インドの世界遺産「アーグラ城塞」

インドの世界遺産「アーグラ城塞」

今回は、インドの「タージ・マハル」のすぐ近くにあるもうひとつの世界遺産、アグラ「アーグラ」城塞を紹介します!ここにも切ない愛の物語が?・・・


アーグラ城塞の歴史と物語

アーグラ城塞の歴史と物語

アーグラ城塞の歴史と物語

インドのアーグラにある「アーグラ城塞(Agra Fort)」は、ムガル帝国時代の城塞です。
城壁は赤砂岩で築かれていることから、「赤い城」とも呼ばれています。

その歴史は16世紀。
当時ムガル帝国の第3代皇帝であったアクバルは、デリー(現在の首都)からアーグラへの還都に伴い、このアーグラ城を建設しました。

その後第4代皇帝ジャハーンギール、第5代皇帝シャー・ジャハーン(タージ・マハルの建設者)まで、3代の居城として使用されていました。

タージ・マハルを紹介した前回の記事でもお伝えしたように、
亡き愛妃のために「タージ・マハル」を建設した第6代皇帝シャージャ・ハーンが実の息子アウラングゼーブによって幽閉されたのが、このアーグラ城塞です。

実は、シャージャ・ハーンが重病になると、アウラングゼーブを含めた三人の息子たちの間で継承争いが勃発します。
そこで次男のアウラングゼーブは、兄と弟を殺害し、父であるシャージャ・ハーンをこのアーグラ城内にある「囚われの塔」に、彼がなくなるまで幽閉し、自らは第6代皇帝を継承したのでした。

すごい執着心ですよね・・・。

その後アウラングゼーブは首都をデリーに戻し、ムガル帝国の最盛期を築いていったのです。

一方幽閉されたシャー・ジャハーンは、「囚われの塔(ムサンマン・ブルジ)」の窓から、自らが建設した愛妃の墓タージ・マハルを眺め、想いながら亡くなっていったのでした。。

このようにアーグラ城は、ムガル帝国皇帝たちの歴史、
そしてシャー・ジャハーンの切ない愛の物語の舞台となったのです。



インドのアーグラにある「アーグラ城塞(Agra Fort)」は、ムガル帝国時代の城塞です。
城壁は赤砂岩で築かれていることから、「赤い城」とも呼ばれています。

その歴史は16世紀。
当時ムガル帝国の第3代皇帝であったアクバルは、デリー(現在の首都)からアーグラへの還都に伴い、このアーグラ城を建設しました。

その後第4代皇帝ジャハーンギール、第5代皇帝シャー・ジャハーン(タージ・マハルの建設者)まで、3代の居城として使用されていました。

タージ・マハルを紹介した前回の記事でもお伝えしたように、
亡き愛妃のために「タージ・マハル」を建設した第6代皇帝シャージャ・ハーンが実の息子アウラングゼーブによって幽閉されたのが、このアーグラ城塞です。

実は、シャージャ・ハーンが重病になると、アウラングゼーブを含めた三人の息子たちの間で継承争いが勃発します。
そこで次男のアウラングゼーブは、兄と弟を殺害し、父であるシャージャ・ハーンをこのアーグラ城内にある「囚われの塔」に、彼がなくなるまで幽閉し、自らは第6代皇帝を継承したのでした。

すごい執着心ですよね・・・。

その後アウラングゼーブは首都をデリーに戻し、ムガル帝国の最盛期を築いていったのです。

一方幽閉されたシャー・ジャハーンは、「囚われの塔(ムサンマン・ブルジ)」の窓から、自らが建設した愛妃の墓タージ・マハルを眺め、想いながら亡くなっていったのでした。。

このようにアーグラ城は、ムガル帝国皇帝たちの歴史、
そしてシャー・ジャハーンの切ない愛の物語の舞台となったのです。



いざ、アーグラ城へ!

いざ、アーグラ城へ!

いざ、アーグラ城へ!

アーグラへの行き方は様々ありますが、一般的なのは鉄道です!

首都デリーからは片道3時間半となっています。
わたしは「バラナシ」という街から、寝台列車で約15時間かけ、アーグラに到着!
(電車が予定より4時間半遅れ、かなりの長旅となりました。インドあるあるですね・・・)

アーグラへの行き方は様々ありますが、一般的なのは鉄道です!

