世界遺産の街「アユタヤ遺跡」のおすすめ6選♪

世界遺産の街「アユタヤ遺跡」のおすすめ6選♪

今回は、タイに行ったら必ず訪れたい世界遺産の街、「アユタヤ遺跡」をご紹介します☆


「アユタヤ遺跡群」とは?

「アユタヤ遺跡群」とは?

「アユタヤ遺跡群」とは?

歴史を遡ること約670年前。
1351年に建都されてから、1767年にビルマ軍の攻撃で破壊されるまでの417年間、
アユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた都市です。

チャオプラヤ川とその支流に囲まれた地形は水運に恵まれたため、
ヨーロッパと東アジアを結ぶ国際貿易都市として繁栄したそうです。
さらに、上座部仏教を信仰していた当時の王は、
貿易で得た莫大な利益をもとに数々の寺院(ワット)建設しました。
しかし、1767年のビルマ(現ミャンマー)のコンバウン王朝による攻撃を受けて
アユタヤ王朝は消滅してしまいます。
これによりアユタヤ市内の建造物や石像は徹底的に破壊され、
ほとんどの寺院は廃寺となり、王宮も台座を残すのみとなっています。

しかし栄華を極めた古都としての荘厳な遺跡群は現在に受け継がれ、歴史公園として整備されています。
1991年にユネスコ世界遺産にも登録されていますよ。

アユタヤには毎年多くの観光客が訪れ、
タイの大切な観光資源となっています。

歴史を遡ること約670年前。
1351年に建都されてから、1767年にビルマ軍の攻撃で破壊されるまでの417年間、
アユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた都市です。

チャオプラヤ川とその支流に囲まれた地形は水運に恵まれたため、
ヨーロッパと東アジアを結ぶ国際貿易都市として繁栄したそうです。
さらに、上座部仏教を信仰していた当時の王は、
貿易で得た莫大な利益をもとに数々の寺院(ワット)建設しました。
しかし、1767年のビルマ(現ミャンマー)のコンバウン王朝による攻撃を受けて
アユタヤ王朝は消滅してしまいます。
これによりアユタヤ市内の建造物や石像は徹底的に破壊され、
ほとんどの寺院は廃寺となり、王宮も台座を残すのみとなっています。

しかし栄華を極めた古都としての荘厳な遺跡群は現在に受け継がれ、歴史公園として整備されています。
1991年にユネスコ世界遺産にも登録されていますよ。

アユタヤには毎年多くの観光客が訪れ、
タイの大切な観光資源となっています。

バンコクからの行き方

バンコクからの行き方

バンコクからの行き方

バンコク市内からアユタヤに行くにはいくつか方法があります。
ファランボーン駅(写真)から鉄道でいくこともできますが、
アユタヤ遺跡はかなり広い範囲に点在しているため、
バンコクからタクシーを1日チャーターするのがおすすめです。

ファランボーン駅に行くと、アユタヤへのタクシーチャーターの客引きがいます。
うまく交渉してチャーターするのが良いでしょう!

バンコク市内からアユタヤに行くにはいくつか方法があります。
ファランボーン駅(写真)から鉄道でいくこともできますが、
アユタヤ遺跡はかなり広い範囲に点在しているため、
バンコクからタクシーを1日チャーターするのがおすすめです。

ファランボーン駅に行くと、アユタヤへのタクシーチャーターの客引きがいます。
うまく交渉してチャーターするのが良いでしょう!

おすすめ①「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」

おすすめ①「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」

おすすめ①「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」

1357年に、アユタヤを建都した初代の王が
セイロン(現スリランカ)に留学中の修行僧たちために建てた寺院です。
遠くからでもひときわ目立つ72mの仏塔は、
1592年に19代王がビルマ軍との戦いに勝利した記念の塔です。

アユタヤ市内から少し外れているため、
ビルマとの戦火を逃れ、保存状態がよいので多くの人が訪れる
アユタヤでも人気の場所となっています。

1357年に、アユタヤを建都した初代の王が
セイロン(現スリランカ)に留学中の修行僧たちために建てた寺院です。
遠くからでもひときわ目立つ72mの仏塔は、
1592年に19代王がビルマ軍との戦いに勝利した記念の塔です。

