話題沸騰中の「ミャンマー」へ!どんな国?

話題沸騰中の「ミャンマー」へ!どんな国?

ミャンマーという国をご存知ですか?旧国名の「ビルマ」に親しみがある方も多いかもしれません!近年観光地として人気急上昇中のミャンマーにひとり旅をしてきました♪今回は写真とともに都市ヤンゴンの様子をお伝えします。


ミャンマーってどんな国?

ミャンマーってどんな国?

ミャンマーってどんな国?

ミャンマーは、正式名称をミャンマー連邦共和国といい、
東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家です。
ASEANにも加盟しています。

独立したのは1948年で、それから1989年まで「ビルマ連邦」という国名でした。
「ビルマ」と聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

通貨はチャット、人口は 5,142万人、首都はネピドーです。

タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接しています。

ミャンマーは多民族国家という特徴があります。
人口の6割をビルマ族が占め、ビルマ語が公用語です。
他にも、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、
チン族、モン族、ビルマ族、シャン族、コーカン族、、、
など、列挙しきれないほどの少数民族がいて、
それぞれ独自の言語を持つ民族も多いとのことです。

ミャンマーは仏教国で、その信仰心はかなり高いと言えます。
そのため現在でも宗教・民族上の抗争も存在し、問題となっています。

2016年には、ミャンマー国軍によるイスラム教徒の虐殺、民族浄化
いわゆる「ロヒンギャ問題」が明るみになり世界的に話題となりました。

そんなミャンマーは、長期にわたる軍事政権を終え、
2011年に民主化しました。
民主化運動の女性指導者「アウンサン・スーチー」さんは有名ですね!

民主化以降、急速に開発が進むなかで、
まだまだ古き良き伝統と暮らしが残るミャンマーの様子をお伝えします!

ミャンマーは、正式名称をミャンマー連邦共和国といい、
東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家です。
ASEANにも加盟しています。

独立したのは1948年で、それから1989年まで「ビルマ連邦」という国名でした。
「ビルマ」と聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

通貨はチャット、人口は 5,142万人、首都はネピドーです。

タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接しています。

ミャンマーは多民族国家という特徴があります。
人口の6割をビルマ族が占め、ビルマ語が公用語です。
他にも、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、
チン族、モン族、ビルマ族、シャン族、コーカン族、、、
など、列挙しきれないほどの少数民族がいて、
それぞれ独自の言語を持つ民族も多いとのことです。

ミャンマーは仏教国で、その信仰心はかなり高いと言えます。
そのため現在でも宗教・民族上の抗争も存在し、問題となっています。

2016年には、ミャンマー国軍によるイスラム教徒の虐殺、民族浄化
いわゆる「ロヒンギャ問題」が明るみになり世界的に話題となりました。

そんなミャンマーは、長期にわたる軍事政権を終え、
2011年に民主化しました。
民主化運動の女性指導者「アウンサン・スーチー」さんは有名ですね!

民主化以降、急速に開発が進むなかで、
まだまだ古き良き伝統と暮らしが残るミャンマーの様子をお伝えします!

ヤンゴンひとり旅!街の魅力

ヤンゴンひとり旅!街の魅力

ヤンゴンひとり旅!街の魅力

今回は、旧首都の「ヤンゴン」に行ってきました!

今回のひとり旅もバックパックで、マレーシアから向かいました。

今回は、旧首都の「ヤンゴン」に行ってきました!

今回のひとり旅もバックパックで、マレーシアから向かいました。

ヤンゴン国際空港に到着。

空港はあまり期待していなかったのですが。。。
かなり綺麗!で驚きました!!

小さな空港でしたが、新しいらしくピカピカで、
トイレもとっても綺麗で早速ミャンマーに好印象☆笑

さて、タクシーで中心部(ダウンタウン)へ向かいます。

ヤンゴン国際空港に到着。

空港はあまり期待していなかったのですが。。。
かなり綺麗!で驚きました!!

