“免疫力”向上が、感染症対策の切り札に!<その1>

“免疫力”向上が、感染症対策の切り札に!<その1>

癌細胞やウイルスに感染した細胞を破壊するための防御機能は“免疫”と呼ばれています。新型コロナウイルスは、いっこうに収束の気配がなく、患者と濃厚接触をしていても、かかる人とかからない人がいるのはなぜでしょうか?実は免疫力に大きく左右されることがわかっているのです。ぜひ日々の免疫力アップに努めてくださいね。


クイズ形式で出題です!あなたは、いままでどっち??

クイズ形式で出題です!あなたは、いままでどっち??

クイズ形式で出題です!あなたは、いままでどっち??

免疫力アップのためのクイズを出題しますね^^
これは、ある医学博士の情報をもとに書いていますよ♪
解答は、下覧にありますので、免疫力アップのルーチンを身に付けましょう!

Q1・朝起きました。すぐするとよいことは?
A:カーテンを開ける   B:深呼吸をする

Q2・適切な歯を磨くタイミングは?
A:朝食後すぐ   B:起床後すぐ

Q3・朝食で食べた方がいいのは?
A:しめじの味噌汁   B:しじみの味噌汁

Q4・朝食後の食器の後片付けは?
A:食洗器で洗う   B:手で洗う

Q5・午前中にやっておいたほうがいい家事は?
A:洗濯  B:家計簿をつける

Q6・たまにはお弁当ランチ。選ぶのは?
A:色彩感覚のあるお弁当  B:茶色っぽいお弁当

Q7・自宅に戻って手洗い後にすることは?
A:たっぷり保湿  B:保湿しない

Q8・クラシック鑑賞、聴くならどっち?
A:ベートーベン  B:モーツァルト

Q9・小腹がすいたときのおやつは?
A:新鮮な黄色いバナナ  B:茶色い斑点の出たバナナ

Q10・夕食のおススメの献立は?
A:麻婆豆腐  B:酢豚

Q11・適切な入浴時間と、その温度は?
A:35度のお湯に15分  B:40度のお湯に10分

Q12・寝る前に習慣化したいのは?
A:一日の反省をする  B:楽しかったことを思い出す

さあ、解答です!

さあ、解答です!

さあ、解答です!

Q1・A:カーテンを開ける
不規則な生活は体内時計を狂わせ、自律神経が乱れます。朝日を浴びて交感神経系を刺激することで体内時計のズレがリセットされます。そのことから、質の良い睡眠や生活リズムの改善、免疫バランスも整います。

Q2・B:起床後すぐ
雑菌が繁殖しているから、朝起きてすぐは口内がネバネバしています。そのまま朝食を食べると口内の雑菌や毒素がそのまま体内に入ってしまい、免疫が異常反応を起こすこともあります。

Q3・A:しめじの味噌汁
免疫力向上には、キノコ類。キノコには植物繊維が豊富なばかりか腸内環境を整える働きがあります。キノコ類には免疫システムを活性化するβグルカンも多く含まれ、免疫細胞の一種NK細胞の機能も高め、腸内細菌の餌にもなります。

Q4・B:手で洗う
雑菌に触れる機会が極端に少なくなると免疫力はかえって低下します。手洗いは極力心がけて、食べかすなどに触れることで免疫力アップもしましょう。

Q5・A:洗濯
屋外で洗濯物を干して陽に当たるのは、ビタミンDが増えて免疫力向上につながるので午前中にやってしまいましょう。逆に座ってできる計算などは免疫力低下につながりかねないものなので午後に回す方が良いです。

Q6・B:茶色っぽいお弁当
免疫力向上には茶色っぽい和食がベストで、焼き魚、煮物、白米、漬物などの和食のメニューは食物繊維も多く含まれていて免疫力を整えます。

Q7・A:たっぷり保湿
まんべんなく手洗いは必須ですが、その後の保湿をきちんとしていないと乾燥して皮膚が傷つきやすくなり、細菌やウイルスに感染しやすくなってしまいます。

Q8・B:モーツァルト
「f分の1ゆらぎ」という音の波動が免疫力向上に寄与することが解明されています。その音の波動を持つのがモーツァルト、バッハ、ショパン、美空ひばりなどとされています。

