チャイニーズ・ニュー・イヤー(中国・春節)

チャイニーズ・ニュー・イヤー(中国・春節)

こんにちは、juilletです。
1月22日はチャイニーズ・ニュー・イヤーです。
1週間〜2週間は、仕事や学校がお休みになったり、イベントがあったりするそうです。
今回は、マレーシアでのチャイニーズ・ニュー・イヤー(中国・春節)について、ご紹介します。


チャイニーズ・ニュー・イヤー(中国・春節)とは?

チャイニーズ・ニュー・イヤー(中国・春節)とは?

チャイニーズ・ニュー・イヤー(中国・春節)とは?

名前を聞いたことのあるという方は多いと思いますが、旧正月のことです。春節とも呼びます。
あれ、旧正月は2月じゃないの?と思われた方もいるのではないでしょうか?
私もそう思っていました。
実はこれ、毎年日にちが変わるんですね。
ここ10年を見てみると、2月が多いですが今年は一段と早いようです。

ちなみにここ前後数年の暦は、
2018年2月16日
2019年2月5日
2020年1月25日
2021年2月12日
2022年2月1日
2024年2月10日
2025年1月29日
2026年2月17日 
と割とバラバラですね。

新年が年によって変わるというのは、日本のお正月やクリスマスに慣れた私たち日本人には不思議な出来事ですが、マレーシアでの他の宗教のお正月(イスラム教のハリラヤ・ヒンドゥ教のディバパリ)においても同じなので、むしろ世界的には当たり前のことなのかもしれません。

今、この旧正月をお祝いする国は、中国、韓国、台湾、ベトナム、シンガポール、マレーシアなどです。国民の祝日にもなっているそうです。

日本でもかつてはお祝いしましたが、西暦が採用されてからその習慣はなくなったようです。沖縄などでは旧正月をお祝いする地域もあるそうです。

KLCC には干支のうさぎが。中国の十二支は猪が豚に

KLCC には干支のうさぎが。中国の十二支は猪が豚に

クリスマスの後に・・・

クリスマスの後に・・・

クリスマスの後に・・・

クリスマス、お正月(1月1日)を終え、しばらくするとショッピングモールやコンドミニアムに飾られているクリスマスツリーなどのデコレーションがチャイニーズニューイヤー仕様に変わりました。

テーマカラーは赤!
あちらこちらが、赤く染まります。
また、日本と同じく干支があり、今年の干支うさぎのモチーフも飾られていました。
干支も日本と同じ12支。動物もほとんど同じですが、猪は豚のようです。
また赤い提灯が飾られるのも特徴です。

赤い提灯が、綺麗に飾られます

赤い提灯が、綺麗に飾られます

そしてスーパーの果物売り場にも真っ赤な箱が積み上げられます。
中身はみかん。
一個ずつラッピングされていたりして高級そうなみかんです。

こちらも、チャイニーズニューイヤーには食べられるそうで、中国語で「吉」「金」という言葉と「みかん」という言葉の発音が似ていることから、縁起がいい食べ物としてお正月に食べるそうです。

だいぶ早い時期から、みかんが売られています。おつかいものにもするのかな?綺麗な箱入りです。

だいぶ早い時期から、みかんが売られています。おつかいものにもするのかな?綺麗な箱入りです。

チャイニーズニューイヤー(春節)には何をする?

チャイニーズニューイヤー(春節)には何をする?

チャイニーズニューイヤー(春節)には何をする?

お正月になった瞬間の0時。
やはり花火があがりました!
花火に続いて爆竹も鳴ります。
爆竹は、マレーシアで普段は禁止されていて、この時期だけ鳴らしていいそう。
爆竹は魔除けの意味があるそうですよ。
花火と爆竹は1日だけでなくその後も続いていますが、それほど長く鳴り響く訳ではなくホッとしました。

また、これも日本と同じ獅子舞もあり、ショッピングモールやホテルなどで披露されるそうです。こちらの獅子舞、日本のものより目がぱっちり!キラキラと派手な成り立ちです笑

こちらは飾り用のミニ獅子舞。実際の獅子舞パフォーマンスはかなりアクロバティック!

こちらは飾り用のミニ獅子舞。実際の獅子舞パフォーマンスはかなりアクロバティック!

家庭でのお祝いは、何をする?

家庭でのお祝いは、何をする?

家庭でのお祝いは、何をする?

まずは、お正月を迎える前に、家族で家の大掃除をするそうです。そしてお正月の間は掃除をしてはいけないそうです。

お正月には晴れ着を着て、基本的には帰省をして家族、親戚で集まってお祝いするなど、日本のお正月と共通することが多いですね。実際にショッピングモールでは、テーマカラーの赤い服を着ている人や、チャイナドレス、チャイナカラーの服などを着てお出かけしている人を多く見かけました。

お年玉の習慣も同じで、紅包と言って、赤い封筒やポチ袋に入れて目上の人から目下の人、子供などにあげるそうです。額は日本の相場より少ないようですが、たくさんの人にあげるシチュエーションが多いようです。
ちなみに、紅包はお金だけではなく、お正月の贈り物も赤い包みで渡すのが一般的だそうです。

