いっちゃんの東京まち歩きWalking「上野~浅草」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking「上野~浅草」編

上野公園・西郷隆盛像⇒上野大仏⇒パンダ橋⇒下谷神社⇒東京仏壇ストリート⇒誓教寺⇒合羽橋道具街⇒かっぱ河太郎像⇒浅草文化観光センター⇒雷門⇒浅草仲見世⇒浅草公会堂⇒浅草寺 

このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。
詳しくは https://walkers-hi.jp/ を御覧ください。


スタート 上野公園 西郷隆盛像

スタート 上野公園 西郷隆盛像

スタート 上野公園 西郷隆盛像

スタート:上野公園・西郷隆盛像前

明治維新の指導者の西郷隆盛は、幕府征討軍参謀として幕府軍の勝海舟との会談で、江戸城の無血開城を実現しました。その結果、江戸100万人の人命が助かりました。しかし、その後、西郷隆盛は1877年、西南の役で戦死しました。この西郷隆盛像は1898年、西郷隆盛の偉大な功績を称えるために、建立されました。作者は高村光雲で、除幕式には時の総理大臣・山県有朋や勝海舟、大山巌、東郷平八郎等、800名が参加して盛大に行われました。連れているのはお気に入りの薩摩犬であった雌犬のツンです。

西郷隆盛像紹介のホームページはこちらから
https://www.keiten-aijin.com/yurai.html

スタート:上野公園・西郷隆盛像前

明治維新の指導者の西郷隆盛は、幕府征討軍参謀として幕府軍の勝海舟との会談で、江戸城の無血開城を実現しました。その結果、江戸100万人の人命が助かりました。しかし、その後、西郷隆盛は1877年、西南の役で戦死しました。この西郷隆盛像は1898年、西郷隆盛の偉大な功績を称えるために、建立されました。作者は高村光雲で、除幕式には時の総理大臣・山県有朋や勝海舟、大山巌、東郷平八郎等、800名が参加して盛大に行われました。連れているのはお気に入りの薩摩犬であった雌犬のツンです。

西郷隆盛像紹介のホームページはこちらから
https://www.keiten-aijin.com/yurai.html

パンダ橋

パンダ橋

パンダ橋

パンダ橋

次は通称・パンダ橋として親しまれている、正式名・上野駅東西自由通路を目指しましょう。東京文化会館横にパンダ橋と書いてある石碑があります。パンダ橋にはとても大きいパンダのぬいぐるみが鎮座しています。なんとこの橋は11年かって完成したそうです。

パンダ橋周辺の紹介ホームページはこちらから
東京文化会館
https://www.t-bunka.jp/
国立西洋美術館
https://www.nmwa.go.jp/jp/index.html

パンダ橋

次は通称・パンダ橋として親しまれている、正式名・上野駅東西自由通路を目指しましょう。東京文化会館横にパンダ橋と書いてある石碑があります。パンダ橋にはとても大きいパンダのぬいぐるみが鎮座しています。なんとこの橋は11年かって完成したそうです。

パンダ橋周辺の紹介ホームページはこちらから
東京文化会館
https://www.t-bunka.jp/
国立西洋美術館
https://www.nmwa.go.jp/jp/index.html

下谷神社

下谷神社

下谷神社

下谷神社

下谷神社は730年に創建されたと伝えられています。かつては下谷稲荷社と呼ばれていました。下谷稲荷社の名称が稲荷町の由来です。1798年、三笑亭可楽が下谷神社の境内で江戸、初めての寄席を開いたことから、下谷神社は「寄席発祥の地」と言われています。

下谷神社のホームページはこちらから
https://shitayajinja.or.jp/

下谷神社

下谷神社は730年に創建されたと伝えられています。かつては下谷稲荷社と呼ばれていました。下谷稲荷社の名称が稲荷町の由来です。1798年、三笑亭可楽が下谷神社の境内で江戸、初めての寄席を開いたことから、下谷神社は「寄席発祥の地」と言われています。