アユタヤ市内から少し外れているため、
ビルマとの戦火を逃れ、保存状態がよいので多くの人が訪れる
アユタヤでも人気の場所となっています。

入り口には涅槃像があります。

入り口には涅槃像があります。

こちらが高さ72mの仏塔です。
とても綺麗な状態で残っています。
中に入ることができますよ〜

こちらが高さ72mの仏塔です。
とても綺麗な状態で残っています。
中に入ることができますよ〜

仏塔をぐるりと囲むようにあるたくさんの仏像。

アユタヤ遺跡の仏像は破壊されたものが多いので、
このように綺麗に残っているのは珍しいんですよ♪

これもワット・ヤイチャイ・モンコンの見どころです!

仏塔をぐるりと囲むようにあるたくさんの仏像。

アユタヤ遺跡の仏像は破壊されたものが多いので、
このように綺麗に残っているのは珍しいんですよ♪

これもワット・ヤイチャイ・モンコンの見どころです!

塔の中にも多くの仏像があり、
このように金箔は貼られています。

タイ人の仏教徒たちは仏像に次々と金箔を貼ってお祈りしていました。

塔の中にも多くの仏像があり、
このように金箔は貼られています。

タイ人の仏教徒たちは仏像に次々と金箔を貼ってお祈りしていました。

仏塔からの景色。

僧侶の方もたくさん訪れていました。

仏塔からの景色。

僧侶の方もたくさん訪れていました。

おすすめ②「ワット・プラシー・サンペット」

おすすめ②「ワット・プラシー・サンペット」

おすすめ②「ワット・プラシー・サンペット」

「ワット・プラシー・サンペット」は1491年に建立された王室守護寺院です。
アユタヤの王の遺骨を納めた3本の仏塔を含む遺跡群となっています!

かつては16mの黄金仏があったそうですが、ビルマとの交戦で破壊されました。

「ワット・プラシー・サンペット」は1491年に建立された王室守護寺院です。
アユタヤの王の遺骨を納めた3本の仏塔を含む遺跡群となっています!

かつては16mの黄金仏があったそうですが、ビルマとの交戦で破壊されました。

中はかなり広いですが、あちこちに破壊された後が見受けられました。
アユタヤの遺跡群はこのように、仏塔や仏像が破壊されて
赤煉瓦のみ残っている場所がたくさんあります。

歴史を感じながら静かにお散歩♪

中はかなり広いですが、あちこちに破壊された後が見受けられました。
アユタヤの遺跡群はこのように、仏塔や仏像が破壊されて
赤煉瓦のみ残っている場所がたくさんあります。

歴史を感じながら静かにお散歩♪

おすすめ③「ワット・マハタート」

おすすめ③「ワット・マハタート」

おすすめ③「ワット・マハタート」

1374年に建立された大寺院。
しかしビルマ軍との交戦で多くの仏像が破壊されてしまいました。
補強修理はされつつも、基本的にはそのままの姿で現在も残されています。

なので、この写真のように頭のない仏像がずらりと並んでいます。
アユタヤ王朝にとって重要だった上座部仏教の仏像の頭だけを
破壊することで、その価値観を否定したのだと思います。

1374年に建立された大寺院。
しかしビルマ軍との交戦で多くの仏像が破壊されてしまいました。
補強修理はされつつも、基本的にはそのままの姿で現在も残されています。

なので、この写真のように頭のない仏像がずらりと並んでいます。
アユタヤ王朝にとって重要だった上座部仏教の仏像の頭だけを
破壊することで、その価値観を否定したのだと思います。

ワットマハタートと言えばこちら。

アユタヤを代表するといっても過言ではない、
この不思議な仏頭です。

落ちた仏頭が、木の成長とともに根元にとり込まれ、
長い年月をかけてこのような現在の姿となったと伝えられています。

ワットマハタートと言えばこちら。

アユタヤを代表するといっても過言ではない、
この不思議な仏頭です。

落ちた仏頭が、木の成長とともに根元にとり込まれ、
長い年月をかけてこのような現在の姿となったと伝えられています。

なんとも言えない空気感と、その迫力に圧倒されます。

タクシーの運転手さんにこう言われました。
「ノー ワットマハタート、ノー アユタヤ」

このワットマハタートを見なければアユタヤを見たことにはならない。
つまり、アユタヤに来たら必ず訪れるべき場所と言えます!