Q9・B:茶色い斑点の出たバナナ
茶色い斑点の出たバナナには、免疫力のもとである白血球を増やす効果が若いバナナの5倍ある、という研究結果があります。バナナには善玉菌の餌になるオリゴ糖も含まれています。

Q10・A:麻婆豆腐
唐辛子に含まれるカプサイシンという辛味成分には新陳代謝を促す他、中性脂肪を減らす効果が期待できます。免疫力を向上させるには非常に効果があります。

Q11・B:40度のお湯に10分
人間の体温は40度の温度に10分つかると1度上昇するので、血流だけでなくリンパの流れもスムーズになります。リンパ球は免疫機能をつかさどる要で、この流れがスムーズになると免疫力が5倍高まるとされています。

Q12・B:楽しかったことを思い出す
努めて楽しかったことを思い出すことで熟睡できて免疫力を保つ効果があります。部屋の明かりも消して真っ暗にすることで副交感神経優位の状態がつくれて体内時計も整います。

医療費抑制の切り札として注目を集めているのが免疫力です。
ぜひ、これらの内容を参考に、寝ぼけ目でも取り組める免疫力アップのルーチンを身に付けてくださいね☆


この記事のライター

ボクの名前は「うけうり君」TVや先生から学んだ知識を、みんなに教えてあげるのだウリ♪

関連する投稿


いつもご機嫌でいよう! ネガティブ気分から脱出する法

あなたは「ネガティブ気分」にはまってしまうことはありませんか? 「イライラ」「クヨクヨ」・・・そんなネガティブ気分からは、即効で抜け出して、ご機嫌な自分に戻りましょう!


“免疫力”向上!こんな映画からも学べる<その2>

日々、コロナのニュースを見ながら一喜一憂する毎日になってしまうかもしれません。 ですが、不安な気持ちで日々生活しないことをおススメします。


香りで癒されよう! アロマテラピー・・・心と香りの深~い関係

「香り」には、深い癒し効果があります。 心が疲れた時に、「香りの癒し」アロマテラピーを、うまく活用してみませんか?


低カロリー高栄養「ズッキーニ」を食べて健康になろう!

低カロリーなのに栄養満点で、カロリーが気になる方にもオススメの野菜です! ぜひ、夏は旬のズッキーニを食べて、スリム且つ健康になりましょう!


「桃」を食べて若返り! 仙人の果実は女性に嬉しい効果がたくさん♪

昔話などでは、邪気を払うと伝えられているどこか神秘的な果実、桃。 実はバラ科の果物です。見た目もカワイイこの果実は、女性に嬉しい効果たっぷり♪ 桃を食べてぜひキレイになりましょう♪


最新の投稿


甲斐駒の恵み(農薬や化学肥料を使わない野菜)を食べさせたい父の想い

事業を始めた時、小学5年生男児の父親であった私の偽らざる思いでした。当時、4年間、農業生産法人の労務者として日々泥まみれで作業をする中で、山梨県北杜市周辺には、こんな思いを共有できる生産者が数多く、また、その昔、東京で暮らしていた経験から、都会にも共感してくれる人たちが数多くいることも実感していました。


ストレスって怖くない。うまく付き合うコツ♪

よく「ストレスが半端ない環境にいる。」と言う人が増えています。 ストレスの語源は、“なにか圧を加えた時に生じる歪み”のことを言いますね。 ですが、ストレスは、私たち人間にとって良い時も悪い時も生じる現象なのだそうです。つまり、悪いことばかりではない、ということなのです。


あなたが酔っぱらいすぎると、男性は“勘違い”してしまう??

酔っぱらうと4割増しに見える“落とし穴” あなたはお酒が好きですか? お酒を飲むとテンションが上がって声が大きくなったり、身体がよく動くようになる人も多いですよね? これらは「サイン」として“勘違い”されやすいようです。


“うつ病予防に恋愛が効果的”,“一瞬で恋に落ちる”って言うけど本当!?

私たちの周囲で、うつ病で苦しんでいる人が多くいる現実について、また“うつ病に恋愛感情が効果的”とか、“一瞬で恋に落ちる”とかっていう話を聞きますが、実際はどうなのでしょう?紐解いていきますね。


ハーブを使って~鳥かごバスケット

コロナ時代のフラワーアレンジメント教室を模索しています。 今回使用するティーツリーはアボリジニが常備薬としているように,消毒効果があるそうです。日本でもアロマオイルとして使用されています。