ピーナッツ 茹でる(ゆでる)と ポリフェノールが増える!?

ピーナッツ 茹でる(ゆでる)と ポリフェノールが増える!?

ピーナッツを茹でる(ゆでる)ことの意外な効果があるらしいよ。
ピーナッツというより落花生と言った方がわかりやすいか?
知ってた?ポリフェノールを高めて健康になるという!?


ピーナッツと落花生と南京豆

ピーナッツと落花生と南京豆

ピーナッツと落花生と南京豆

落花生は日本語なので和風で殻が付いているイメージで使われることが多いです。

ピーナッツは英語なのですが、殻も薄皮もないイメージで使われることが多いですね。

殻をむいた薄皮付きピーナッツのイメージで使われることが多い南京豆は、落花生の名称の一つで中国方面から渡来したものの意を表します。

この記事での茹で(ゆでる)ピーナッツは、生落花生のことを指しています。


ピーナッツを茹でる(ゆでる)と ポリフェノールが増える

ピーナッツを茹でる(ゆでる)と ポリフェノールが増える

ピーナッツを茹でる(ゆでる)と ポリフェノールが増える

なんと、ピーナッツを 茹でる(ゆでる)ことでポリフェノールが2倍~7倍多く含んでいることが判明したそうです。

その実験のピーナッツは、生・焙煎など他と比較して、お湯に食塩を加えて2時間ゆでる ことでポリフェノールが2倍~7倍多く含んでいることが判明したそうです。

ピーナッツをゆでることで、レスベラトロールほか、各種ポリフェノールが確実に増えることがわかっています。

茹でる(ゆでる)ピーナッツは、ポリフェノールが多く含まれていて健康に良い

茹でる(ゆでる)ピーナッツは、ポリフェノールが多く含まれていて健康に良い

茹でる(ゆでる)ピーナッツは、ポリフェノールが多く含まれていて健康に良い

ピーナッツが大好きな方は、ピーナッツを茹でることで健康効果がさらに高まることに驚かれるかもしれません。
茹でたピーナッツは美味しいおやつ、おつまみになるだけでなく、生やローストしたものに比べてポリフェノールが多く含まれているためです。

ピーナッツに関しては、その調理方法が栄養価に大きな影響を与えることがわかりました。
生のピーナッツはタンパク質と健康的な脂肪の良い供給源ですが、茹でたりローストしたりすると抗酸化物質が増えます。

ローストピーナッツは人気のスナックですが、塩分や不健康な脂肪が多く含まれていることがあります。
一方、茹でたピーナッツは、余分な材料を加える必要がないため、より健康的な調理法です。
茹でたピーナッツは低カロリーで、タンパク質と食物繊維が豊富で、有益なポリフェノールが含まれています。
健康増進を目指す人のおやつにぴったりです。

ポリフェノールとは何か、なぜ重要なのか?

ポリフェノールとは何か、なぜ重要なのか?

ポリフェノールとは何か、なぜ重要なのか?

ポリフェノールは、ピーナッツを含む多くの植物性食品に含まれる抗酸化物質の一種です。

ポリフェノールは、血管の酸化を防ぐため、血流促進につながります。
特に、ピーナッツに含まれるポリフェノールのうち、レスベラトロールのアンチエイジング効果に注目が集まっています。

レスベラトロールは、老化を防ぐ長寿の遺伝子を活性化して細胞の働き過ぎを抑え、皮膚を若々しく保つと言われています。

ポリフェノールは、老化や慢性疾患の原因となるフリーラジカルによるダメージから体を守り、抗炎症作用や抗がん作用もあることが分かっています。

茹でた(ゆでた)ピーナッツは、生のピーナッツやローストしたピーナッツよりもポリフェノールが多く含まれているので、ピーナッツを茹でることで、ポリフェノールの摂取量を増やし、健康効果を享受することができるのです。

