がんや糖尿病の人に“お医者様が知られたくない話”。これを試してみよう!

がんや糖尿病の人に“お医者様が知られたくない話”。これを試してみよう!

私たちは具合が悪くなると病院で大量の薬を出されたり、入院、手術で、その病を治そうとします。もし、自分で治癒へ導くことができたら・・、!?
「がんです。糖尿病です」と診断されたら、とてもショックですよね?
ある素晴らしいドクターがこっそり教えてくれた方法が、実に効果があると評判なので、その情報の一つをお知らせします。


日本人のがん状況

日本人のがん状況

日本人のがん状況

日本のがん統計は、いつも罹患データの場合2~3年、死亡データに関しては1~2年遅れて公表となっています。

諸外国では、これらを数学的な手法で補正して、短期予測されています。ここでは、同様にデータを短期予測で考えてみたところ、その場合の日本の2020年におけるがん罹患数予測は、約101万2千例とされています。そして死亡数予測は、約37万9千400人でした。

また、死因の要因は第1位「悪性新生物(腫瘍)」、第2位「心疾患(高血圧性を除く)」、第3位「老衰」、第4位「脳血管疾患」、第5位「肺炎」です。つまり、日本人の死亡要因の第1位は、2020年度はがんなのがわかりますね。

がんと言われた?だったら、ぜひこれを!

がんと言われた?だったら、ぜひこれを!

がんと言われた?だったら、ぜひこれを!

そのドクター曰く、がんになったらブドウ糖の点滴は絶対に駄目だといいます。がん細胞はブドウ糖を吸収して活発になるからです。
するべきなのは、高濃度ビタミンCの点滴なのです。

もし、「点滴をしましょう」と言われて、中身がブドウ糖だと分かった場合は、必ず断りましょう!

がんとわかったら、やってみてほしいことがあります。

方法①
三日間断食(山芋以外を断つ)して、食事は山芋を蒸した物だけ食べるのだそう。
そうすることで、末期がん患者は生き返るというのです。

方法②
あるいは、断糖食事療法と高濃度ビタミンCで、奇跡が起こる、というものです。

ほとんどの病気は、「断糖」、つまり糖を断つことで完治、改善するのだそうです。
つまり、砂糖、ごはん、パンといった糖を断つ方法を続けます。

この②については、書籍でも取り上げられています。

食べられるものは、肉、魚、豆腐といったタンパク質をメインにして根菜などの甘い野菜を除き、一部の野菜、そして、海藻類、きのこ類、アボガドなどを摂るようにします。

炭水化物好きには、辛いかもしれませんが、ゆで卵やワカメなどをプラスしていくことでみるみる体調がよくなっていきます。

① の方法、または②の方法にプラスして行う
コップ一杯の水に重曹小さじ一杯を溶き、毎日一杯づつを飲むことで、重曹が強アルカリ性であることからがん細胞は死滅する、とされています。(小さじ1/2の重曹なら、1日2回まで)

それを実際に試した人が、嘘のように回復したことから、また、山芋や重曹の良さは最近話題になってもいるくらいですから、試して損はないはずです。

これは、まったく副作用もない方法ですし、がんのご家族や知り合いがいたらぜひぜひ、教えてあげてくださいね!

糖尿病や白内障や目の中に出血が出たら?

糖尿病や白内障や目の中に出血が出たら?

糖尿病や白内障や目の中に出血が出たら?

糖尿病や白内障の方もきっと多くいらっしゃるのではないでしょうか?
また、目の中に出血が出たような人にも効果があるそうです。

桑の葉を土瓶で煎じて毎日飲むと、白内障は治る、と。
出血も消えて、糖尿病も治るというのです。

「これらは、病院が知られては1番困る情報です。」
そう、おっしゃいました・汗

なぜなら、病院の患者さんからの収入がなくなってしまうからです。
様々な利権にあやかれなくなるからです。
それが、世の中の現実といっていいでしょう。

アルカリ性を維持しよう

アルカリ性を維持しよう

アルカリ性を維持しよう

身体は絶えず、アルカリ性を維持するようにするといいといいます。
では、いったいどんなものを、どのように用いればいいのでしょうか?


例えば、
ひじきは強アルカリ性食品、あずきは体の疲労物質を強力に取り除いてくれますから、日々意識して食べるようにしましょう。

そしてここでも食品用の重曹は、「魔法の飲み物だ」といわれて出てきましたよ。
放射能を除去、癌細胞を除去してくれる、おまけにバカみたいに高いわけではありませんよね?

この事実を知ったとき、啞然としました。

誰もが、もっと早くにこの事実を知りたかった、と思うはずです。
そして、世の中には隠されて公開されない事実がとても多くあるのを知ってしまいます。

国は、医者に対して、抗がん剤を使わなければ、ガンとして認めないとしています・・・。

何でも、「これはおかしくないだろうか?」と、自分に問う、思考の力がとても必要なのをぜひ、知ってくださいね^^)

最後に

最後に

最後に

薬に頼らずに、自分たちの持っている免疫力を最大限に利用してみませんか?

気がついた今からでも、けっして遅くはありません。
私たちは体にいいものを常に取り入れ、私たちが持ち合わせている免疫力で、つまり自然治癒力そのもので、体に奇跡を起こしてみることができたりするのです。

良識ある内容を探しながら、常にアンテナを張って健康的に過ごしていきたいものですね。


この記事のライター

ボクの名前は「うけうり君」TVや先生から学んだ知識を、みんなに教えてあげるのだウリ♪

関連するキーワード


がん 糖尿病 治癒

最新の投稿


「励ましの言葉」が人に与える影響が素晴らしい!「励まし」で人は驚くほど変わる。

誰でもが励ましを必要としていて、その励ましの言葉の威力は絶大なものがあります。 その言葉は、相手が自分の価値に気がつけるように伝えることで、「やればできる」という思いや確信の手助けになるようです。それを知っているだけで、あなたは人々にいい意味で素晴らしい環境を提供することができるのです。


男性と女性は、なぜここまで違うのか!?「男脳と女脳」を知るとわかる意外性

男性と女性は、お互いに何を考えているのかさっぱりわからないと思ったりすることがありますよね。 それは、そもそも生まれた時の23番目の染色体の違いから来ているようです。 男女の違いを理解しておくと「うそでしょう?」と感じるようなことがあっても「まあ、仕方ないか」と、相手を思いやる気持ちになれるかもしれません。


がんの危険性が大幅に減る鉄則がある!?

この記事はNHKの“ためしてガッテン”で放送された内容のうけうりですが、生活の知恵として役立つと思い掲載しました。


渡邉 剛(わたなべたけし)の野菜と遊ぼう! [スナップエンドウ]

あの サクサクとした食感が楽しい! 今回は、スナップエンドウを育てます。 肉厚で、一緒に房が食べられる豆で、炒め物、茹でてサラダ、天ぷらにして食べても美味しいですよね? 早速、育ててみましょう♪


うるさい「いびき」には、理由がある!

昨今、いびき対策のために医療機関を受診する人が増えているようですが、いびきは病気の可能性だけでなく睡眠不足から注意力散漫になり、結構厄介な問題を巻き起こすことがわかってきたからのようです。いびきについて確認していきましょう。