ショッピングモールでもらった赤い封筒。たぶん、お年玉(紅包)入れるもの。

ショッピングモールでもらった赤い封筒。たぶん、お年玉(紅包)入れるもの。

赤で包まれたプレゼントがたくさん並びます。同じように、違う色で包まれたものを、ハリラヤ・ディパバリでも見かけます。

赤で包まれたプレゼントがたくさん並びます。同じように、違う色で包まれたものを、ハリラヤ・ディパバリでも見かけます。

チャイニーズニューイヤー(春節)の食べ物

チャイニーズニューイヤー(春節)の食べ物

チャイニーズニューイヤー(春節)の食べ物

縁起のいい食べ物として、魚、春巻き、みかん、餃子、麺、お餅などあるそうですが、その中でも中国にはなく、マレーシア、シンガポールだけのおもしろい食べ物があります。

イーサン、またはローヘイと呼ばれるお料理。

これは、サーモンやマグロのお刺身に彩りのいい生野菜の千切り、ピーナッツやワンタンの皮を揚げたものなど、カリカリしたもの、柑橘系の果物などを盛り付けたもの。
そこに、梅やフルーツを使った酸味のあるソースをかけます。
それぞれの食材に、縁起のよい、いわれがあるそうです。

家でイーサンを作ってみました

家でイーサンを作ってみました

食べ方は?というと、みんなでお皿を囲んで、それぞれお箸でかき混ぜながら、高い位置から落としていきます。その時に、各々がその年の抱負や願いごとを言う。イーサンを落とす位置が高ければ高いほど、願いは叶う、と言われているそうです。

当然、お料理はお皿のまわりまで飛び散りますが、飛び散った方がいい、というなんとも豪快な習慣です。
ちなみに、魚介類のお値段は、チャイニーズニューイヤー前は3倍近くも値上がりするそうですよ。

このイーサンは、レストランでも食べることができますし、スーパーではセットになったものが売られているそうです。
詳しい作り方はわかりませんが、私も作って食べてみました。動画でご覧ください。

儀式もやってみましたが、テーブルにはラップを敷いておきました笑 味は最高でした!

儀式もやってみましたが、テーブルにはラップを敷いておきました笑 味は最高でした!




この記事のライター

2022年4月より、マレーシアに移住。食のプロが、マレーシアの食文化を中心に、リアルなマレーシアの魅力を御紹介していきます。

関連するキーワード


中国 春節

関連する投稿


自然薯って知ってる? 食べたことあっても掘ったことある人は少ないよね?

田舎暮らしを始めて、近所のおじいちゃんに”自然薯”の掘り方を教えてもらいました。すでに5年目に突入です。と言っても、一年に3~4本程度しか発見できないから、それほどの経験があるわけではないけれど。


「万里の長城」!中国で最も有名な世界遺産をご紹介♪

今回は中国で最も有名な世界遺産「万里の長城」での旅を紹介します!東・東南アジアを旅し尽くした筆者おすすめの世界遺産☆


中国の首都、北京の旅♪Part1

今回はお隣の大国、中国の首都、北京の街を紹介します♪隣の国なのにものすごくカルチャーショックを受ける国ですよ!part1では有名な二つのスポットを紹介します☆


中国の首都、北京の旅♪Part2

今回はお隣の大国、中国の首都、北京の街を紹介します♪隣の国なのにものすごくカルチャーショックを受ける国ですよ!part2では、北京でぜひ行って欲しい二つのスポットを紹介します☆


最新の投稿


薪拾い散策から始まるキャンプには自然に触れる喜びが盛り沢山

グリーントピアフォレストは、人里から少し離れたキャンプ場で、その先は、道も荒れているので車があまり通りません。整備されてないので、散策しながら薪拾いを行って火起こしという自然との触れ合いを存分に楽しめます。火起こしデイキャンプ(BBQ)の方も多く訪れるキャンプ場です。


九十九里の恵み極上ネギの収穫体験、ねぎやSugary。ポロネギお土産

千葉県九十九里浜の温暖な気候と豊かな自然環境で育った、みずみずしくシャキシャキ食感、そして甘みと香りが漂う畑にお邪魔しました。 見てるだけで、うまいとわかる立派な葱です。今日は、この葱を収穫体験できるということで、潮風を感じる?葱畑に行ってきたのでご報告です。


学校給食に有機農産物を!オーガニック給食の素晴らしさ。

日本各地で進むオーガニック給食の動きは、地域の環境を考慮した農業への移行を目指しています。地域社会全体で持続可能な食材を生産し、消費し、地域農業をサポートし、持続可能な食生活を奨励するメリットは計り知れません。今回、みどり戦略とオーガニックビレッジのセミナーを参考に記事にしてみました。


日本の食料・農業危機に関する深刻な問題と解決策

深刻化する食料危機、崩壊の危機に瀕する日本の食料安全保障。農業の現状と根本原因、そして抜本的な解決策の提言が、【れいわ政策勉強会 ~日本の食料・農業危機~セミナー】で納得する形で受けてきましたので紹介します。日本が食料を確保するために今すぐ行動を起こさなければならない理由がありました。


野草食材の収集と調理で、サバイバルの場としての里山を体験

たびたび発生する災害、その時の食料源として野草が注目されています。災害時の野草の価値は計り知れません。今回は、グリーントピアフォレスト(グリトピ)キャンプ地周辺の里山を舞台に、野草散策を試みた。


ウィークリーランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

カラーズスタイルで話題のキーワード


AGE テロメア 食べて健康