以下、効能、効果について述べておきます。

ピーナッツ  ゆでる 心臓への効果

ピーナッツ  ゆでる 心臓への効果

ピーナッツ  ゆでる 心臓への効果

茹でたピーナッツは、コレステロール値を下げ、心臓病のリスクを減らす効果のある一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸を多く含むので、心臓に良いとされています。
また、血圧を調整し、脳卒中のリスクを軽減するカリウムの良い供給源でもあります。

茹でたピーナッツを摂取することで、血管に張り巡らされ、血流の調節に重要な役割を果たす内皮細胞の機能を改善できることが研究でわかっています。
これにより、心臓病などの循環器系疾患のリスクを低減させることができます。

ピーナッツ ゆでる 炎症が慢性疾患のリスクを低減

ピーナッツ ゆでる 炎症が慢性疾患のリスクを低減

ピーナッツ ゆでる 炎症が慢性疾患のリスクを低減

炎症は傷害や感染に対する自然な反応ですが、慢性的な炎症は心臓病、癌、糖尿病など様々な健康問題の原因となります。
幸い、ゆでピーナッツに含まれるポリフェノールには抗炎症作用があり、炎症を抑えて慢性疾患から守ることができます。

実際、ある研究では、茹でたピーナッツを摂取すると、血中の炎症マーカーのレベルが低下することがわかり、炎症に対抗し、健康全般を改善する有効な方法である可能性が示されました。

ピーナッツ ゆでる 腸内環境を改善

ピーナッツ ゆでる 腸内環境を改善

ピーナッツ ゆでる 腸内環境を改善

茹でたピーナッツは、便通を整え便秘を予防する食物繊維を多く含んでいるため、消化にも良いとされています。食物繊維は腸内の善玉菌のエサにもなり、消化器官全体の健康状態を改善することができます。

また、茹でたピーナッツにはレジスタントスターチという、小腸で消化されにくく、代わりに大腸で発酵するタイプの炭水化物が含まれています。
この過程で短鎖脂肪酸が生成され、腸内環境を改善し、消化器系疾患のリスクを低減することができます。

ダイエットのお供に茹で(ゆでる)ピーナッツ

ダイエットのお供に茹で(ゆでる)ピーナッツ

ダイエットのお供に茹で(ゆでる)ピーナッツ

満腹感や満足感を得られるヘルシーなスナックをお探しなら、ゆでるピーナッツがおすすめです。
低カロリーでタンパク質と食物繊維が豊富なので、空腹感を抑えて食べ過ぎを防ぐことができます。

ある研究では、ゆでるピーナッツをおやつとして摂取すると、次の食事での食事量を減らすことができたという結果が出ており、食欲をコントロールしてダイエットを促進する効果も期待されています。

ピーナッツ 茹でる(ゆでる)方法

ピーナッツ 茹でる(ゆでる)方法

ピーナッツ 茹でる(ゆでる)方法

1.生落花生を水洗いして、汚れやゴミを取り除く。
2.大きな鍋にピーナッツを入れ、水を張ります。
3.塩とお好みの調味料を加える。
4.水を沸騰させ、その後、火を弱めて煮る。
5.ピーナッツが柔らかくなり、完全に火が通るまで、2~3時間煮込む。
6.お湯を切り、温かいまま、または冷やしてお召し上がりください。

茹でる(ゆでる)ピーナッツ料理アイディア

茹でる(ゆでる)ピーナッツ料理アイディア

茹でる(ゆでる)ピーナッツ料理アイディア

・スープやチリにクルトンの代わりに茹でた(ゆでた)ピーナッツを入れてみましょう。
・茹でた(ゆでた)ピーナッツをレーズンやドライフルーツと混ぜてヘルシーで栄養価のあるスナックミックスにして食べてみましょう。
・茹でた(ゆでた)ピーナッツをサラダに加え、カリカリ食感と風味を楽しみましょう。
・ピーナッツバターとゆでピーナッツのサンドイッチが美味しいと評判をいただきました。
・茹でた(ゆでた)ピーナッツをオートミールやヨーグルトのトッピングにしましょう。

