かかりたくない熱中症☀万全対策で元気に夏を過ごそう

かかりたくない熱中症☀万全対策で元気に夏を過ごそう

熱中症対策はかかる前の予防が最も重要。
年齢、性別に関係はなく条件でかかりやすくなる確率が上がります。
体内が暑さに対応できていない春だからこそ注意が必要なのです。
その日の気温や湿度に合わせてしっかり対策を行いましょう。
心がけるべき基本的な熱中症対策をご紹介します。


水分補給

水分補給

水分補給

喉が渇いていなくても定期的に補給しましょう。
何か飲みたいと感じた時点で体内の水分量が足りていないというサインです。
こまめにとることが大切です。

糖分、塩分が含まれているスポーツドリンク、ミネラルの栄養分が豊富な硬水は水分が体内に吸収されやすいのでオススメです。
利尿作用のあるカフェインが含まれているコーヒー、紅茶等はなるべく避けるようにしましょう。

食事

食事

食事

夏は食欲がなくなるという人が多いですが、身体は栄養を欲しがっています。
軽い食事で済まさず、エネルギーになる肉、魚類を含め、バランスの良い食事を意識しましょう。

睡眠

睡眠

睡眠

睡眠

1日の約3分の1の時間は睡眠です。
暑い時期は睡眠が浅い人が多いと言われています。
睡眠の質を上げて翌日を気持ちよく迎えましょう。
寝る前のちょっとした行動で睡眠の質がグンと上がりますよ。

●室内の温度、湿度を調整し快適な環境を作る

●通気性のいい服装を選ぶ

●ストレッチを行う

●毎日同じ時間の就寝をこころがける

●スマホ使用、TVを控える

簡単なので是非試行してみてください。

体力づくり

体力づくり

体力づくり

暑さに負けない体力づくりも大切です。
体力づくりにウォーキングやランニングをしてみませんか。
少しでも身体を動かすことで有酸素運動になり気持ちがすっきりします。
よい睡眠の後は軽く運動をして身体を目覚めさせてあげましょう。


ウォーキングイベント情報はこちら☺

最後に...

最後に...

最後に...

楽しい夏が待っています。
万全な熱中症対策をして短い夏を充実させましょう。


この記事のライター

関連する投稿


映画『美味しいごはん』東京初上映!

「美味しいごはんは、作る人も、食べる人も、幸せにする」・・・目新しいようで、当たり前のこと。でも、「当たり前」過ぎることは、やはり日々おろそかにされがち。そんな大切なことを気づかせてくれるノンフィクション映画が完成しました。6月末日に大阪でお披露目されたのに続き、翌週の七夕に東京で開催された初めての上映会に行ってきましたので、今回はそのレポートをお届けします。


いいことばかり♡今夜からできる快眠術7選!

眠れない。寝つきが悪い。そんな経験はありませんか?起きた時に疲れている人は要注意。快適な睡眠を手に入れるために自身を振り返ってみましょう。是非とも知ってもらいたい快眠術を集めてみました。


ライターが「ヨガ」を初体験するとどうなるのか?

「ヨガ」・・まさに女性の美へのあくなき探求の象徴。駅前には多くのヨガ教室があり、なにやキツそうなポーズをしてるイメージです。今回の記事では、熟練者の方や少しでも経験した方には物足りない内容かもしれませんが、とにかく”初心者”として感じたことをそのままお伝えしてみます!


スパイス料理で代謝UP!夏に負けないカラダを手に入れよう!

スパイスをふんだんに使ったカレーやメキシコ料理。実はカラダにもおいしい薬効が期待できることを知っていましたか。スパイスを活用して元気なカラダで夏を迎えてみませんか。日常に取り入れやすいオススメのスパイスをご紹介。


話題酵素で再注目!納豆酵素のナットウキナーゼがすごい!

実は納豆には酵素が豊富に含まれています。納豆に含まれる酵素ナットウキナーゼとより食べやすいお勧めの食べ方をご紹介します。


最新の投稿


花びんのお花をリユースして、小さなラウンドスタイルにアレンジメント

花瓶にいけてあるお花をアレンジメントに変身させましょう。 同じお花でも,生け方を変えるだけで雰囲気が変わります。 フローラルフォームを使うアレンジメントは、水替えも必要ないので便利ですね。


五月雨を集めて早し最上川・・・ひま散歩♪

山形県には、たくさんの川が流れていますが、いちばん大きい川は、最上川だそうです。1日で、歩ける範囲で恐縮ですが、最上川を紹介します。


「人生はゲーム」と考えてクリアし楽しむ。あなたの生きやすい方法で

「おぎゃあー」と生まれて、あっという間に年数がたって、でも頑張っている私たち。 嫌なことがあった日、半端なく疲れた日、話し相手がいなかった日には、悶々としてしまうこともありますよね。 でも、ちょっと考え方を変えるだけで、人生が素晴らしいと思えるものに変化したら嬉しくないですか? その内容を、一緒に見ていきましょう!


がんや糖尿病の人に“お医者様が知られたくない話”。これを試してみよう!

私たちは具合が悪くなると病院で大量の薬を出されたり、入院、手術で、その病を治そうとします。もし、自分で治癒へ導くことができたら・・、!? 「がんです。糖尿病です」と診断されたら、とてもショックですよね? ある素晴らしいドクターがこっそり教えてくれた方法が、実に効果があると評判なので、その情報の一つをお知らせします。


「励ましの言葉」が人に与える影響が素晴らしい!「励まし」で人は驚くほど変わる。

誰でもが励ましを必要としていて、その励ましの言葉の威力は絶大なものがあります。 その言葉は、相手が自分の価値に気がつけるように伝えることで、「やればできる」という思いや確信の手助けになるようです。それを知っているだけで、あなたは人々にいい意味で素晴らしい環境を提供することができるのです。