世界遺産に登録されている毛越寺で、紅葉を愛でてみませんか?(紅葉狩り)

世界遺産に登録されている毛越寺で、紅葉を愛でてみませんか?(紅葉狩り)

毛越寺は、例年10月下旬から、浄土庭園の紅葉や楓が紅く色づき、大泉が池にもその美しい姿を映します。
平安時代の伽藍遺構との調和が素敵なコントラストを演出します。


毛越寺

毛越寺

毛越寺

金堂跡側からの大泉池

金堂跡側からの大泉池

毛越寺庭園は、平泉の文化遺産のひとつで、奥州藤原氏によるものです。
藤原三代の間、奥州を治めていた藤原氏が、戦さで亡くなった人を救うべく、仏の世界を具現的に表したというのが毛越寺です。

大泉池

大泉池

毛越寺は奥州藤原氏二代目の藤原基衡によるもので、当時は多くの堂塔があったそうです。
仏の世界すなわち浄土を地上に表現したと伝わる浄土庭園は、大泉が池は浄水をたたえ、勾玉状の中島があります。

大泉 中島

大泉 中島

池の周辺や中島にはすべて玉石が敷かれ、周辺には、州浜、荒磯風の水分け、浪返しにあたる立石、橋のたもとをかざる橋引石、枯山水風の築山、遺水などの石組を配置しています。

白鹿伝説

白鹿伝説

白鹿伝説

大泉池

大泉池

嘉祥3年(850)慈覚大師が東北巡遊中に、この地を訪れると霧に覆われました。
ふと足元を見ると地面に白鹿の毛が点々と落ちているので、大師は不思議に思いその毛を辿ってゆくと、前方に白鹿がうずくまっていました。大師が近づくと白鹿の姿は霧のなかへ消え、やがてどこからともなく一人の白髪の老人が現れ、「この地は霊地であるから堂宇を建立するなら仏法が広まるであろう」と告げたそうです。

州浜近辺?

州浜近辺?

大師は、この老人こそ薬師如来の化身と感じ、一宇の堂を建立し嘉祥寺と名付けました。
これは毛越寺の開山にまつわる話です。

休憩

休憩

休憩

番傘

番傘

いつでも、どこでも、心が求めるものは・・・
いや、体もですね。

もち膳

もち膳

庭園散歩の後は、おなかもすいて、この近辺の郷土料理の中から、もち膳をおススメします。
あんころもち、変わりもち、ずんだ、雑煮、漬物や大根おろしと、もち料理だけで作られる”もち膳”です。

ではでは。


この記事のライター

関連するキーワード


毛越寺 庭園 紅葉狩り

関連する投稿


悲劇の義経、第二の故郷、奥州平泉を訪ねて歴史と世界遺産を感じてみた。

今でも大人気の源義経! 悲劇の若武者である義経が、時空を超えて愛され続けている理由を、最後の地”平泉”で感じられる旅でした。


庭園をゆったり散歩する時間も楽しいですよ。(*≧∀≦)φ

一日中過ごしても飽きない庭園ってありますか? 庭園って、どこの庭園でも癒されます。でも、プライベート空間にできるところがなくて、結果、ゆったりできないと感じてませんか? そう!周りは無視して、自分の景色を堪能しましょう。


椿山荘で豪華な夏のひと時を―ほたるの夕べディナーブッフェ―

椿山荘で6月から7月頃に行われるディナーブッフェをご紹介♪ 豪華な食事にキレイな景色。 夜は蛍も…大切な人へ感謝を伝えたい時や自分へご褒美をあげたい時などなどぴったりです。


最新の投稿


花びんのお花をリユースして、小さなラウンドスタイルにアレンジメント

花瓶にいけてあるお花をアレンジメントに変身させましょう。 同じお花でも,生け方を変えるだけで雰囲気が変わります。 フローラルフォームを使うアレンジメントは、水替えも必要ないので便利ですね。


五月雨を集めて早し最上川・・・ひま散歩♪

山形県には、たくさんの川が流れていますが、いちばん大きい川は、最上川だそうです。1日で、歩ける範囲で恐縮ですが、最上川を紹介します。


「人生はゲーム」と考えてクリアし楽しむ。あなたの生きやすい方法で

「おぎゃあー」と生まれて、あっという間に年数がたって、でも頑張っている私たち。 嫌なことがあった日、半端なく疲れた日、話し相手がいなかった日には、悶々としてしまうこともありますよね。 でも、ちょっと考え方を変えるだけで、人生が素晴らしいと思えるものに変化したら嬉しくないですか? その内容を、一緒に見ていきましょう!


がんや糖尿病の人に“お医者様が知られたくない話”。これを試してみよう!

私たちは具合が悪くなると病院で大量の薬を出されたり、入院、手術で、その病を治そうとします。もし、自分で治癒へ導くことができたら・・、!? 「がんです。糖尿病です」と診断されたら、とてもショックですよね? ある素晴らしいドクターがこっそり教えてくれた方法が、実に効果があると評判なので、その情報の一つをお知らせします。


「励ましの言葉」が人に与える影響が素晴らしい!「励まし」で人は驚くほど変わる。

誰でもが励ましを必要としていて、その励ましの言葉の威力は絶大なものがあります。 その言葉は、相手が自分の価値に気がつけるように伝えることで、「やればできる」という思いや確信の手助けになるようです。それを知っているだけで、あなたは人々にいい意味で素晴らしい環境を提供することができるのです。