なんとも言えない空気感と、その迫力に圧倒されます。

タクシーの運転手さんにこう言われました。
「ノー ワットマハタート、ノー アユタヤ」

このワットマハタートを見なければアユタヤを見たことにはならない。
つまり、アユタヤに来たら必ず訪れるべき場所と言えます!

おすすめ④「ワット・ローカヤースッター」

おすすめ④「ワット・ローカヤースッター」

おすすめ④「ワット・ローカヤースッター」

ワット・ローカヤースッターには、
アユタヤ最大の寝釈迦仏像があることで有名です!

なんと全長28m!!
この巨大な涅槃仏を間近で見ることできます。

作られたのはアユタヤ中期と言われていますが、
誰がなんのために作ったのかは分かっていないそうです。

周りはほとんどビルマとの戦いで破壊されてしまい、
この仏像とすこしの仏塔が残っているのみです。

ワット・ローカヤースッターには、
アユタヤ最大の寝釈迦仏像があることで有名です!

なんと全長28m!!
この巨大な涅槃仏を間近で見ることできます。

作られたのはアユタヤ中期と言われていますが、
誰がなんのために作ったのかは分かっていないそうです。

周りはほとんどビルマとの戦いで破壊されてしまい、
この仏像とすこしの仏塔が残っているのみです。

おすすめ⑤「ウィハーン・プラ・モンコン・ボーピット」

おすすめ⑤「ウィハーン・プラ・モンコン・ボーピット」

おすすめ⑤「ウィハーン・プラ・モンコン・ボーピット」

1603年にラーマティボディ2世により作られた塔堂です。
「タイ最大」の、高さ17mのブロンズ製の巨大な仏像が安置されています。
ビルマ軍の破壊後、1951年の修理の際には仏像の体内から何百体もの小さな仏像が発見されたそうです。

1603年にラーマティボディ2世により作られた塔堂です。
「タイ最大」の、高さ17mのブロンズ製の巨大な仏像が安置されています。
ビルマ軍の破壊後、1951年の修理の際には仏像の体内から何百体もの小さな仏像が発見されたそうです。

ことらがタイ最大のブロンズ製の仏像です。
かなりの迫力がありましたよ!!

修復も行われているので、状態はとても綺麗でした。

ことらがタイ最大のブロンズ製の仏像です。
かなりの迫力がありましたよ!!

修復も行われているので、状態はとても綺麗でした。

おすすめ⑥「ワット ・ ラーチャブラナ」

おすすめ⑥「ワット ・ ラーチャブラナ」

おすすめ⑥「ワット ・ ラーチャブラナ」

ワット・ラーチャブラナはアユタヤのワット・マハタートの隣にある廃墟寺院です。
15世紀の中ごろに建てられたと言われています。
建立した王には二人の兄がおり、王位継承を巡ってこの二人の兄たちが殺しあった後王位に就き、
二人の遺骨を納めるためにこの寺を建設したというストーリーがあります。
そのため、最初にこの寺を訪れた王は死ぬという伝説が広まり、
歴代のアユタヤ王は誰もこの寺院を訪れなかったそうです。

ワット・ラーチャブラナはアユタヤのワット・マハタートの隣にある廃墟寺院です。
15世紀の中ごろに建てられたと言われています。
建立した王には二人の兄がおり、王位継承を巡ってこの二人の兄たちが殺しあった後王位に就き、
二人の遺骨を納めるためにこの寺を建設したというストーリーがあります。
そのため、最初にこの寺を訪れた王は死ぬという伝説が広まり、
歴代のアユタヤ王は誰もこの寺院を訪れなかったそうです。

写真の奥にあるヴィハーン(礼拝堂)の片側の壁は大きく傾き、
今にも崩れ落ちそうな雰囲気があります。

また、こちらでも頭のみ破壊された仏像がずらりと並んでいます。

写真の奥にあるヴィハーン(礼拝堂)の片側の壁は大きく傾き、
今にも崩れ落ちそうな雰囲気があります。

また、こちらでも頭のみ破壊された仏像がずらりと並んでいます。

おすすめ☆おまけ

おすすめ☆おまけ

おすすめ☆おまけ

アユタヤでは、ゾウ乗り体験やトラなどの動物と
触れ合える場所がいくつかあります!