首都デリーからは片道3時間半となっています。
わたしは「バラナシ」という街から、寝台列車で約15時間かけ、アーグラに到着!
(電車が予定より4時間半遅れ、かなりの長旅となりました。インドあるあるですね・・・)

アーグラには鉄道の駅が二つ。
私が着いたのは、「アーグラフォート駅」。
アーグラフォートとはアーグラ城塞の英語名で、まさにアーグラ城の目の前にあります!

赤レンガ造の駅は、どことなくアーグラ城に似ています。

バックパックが重かったのと、暑すぎて歩くことを諦め、リキシャでアーグラ城塞へ。

アーグラには鉄道の駅が二つ。
私が着いたのは、「アーグラフォート駅」。
アーグラフォートとはアーグラ城塞の英語名で、まさにアーグラ城の目の前にあります!

赤レンガ造の駅は、どことなくアーグラ城に似ています。

バックパックが重かったのと、暑すぎて歩くことを諦め、リキシャでアーグラ城塞へ。

こちらが入り口☆

右手のチケットカウンターでチケットを購入します。

こちらが入り口☆

右手のチケットカウンターでチケットを購入します。

チケットは550ルピー(約860円)。

外国人価格は、インド人の10倍・・・。
高いけど、途上国だから仕方がない!

ちなみにこの日(6月上旬)も最高気温45度。
運悪く、インドでも記録的な熱波にぶち当たりました。。

水は常時ペットボトル2本は持ち歩かないと、
熱中症になってしまいますのでご注意を。

チケットは550ルピー(約860円)。

外国人価格は、インド人の10倍・・・。
高いけど、途上国だから仕方がない!

ちなみにこの日(6月上旬)も最高気温45度。
運悪く、インドでも記録的な熱波にぶち当たりました。。

水は常時ペットボトル2本は持ち歩かないと、
熱中症になってしまいますのでご注意を。

大きな門を潜ると、一面赤砂岩の城壁が。

さすがインド亜大陸を支配していたムガル帝国のお城、荘厳です。

大きな門を潜ると、一面赤砂岩の城壁が。

さすがインド亜大陸を支配していたムガル帝国のお城、荘厳です。

チケットを見せ、荷物検査です。

インドでは、荷物検査やカウンターが男女が別々になっていることも多いです。
その場合当然スタッフも、女性には女性、男性には男性、となっています。

ヒンドゥー教やイスラム教への配慮なのだと思いますが、
私は日本での癖が抜けず、何も考えずに並び気づいたら男性通路だった、
ということが空港などで度々ありました(笑)

チケットを見せ、荷物検査です。

インドでは、荷物検査やカウンターが男女が別々になっていることも多いです。
その場合当然スタッフも、女性には女性、男性には男性、となっています。

ヒンドゥー教やイスラム教への配慮なのだと思いますが、
私は日本での癖が抜けず、何も考えずに並び気づいたら男性通路だった、
ということが空港などで度々ありました(笑)

荷物検査を終え、中に進んでいきます。
こちらはアクバル門。

アーグラ城はかなり広いです。
所要時間は1時間程度。

荷物検査を終え、中に進んでいきます。
こちらはアクバル門。

アーグラ城はかなり広いです。
所要時間は1時間程度。

高い壁に囲まれた通路を進んでいきます。

奥にあるアマル・シング門というもう一つの門をくぐると見えてくるのは・・

高い壁に囲まれた通路を進んでいきます。

奥にあるアマル・シング門というもう一つの門をくぐると見えてくるのは・・

こちら、ジャハーンギール宮殿。
赤砂岩に大理石が埋め込まれています。

両端の小塔が印象的。

前に飾られているのはなんと、、
当時使用されていたバスタブだとか。
なぜここに・・・?(笑)

こちら、ジャハーンギール宮殿。
赤砂岩に大理石が埋め込まれています。

両端の小塔が印象的。

前に飾られているのはなんと、、
当時使用されていたバスタブだとか。
なぜここに・・・?(笑)

中はこんな感じ。
涼しかった・・・!

中はこんな感じ。
涼しかった・・・!