下谷神社のホームページはこちらから
https://shitayajinja.or.jp/

合羽橋道具街

合羽橋道具街

合羽橋道具街

合羽橋商店街

合羽橋道具街は大正のはじめに数軒の道具店が店を始めたのが始まりと言われています。
毎年秋にはかっぱ橋道具まつりが盛大に開催され、数々のイベントが行われます。
また、合羽橋近隣にはビニール傘を発明したホワイトローズ社やフライフィッシングのパイオニア・つるや釣具店があります。

かっぱ橋道具街のホームページはこちらから
https://www.kappabashi.or.jp/
ホワイトローズ社のホームページはこちらから
https://whiterose.jp/
つるや釣具店のホームページはこちらから
https://www.fly-tsuruya.co.jp/

合羽橋商店街

合羽橋道具街は大正のはじめに数軒の道具店が店を始めたのが始まりと言われています。
毎年秋にはかっぱ橋道具まつりが盛大に開催され、数々のイベントが行われます。
また、合羽橋近隣にはビニール傘を発明したホワイトローズ社やフライフィッシングのパイオニア・つるや釣具店があります。

かっぱ橋道具街のホームページはこちらから
https://www.kappabashi.or.jp/
ホワイトローズ社のホームページはこちらから
https://whiterose.jp/
つるや釣具店のホームページはこちらから
https://www.fly-tsuruya.co.jp/

浅草文化観光センター

浅草文化観光センター

浅草文化観光センター

浅草文化観光センター

雷門交差点にある浅草文化観光センターに足を伸ばしてみましょう。浅草雷門前に位置する観光案内所です。8階の展望テラスからは東京スカイツリーや浅草のまちを一望することができますので、是非、エレベーターで8階まで行ってください。ここは日本人よりも外国人に人気が高い施設で8階では様々な国の方々浅草を楽しんでいます。

浅草文化観光センターのホームページはこちらから
https://www.city.taito.lg.jp/index/bunka_kanko/oyakudachi/kankocenter/

浅草文化観光センター

雷門交差点にある浅草文化観光センターに足を伸ばしてみましょう。浅草雷門前に位置する観光案内所です。8階の展望テラスからは東京スカイツリーや浅草のまちを一望することができますので、是非、エレベーターで8階まで行ってください。ここは日本人よりも外国人に人気が高い施設で8階では様々な国の方々浅草を楽しんでいます。

浅草文化観光センターのホームページはこちらから
https://www.city.taito.lg.jp/index/bunka_kanko/oyakudachi/kankocenter/

雷門&浅草仲見世通り

雷門&浅草仲見世通り

雷門&浅草仲見世通り

浅草

雷門
942年、雷門は風水害、火災除けを目的にして、建立されました。しかし、その後、数々の火災を経て、今の雷門は1960年に名物の大提灯とともに松下幸之助さんの寄進により、完成しました。大提灯は三社祭や強風時にはたたまれます。

雷門紹介のホームページはこちらから
https://www.senso-ji.jp/guide/kaminari.html

浅草公会堂前
ここ浅草公会堂前には大衆芸能に貢献した芸能人を称えるスターの広場があります。数多くの芸能人の手形が飾られています。また、日比谷にも芸能人の手形が飾られた場所があります。興味がある方は日比谷も訪れてみてはいかがでしょうか?目印はゴジラ像です。

浅草公会堂のホームページはこちらから
https://asakusa-koukaidou.net/
日比谷合歓の広場(ねむのひろば)紹介のホームページはこちらから
https://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/891/Default.aspx

近くには浅草六区や浅草ホッピー通りもありますので時間があれば。足を伸ばしてみては?浅草公会堂から浅草演芸場へ向かう道には浅草ゆかりの芸能人の写真が飾られています。その中で捕鯨船という店の前の看板だけが予約済と書いてあり、写真がありません。この予約をした芸能人はだれでしょうか?