小さな空港でしたが、新しいらしくピカピカで、
トイレもとっても綺麗で早速ミャンマーに好印象☆笑

さて、タクシーで中心部(ダウンタウン)へ向かいます。

ヤンゴンのダウンタウンの様子です!

「アジアの発展途上国の都市」の姿そのもの!(笑)
自動車からの排気ガスで空気はあまりよくないです。
アジアあるある。

ヤンゴンのダウンタウンの様子です!

「アジアの発展途上国の都市」の姿そのもの!(笑)
自動車からの排気ガスで空気はあまりよくないです。
アジアあるある。

ぐしゃぐしゃの道、ぐしゃぐしゃの電線、
これもアジアあるある(笑)。

いろんなものが未整備の、カオスな雰囲気が
わたしは大好きなんです。

ぐしゃぐしゃの道、ぐしゃぐしゃの電線、
これもアジアあるある(笑)。

いろんなものが未整備の、カオスな雰囲気が
わたしは大好きなんです。

まだまだインフラの整備が進んでないミャンマーは、
こんな場所もたくさん!

旅行に行く際は、歩きやすい靴で、注意して歩いてください。
ここでの「歩きスマホ」は命取りです。。

まだまだインフラの整備が進んでないミャンマーは、
こんな場所もたくさん!

旅行に行く際は、歩きやすい靴で、注意して歩いてください。
ここでの「歩きスマホ」は命取りです。。

ダウンタウンには、「現地人向け」の露店がたくさん。
みんなテントの下でご飯食べてますね〜

ダウンタウンには、「現地人向け」の露店がたくさん。
みんなテントの下でご飯食べてますね〜

お昼時になるとこんなかんじ!

お昼時になるとこんなかんじ!

思わず撮影したのがこれ。

理解不能な「ビルマ語」です!
私には全部OかCにしか見えない・・・(笑)

世界でここでしか使われていない文字。
面白いですね〜!

思わず撮影したのがこれ。

理解不能な「ビルマ語」です!
私には全部OかCにしか見えない・・・(笑)

世界でここでしか使われていない文字。
面白いですね〜!

こちらでの何か食べ物を売っています。

あくまで「現地人」向けです。
ミャンマーはまだ衛生管理が行き届いていないので、
私たちのような観光客など、免疫がない人が食べると
食器や食べ物から菌に感染し、お腹を壊すので注意!

こちらでの何か食べ物を売っています。

あくまで「現地人」向けです。
ミャンマーはまだ衛生管理が行き届いていないので、
私たちのような観光客など、免疫がない人が食べると
食器や食べ物から菌に感染し、お腹を壊すので注意!

こちらのおばあちゃんは、ナッツ?とトウモロコシを売ってます。

ちなみに、おばあちゃんの「ほっぺ」にご注目。
ミャンマー人はほとんどの人が顔に茶色の塗り物をしています。

これは「タナカ」といって、伝統的な日焼け止めです。
(私もミャンマー滞在中は塗っていました笑)

効果は謎ですが、こうした伝統がまだ残っていて面白い。

こちらのおばあちゃんは、ナッツ?とトウモロコシを売ってます。

ちなみに、おばあちゃんの「ほっぺ」にご注目。
ミャンマー人はほとんどの人が顔に茶色の塗り物をしています。

これは「タナカ」といって、伝統的な日焼け止めです。
(私もミャンマー滞在中は塗っていました笑)

