アシンメトリー(非対称)トライアングル:フラワー・アレンジメント

アシンメトリー(非対称)トライアングル:フラワー・アレンジメント

トライアングルスタイルは基本形の中で最も安定感があります。ふつうトライアングルスタイルというと左右対称の二等辺三角形ですが,アシンメトリーつまり左右非対称のスタイルを作ってみましょう。今回は透明な器に色付きのスポンジをセットし,花と器の一体感をだしましょう。


材料

材料

材料

ティーツリー・レッドジェム
ユリ『エレナ』
バラ『シャインオン』
スィートピー
ケイトウ
ブルーレースフラワー
カラースポンジ(クレイ色)

① スポンジの中心より少し後ろに高さの花を垂直にいれ,横幅の花を水平にいれます。

① スポンジの中心より少し後ろに高さの花を垂直にいれ,横幅の花を水平にいれます。

② フォーカルポイントの花を手前に入れます。

② フォーカルポイントの花を手前に入れます。

③ 中心ラインにユリをいれます。右側にユリが来るといいでしょう。

③ 中心ラインにユリをいれます。右側にユリが来るといいでしょう。

④ 左側にバラを入れ,右のユリとのバランスをとります。

④ 左側にバラを入れ,右のユリとのバランスをとります。

⑤ スイトピーをユリ側にいれましょう。

⑤ スイトピーをユリ側にいれましょう。

⑥ ケイトウをバラの側にいれ,1本だけユリ側にいれるとデザインに一体感がでます。

⑥ ケイトウをバラの側にいれ,1本だけユリ側にいれるとデザインに一体感がでます。

⑦ ティーツリーを全体に入れ,ブルーレースフラワーを添えます。

⑦ ティーツリーを全体に入れ,ブルーレースフラワーを添えます。

いかがでしたでしょうか?


この記事のライター

ジューンフローラル(JuneFloral)”は花の癒しの中で国際色豊かなアレンジメントを学ぶフラワー教室です。(千葉県 東金市)

関連する投稿


聖夜のためのキャンドルアレンジ

星降る聖夜にキャンドルを・・・明日はクリスマスイブ。素敵なクリスマスをお迎えください。 キャンドルのリースの作り方を公開しました。 メリークリスマス!


ハーブを使って~鳥かごバスケット

コロナ時代のフラワーアレンジメント教室を模索しています。 今回使用するティーツリーはアボリジニが常備薬としているように,消毒効果があるそうです。日本でもアロマオイルとして使用されています。


ラウンドスタイル

「春」は、なぜか新しい気分にしてくれませんか? 新しいことも始めたくなりますよね? さて、フラワーアレンジメントを始めたくなる、そして、フラワーアレンジメントの基本「ラウンド」というフラワーデザインを春をテーマに製作してみました。


ライナーアレンジメント(ジューンフローラル)

花の世界は一足早く春から夏へ。。。今回のレッスンは、ライナーアレンジです。 ストレート, ストレート&カーブ


トライアングルスタイル(ジューンフローラル)

花の形をとらえましょう♪ 今回のレッスンで使用したユリは八重咲で、まだあまり出回っていませんが、数年後には八重咲ユリが、当然のようになると思います。 八重咲のトルコキキョウが当然になったことと同様に…。


最新の投稿


自律神経を制する人は人生を制する:その2

自律神経が私たちの健康に深く関わりがあるということを、「自律神経を制する人は人生を制する:その1」で述べてきました。 ここからは、ではどうやって?の部分に触れていきたいと思います。 それらは、とても簡単で、誰でもがすぐできる方法です。


自律神経を制する人は人生を制する:その1

私たちは、日々何らかのストレスとともに生活しています。健康を維持しながら病気を予防するには、よく耳にする交感神経がとても重要な役目を担っています。意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配している「自律神経」のことを知ると、今後の人生がより明るく過ごしやすいものになりますので、ご案内していきますね。


シーズナルアレンジ~ハローウィーン

ハローウィーンアレンジはさまざまですが,パンプキンをいれてL字型にしあげてみました。 ハローウィーンカラーはオレンジや赤です。今回は明るく仕上げるために白で基本ラインを作ります。


甲斐駒の恵み(農薬や化学肥料を使わない野菜)を食べさせたい父の想い

事業を始めた時、小学5年生男児の父親であった私の偽らざる思いでした。当時、4年間、農業生産法人の労務者として日々泥まみれで作業をする中で、山梨県北杜市周辺には、こんな思いを共有できる生産者が数多く、また、その昔、東京で暮らしていた経験から、都会にも共感してくれる人たちが数多くいることも実感していました。


ストレスって怖くない。うまく付き合うコツ♪

よく「ストレスが半端ない環境にいる。」と言う人が増えています。 ストレスの語源は、“なにか圧を加えた時に生じる歪み”のことを言いますね。 ですが、ストレスは、私たち人間にとって良い時も悪い時も生じる現象なのだそうです。つまり、悪いことばかりではない、ということなのです。