色の力で癒されよう! カラーセラピー(色彩療法)のススメ

色の力で癒されよう! カラーセラピー(色彩療法)のススメ

年度末で、何かと気ぜわしい頃ですね。リラックスの時間、持てていますか?

色の力で癒される・・・。今日は、自分でできる簡単な「カラーセラピー(色彩療法)」の提案です!


色のパワーを活用して、癒されましょう♪

色のパワーを活用して、癒されましょう♪

色のパワーを活用して、癒されましょう♪

さて、本日の「心のコリほぐし」は、美的に「色彩」からのアプローチです。

今、桜前線が上昇中。いよいよ春到来です。
街では、梅やモクレンにミモザ、足元ではプリムラやスミレが色鮮やかに咲き誇って、私達の目を楽しませてくれていますね。
木々も新芽が芽吹いて、優しい黄緑色が光輝いています。
新緑を見ていると、何だか、元気が湧いてきますね。

色の刺激は、私達の心と身体に知らず知らずのうちに、大きな影響を与えています。

料理の食材の色で食欲が湧いたり、入浴剤の色で緊張がほぐれたりと、色の刺激で気分や体調が変化することは、実は意外に多いものです。

ですから、「色のパワー」をうまく活用することで、「気分のコントロール」が可能なのです!

それぞれの色の持つパワーを上手に活用して、気分転換やストレス解消に活かしていく・・・。
それがカラーセラピー(色彩療法)の考え方です。

カラーセラピー(色彩療法)の考え方

カラーセラピー(色彩療法)の考え方

カラーセラピー(色彩療法)の考え方

「カラーセラピー」「色彩療法」から、すぐに使える「ヒント」を、いくつかご紹介しますね。

まず、「赤」です。
興奮作用を持つ「赤」は、「やる気」や「外向性」をアップさせます。

気合いを入れたい時、元気に振舞いたい時には、服やハンカチ、バインダーなどを「赤」にしてみると良いですね。
(赤いパ☆ツ、流行りましたね~。猿年は、特にイイらしいですよ~)

逆に、沈静作用を持つ「青」は、血圧を下げ、気分を落ち着かせる効果があります。
つまり、クールダウン効果ですね。

冷静でいたい時には、服や小物を「青」にしてはいかがでしょう。
ケンカしてはいけない場所には、「青」で行きましょうね!(笑)

そして、食欲増進には、「赤」や「オレンジ色」が効果的です。

ランチョンマットや食器に取り入れることで、食欲の湧く食卓を演出することができます。
照明やキャンドルも暖色系がオススメです。

穏やかな眠りのためには、「パステル調の優しい色合い」が最適とされています。
気分をリラックスさせて、安眠を促します。
シーツやカーテン、カーペットなどに、上手に取り入れてくださいね。

他には、

 緑・・・ストレスをやわらげ、リラックス効果あり

 黄・・・脳を活性化し、判断力を上げる

 紫・・・緊張や不安を癒し、感性を鋭くする

 ピンク・・・ホルモンバランスを整え、幸福感を高める   などなど。

色を使って、自分と対話する・・・

色を使って、自分と対話する・・・

色を使って、自分と対話する・・・

ただ、色には個人の好みの要素もありますし、
例えば「青」と言っても、濃い薄いや、鮮やかか、くすんでいるかなど、その色調には、かなり大きな幅があります。

心地良いと感じるかどうか、期待した効果が得られるかどうか、自分自身の感覚を確かめながら、フィットする色合いを選んでください。

色を使いながら、ご自分の「感性」との対話をしてみてください。
それをやることで、ご自分の内面と向き合い、自己理解を深めることができます。
それが、さらに深い癒しにつながっていきます。

ご自分の感情・気分のコントロールに最適な色を、見つけていってください。
そして、色の持つ効果を活かして、より快適な生活作りに役立てていきましょう!

ご自分がシャキッとできる色や、深くリラックスできる色・・・。
そんな「色」を、見つけておいてくださいね。

そして、気分コントロールの「お役立ちグッズ」として利用しましょう!
健康でイキイキと、あなたらしく、優しくいるために!
【こころの栄養】


http://my-rapport.com/cat7/


この記事のライター

関連する投稿


自分のハートは、自分でケアしてあげよう!  自分でできる「メンタルヘルス」

「メンタルヘルス」って言葉。最近、よく耳にするのではないでしょうか? つまり、「心の健康」ですね。 自分のハートは自分でケアして、いつも快適な気分でいたいですね。


いつもご機嫌でいよう! ネガティブ気分から脱出する法

あなたは「ネガティブ気分」にはまってしまうことはありませんか? 「イライラ」「クヨクヨ」・・・そんなネガティブ気分からは、即効で抜け出して、ご機嫌な自分に戻りましょう!


こころに「無理」をさせないで! 自分の心の扱い方

心は「イキモノ」で、いつも揺れ動いています。 「ご機嫌で、元気いっぱい!」がベストですが、そうでない時もありますよね。 人間ですから!!! 落ち込んだり、イライラしたりしても良いのです! すぐに、そこから抜け出しさえすれば!!


ネガティブな感情はもってはいけない? どんな感情も受け容れよう

ウキウキ・ワクワク・・・といった「ポジティブな感情」はOKだけれど、イライラやクヨクヨ・・・といった「ネガティブな感情」は、「感じちゃイケナイ!」と、思っていたりしませんか? 怒り、悲しみ、くやしさ、寂しさ・・・今日は、そんな「ネガティブ感情」について・・・のお話です。


ストレスって悪いもの? 善玉ストレスと悪玉ストレス

ストレス・・・と聞くと、悪いもの、怖いもの、というイメージが強いかもしれませんね。 でも、実は・・・「善玉ストレス」というのも、あるのですね。 今日は、善玉ストレスと悪玉ストレスについてと、悪玉ストレスへの対処法・・・のお話です。


最新の投稿


アシンメトリー(非対称)トライアングル:フラワー・アレンジメント

トライアングルスタイルは基本形の中で最も安定感があります。ふつうトライアングルスタイルというと左右対称の二等辺三角形ですが,アシンメトリーつまり左右非対称のスタイルを作ってみましょう。今回は透明な器に色付きのスポンジをセットし,花と器の一体感をだしましょう。


自律神経を制する人は人生を制する:その2

自律神経が私たちの健康に深く関わりがあるということを、「自律神経を制する人は人生を制する:その1」で述べてきました。 ここからは、ではどうやって?の部分に触れていきたいと思います。 それらは、とても簡単で、誰でもがすぐできる方法です。


自律神経を制する人は人生を制する:その1

私たちは、日々何らかのストレスとともに生活しています。健康を維持しながら病気を予防するには、よく耳にする交感神経がとても重要な役目を担っています。意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配している「自律神経」のことを知ると、今後の人生がより明るく過ごしやすいものになりますので、ご案内していきますね。


シーズナルアレンジ~ハローウィーン

ハローウィーンアレンジはさまざまですが,パンプキンをいれてL字型にしあげてみました。 ハローウィーンカラーはオレンジや赤です。今回は明るく仕上げるために白で基本ラインを作ります。


甲斐駒の恵み(農薬や化学肥料を使わない野菜)を食べさせたい父の想い

事業を始めた時、小学5年生男児の父親であった私の偽らざる思いでした。当時、4年間、農業生産法人の労務者として日々泥まみれで作業をする中で、山梨県北杜市周辺には、こんな思いを共有できる生産者が数多く、また、その昔、東京で暮らしていた経験から、都会にも共感してくれる人たちが数多くいることも実感していました。