バングラデシュの名観光地「ピンクパレス」

バングラデシュの名観光地「ピンクパレス」

今回はバングラデシュの首都ダッカにある名観光地、「ピンクパレス」こと「アーシャンモンジール」をご紹介します!ピンクの宮殿でインスタ映え間違いなし☆


「アーシャンモンジール」とは

「アーシャンモンジール」とは

「アーシャンモンジール」とは

今回紹介するのは、南アジアはバングラデシュの首都、ダッカの観光名所です。
アーシャンモンジール(Ahsan Manzil)は、その外見から「ピンクパレス」と呼ばれています。

現在は国立博物館に指定されており、バングラデシュで最も重要な建築物のひとつです。

アーシャンモンジールは、もともとは1830年にフランストレーディングセンターとして建設されました。
しかしその後、当時ダッカの領主でお金持ちだったナワブ・アブドゥル・ガニという人がこれを購入し、
ナワブ家の邸宅として使用するようになったのです。

1952年に国の法律によって、アーシャンモンジールはナワブ家から没収され、
1982年に宮殿(パレス)としてデザインされ修繕されました。

博物館では、ナワブ家で当時使われていた日用品や家具、
再現された部屋、当時の写真などを見ることができます。

今回紹介するのは、南アジアはバングラデシュの首都、ダッカの観光名所です。
アーシャンモンジール(Ahsan Manzil)は、その外見から「ピンクパレス」と呼ばれています。

現在は国立博物館に指定されており、バングラデシュで最も重要な建築物のひとつです。

アーシャンモンジールは、もともとは1830年にフランストレーディングセンターとして建設されました。
しかしその後、当時ダッカの領主でお金持ちだったナワブ・アブドゥル・ガニという人がこれを購入し、
ナワブ家の邸宅として使用するようになったのです。

1952年に国の法律によって、アーシャンモンジールはナワブ家から没収され、
1982年に宮殿(パレス)としてデザインされ修繕されました。

博物館では、ナワブ家で当時使われていた日用品や家具、
再現された部屋、当時の写真などを見ることができます。

実際に行ってみた!

実際に行ってみた!

実際に行ってみた!

アーシャンモンジールへはタクシーで向かいました。
バングラデシュでは「Uber」が普及しているため、
リキシャやタクシーで交渉せずに移動が出来てとてもありがたいです。

アーシャンモンジールの開場は午前10時。
少し早めに行くと、すでにたくさんの人が並んでいました!

私も周りの様子を伺いつつ一緒に並びます。。
日本人(というか外国人)は私ひとりで、ちょっと緊張。

アーシャンモンジールへはタクシーで向かいました。
バングラデシュでは「Uber」が普及しているため、
リキシャやタクシーで交渉せずに移動が出来てとてもありがたいです。

アーシャンモンジールの開場は午前10時。
少し早めに行くと、すでにたくさんの人が並んでいました!

私も周りの様子を伺いつつ一緒に並びます。。
日本人(というか外国人)は私ひとりで、ちょっと緊張。

並んでいるのはほとんどバングラデシュ人でした。
私のような外国人観光客は見当たらなかったです。
そもそもダッカはアジアでも発展が遅れている国で、観光もそんなに盛んではありません。

でも、バングラデシュ人たちは並んでる間私に気軽に話しかけてくれ、
楽しく時間を潰していました。

並んでいるのはほとんどバングラデシュ人でした。
私のような外国人観光客は見当たらなかったです。
そもそもダッカはアジアでも発展が遅れている国で、観光もそんなに盛んではありません。

でも、バングラデシュ人たちは並んでる間私に気軽に話しかけてくれ、
楽しく時間を潰していました。

入場時間の10時を遅れること40分(アジアあるある笑)
チケットカウンターが開きました!!

バングラデシュ人は、入場料が20タカ(30円)くらい。
しかし!外国人はなんと500タカ(約700円)!

なんでそんなに違うの〜(涙)
外国人料金だけ何十倍も高いのも、アジアあるあるですけどね。。

一緒に並んでいた周りのバングラデシュ人たちに同情されました(笑)

つい最近まで外国人は100タカだったんだよ〜値上げしたんだね。
と教えてもらいました。。

入場時間の10時を遅れること40分(アジアあるある笑)
チケットカウンターが開きました!!