浅草ホッピー通り紹介のホームページはこちらから
https://retrip.jp/articles/4116/
浅草演芸場のホームページはこちらから
https://www.asakusaengei.com/
東洋館のホームページはこちらから
https://www.asakusatoyokan.com/timetable/

浅草六区
西洋化を目指した明治新政府の肝いりでできた浅草公園を作りました。浅草公園は6つの区域にわけられました。一区は観音堂周辺、二区は仲見世周辺、三区は伝法院周辺、四区は当時在った池周辺、五区は花やしき周辺、六区を歓楽街周辺にしました。現在はこの歓楽街だけが浅草六区として名が残っています。

浅草

雷門
942年、雷門は風水害、火災除けを目的にして、建立されました。しかし、その後、数々の火災を経て、今の雷門は1960年に名物の大提灯とともに松下幸之助さんの寄進により、完成しました。大提灯は三社祭や強風時にはたたまれます。

雷門紹介のホームページはこちらから
https://www.senso-ji.jp/guide/kaminari.html

浅草公会堂前
ここ浅草公会堂前には大衆芸能に貢献した芸能人を称えるスターの広場があります。数多くの芸能人の手形が飾られています。また、日比谷にも芸能人の手形が飾られた場所があります。興味がある方は日比谷も訪れてみてはいかがでしょうか?目印はゴジラ像です。

浅草公会堂のホームページはこちらから
https://asakusa-koukaidou.net/
日比谷合歓の広場(ねむのひろば)紹介のホームページはこちらから
https://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/891/Default.aspx

近くには浅草六区や浅草ホッピー通りもありますので時間があれば。足を伸ばしてみては?浅草公会堂から浅草演芸場へ向かう道には浅草ゆかりの芸能人の写真が飾られています。その中で捕鯨船という店の前の看板だけが予約済と書いてあり、写真がありません。この予約をした芸能人はだれでしょうか?

浅草ホッピー通り紹介のホームページはこちらから
https://retrip.jp/articles/4116/
浅草演芸場のホームページはこちらから
https://www.asakusaengei.com/
東洋館のホームページはこちらから
https://www.asakusatoyokan.com/timetable/

浅草六区
西洋化を目指した明治新政府の肝いりでできた浅草公園を作りました。浅草公園は6つの区域にわけられました。一区は観音堂周辺、二区は仲見世周辺、三区は伝法院周辺、四区は当時在った池周辺、五区は花やしき周辺、六区を歓楽街周辺にしました。現在はこの歓楽街だけが浅草六区として名が残っています。

ゴール 浅草寺

ゴール 浅草寺

ゴール 浅草寺

ゴール・浅草寺

浅草寺は628年(大化の改新以前です)創建の東京都内最古のお寺です(ちなみに二番目に古いお寺は、鬼太郎で有名な調布の深大寺です)創建のいわれは、漁師兄弟が投網の際にひとがたの像を見つけ、郷の長に差し出し、その郷の長がこの像を本尊として、自ら寺を建立したのが始まりとされています。本堂は国宝でしたが、残念ながら東京大空襲で焼失してしまいました。現在の本堂は1958年に再建された建物です。

浅草寺のホームページはこちらから
https://www.senso-ji.jp/
深大寺のホームページはこちらから
https://www.jindaiji.or.jp/

近くには1853年(黒船来航の年)植物園として開園した日本最古の歴史を持つ花やしきがあります。ただし、当時はブランコがただひとつの遊具だったようです。一度、取り壊され
1947年に再開されました。園内にあるローラーコースターは1953年製で国産初の日本で一番古いローラーコースターです。

花やしきのホームページはこちらから
https://www.hanayashiki.net/

ゴール・浅草寺

浅草寺は628年(大化の改新以前です)創建の東京都内最古のお寺です(ちなみに二番目に古いお寺は、鬼太郎で有名な調布の深大寺です)創建のいわれは、漁師兄弟が投網の際にひとがたの像を見つけ、郷の長に差し出し、その郷の長がこの像を本尊として、自ら寺を建立したのが始まりとされています。本堂は国宝でしたが、残念ながら東京大空襲で焼失してしまいました。現在の本堂は1958年に再建された建物です。

浅草寺のホームページはこちらから
https://www.senso-ji.jp/
深大寺のホームページはこちらから
https://www.jindaiji.or.jp/

近くには1853年(黒船来航の年)植物園として開園した日本最古の歴史を持つ花やしきがあります。ただし、当時はブランコがただひとつの遊具だったようです。一度、取り壊され
1947年に再開されました。園内にあるローラーコースターは1953年製で国産初の日本で一番古いローラーコースターです。

