小さいことにクヨクヨしよう! ショックな時の心のお手当て

小さいことにクヨクヨしよう! ショックな時の心のお手当て

「小さいことにクヨクヨするな!」な~んて、よく言いますが、「それができれば、苦労はしないのよ~」という方、結構多いのではないでしょうか?

心に無理をさせない・・・という観点から、あえて言っちゃいます! 「小さいことにクヨクヨしよう!」
いいんですよ、クヨクヨしちゃっても。上手な「クヨクヨの仕方」を工夫しましょう!


小さいことでも、ショックはショック。ケアしてあげましょう♪

小さいことでも、ショックはショック。ケアしてあげましょう♪

小さいことでも、ショックはショック。ケアしてあげましょう♪

さて、今日のテーマは、「小さいことにクヨクヨしよう!」です。
「するな!」ではなく「しよう!」ですので、ソコをお間違えなく(笑)。

「ええ? 小さいことにクヨクヨしてちゃダメなんでしょう?」

今、あなた、そう思いましたね~! (やはり、真面目な方だワ!)
そうですね。あの有名な本にも、そんな風に書いてありますものね!

でも、例えば、失敗してしまった時、「クヨクヨ」モードに入ってしまうのは、無理もないと思いませんか?

少なくとも、日本一の小心者心理士のワタクシは、そんな時、「クヨクヨ」モードに慣れた美しいフォームで(笑)、スッポーンと入り込んでしまいます。
そして、思いっきり、自分の失敗を「クヨクヨ」して、その後、3分で、ウルトラマンのようにシュワッチと帰って来ます。
(↑ ウルトラマンは帰って行くですね!)

思いっきりの「クヨクヨ」行動としては、部屋をウロウロしたり、身もだえしたり、床に倒れ伏したり(笑)しながら「キャー! ガビーーン! 大ショック! イヤーン!」などと、声を出して大げさに騒ぎまくります。
(↑ コレを、行動化する・・・なんて言います)

そうやって、ショックを声や身体に出します。我慢したりしません!
駄々っ子のように、臆面もなくドタバタ・ジタバタします。
(職場では、トイレやロッカールームで人目を避けてやってくださいね。物は壊さない程度に!)

自分が悪いクセに、責任棚上げで、大威張りで大騒ぎです。ホント、大人げなくてすみません(笑)。

心が痛い時は・・・

心が痛い時は・・・

心が痛い時は・・・

でも、失敗して一番心が痛んでいるのは「張本人のワタクシ」ですよね。
悲鳴くらい上げさせてあげても、ヨロシイんじゃないでしょうか?
責任の所在はどうあれ、「痛いものは痛い」のですから! (←ココ、重要です!)

「自分のせいだから、痛くても痛みを感じてはダメ!」と抑え込むよりも、「痛いよー!」と声をあげると、ふっと楽になります。

あなたも試しに、砂時計かキッチンタイマーで3分間測って、全力で「痛がって」騒いでみてください。3分、結構長いですよ~。

不思議と3分騒ぐと、「もう充分・・・」となるんですね。
さすがに疲れますし・・・。そして、アホらしくもなってきますし・・・(爆!)

アホらしくなってきたら、もうコッチのモンです! 楽勝です!
自分を笑えるようになるのは、余裕が出てきた証拠!!
あ~ら不思議。「心の痛み」が軽くなっているのに気づくはずです。

そんな風に「たった3分で気分の立て直し」がメデタク完了します。

感情は、理性で抑え込めない・・・

感情は、理性で抑え込めない・・・

感情は、理性で抑え込めない・・・

「クヨクヨしてはいけない!」と、理性で抑え込もうとしても、そんなに簡単には、気持ち(心の痛み)はコントロールできるものではありません。
基本的に、理性で感情のコントロールは不可能ですから・・・。

抑え込もうとしても、当然、未消化のまま、その感情を長く引きずります。
ひどい場合は、何日も、「心が痛い」「心が重たい」となります・・・。

そんなことなら、いっそ、肉を切らせて骨を断つ!(爆)

3分間限定で「クヨクヨ」を積極的に自分に許しましょう!
「心が痛いよー!」って、子どものように素直に騒ぎまくりましょう!

そして・・・再発予防に集中しよう!

そして・・・再発予防に集中しよう!

そして・・・再発予防に集中しよう!

ただ、その時、「どうして、こうなんだろう!」と、原因探しや犯人探しをしないでくださいね。

それをやっても無意味ですし、気分は陰陰滅滅、自己否定に向かいます。
これ「絶対ダメ!」です。心が疲れるだけでなく、ダメージが残ります。

それより、「次は、どうすればいいかな?」と、再発予防策を考えます!
「クヨクヨ」抜けたら、今度は、再発予防です!

再発予防策に意識を向けると、未来に目が行きますから、徐々に気分も明るく、思考も建設的になっていきます。

要は、経験から学べば良いのですから、ネ!
「失敗」ではなく、「経験」と捉えて、ありがたく今後に活かしましょう!