効果は謎ですが、こうした伝統がまだ残っていて面白い。

もうひとつ、ミャンマーでよく目にする伝統と言えば
男性が履いている「ロンジー」というスカートです。

ミャンマーでは女性も男性もこのロンジーという布を腰に巻きつけます。

近年はパンツやジーンズ姿の若者が増えているようですが、
まだまだロンジーを身につけている人はたくさんいます。

あと20年も経てば、ロンジーが町から消えてしまうのではないか・・
開発が進んでも、伝統は消えないでほしいな、と思う今日この頃。

もうひとつ、ミャンマーでよく目にする伝統と言えば
男性が履いている「ロンジー」というスカートです。

ミャンマーでは女性も男性もこのロンジーという布を腰に巻きつけます。

近年はパンツやジーンズ姿の若者が増えているようですが、
まだまだロンジーを身につけている人はたくさんいます。

あと20年も経てば、ロンジーが町から消えてしまうのではないか・・
開発が進んでも、伝統は消えないでほしいな、と思う今日この頃。

次に訪れたのは、「サクラタワー」というビルの最上階にある
ヤンゴンが一望できるレストラン!

次に訪れたのは、「サクラタワー」というビルの最上階にある
ヤンゴンが一望できるレストラン!

奥に大きな河川があり、その先は森?!
開発と未開発の境目という感じですね。

右のほうに光るのは「パゴダ」という仏教寺院です。
ミャンマーにはパゴダがたくさん。

奥に大きな河川があり、その先は森?!
開発と未開発の境目という感じですね。

右のほうに光るのは「パゴダ」という仏教寺院です。
ミャンマーにはパゴダがたくさん。

民主化以降、ヤンゴンではインフラ投資や建設ラッシュ。

民主化以降、ヤンゴンではインフラ投資や建設ラッシュ。

パゴダで知り合った現地の女の子と仲良くなり、
案内してくれるとのことで。

彼女は英語がしゃべれました!

道でパイナップルを買ってくれました〜♪
(お腹壊さないか、ちょっとヒヤヒヤした)

パゴダで知り合った現地の女の子と仲良くなり、
案内してくれるとのことで。

彼女は英語がしゃべれました!

道でパイナップルを買ってくれました〜♪
(お腹壊さないか、ちょっとヒヤヒヤした)

次に来たのはヤンゴンのセントラルマーケット!
これもアジアあるある!笑

伝統品がたくさん並んでいました。

次に来たのはヤンゴンのセントラルマーケット!
これもアジアあるある!笑

伝統品がたくさん並んでいました。

バッグやロンジー、小物など日常品もずらり。
現地の人も利用します。

お土産もここで揃えるといいかもしれません。
あまりお土産やさんはなく、空港でもお土産はあまり売っていません。。

バッグやロンジー、小物など日常品もずらり。
現地の人も利用します。

お土産もここで揃えるといいかもしれません。
あまりお土産やさんはなく、空港でもお土産はあまり売っていません。。

こちらはロンジーです!
とっても綺麗な柄が並んでいます。

素材も色々で、値段もピンキリ!

ミャンマーはかなり暑いし、パゴダ(寺)をたくさん訪れると思うので
ひとつ買って、滞在中はロンジーを履くことをお勧めします!

こちらはロンジーです!
とっても綺麗な柄が並んでいます。

素材も色々で、値段もピンキリ!

ミャンマーはかなり暑いし、パゴダ(寺)をたくさん訪れると思うので
ひとつ買って、滞在中はロンジーを履くことをお勧めします!

私も買いました!
Tシャツとネイルに合わせて紺の一枚を。

(この格好と、顔に塗った「タナカ」のせいで、
この後ずっとミャンマー人に間違えられまくる・・)

私も買いました!
Tシャツとネイルに合わせて紺の一枚を。

(この格好と、顔に塗った「タナカ」のせいで、
この後ずっとミャンマー人に間違えられまくる・・)

買い物をしていると、可愛い子供の僧侶が!!
仏教信仰の強いこの国では、このように僧侶が歩いて周り、
人々から食べ物などをもらう文化が色々なところで見られます。

買い物をしていると、可愛い子供の僧侶が!!
仏教信仰の強いこの国では、このように僧侶が歩いて周り、
人々から食べ物などをもらう文化が色々なところで見られます。

ぜひ訪れて欲しいのが
「ハウス・オブ・メモリーズ レストラン」

なんとここは、ミャンマー独立の父アウンサン将軍の
事務所跡をレストランにしたものなのです!