花やしきのホームページはこちらから
https://www.hanayashiki.net/

ウォーキングイベント情報はこちら

この記事のライター

関連する投稿


いっちゃんの東京まち歩き「東京・築地~佃~月島」編

築地本願寺⇒築地川公園⇒浅野内匠頭邸跡⇒芥川龍之介生誕の地⇒慶應義塾大学発祥の地⇒聖路加国際病院前⇒佃大橋⇒佃島⇒住吉神社⇒月島もんじゃストリート⇒勝鬨橋⇒築地本願寺


いっちゃんの東京まち歩きWalking お出かけ「江ノ島」編

オリンピック噴水公園⇒弁財天仲見世通り⇒江島神社⇒江島神社辺津宮⇒江島神社中津宮⇒江島展望灯台前⇒山二つ⇒江島神社奥津宮⇒⇒岩屋洞窟前(折返し地点)⇒恋人の丘「龍恋の鐘」⇒児玉神社⇒さざえ島 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは https://walkers-hi.jp/ を御覧ください


いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

桜木町駅前⇒ドックヤードガーデン⇒日本丸⇒汽車道⇒旧横浜港駅跡⇒横浜赤レンガ倉庫⇒象の鼻桟橋⇒大桟橋⇒日米和親条約調印の地⇒横浜開港資料館⇒神奈川県庁⇒横浜開港記念館⇒横浜公園噴水前 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは https://walkers-hi.jp/ を御覧ください。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「新橋~皇居東御苑~靖国神社」編

スタート・新橋SL広場前⇒航空会館前⇒日比谷公園⇒楠木正成像前⇒皇居東御苑⇒百人番所前⇒松の廊下跡⇒江戸城天守台跡⇒吉田茂像前⇒日本武道館前⇒田安門⇒高燈篭(常燈明台)⇒ゴール・靖国神社


いっちゃんの東京まち歩きWalking お出かけ編「鎌倉」

スタート・鎌倉駅東口鎌倉市観光案内所⇒鎌倉駅地下道⇒鎌倉駅西口広場⇒鎌倉市役所前⇒佐助稲荷⇒銭洗弁天⇒葛原岡神社⇒源氏山⇒寿福寺⇒小町通り⇒段葛⇒ゴール・鶴岡八幡宮 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは https://walkers-hi.jp/ を御覧ください。


最新の投稿


無農薬野菜を食べたい!そんな人は【重曹・クエン酸ドリンク】の効果も知っておこう

最近、よく見かけるのが、「カラダにいいこと」。 そういう情報は、効果があればあるほど巷に広まりますね。今回ご紹介する 【重曹・クエン酸ドリンク】は、紛れもなくその最先端をいっているでしょう。 中には、もうやってるよ、と言う人も多くいるかもしれませんが、その効果を再確認してみませんか?


別れと出会いの時期。喜びの「タネ」をまくことで望む人生を。

春は卒業式の後は始業式と、言うなれば学生にとっては別れと出会いの時期でもありますね。誰もが心に涙する、そして、たくさんの不安と少しばかりの希望を抱えて、過去と未来へ自分たちの想いを馳せる時期なのかもしれません。 ですが、一人ひとりが出来る限り明るい未来を創造していってほしいものです♪


人は楽しむために生まれてきた

私たちは、どうしても過ごしていく上で、苦手な人や「嫌だなあ、好きになれない」という人と出会うことがあります。 でも、どうやったらうまく付き合えるんだろう、悶々とすることはありませんか? これを読むと、ちょっと気が楽になるかもしれませんよ。


2021年“風の時代”を生きる! 変化に対応して生きるコツ

2121年は、風の時代、という言葉をよく耳にします。 「グレート・コンジャンクション」という木星と土星が重なる日のことで、これは20年に一度起こる「時代の節目」であるとされています。 風の時代はいったいどんな影響を私たちに与えるのでしょうか?


苺(いちご)狩りの季節到来♪ 苺狩りを楽しくするための”うんちく”15選を順子の苺園で聞いてきた!

以前は、コンデンスミルクや砂糖をかけて食べていたものですが、最近の品種は甘すぎるため、そのまま食べるのが普通になりました。 一応、苺狩りでは、コンデンスミルクをお渡しますがっ。