みなさんのアイディアもお聞かせください。

ピーナッツの日

ピーナッツの日

ピーナッツの日

日本では、11月11日は「ピーナッツの日」なのだそうです。
9月頃から、生(ピーナッツ)落花生が出荷され、11月はローストされたピーナッツや、殻付きピーナッツ、南京豆の新物が出回る月ということもあるので、ちょうどよい時期でもあります。
憶えておいてください。
※生落下生(茹でらっか)は、この時期しか食べれません。

「落花生 収穫後すぐ 食べる」絶品『ゆで落花生』とは?

https://colors-style.com/articles/32

落花生 収穫後すぐ 食べる「ゆで落花生」「生落花生」って、意外と知られてなかった。食べてみて欲しいなー。

ピーナッツ ゆでる ポリフェノール が合言葉

ピーナッツ ゆでる ポリフェノール が合言葉

ピーナッツ ゆでる ポリフェノール が合言葉

・薄皮には、活性酸素を無害化する抗酸化物質レスベラトロール(ポリフェノール)が含まれているので、むかないで食べてください。

・ピーナッツを毎日30粒を目安に食べ続けた結果、悪玉コレステロールや中性脂肪が減少したという結果が報告されています。

・ピーナッツを茹でる(ゆでる)ことで、レスベラトロールほか、各種ポリフェノールが確実に増えることがわかっています。

・ピーナッツは新鮮なものを・・・オレイン酸は酸化しやすい油で、古くなると味が落ちるだけでなく、動脈硬化の原因になる過酸化脂質になります。

ピーナッツ ゆでる ポリフェノール が合言葉ですね!


この記事のライター

ボクの名前は「うけうり君」TVや先生から学んだ知識を、みんなに教えてあげるのだウリ♪

関連する投稿


黒の力!お正月だけじゃなく、日頃から黒豆を食べよう♪

黒豆は自然からもらったサプリメント!だからと言って食べ過ぎてはダメですよ! 失敗しない黒豆レシピも必見です。


最新の投稿


九十九里の恵み極上ネギの収穫体験、ねぎやSugary。ポロネギお土産

千葉県九十九里浜の温暖な気候と豊かな自然環境で育った、みずみずしくシャキシャキ食感、そして甘みと香りが漂う畑にお邪魔しました。 見てるだけで、うまいとわかる立派な葱です。今日は、この葱を収穫体験できるということで、潮風を感じる?葱畑に行ってきたのでご報告です。


学校給食に有機農産物を!オーガニック給食の素晴らしさ。

日本各地で進むオーガニック給食の動きは、地域の環境を考慮した農業への移行を目指しています。地域社会全体で持続可能な食材を生産し、消費し、地域農業をサポートし、持続可能な食生活を奨励するメリットは計り知れません。今回、みどり戦略とオーガニックビレッジのセミナーを参考に記事にしてみました。


日本の食料・農業危機に関する深刻な問題と解決策

深刻化する食料危機、崩壊の危機に瀕する日本の食料安全保障。農業の現状と根本原因、そして抜本的な解決策の提言が、【れいわ政策勉強会 ~日本の食料・農業危機~セミナー】で納得する形で受けてきましたので紹介します。日本が食料を確保するために今すぐ行動を起こさなければならない理由がありました。


野草食材の収集と調理で、サバイバルの場としての里山を体験

たびたび発生する災害、その時の食料源として野草が注目されています。災害時の野草の価値は計り知れません。今回は、グリーントピアフォレスト(グリトピ)キャンプ地周辺の里山を舞台に、野草散策を試みた。


キャンプって? 醍醐味は? 昼夜で異なる楽しみ方がある

千葉県山武市に2023年秋にオープンしたキャンプ場「グリーン・トピア・フォレスト」(略称:グリトピ)荒れ果てていた森を数年前から改善し畑やキャンプ場として自然を大切にした里山になり始めている。今後、皆様と一緒に自然体験をしながら新しいコミュニティの場にしたい。始めに、ここで何をしたらよいか?についてご紹介します。


ウィークリーランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

カラーズスタイルで話題のキーワード


AGE テロメア 食べて健康