椿山荘で豪華な夏のひと時を―ほたるの夕べディナーブッフェ―

椿山荘で豪華な夏のひと時を―ほたるの夕べディナーブッフェ―

椿山荘で6月から7月頃に行われるディナーブッフェをご紹介♪ 豪華な食事にキレイな景色。
夜は蛍も…大切な人へ感謝を伝えたい時や自分へご褒美をあげたい時などなどぴったりです。


ほたるの夕べディナーブッフェ

ほたるの夕べディナーブッフェ

ほたるの夕べディナーブッフェ

有名なホテル「椿山荘」。
ここでは5月中旬から7月頃まで、広い庭園でホタルも見ることができる、
素敵なディナーブッフェを開催しています。

華やかな料理

華やかな料理

華やかな料理

キレイに装飾された会場♪

ブッフェ形式でも盛り付けの損なわない料理の数々。
見た目ももちろん味も最高です♪
それにブッフェなので、自由に自分のペースで食事できます。
気負わなくてもいいのがまた嬉しい。

美味しそうなお寿司。ネタがとっても新鮮・・

左のパイ生地に包まれているのは、なんとフォアグラ!

果汁あふれる旬の果実に、枝豆の豆乳アイスを添えて

炎の演出

炎の演出

炎の演出

しばらくすると、今夜のメインであるとっておきのデザートのお出まし!
なんとその場で料理してくれます!
暗闇の中の実演に大人も子どもも大興奮!

準備して・・

照明が落ちてからが本番!
オレンジの皮の上を炎が踊っています。

こんな激しい場面も!実際はもっと大迫力!

出来上がりが右のデザート!
もっちもちのクレープ生地にアイスが絡んでたまりません♪

最後は庭園でホタル鑑賞

最後は庭園でホタル鑑賞

最後は庭園でホタル鑑賞

6月頃が個人的にオススメ。
椿山荘の普段でも素敵な庭園が、ホタルによってさらに幻想的に。
順路も書いてあるので、迷わずに歩けます♪

広い椿山荘の庭園ですが、ちゃんと看板が定期的に立ってます。
迷子癖のあってもこれで安心!

ホタルがメインのプランですが、庭園内ももちろん素敵です。
涼し気な水の音と新緑に和を感じます。

ポつっと。見えますか?;
行った時期が7月だったので、ホタルも少し・・
でも生き物特有の淡い光がとっても神秘的でした。

皆さんも大切な人と特別な場所でひと時を過ごしましょう♪
こんな素敵な雰囲気の中なら、日頃の感謝を伝えやすいかもしれません。
もちろん、自分へのご褒美でもいいと思いますよ♪


この記事のライター

関連する投稿


「ラム」「マトン」の違いって知ってる? ”肉”知識豊富な肉食テーマパークで学ぼう!

多摩南大沢の「MEATREA(ミートレア)」! お肉の事をより知ることができるテーマパークです。 テレビでも紹介された芸能人たちのお気に入りのお店もあります♪


東京ステーションホテルのディナーで、大切な方と特別な時間を過ごしてみませんか?

2015年11月2日に開業100周年を迎えた東京ステーションホテル。 そんな歴史のあるホテルのレストラン「プラン ルージュ」で特別な時間を過ごしてみませんか?


かかりたくない熱中症☀万全対策で元気に夏を過ごそう

熱中症対策はかかる前の予防が最も重要。 年齢、性別に関係はなく条件でかかりやすくなる確率が上がります。 体内が暑さに対応できていない春だからこそ注意が必要なのです。 その日の気温や湿度に合わせてしっかり対策を行いましょう。 心がけるべき基本的な熱中症対策をご紹介します。


すみだ水族館「お江戸の金魚ワンダーランド」でお江戸のアリス気分♪日本を味わいたい方必見スポット!

金魚づくしのイベントがすみだ水族館で開催中。江戸風鈴に金魚提灯…日本の魅力がたっぷりのイベントです♪



最新の投稿


トマトの栄養を効果的にとる方法が続々判明してきた。

元々トマトは、健康的な野菜というイメージがありましたが、実はここ10年で見ても、今もなお、新しい栄養や、元々あった栄養素の新しい健康パワーが発見されているんです。


「日本で最も美しい村」美瑛町をご紹介・・・ひま散歩

美瑛町は北海道のほぼ中央に位置し、なだらかな波状丘陵と雄大で緑豊かな自然環境が魅力の町です。いつまでも、この美しい景観を維持してほしいと願います。


東北地方で唯一、現存天守を残す津軽10 万石の城。弘前城のご紹介。

桜がよく似合う白亜の天守に繚乱と咲き誇るしだれ桜は、まさに優美なる名城の春を演出します。 桜の季節は大変込み合いますが、見どころは、春だけではないので、他の季節も訪れてみてください。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「新宿御苑」編

新宿御苑は、江戸時代にの大名屋敷がルーツで、在日外国人に大人気ですね。 今回は、アメリカのセントラルパークにも例えられる新宿御苑を散策してみましょう。


初夏を告げる野菜、そら豆を味う

そら豆。 意外とスーパーでは買われない野菜なのだとか? どうやら、コスパが悪いイメージと、売られている時期が短いというのが要因のようだ。 そんな、そら豆のあまり知られていない秘密を取材してみた。