花びんのお花をリユースして、小さなラウンドスタイルにアレンジメント

花びんのお花をリユースして、小さなラウンドスタイルにアレンジメント

花瓶にいけてあるお花をアレンジメントに変身させましょう。
同じお花でも,生け方を変えるだけで雰囲気が変わります。
フローラルフォームを使うアレンジメントは、水替えも必要ないので便利ですね。


花瓶にいけてあるお花をリユースします。
生け方を変えるだけでも雰囲気がぜんぜん違いますね。

花材

花材

花材

   トルコキキョウ    10りん (2~4本)     
   リンドウ       2本    
   小花(マトリカリア) 適宜      
   ミント        適宜

【用意する物】花器、フローラルフォーム

作り方

作り方

作り方

① 作品の高さのお花(トルコキキョウ)を1輪いれます。
器の幅の長さに切り,フローラルフォームの真ん中にさします。

② 底面のお花(トルコキキョウ)をいれます。
  ①より少し短めの花を一本りん左右に水平に差します。
  *器の淵に茎をのせるとさしやすくなります。

③ 底面にトルコキキョウを4りん加えます。
*対角線になるようにいれましょう。

④ 45度の角度をつけて3輪入れます。

⑤ リンドウを切り分けて④のお花の間にいれます。

⑥ リンドウを3か所にいれます。

⑦ ミントを入れてすき間を無くします。

⑧ 小花を入れて仕上げます。


この記事のライター

ジューンフローラル(JuneFloral)”は花の癒しの中で国際色豊かなアレンジメントを学ぶフラワー教室です。(千葉県 東金市)

関連する投稿


聖夜のためのキャンドルアレンジ

星降る聖夜にキャンドルを・・・明日はクリスマスイブ。素敵なクリスマスをお迎えください。 キャンドルのリースの作り方を公開しました。 メリークリスマス!


ハーブを使って~鳥かごバスケット

コロナ時代のフラワーアレンジメント教室を模索しています。 今回使用するティーツリーはアボリジニが常備薬としているように,消毒効果があるそうです。日本でもアロマオイルとして使用されています。


アシンメトリー(非対称)トライアングル:フラワー・アレンジメント

トライアングルスタイルは基本形の中で最も安定感があります。ふつうトライアングルスタイルというと左右対称の二等辺三角形ですが,アシンメトリーつまり左右非対称のスタイルを作ってみましょう。今回は透明な器に色付きのスポンジをセットし,花と器の一体感をだしましょう。


ラウンドスタイル

「春」は、なぜか新しい気分にしてくれませんか? 新しいことも始めたくなりますよね? さて、フラワーアレンジメントを始めたくなる、そして、フラワーアレンジメントの基本「ラウンド」というフラワーデザインを春をテーマに製作してみました。


ライナーアレンジメント(ジューンフローラル)

花の世界は一足早く春から夏へ。。。今回のレッスンは、ライナーアレンジです。 ストレート, ストレート&カーブ


最新の投稿


五月雨を集めて早し最上川・・・ひま散歩♪

山形県には、たくさんの川が流れていますが、いちばん大きい川は、最上川だそうです。1日で、歩ける範囲で恐縮ですが、最上川を紹介します。


「人生はゲーム」と考えてクリアし楽しむ。あなたの生きやすい方法で

「おぎゃあー」と生まれて、あっという間に年数がたって、でも頑張っている私たち。 嫌なことがあった日、半端なく疲れた日、話し相手がいなかった日には、悶々としてしまうこともありますよね。 でも、ちょっと考え方を変えるだけで、人生が素晴らしいと思えるものに変化したら嬉しくないですか? その内容を、一緒に見ていきましょう!


がんや糖尿病の人に“お医者様が知られたくない話”。これを試してみよう!

私たちは具合が悪くなると病院で大量の薬を出されたり、入院、手術で、その病を治そうとします。もし、自分で治癒へ導くことができたら・・、!? 「がんです。糖尿病です」と診断されたら、とてもショックですよね? ある素晴らしいドクターがこっそり教えてくれた方法が、実に効果があると評判なので、その情報の一つをお知らせします。


「励ましの言葉」が人に与える影響が素晴らしい!「励まし」で人は驚くほど変わる。

誰でもが励ましを必要としていて、その励ましの言葉の威力は絶大なものがあります。 その言葉は、相手が自分の価値に気がつけるように伝えることで、「やればできる」という思いや確信の手助けになるようです。それを知っているだけで、あなたは人々にいい意味で素晴らしい環境を提供することができるのです。


男性と女性は、なぜここまで違うのか!?「男脳と女脳」を知るとわかる意外性

男性と女性は、お互いに何を考えているのかさっぱりわからないと思ったりすることがありますよね。 それは、そもそも生まれた時の23番目の染色体の違いから来ているようです。 男女の違いを理解しておくと「うそでしょう?」と感じるようなことがあっても「まあ、仕方ないか」と、相手を思いやる気持ちになれるかもしれません。