バングラデシュ人は、入場料が20タカ(30円)くらい。
しかし!外国人はなんと500タカ(約700円)!

なんでそんなに違うの〜(涙)
外国人料金だけ何十倍も高いのも、アジアあるあるですけどね。。

一緒に並んでいた周りのバングラデシュ人たちに同情されました(笑)

つい最近まで外国人は100タカだったんだよ〜値上げしたんだね。
と教えてもらいました。。

何はともあれ、チケットをゲット☆

貧困率の高いバングラデシュですが、
観光客の装いや、英語が話せる人が多かったことを考えると
比較的裕福な人が観光に来ているようでした。

(ダッカを歩いていると、生きているのか死んでいるのかすらわからない人が道に倒れている、という光景が普通にあるので、、、ここではそういうことはなかったです)

何はともあれ、チケットをゲット☆

貧困率の高いバングラデシュですが、
観光客の装いや、英語が話せる人が多かったことを考えると
比較的裕福な人が観光に来ているようでした。

(ダッカを歩いていると、生きているのか死んでいるのかすらわからない人が道に倒れている、という光景が普通にあるので、、、ここではそういうことはなかったです)

敷地内はとても綺麗に整備されていて、
まるでテーマパークのよう♪

庭を歩いて行くと奥にピンクの建物が見えてきました♡!

敷地内はとても綺麗に整備されていて、
まるでテーマパークのよう♪

庭を歩いて行くと奥にピンクの建物が見えてきました♡!

どーん。
画像加工、してないですよ!
本当にこんなにピンクの色なんです!!

青空に映えて可愛いですよね〜。

どーん。
画像加工、してないですよ!
本当にこんなにピンクの色なんです!!

青空に映えて可愛いですよね〜。

バングラデシュの国旗とともに。

ちなみに日本の国旗と色違い。ご存知でしたか?
実は、バングラデシュの国旗は日本の日の丸を模倣したものなのです!

正確には、日の丸の国旗の縦横比が2:3であることに対してバングラデシュのは6:10と、
少し違いがあります。

さらに、国旗の色ですが、
「赤い円」は、昇りゆく太陽と、独立戦争時に流れた若者の血の色を表していて、
「緑」は、豊かな自然や農業の発展などを表しているそうです。

日本と国旗が似ていて、親近感がわきますね〜

バングラデシュの国旗とともに。

ちなみに日本の国旗と色違い。ご存知でしたか?
実は、バングラデシュの国旗は日本の日の丸を模倣したものなのです!

正確には、日の丸の国旗の縦横比が2:3であることに対してバングラデシュのは6:10と、
少し違いがあります。

さらに、国旗の色ですが、
「赤い円」は、昇りゆく太陽と、独立戦争時に流れた若者の血の色を表していて、
「緑」は、豊かな自然や農業の発展などを表しているそうです。

日本と国旗が似ていて、親近感がわきますね〜

中央の階段を登ってみました。

中央の階段を登ってみました。

ピンクがとっても可愛い!
バングラデシュ人たちもあちこちで記念撮影中☆

ここからは建物内に入ることはできません。。

ピンクがとっても可愛い!
バングラデシュ人たちもあちこちで記念撮影中☆

ここからは建物内に入ることはできません。。

お屋敷だったというだけあって、かなり大きく広い造りになっています。

お屋敷だったというだけあって、かなり大きく広い造りになっています。

これは、建物側から見た風景です。
奥に流れるのは、ダッカを流れるブリガンガ川。

この日は気温が33度くらいありましたが、
川から来る冷たい風で涼しく感じられました。

これは、建物側から見た風景です。
奥に流れるのは、ダッカを流れるブリガンガ川。

この日は気温が33度くらいありましたが、
川から来る冷たい風で涼しく感じられました。

記念撮影するひとがたくさん。

ピンクパレスに合わせてピンクのサリーを着た女の子や、
ピンクのシャツを着た男性、さらには
お揃いのピンクのものを身につけたカップルなど、
バングラデシュ人もみんな「SNS映え」を狙ってるみたいですよ!

記念撮影するひとがたくさん。

ピンクパレスに合わせてピンクのサリーを着た女の子や、
ピンクのシャツを着た男性、さらには
お揃いのピンクのものを身につけたカップルなど、
バングラデシュ人もみんな「SNS映え」を狙ってるみたいですよ!

