黒の力!お正月だけじゃなく、日頃から黒豆を食べよう♪

黒の力!お正月だけじゃなく、日頃から黒豆を食べよう♪

黒豆は自然からもらったサプリメント!だからと言って食べ過ぎてはダメですよ!
失敗しない黒豆レシピも必見です。


黒豆の効能

黒豆の効能

黒豆の効能

抗酸化作用や免疫力の活性化してくれるポリフェノール、更年期障害の改善に期待できるイソフラボン、血液をいい状態にしてくれるサポニン、体を作るのに必要な必須アミノ酸、
肥満防止のビタミンB群、体のサビを落としてくれるビタミンE、便秘を予防してくるオリゴ糖、老化防止をしてくれるレシチンを含んでいる優れた食品です。
ダイエットや美容にも良いとされています。
黒豆のことを書き出したら一冊の本になってしまうかもしれません。
黒豆のことがわかりやすく書いてあるサイトがあるので是非読んでみてください。


https://www.kuromamejiten.com

黒豆ってどうやってできるか知っていますか?

黒豆ってどうやってできるか知っていますか?

黒豆ってどうやってできるか知っていますか?

7月末に種をまき、収穫は11月ころから12月。
枯れたら収穫となります。
若い時は枝豆として食べることができます。
最近では黒豆枝豆として見かけるように なりましたよね?

失敗しない黒豆のレシピ

失敗しない黒豆のレシピ

失敗しない黒豆のレシピ

材料

材料

材料

黒豆 2カップ
砂糖 150g
醤油 大さじ1
重曹(ベーキングパウダー) 小1

作り方

作り方

作り方

1.水を2カップと砂糖、醤油を入れて一煮たちさせる。

2.洗った黒豆を入れて重曹を入れてクッキングペーパーをかけて、圧力鍋の蓋をして12時間放置(夜仕掛けて朝まで)
※ポイント 洗った黒豆は長い間放置しない。豆が割れる可能性があります。

3.鍋を火にかけて15分炊く。沸騰してきたタイミングで中火にする

4.冷めるまで放置する。
※ポイント ゆで汁がしっかり冷えるまで豆は取り出さない。シワシワになります。また冷めることで黒豆に旨味が浸透します

つやつやのふっくら黒豆が出来たでしょう?
圧力鍋鍋がない方は炊飯器でもできますよ!
炊飯器にお粥モードがあればベストです。

甘味が足らなかったら砂糖を追加して再度煮て下さい。
その時は弱火で豆が踊らないように

煮汁もつかっちゃおう!

煮汁もつかっちゃおう!

煮汁もつかっちゃおう!

煮汁は捨てたらもったいない。そこにはポリフェノールやイソフラボンがたっぷり含まれています。
煮汁を煮詰めてシロップにしてヨーグルトにかけたり、ゼリー寄せにしてみたりしてはいかがでしょうか?

食べる量に気をつけよう!

食べる量に気をつけよう!

食べる量に気をつけよう!

黒豆に多く含まれるビタミンEは脂質性ビタミンため、水溶性ビタミンと違い体内に残ります。摂取しすぎると体に害を及ぼしますので、1日50g前後が望ましいです。一度に取らずに数回に分けて食べることをおすすめします。


この記事のライター

食べることが好き。旅行することが好き。そんな私が各地見た、食べたをお伝えできたらと思っています。

関連する投稿


ニラは切って放置する時間で効能が変化するよ!チェックしてみよう!

ニラの効能ってすごい! 切って放置する時間で変わってくる。 疲労回復、風邪予防、血液をサラサラにする効果。 冷え性の方、貧血気味の方にもいい。 でも効果を最大限に発揮するには調理法が決めて


さつまいもはバランスよい栄養を貯蔵している食材なんですよ♪

女性に嬉しい、美白効果と便秘予防。 男性に嬉しい脂質の代謝サポート。 そして眼病予防に。 さつまいもを見直してみませんか?


高血圧予防、動脈硬化予防、骨粗しょう症予防に毎日温州ミカンを食べませんか?

温州ミカンに含まれるβクリプトキサンチンとヘスペリジンに注目です。


なぜ冬至にゆず湯に入り、かぼちゃを食べるのか!

日本古来の風習を大事にしませんか?そこにはきっと意味があります。


もずくに含まれるフコイダンでウィルスやピロリ菌をやつけちゃえ!フコイダンでバイバイ菌〜♪

ウィルスが元気になるこれからの季節、食卓にもずくなどの海藻類を食卓に!!


最新の投稿


2021年“風の時代”を生きる! 変化に対応して生きるコツ

2121年は、風の時代、という言葉をよく耳にします。 「グレート・コンジャンクション」という木星と土星が重なる日のことで、これは20年に一度起こる「時代の節目」であるとされています。 風の時代はいったいどんな影響を私たちに与えるのでしょうか?


苺(いちご)狩りの季節到来♪ 苺狩りを楽しくするための”うんちく”15選を順子の苺園で聞いてきた!

以前は、コンデンスミルクや砂糖をかけて食べていたものですが、最近の品種は甘すぎるため、そのまま食べるのが普通になりました。 一応、苺狩りでは、コンデンスミルクをお渡しますがっ。


バレンタインデー・ホワイトデーの歴史と想い

2月14日はバレンタインデー、3月14日はホワイトデーって誰が決めたのでしょう?その前後になると期待したり悩んだりの男女が、多くなるのでしょうか? このイベントの歴史もみていきますね☆


3.11”LoveSweetsコンサート”は、梶いちご園とのコラボ開催

東日本大震災から10年 あの日を忘れない。思いをひきつぎ、命をつなぐ、希望への奏で・・・! 音楽コーディネーター”関井うらら”の地方応援プロジェクト LoveSweetsコンサート3.11のお知らせです。


コロナ禍のクリスマスは、どうやって過ごす?

1年中で最もロマンチックな日は・・・クリスマスだと誰もが思いませんか? だけど、コロナ禍だし、今年はつまらないかもと、思っていませんか? そんなことはありません! とても素敵なクリスマスは、外出しなくてもできるはずですよ。