菜の花のほろ苦さは大人の味〜

菜の花のほろ苦さは大人の味〜

菜の花の苦味成分には血液ドロドロを改善したり、ダイエット効果があり!


菜の花は、花菜(ナバナ)とも呼ばれアブラナ科アブラナ属です。

アブラナ科アブラナ属には
大根、小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワーなどが含まれ、蕾を食べるのはアブラナが主です。

イソチオシアネートでドロドロ血の改善

イソチオシアネートでドロドロ血の改善

イソチオシアネートでドロドロ血の改善

菜の花はグルコシノレートの含有量がアブラナ科の中でもっとも多く含んでいます。特に蕾の部分が多く含んでいます。
グルコシノレートは辛味の成分です。
グルコシノレートは噛んだりすることで野菜の細胞内に含まれる分解酵素と混じりあい、イソチオシアネートという物質に変化します。
イソチオシアネートによってドロドロ血の改善されます。デトックス効果もあるそうです。
菜の花を食べる時はよく噛んで食べましょう!

ケンフェロールでダイエットをサポート、免疫力アップ

ケンフェロールでダイエットをサポート、免疫力アップ

ケンフェロールでダイエットをサポート、免疫力アップ

ケンフェロールはポリフェノールの一種です。
エネルギー代謝を促進します。
体外に余計なものを排出する効果があり、燃焼を促進してくれます。

ケンフェロールはミトコンドリアの働きを高める効果が期待されていて、免疫力アップしてくれます。

貧血予防

貧血予防

貧血予防

鉄分と鉄分の吸収をアップしてくれるビタミンCを含んでいるので貧血予防には最適です。

ビタミンCはホウレンソウの4倍近く含まれます。
熱に弱いので加熱は手早くやりましょう。

菜の花のおすすめレシピ

菜の花のおすすめレシピ

菜の花のおすすめレシピ

菜の花を軽く茹でて、わさび醤油で会える。
大人の一品です。


この記事のライター

食べることが好き。旅行することが好き。そんな私が各地見た、食べたをお伝えできたらと思っています。

関連する投稿


ニラは切って放置する時間で効能が変化するよ!チェックしてみよう!

ニラの効能ってすごい! 切って放置する時間で変わってくる。 疲労回復、風邪予防、血液をサラサラにする効果。 冷え性の方、貧血気味の方にもいい。 でも効果を最大限に発揮するには調理法が決めて


さつまいもはバランスよい栄養を貯蔵している食材なんですよ♪

女性に嬉しい、美白効果と便秘予防。 男性に嬉しい脂質の代謝サポート。 そして眼病予防に。 さつまいもを見直してみませんか?


高血圧予防、動脈硬化予防、骨粗しょう症予防に毎日温州ミカンを食べませんか?

温州ミカンに含まれるβクリプトキサンチンとヘスペリジンに注目です。


なぜ冬至にゆず湯に入り、かぼちゃを食べるのか!

日本古来の風習を大事にしませんか?そこにはきっと意味があります。


もずくに含まれるフコイダンでウィルスやピロリ菌をやつけちゃえ!フコイダンでバイバイ菌〜♪

ウィルスが元気になるこれからの季節、食卓にもずくなどの海藻類を食卓に!!


最新の投稿


「励ましの言葉」が人に与える影響が素晴らしい!「励まし」で人は驚くほど変わる。

誰でもが励ましを必要としていて、その励ましの言葉の威力は絶大なものがあります。 その言葉は、相手が自分の価値に気がつけるように伝えることで、「やればできる」という思いや確信の手助けになるようです。それを知っているだけで、あなたは人々にいい意味で素晴らしい環境を提供することができるのです。


男性と女性は、なぜここまで違うのか!?「男脳と女脳」を知るとわかる意外性

男性と女性は、お互いに何を考えているのかさっぱりわからないと思ったりすることがありますよね。 それは、そもそも生まれた時の23番目の染色体の違いから来ているようです。 男女の違いを理解しておくと「うそでしょう?」と感じるようなことがあっても「まあ、仕方ないか」と、相手を思いやる気持ちになれるかもしれません。


がんの危険性が大幅に減る鉄則がある!?

この記事はNHKの“ためしてガッテン”で放送された内容のうけうりですが、生活の知恵として役立つと思い掲載しました。


渡邉 剛(わたなべたけし)の野菜と遊ぼう! [スナップエンドウ]

あの サクサクとした食感が楽しい! 今回は、スナップエンドウを育てます。 肉厚で、一緒に房が食べられる豆で、炒め物、茹でてサラダ、天ぷらにして食べても美味しいですよね? 早速、育ててみましょう♪


うるさい「いびき」には、理由がある!

昨今、いびき対策のために医療機関を受診する人が増えているようですが、いびきは病気の可能性だけでなく睡眠不足から注意力散漫になり、結構厄介な問題を巻き起こすことがわかってきたからのようです。いびきについて確認していきましょう。