博物館の入り口は、階段を登った上ではなく、
建物の裏側に回り込んだところにあります。
ちょっとわかりづらい・・・。

博物館の入り口は、階段を登った上ではなく、
建物の裏側に回り込んだところにあります。
ちょっとわかりづらい・・・。

博物館内はほとんどが撮影禁止だったので写真はありませんが、
13の部屋や廊下に、当時のナワブ家の豪華な暮らしぶりが再現されたものや、
日用品やピアノ、ベッドなど実際に使われていたもの、
アーシャンモンジールの歴史の紹介などがあります。

英語での説明もありますが、
ところどころベンガル語(バングラデシュの言語)のみの表示もあったので
全て理解することはできず残念でした。

行かれる方は、
事前にネット等で下調べをしてから行くと、より楽しめると思います!

私個人的には中の博物館より、
ピンクの城の前で写真をとることの方がずっと楽しかったです(笑)

以上、ピンクパレスことアーシャンモンジールの紹介でした♪
ダッカを訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください。

博物館内はほとんどが撮影禁止だったので写真はありませんが、
13の部屋や廊下に、当時のナワブ家の豪華な暮らしぶりが再現されたものや、
日用品やピアノ、ベッドなど実際に使われていたもの、
アーシャンモンジールの歴史の紹介などがあります。

英語での説明もありますが、
ところどころベンガル語(バングラデシュの言語)のみの表示もあったので
全て理解することはできず残念でした。

行かれる方は、
事前にネット等で下調べをしてから行くと、より楽しめると思います!

私個人的には中の博物館より、
ピンクの城の前で写真をとることの方がずっと楽しかったです(笑)

以上、ピンクパレスことアーシャンモンジールの紹介でした♪
ダッカを訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください。


この記事のライター

アジア大好きトラベラー

関連する投稿


 カオス?!バングラデシュ、ダッカのローカル鉄道に乗ってみた

今回は、世界一人口密度が高い国、バングラデシュに行ってきました!首都ダッカでひとりローカル鉄道に乗り込んで、カオスな体験をしてきました(笑)


スリランカ第一の都市「コロンボ」のおすすめ5選!

今回は、スリランカで最も栄えている都市、「コロンボ」について紹介したいと思います!


世界遺産の街「アユタヤ遺跡」のおすすめ6選♪

今回は、タイに行ったら必ず訪れたい世界遺産の街、「アユタヤ遺跡」をご紹介します☆


フィリピンのNo.1世界遺産!をご紹介

今回はフィリピン一の世界遺産など、マニラの世界遺産を紹介して行きます♪


タイの首都バンコクはどんなところ?

タイに何度か滞在している筆者が、今回は首都バンコク市内の様子をお伝えします。アジアの中でも急成長したタイは魅力いっぱいの街です!


最新の投稿


“うつ病予防に恋愛が効果的”,“一瞬で恋に落ちる”って言うけど本当!?

私たちの周囲で、うつ病で苦しんでいる人が多くいる現実について、また“うつ病に恋愛感情が効果的”とか、“一瞬で恋に落ちる”とかっていう話を聞きますが、実際はどうなのでしょう?紐解いていきますね。


ハーブを使って~鳥かごバスケット

コロナ時代のフラワーアレンジメント教室を模索しています。 今回使用するティーツリーはアボリジニが常備薬としているように,消毒効果があるそうです。日本でもアロマオイルとして使用されています。


密を避け、親密に距離を縮めたいなら見るべき映画のジャンルはコレ!

恋人でも夫婦でも、デートの定番は案外映画だったりしませんか? 実は、映画鑑賞するならその種類によって観た後の恋愛感情や親密度が微妙に違ったりするのです。


トライアングルスタイル(ジューンフローラル)

花の形をとらえましょう♪ 今回のレッスンで使用したユリは八重咲で、まだあまり出回っていませんが、数年後には八重咲ユリが、当然のようになると思います。 八重咲のトルコキキョウが当然になったことと同様に…。


“免疫力”向上!こんな映画からも学べる<その2>

日々、コロナのニュースを見ながら一喜一憂する毎日になってしまうかもしれません。 ですが、不安な気持ちで日々生活しないことをおススメします。