白湯健康法の理想と現実?こだわりすぎず、でも注意すべき事もあり!

白湯健康法の理想と現実?こだわりすぎず、でも注意すべき事もあり!

憧れのあの人もしている「白湯健康法」。そんな白湯には様々な良い効果があり正しく飲めば危険性もデメリットもありません。でも、単純に「白湯は身体に良い」とだけ安易に思って、ちゃんと意識せずに飲んでいると落とし穴も。今回の記事では白湯の飲み方についての注意点も書きますね。


「白湯」って何?

「白湯」って何?

「白湯」って何?

「白湯」・・これを聞いて、「白いお湯?」と思う人はだいぶ少なくなったことでしょう。
有名モデルや一流女優も実践していることを公言している「白湯健康法」、もしくは「白湯ダイエット」。もうこれについての情報はあふれ返ってきましたので、聞いたことのあるだけでなく試してみた方も多いのでは?

今回の記事は、このお手軽そうで気になる「白湯健康法」について、
まずはその効果のおさらいをざっと、次に正しいやり方の確認、そして筆者夫婦の”実践体験談”、最後に白湯健康法の「これだけは避けて!」という注意点を書きました。

どうぞ最後までお読みくださいね。

白湯の効能のおさらい

白湯の効能のおさらい

白湯の効能のおさらい

まずは簡単に「白湯は身体に良い」と言われるゆえんを整理しましょう。
ひとまず「白湯」とは、”一度沸騰させたお湯を冷ましたもの”とされています。それを飲むべき時に飲むと・・

◆便秘/むくみ解消
◆冷え性改善
◆ダイエット効果
◆風邪/ガン予防

女性には特に嬉しい効果もたくさんありますね♪
その効果が発揮されるしくみは、どれもこれにほぼ集約されます。↓

☆白湯は「身体を中(内蔵)から優しく温める」☆

体の内側から体温がゆっくり上がることで、臓器の働きが活発になり消化や排出が促され、血液循環や代謝が良くなり免疫力もアップ!というわけです。
良いことずくめな上に、必要なものは道具を除けば「水」だけ。効果絶大なのにこれほど低予算でできる健康・ダイエット法も、他になかなか見当たりません。

白湯の”こだわりの”作り方/飲み方

白湯の”こだわりの”作り方/飲み方

白湯の”こだわりの”作り方/飲み方

さて、その白湯の作り方と飲み方の中でも、いっちばん厳密なやり方を最初に紹介しておきますね!

こだわりの水(信頼できる浄水器を通した水か、よく調べて納得できる天然水など)を、土鍋で10分間沸騰(※)させ、50℃ほどまで冷ましたものを150〜200ml、朝起きてゆっくり飲む。
さらに、食事の30分ほど前に同じように飲む。夜眠る30分以上前にも同じく飲む。他にも、魔法瓶に入れて持ち歩いているものを少しずつ小分けにして飲む。
1日累計800ml以内になるように。

※白湯健康法の元祖であるアーユルヴェーダでは「火・水・風」の3つの要素を揃えることを重視します。
やかんを”火”にかけて”水”を沸かすことで、「水」に「火」の要素を取り入れ、沸騰を10分間続けることで白湯に「風」の要素を含ませることができます。
ティファールや電子レンジでは、「火」の要素が入りませんので、やかんの方が◯。さらに土鍋にすると、3要素の他に「土」のパワーまで入ります。


いきなり真似しにくいところを書きましたが(苦笑)、これは「ゴール/理想」、つまりあくまで”目指す方向性”ということです。
いきなりここまでこだわらなくてもいいんですよ〜。できることから徐々に取り入れてみましょう!

実践!

実践!

実践!

筆者の家庭では、まずは水道水をティファールで沸かし、朝起きて飲む!ところだけから実践しはじめました。

僕は朝が弱く出かけるまでギリギリまで寝ていたい方だったので慌ただしい時間帯ですが、この方法なら5分もかかりません。
とにかく三日坊主にだけはなるまい、と1週間ほどは意識して頑張って続けてみました。
すると・・
ある日突然、味覚がおかしくなったかと思うほど、白湯が甘く美味しく感じる瞬間があったのです。そして、その頃からなんだか明らかに身体が軽く、肌の調子もいい感じなのです。

そうなったらしめたもの。もう習慣となってやめられませんので、ここから、水道水を竹炭に浸けて1晩置いて浄水したり、ティファールをやめてヤカンで沸かしたり。

まだ今の段階でも少しずつ改善していけるのが、これからますます楽しみです♪

白湯健康法で「やってはいけないこと」

白湯健康法で「やってはいけないこと」

白湯健康法で「やってはいけないこと」

さてさて、白湯が身体に良いメカニズムも知って理想的な作り方/飲み方もいずれは目指すとして、
まずはお気軽に1週間を目処に始めてみるとよいのですが・・・、何事もテキトー過ぎはいけません。以下の注意点は避けるよう意識しましょう。