観光用なのでちょっと値段は高いですが、交渉も可◎

遺跡を見ながらゾウに乗れるのも、
アユタヤならではの魅力です☆

かなり大きい大人のトラに触れ合えます!
が、怖くて少ししか触れませんでした(苦笑)

携帯で写真もたくさん撮ってもらえるの良い思い出にはなりました♪

かなり大きい大人のトラに触れ合えます!
が、怖くて少ししか触れませんでした(苦笑)

携帯で写真もたくさん撮ってもらえるの良い思い出にはなりました♪

ぜひ体験していただきたいのがゾウ乗りです☆
遺跡を見ながら、30分〜1時間ほどお散歩できます。

ゾウは大人しくてとっても可愛かったですよ♪

ぜひ体験していただきたいのがゾウ乗りです☆
遺跡を見ながら、30分〜1時間ほどお散歩できます。

ゾウは大人しくてとっても可愛かったですよ♪

ゾウ乗りのお兄さん。
写真もたくさん撮ってくれます!

ゾウ乗りのお兄さん。
写真もたくさん撮ってくれます!

お隣のゾウさんと一緒に〜♪

遺跡巡りの一休みに、ゾウとお散歩の思い出をづくりを!

以上、アユタヤのおすすめ6選+おまけでした〜☆

お隣のゾウさんと一緒に〜♪

遺跡巡りの一休みに、ゾウとお散歩の思い出をづくりを!

以上、アユタヤのおすすめ6選+おまけでした〜☆


この記事のライター

アジア大好きトラベラー

関連する投稿


「万里の長城」!中国で最も有名な世界遺産をご紹介♪

今回は中国で最も有名な世界遺産「万里の長城」での旅を紹介します!東・東南アジアを旅し尽くした筆者おすすめの世界遺産☆


街全体が世界遺産!ラオスのルアンパバーン♪Part1

今回はアジアのレアな観光地、ラオスのルアンパバーンを紹介します!バックパックの思い出とともにルアンパバーンの魅力をお伝えします。


街全体が世界遺産!ラオスのルアンパバーン♪Part2

前回は世界遺産の街、ラオスのルアンパバーンの街並みを紹介しました。 今回はルアンパバーンのオススメ観光スポット二つを紹介します♪


中国の首都、北京の旅♪Part2

今回はお隣の大国、中国の首都、北京の街を紹介します♪隣の国なのにものすごくカルチャーショックを受ける国ですよ!part2では、北京でぜひ行って欲しい二つのスポットを紹介します☆


フィリピンのNo.1世界遺産!をご紹介

今回はフィリピン一の世界遺産など、マニラの世界遺産を紹介して行きます♪


最新の投稿


2021年“風の時代”を生きる! 変化に対応して生きるコツ

2121年は、風の時代、という言葉をよく耳にします。 「グレート・コンジャンクション」という木星と土星が重なる日のことで、これは20年に一度起こる「時代の節目」であるとされています。 風の時代はいったいどんな影響を私たちに与えるのでしょうか?


苺(いちご)狩りの季節到来♪ 苺狩りを楽しくするための”うんちく”15選を順子の苺園で聞いてきた!

以前は、コンデンスミルクや砂糖をかけて食べていたものですが、最近の品種は甘すぎるため、そのまま食べるのが普通になりました。 一応、苺狩りでは、コンデンスミルクをお渡しますがっ。


バレンタインデー・ホワイトデーの歴史と想い

2月14日はバレンタインデー、3月14日はホワイトデーって誰が決めたのでしょう?その前後になると期待したり悩んだりの男女が、多くなるのでしょうか? このイベントの歴史もみていきますね☆


3.11”LoveSweetsコンサート”は、梶いちご園とのコラボ開催

東日本大震災から10年 あの日を忘れない。思いをひきつぎ、命をつなぐ、希望への奏で・・・! 音楽コーディネーター”関井うらら”の地方応援プロジェクト LoveSweetsコンサート3.11のお知らせです。


コロナ禍のクリスマスは、どうやって過ごす?

1年中で最もロマンチックな日は・・・クリスマスだと誰もが思いませんか? だけど、コロナ禍だし、今年はつまらないかもと、思っていませんか? そんなことはありません! とても素敵なクリスマスは、外出しなくてもできるはずですよ。