料理を楽しむだけでなく、いくつかの部屋を見学できます。
アウンサンやミャンマーの歴史的な写真もずらり。

ぜひ訪れて欲しいのが
「ハウス・オブ・メモリーズ レストラン」

なんとここは、ミャンマー独立の父アウンサン将軍の
事務所跡をレストランにしたものなのです!

料理を楽しむだけでなく、いくつかの部屋を見学できます。
アウンサンやミャンマーの歴史的な写真もずらり。

レストランの中はこんな感じですよ〜

レストランの中はこんな感じですよ〜

料理はミャンマー料理中心。

ミャンマー料理は・・油がたっぷりであまり美味しくないのですが(苦笑)

このレストランでは美味しい?ミャンマー料理がでてきます!
ぜひ挑戦してみてください。

料理はミャンマー料理中心。

ミャンマー料理は・・油がたっぷりであまり美味しくないのですが(苦笑)

このレストランでは美味しい?ミャンマー料理がでてきます!
ぜひ挑戦してみてください。

アウンサン将軍が実際に使ったチェアなども展示されています!

アウンサン将軍が実際に使ったチェアなども展示されています!

ミャンマーの様子はいかがでしたか?
次回は世界遺産のお寺や、農村部の人々の生活を
お伝えしたいと思います☆


この記事のライター

アジア大好きトラベラー

関連する投稿


世界遺産の街「アユタヤ遺跡」のおすすめ6選♪

今回は、タイに行ったら必ず訪れたい世界遺産の街、「アユタヤ遺跡」をご紹介します☆


フィリピンのNo.1世界遺産!をご紹介

今回はフィリピン一の世界遺産など、マニラの世界遺産を紹介して行きます♪


タイの首都バンコクはどんなところ?

タイに何度か滞在している筆者が、今回は首都バンコク市内の様子をお伝えします。アジアの中でも急成長したタイは魅力いっぱいの街です!


タイのビーチリゾート、ラン島♪

今回は、パタヤから簡単に行ける美しい離島、「ラン島」を紹介します♪


バンコク旅行なら必見!三大寺院巡りの旅♪

今日は、タイにに行ったら必ず訪れたい!バンコクにおる三大寺院を紹介します♪ 現地で撮った写真と、基本情報や行き方などの詳しい情報を載せています!


最新の投稿


“うつ病予防に恋愛が効果的”,“一瞬で恋に落ちる”って言うけど本当!?

私たちの周囲で、うつ病で苦しんでいる人が多くいる現実について、また“うつ病に恋愛感情が効果的”とか、“一瞬で恋に落ちる”とかっていう話を聞きますが、実際はどうなのでしょう?紐解いていきますね。


ハーブを使って~鳥かごバスケット

コロナ時代のフラワーアレンジメント教室を模索しています。 今回使用するティーツリーはアボリジニが常備薬としているように,消毒効果があるそうです。日本でもアロマオイルとして使用されています。


密を避け、親密に距離を縮めたいなら見るべき映画のジャンルはコレ!

恋人でも夫婦でも、デートの定番は案外映画だったりしませんか? 実は、映画鑑賞するならその種類によって観た後の恋愛感情や親密度が微妙に違ったりするのです。


トライアングルスタイル(ジューンフローラル)

花の形をとらえましょう♪ 今回のレッスンで使用したユリは八重咲で、まだあまり出回っていませんが、数年後には八重咲ユリが、当然のようになると思います。 八重咲のトルコキキョウが当然になったことと同様に…。


“免疫力”向上!こんな映画からも学べる<その2>

日々、コロナのニュースを見ながら一喜一憂する毎日になってしまうかもしれません。 ですが、不安な気持ちで日々生活しないことをおススメします。