが「給料を上げろ!」というデモを行なっていたようでした。

このように、現代でも様々なイベントや政治的活動がここで行われます。

ちなみに夜はライトアップされてとても綺麗なので
ぜひ夜も足を運んでみてください☆

ちなみに夜はライトアップされてとても綺麗なので
ぜひ夜も足を運んでみてください☆

ウランバートルを一望「ザイサンの丘」

ウランバートルを一望「ザイサンの丘」

ウランバートルを一望「ザイサンの丘」

ウランバートル市内を一望したい方はコチラ!

「ザイサンの丘」がおすすめです。

ザイサンというのは地区の名前で、ウランバートル中心部から車で20分ほどの場所にあります。
いわゆる高級住宅街で、モンゴル人で住める人はほんのわずか。

居住者の多くが日本や外国からの駐在員だと思います。

ウランバートル市内を一望したい方はコチラ!

「ザイサンの丘」がおすすめです。

ザイサンというのは地区の名前で、ウランバートル中心部から車で20分ほどの場所にあります。
いわゆる高級住宅街で、モンゴル人で住める人はほんのわずか。

居住者の多くが日本や外国からの駐在員だと思います。

階段を登ると(ちょっとしんどいですが)
ウランバートルの町並みを一望することができます。

この写真は10月にとったもので、モンゴルでは冬にあたります。
気温はマイナス5度前後。
奥に雪化粧した山脈が見えますね。

階段を登ると(ちょっとしんどいですが)
ウランバートルの町並みを一望することができます。

この写真は10月にとったもので、モンゴルでは冬にあたります。
気温はマイナス5度前後。
奥に雪化粧した山脈が見えますね。

こちらは夜に登ったときの写真です。

階段が結構辛いんです。

こちらは夜に登ったときの写真です。

階段が結構辛いんです。

しかし登り切ると、綺麗な夜景を見ることができますよ。

しかし登り切ると、綺麗な夜景を見ることができますよ。

国土の8割りが草原のモンゴル。
でも首都はこんなにも発展しているんですね。

夜景を見ているとしみじみと、そのことを実感します。

国土の8割りが草原のモンゴル。
でも首都はこんなにも発展しているんですね。

夜景を見ているとしみじみと、そのことを実感します。

次回はモンゴルの都市部から離れて、
田舎の草原や自然の魅力をお伝えしたいと思います!

次回はモンゴルの都市部から離れて、
田舎の草原や自然の魅力をお伝えしたいと思います!




この記事のライター

アジア大好きトラベラー

関連する投稿


世界遺産の街「アユタヤ遺跡」のおすすめ6選♪

今回は、タイに行ったら必ず訪れたい世界遺産の街、「アユタヤ遺跡」をご紹介します☆


フィリピンのNo.1世界遺産!をご紹介

今回はフィリピン一の世界遺産など、マニラの世界遺産を紹介して行きます♪


タイの首都バンコクはどんなところ?

タイに何度か滞在している筆者が、今回は首都バンコク市内の様子をお伝えします。アジアの中でも急成長したタイは魅力いっぱいの街です!


タイのビーチリゾート、ラン島♪

今回は、パタヤから簡単に行ける美しい離島、「ラン島」を紹介します♪


バンコク旅行なら必見!三大寺院巡りの旅♪

今日は、タイにに行ったら必ず訪れたい!バンコクにおる三大寺院を紹介します♪ 現地で撮った写真と、基本情報や行き方などの詳しい情報を載せています!


最新の投稿


薪拾い散策から始まるキャンプには自然に触れる喜びが盛り沢山

グリーントピアフォレストは、人里から少し離れたキャンプ場で、その先は、道も荒れているので車があまり通りません。整備されてないので、散策しながら薪拾いを行って火起こしという自然との触れ合いを存分に楽しめます。火起こしデイキャンプ(BBQ)の方も多く訪れるキャンプ場です。


九十九里の恵み極上ネギの収穫体験、ねぎやSugary。ポロネギお土産

千葉県九十九里浜の温暖な気候と豊かな自然環境で育った、みずみずしくシャキシャキ食感、そして甘みと香りが漂う畑にお邪魔しました。 見てるだけで、うまいとわかる立派な葱です。今日は、この葱を収穫体験できるということで、潮風を感じる?葱畑に行ってきたのでご報告です。


学校給食に有機農産物を!オーガニック給食の素晴らしさ。

日本各地で進むオーガニック給食の動きは、地域の環境を考慮した農業への移行を目指しています。地域社会全体で持続可能な食材を生産し、消費し、地域農業をサポートし、持続可能な食生活を奨励するメリットは計り知れません。今回、みどり戦略とオーガニックビレッジのセミナーを参考に記事にしてみました。


日本の食料・農業危機に関する深刻な問題と解決策

深刻化する食料危機、崩壊の危機に瀕する日本の食料安全保障。農業の現状と根本原因、そして抜本的な解決策の提言が、【れいわ政策勉強会 ~日本の食料・農業危機~セミナー】で納得する形で受けてきましたので紹介します。日本が食料を確保するために今すぐ行動を起こさなければならない理由がありました。


野草食材の収集と調理で、サバイバルの場としての里山を体験

たびたび発生する災害、その時の食料源として野草が注目されています。災害時の野草の価値は計り知れません。今回は、グリーントピアフォレスト(グリトピ)キャンプ地周辺の里山を舞台に、野草散策を試みた。


ウィークリーランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

カラーズスタイルで話題のキーワード


AGE テロメア 食べて健康