「クヨクヨ」してしまうのは、「心が痛い」時にはむしろ自然なこと!

辛くて「クヨクヨ」してしまっている自分に、そのことで、更に「追い討ちをかける」のは止めにしましょう。メリットがないばかりか、それって「踏んだり蹴ったり」です!(笑)
どうか、そんな可哀想な目に、あなたの大切な心を遭わせないでください。

「クヨクヨ? OK! ただし、3分だけ!」 これで行きましょう!

そして、「クヨクヨ抜けたら、再発予防!」
これだけは、やはりオトナとして、やっておかなくてはネ!

実は、再発予防策を考えるのは、未来のあなたがうまくやっている状況をイメージすることになるので、「心の回復薬」「心の栄養」になるのです。

ですから、「再発予防」まで、しっかりとお願いしますね。
それ、大切なおいしい「デザート」ですから(笑)。残してはNGですよ。

心に無理をさせないで、ショックな時は、タイマー片手に全力で「クヨクヨ」しましょう!
積極的に思いっきり「小さいことにクヨクヨしよう!」です。
ただし、3分だけ!

明るく爽やかな「クヨクヨ」上手になって、あなたの心を不必要にイジメないようにしてくださいね!
そして、いつも心に余裕のある「癒し達人」になってください。
【こころの栄養】


http://my-rapport.com/cat7/

この記事のライター

関連する投稿


自分のハートは、自分でケアしてあげよう!  自分でできる「メンタルヘルス」

「メンタルヘルス」って言葉。最近、よく耳にするのではないでしょうか? つまり、「心の健康」ですね。 自分のハートは自分でケアして、いつも快適な気分でいたいですね。


いつもご機嫌でいよう! ネガティブ気分から脱出する法

あなたは「ネガティブ気分」にはまってしまうことはありませんか? 「イライラ」「クヨクヨ」・・・そんなネガティブ気分からは、即効で抜け出して、ご機嫌な自分に戻りましょう!


こころに「無理」をさせないで! 自分の心の扱い方

心は「イキモノ」で、いつも揺れ動いています。 「ご機嫌で、元気いっぱい!」がベストですが、そうでない時もありますよね。 人間ですから!!! 落ち込んだり、イライラしたりしても良いのです! すぐに、そこから抜け出しさえすれば!!


ネガティブな感情はもってはいけない? どんな感情も受け容れよう

ウキウキ・ワクワク・・・といった「ポジティブな感情」はOKだけれど、イライラやクヨクヨ・・・といった「ネガティブな感情」は、「感じちゃイケナイ!」と、思っていたりしませんか? 怒り、悲しみ、くやしさ、寂しさ・・・今日は、そんな「ネガティブ感情」について・・・のお話です。


ストレスって悪いもの? 善玉ストレスと悪玉ストレス

ストレス・・・と聞くと、悪いもの、怖いもの、というイメージが強いかもしれませんね。 でも、実は・・・「善玉ストレス」というのも、あるのですね。 今日は、善玉ストレスと悪玉ストレスについてと、悪玉ストレスへの対処法・・・のお話です。


最新の投稿


アシンメトリー(非対称)トライアングル:フラワー・アレンジメント

トライアングルスタイルは基本形の中で最も安定感があります。ふつうトライアングルスタイルというと左右対称の二等辺三角形ですが,アシンメトリーつまり左右非対称のスタイルを作ってみましょう。今回は透明な器に色付きのスポンジをセットし,花と器の一体感をだしましょう。


自律神経を制する人は人生を制する:その2

自律神経が私たちの健康に深く関わりがあるということを、「自律神経を制する人は人生を制する:その1」で述べてきました。 ここからは、ではどうやって?の部分に触れていきたいと思います。 それらは、とても簡単で、誰でもがすぐできる方法です。


自律神経を制する人は人生を制する:その1

私たちは、日々何らかのストレスとともに生活しています。健康を維持しながら病気を予防するには、よく耳にする交感神経がとても重要な役目を担っています。意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配している「自律神経」のことを知ると、今後の人生がより明るく過ごしやすいものになりますので、ご案内していきますね。


シーズナルアレンジ~ハローウィーン

ハローウィーンアレンジはさまざまですが,パンプキンをいれてL字型にしあげてみました。 ハローウィーンカラーはオレンジや赤です。今回は明るく仕上げるために白で基本ラインを作ります。


甲斐駒の恵み(農薬や化学肥料を使わない野菜)を食べさせたい父の想い

事業を始めた時、小学5年生男児の父親であった私の偽らざる思いでした。当時、4年間、農業生産法人の労務者として日々泥まみれで作業をする中で、山梨県北杜市周辺には、こんな思いを共有できる生産者が数多く、また、その昔、東京で暮らしていた経験から、都会にも共感してくれる人たちが数多くいることも実感していました。