①飲み過ぎること
1日800mlくらいまで。それ以上は、体内が水分過多になって逆にむくみます。

②白湯ではなく、何かお茶で代用すること
「白湯を飲む」と「お茶を飲む」は違うものです。お茶にはお茶の効能がありますが、吸収するのには胃腸を始め臓器に負担がかかります。これでは内臓をゆっくり温めてリラックスさせる、「白湯健康法」本来の目的を失います。

③食後すぐに多めに飲むこと
胃酸を薄めて消化力を弱めてしまうので、腸に負担をかけます。

④寝る直前に飲むこと(※30分以上前ならOK)
睡眠時無呼吸症候群になるリスクが高まります。その理由は、寝るために横になる際に胃の中にもの(特に流動的なもの、つまり液体)が多いと、胃から逆流するのを防ぐために気道が狭くなるそうです。このために、睡眠中に息がつまる現象(いびきの酷いバージョンと思っていただければと)が起きやすくなり、睡眠が浅く、睡眠時間は十分でも昼間に眠くなってしまいます。

⑤アッツアツのをフウフウしながら飲むこと
猫舌でなくて口では大丈夫だったとしても、胃は熱いのが急に入ってくるとびっくりします。
「熱いもの辛いものを好む人は胃がんや胃潰瘍になりやすい」と一般的に言われていますが、熱湯では胃にダメージを与えてしまいます。

いかがでしたか?
お金もかからず、とっても簡単で効果もバツグンな「白湯健康法」。
以上の注意点は覚えておいて、まずは気軽に1週間始めてみましょう!


この記事のライター

夫婦でスローライフを徐々に実践中。インスタグラムではカフェや神社仏閣巡りの他に旅行や農関連を投稿してます。

関連する投稿


かかりたくない熱中症☀万全対策で元気に夏を過ごそう

熱中症対策はかかる前の予防が最も重要。 年齢、性別に関係はなく条件でかかりやすくなる確率が上がります。 体内が暑さに対応できていない春だからこそ注意が必要なのです。 その日の気温や湿度に合わせてしっかり対策を行いましょう。 心がけるべき基本的な熱中症対策をご紹介します。


スパイス料理で代謝UP!夏に負けないカラダを手に入れよう!

スパイスをふんだんに使ったカレーやメキシコ料理。実はカラダにもおいしい薬効が期待できることを知っていましたか。スパイスを活用して元気なカラダで夏を迎えてみませんか。日常に取り入れやすいオススメのスパイスをご紹介。


いいことばかり♡今夜からできる快眠術7選!

眠れない。寝つきが悪い。そんな経験はありませんか?起きた時に疲れている人は要注意。快適な睡眠を手に入れるために自身を振り返ってみましょう。是非とも知ってもらいたい快眠術を集めてみました。


話題酵素で再注目!納豆酵素のナットウキナーゼがすごい!

実は納豆には酵素が豊富に含まれています。納豆に含まれる酵素ナットウキナーゼとより食べやすいお勧めの食べ方をご紹介します。


笑う門には「福」と「健康」と「美」も来たる!もう常識だけど、その理由は?

「笑う門には福来たる」このことわざを知らない人はいませんよね。 この「福」がまさに「健康」や「長寿」であるだけでなく、さらには「美容効果」もあることも広く知られてきました。今回の記事ではその理由をわかりやーすく説明してみます!


最新の投稿


無農薬野菜を食べたい!そんな人は【重曹・クエン酸ドリンク】の効果も知っておこう

最近、よく見かけるのが、「カラダにいいこと」。 そういう情報は、効果があればあるほど巷に広まりますね。今回ご紹介する 【重曹・クエン酸ドリンク】は、紛れもなくその最先端をいっているでしょう。 中には、もうやってるよ、と言う人も多くいるかもしれませんが、その効果を再確認してみませんか?


別れと出会いの時期。喜びの「タネ」をまくことで望む人生を。

春は卒業式の後は始業式と、言うなれば学生にとっては別れと出会いの時期でもありますね。誰もが心に涙する、そして、たくさんの不安と少しばかりの希望を抱えて、過去と未来へ自分たちの想いを馳せる時期なのかもしれません。 ですが、一人ひとりが出来る限り明るい未来を創造していってほしいものです♪


人は楽しむために生まれてきた

私たちは、どうしても過ごしていく上で、苦手な人や「嫌だなあ、好きになれない」という人と出会うことがあります。 でも、どうやったらうまく付き合えるんだろう、悶々とすることはありませんか? これを読むと、ちょっと気が楽になるかもしれませんよ。


2021年“風の時代”を生きる! 変化に対応して生きるコツ

2121年は、風の時代、という言葉をよく耳にします。 「グレート・コンジャンクション」という木星と土星が重なる日のことで、これは20年に一度起こる「時代の節目」であるとされています。 風の時代はいったいどんな影響を私たちに与えるのでしょうか?


苺(いちご)狩りの季節到来♪ 苺狩りを楽しくするための”うんちく”15選を順子の苺園で聞いてきた!

以前は、コンデンスミルクや砂糖をかけて食べていたものですが、最近の品種は甘すぎるため、そのまま食べるのが普通になりました。 一応、苺狩りでは、コンデンスミルクをお渡しますがっ。