こちらは謁見のための広場です。

こちらは謁見のための広場です。

さて、窓から望むのは、そう、あの「タージ・マハル」。

アーグラ城からは、色々なところでタージマハルを見ることができます。

さて、窓から望むのは、そう、あの「タージ・マハル」。

アーグラ城からは、色々なところでタージマハルを見ることができます。

赤砂岩の壁に施された繊細な模様装飾がなんとも美しい。

赤砂岩の壁に施された繊細な模様装飾がなんとも美しい。

何やら人だかりが。

何やら人だかりが。

ここからもタージ・マハルが☆

遠くからでも美しい。

かつてのシャー・ジャハーンもこのように小さなタタージ・マハルを見ながら愛妃への想っていたのだろう・・と思うと、なんだか感慨深くなりました。

ここからもタージ・マハルが☆

遠くからでも美しい。

かつてのシャー・ジャハーンもこのように小さなタタージ・マハルを見ながら愛妃への想っていたのだろう・・と思うと、なんだか感慨深くなりました。

こちらは、シャー・ジャハーンの神殿です。
全面白い大理石に、幾何学的模様が施されています。

こちらは、シャー・ジャハーンの神殿です。
全面白い大理石に、幾何学的模様が施されています。

細かい模様が美しい・・・!
当時はこれが真っ白な大理石だったと考えると、とても煌びやかな神殿だったのでしょう。

細かい模様が美しい・・・!
当時はこれが真っ白な大理石だったと考えると、とても煌びやかな神殿だったのでしょう。

天井の細部に至るまで、細かい模様や石が施されています。
この奥へは立ち入り禁止でした。

天井の細部に至るまで、細かい模様や石が施されています。
この奥へは立ち入り禁止でした。

白くてとても綺麗。

白くてとても綺麗。

広く綺麗に整備された中庭も。

広く綺麗に整備された中庭も。

中庭の側の屋上?からもタージマハルが。

中庭の側の屋上?からもタージマハルが。

右の塔が、幽閉されていた「囚われの塔」。
中に入ることはできません。

そしてその奥に、タージマハルが見えます。

右の塔が、幽閉されていた「囚われの塔」。
中に入ることはできません。

そしてその奥に、タージマハルが見えます。

今の技術ではこうしてカメラをズームして見ることができますが、
当時のシャー・ジャハーンには無理だったのかと思うと切ないですね。

以上、アーグラ城を紹介しました!

今の技術ではこうしてカメラをズームして見ることができますが、
当時のシャー・ジャハーンには無理だったのかと思うと切ないですね。

以上、アーグラ城を紹介しました!


この記事のライター

アジア大好きトラベラー

関連する投稿


世界一美しい霊廟、インドの世界遺産「タージ・マハル」

今回はインドに行ってきました!世界一美しい霊廟といわれ、インドで最も有名な世界遺産「タージ・マハル」をご紹介します♪


世界遺産の街「アユタヤ遺跡」のおすすめ6選♪

今回は、タイに行ったら必ず訪れたい世界遺産の街、「アユタヤ遺跡」をご紹介します☆


フィリピンのNo.1世界遺産!をご紹介

今回はフィリピン一の世界遺産など、マニラの世界遺産を紹介して行きます♪


タイの首都バンコクはどんなところ?

タイに何度か滞在している筆者が、今回は首都バンコク市内の様子をお伝えします。アジアの中でも急成長したタイは魅力いっぱいの街です!


タイのビーチリゾート、ラン島♪

今回は、パタヤから簡単に行ける美しい離島、「ラン島」を紹介します♪


最新の投稿


東北地方で唯一、現存天守を残す津軽10 万石の城。弘前城のご紹介。

桜がよく似合う白亜の天守に繚乱と咲き誇るしだれ桜は、まさに優美なる名城の春を演出します。 桜の季節は大変込み合いますが、見どころは、春だけではないので、他の季節も訪れてみてください。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「新宿御苑」編

新宿御苑は、江戸時代にの大名屋敷がルーツで、在日外国人に大人気ですね。 今回は、アメリカのセントラルパークにも例えられる新宿御苑を散策してみましょう。


初夏を告げる野菜、そら豆を味う

そら豆。 意外とスーパーでは買われない野菜なのだとか? どうやら、コスパが悪いイメージと、売られている時期が短いというのが要因のようだ。 そんな、そら豆のあまり知られていない秘密を取材してみた。


腸すごい!健康な心も体もすべては腸しだい!

腸すごい!医学部教授が教える最高の強化法大全―健康な心も体もすべては腸しだい!人生を変える腸内細菌の育て方完全ガイド。内藤 裕二さん著書を読みました


会話が続かないあなたへ。ピンチはチャンス!

「今日は、〇〇があるから嫌だなあ。あの人、話しかけにくいし・・・。」 そんな経験はありませんか?ランチに誘われたけれど、会話が続かないとき、どうしますか?読んでおくととても気が楽になる方法がありますよ♪