高血圧予防、動脈硬化予防、骨粗しょう症予防に毎日温州ミカンを食べませんか?

高血圧予防、動脈硬化予防、骨粗しょう症予防に毎日温州ミカンを食べませんか?

温州ミカンに含まれるβクリプトキサンチンとヘスペリジンに注目です。


温州みかんはビタミンCやβクリプトキサンチンが豊富な果物です。
内袋にはペクチンを多く含まれています。
さらに内袋や白いスジには、フラボノイドの一種「ヘスペリジン」が含まれています。

手軽に食べれる果実の一つではないでしょうか?
皮を剥くことが面倒くさがりの方でもみかんは食べると言う人が意外に多いのですよね
手軽に買える価格だというのもあるかもしれません。

美白効果と風邪予防にビタミンC

美白効果と風邪予防にビタミンC

美白効果と風邪予防にビタミンC

肌荒れや風邪予防に効果的です。
コラーゲンの合成促進してくれたり、鉄の吸収促進したり、メラニン色素沈着の抑制してくれて女性には嬉しい栄養です。

骨粗しょう症予防に βクリプトキサンチン

骨粗しょう症予防に βクリプトキサンチン

骨粗しょう症予防に βクリプトキサンチン

βクリプトキサンチンはミカンの色素でカロテノイドの一種です。
ビタミンAとして体内で働きます。
含有量が一番多い果実です。
βクリプトキサンチンは発がん抑制作用や老化予防にも期待されています。
骨を壊す破骨細胞の働きを抑制し、骨粗しょう症予防よいとされています。
カロテノイドは抗酸化作用が高いそうです。

便秘予防にペクチン

便秘予防にペクチン

便秘予防にペクチン

便秘改善によいとされています。
内袋に多く含まれています。

高血圧や動脈硬化の予防にヘスペリジン

高血圧や動脈硬化の予防にヘスペリジン

高血圧や動脈硬化の予防にヘスペリジン

フラボノイドの一種。
高血圧や動脈硬化を予防する効果があるといわれます。
内袋も筋も一緒に食べましょう!

ワンポイント

ワンポイント

ワンポイント

みかんの皮には精油が含まれていますので、お風呂に入れて入浴剤にしませんか?
血行改善すますよ!
網やガーゼに包んでお風呂に入れて見てください。

みかんは食べ過ぎると体を冷やすので1日2個から3個くらいがちょうどいいです。


この記事のライター

食べることが好き。旅行することが好き。そんな私が各地見た、食べたをお伝えできたらと思っています。

関連する投稿


ニラは切って放置する時間で効能が変化するよ!チェックしてみよう!

ニラの効能ってすごい! 切って放置する時間で変わってくる。 疲労回復、風邪予防、血液をサラサラにする効果。 冷え性の方、貧血気味の方にもいい。 でも効果を最大限に発揮するには調理法が決めて


緑の野菜で風邪に負けない力を! たくさん食べて元気に過ごそう!

心の鎮静作用のある「緑色」 そんな緑色の野菜を集めてみました♪ 心も体もフレッシュ!で元気いっぱいになりましょう♪


柿のパワーに注目!!ー柿が赤くなれば医者が青くなるー

柿はビタミンC、ビタミンAが豊富な果物です。


白湯健康法の理想と現実?こだわりすぎず、でも注意すべき事もあり!

憧れのあの人もしている「白湯健康法」。そんな白湯には様々な良い効果があり正しく飲めば危険性もデメリットもありません。でも、単純に「白湯は身体に良い」とだけ安易に思って、ちゃんと意識せずに飲んでいると落とし穴も。今回の記事では白湯の飲み方についての注意点も書きますね。


さつまいもはバランスよい栄養を貯蔵している食材なんですよ♪

女性に嬉しい、美白効果と便秘予防。 男性に嬉しい脂質の代謝サポート。 そして眼病予防に。 さつまいもを見直してみませんか?


最新の投稿


“うつ病予防に恋愛が効果的”,“一瞬で恋に落ちる”って言うけど本当!?

私たちの周囲で、うつ病で苦しんでいる人が多くいる現実について、また“うつ病に恋愛感情が効果的”とか、“一瞬で恋に落ちる”とかっていう話を聞きますが、実際はどうなのでしょう?紐解いていきますね。


ハーブを使って~鳥かごバスケット

コロナ時代のフラワーアレンジメント教室を模索しています。 今回使用するティーツリーはアボリジニが常備薬としているように,消毒効果があるそうです。日本でもアロマオイルとして使用されています。


密を避け、親密に距離を縮めたいなら見るべき映画のジャンルはコレ!

恋人でも夫婦でも、デートの定番は案外映画だったりしませんか? 実は、映画鑑賞するならその種類によって観た後の恋愛感情や親密度が微妙に違ったりするのです。


トライアングルスタイル(ジューンフローラル)

花の形をとらえましょう♪ 今回のレッスンで使用したユリは八重咲で、まだあまり出回っていませんが、数年後には八重咲ユリが、当然のようになると思います。 八重咲のトルコキキョウが当然になったことと同様に…。


“免疫力”向上!こんな映画からも学べる<その2>

日々、コロナのニュースを見ながら一喜一憂する毎日になってしまうかもしれません。 ですが、不安な気持ちで日々生活しないことをおススメします。