ヤンゴン、有名な3つの「パゴダ」をご紹介!

ヤンゴン、有名な3つの「パゴダ」をご紹介!

ミャンマー紹介最終回。今回は、ミャンマー最大の都市ヤンゴンの、有名なお寺「パゴダ」を三つ紹介したいと思います。ミャンマーに行ったら絶対に訪れるべきスポットです!


世界遺産登録目前「シュエダゴン・パゴダ」

世界遺産登録目前「シュエダゴン・パゴダ」

世界遺産登録目前「シュエダゴン・パゴダ」

ミャンマー人の誇りであり、ヤンゴンで最も有名なパゴダと言えるのが
「シュエダゴン・パゴダ」です!

ミャンマー仏教の総本山!

高さは99.4メートル、ダウンタウンから車で15分ほど、
シングッタヤの丘にそびえる黄金のパゴダです。

伝説によると、2500年以上前に建立されたとされており、
ある商人が入手した仏陀の頭髪を収めたのが始まりといわれています。

地震によって何度も崩壊したことがあり、度重なる改修を経て、
現在の仏塔の原型は15世紀ころ成立したそうです。

全体は金箔で覆われ、上部には6000を超えるダイヤモンドやルビーなどの宝石がちりばめられ、
最も大きいのは76カラットのダイヤモンドという豪奢なパゴダです。
境内も広く、様々な見所があります♪

ミャンマー人の誇りであり、ヤンゴンで最も有名なパゴダと言えるのが
「シュエダゴン・パゴダ」です!

ミャンマー仏教の総本山!

高さは99.4メートル、ダウンタウンから車で15分ほど、
シングッタヤの丘にそびえる黄金のパゴダです。

伝説によると、2500年以上前に建立されたとされており、
ある商人が入手した仏陀の頭髪を収めたのが始まりといわれています。

地震によって何度も崩壊したことがあり、度重なる改修を経て、
現在の仏塔の原型は15世紀ころ成立したそうです。

全体は金箔で覆われ、上部には6000を超えるダイヤモンドやルビーなどの宝石がちりばめられ、
最も大きいのは76カラットのダイヤモンドという豪奢なパゴダです。
境内も広く、様々な見所があります♪

さて、ここが入り口です。

シュエダゴン・パゴダは、断然
「夜に来るのがおすすめ」です!!

なぜなら、ヤンゴンの昼間の気温はかなり高く日差しも強い。
そんな中、敷地がかなり広いシュエダゴン・パゴダを観光したら
暑さで倒れてしまう・・・・。

もちろん金箔で輝くパゴダは昼間も綺麗ですが、、。

夜は暗闇に光って、もっと美しいんですよ!

さて、ここが入り口です。

シュエダゴン・パゴダは、断然
「夜に来るのがおすすめ」です!!

なぜなら、ヤンゴンの昼間の気温はかなり高く日差しも強い。
そんな中、敷地がかなり広いシュエダゴン・パゴダを観光したら
暑さで倒れてしまう・・・・。

もちろん金箔で輝くパゴダは昼間も綺麗ですが、、。

夜は暗闇に光って、もっと美しいんですよ!

入り口から、エレベーターで境内へいきます。

ここではミャンマー人と外国人は分けられ、
外国人は胸にステッカーを貼り、入場料を払います。

ミャンマー人は無料です。

私はなんと、ミャンマー人に間違えられ、
さらっとミャンマー人の列に入れられました。ラッキー♪

そして境内に入ると、このような暗闇に輝く黄金の仏塔が!!

入り口から、エレベーターで境内へいきます。

ここではミャンマー人と外国人は分けられ、
外国人は胸にステッカーを貼り、入場料を払います。

ミャンマー人は無料です。

私はなんと、ミャンマー人に間違えられ、
さらっとミャンマー人の列に入れられました。ラッキー♪

そして境内に入ると、このような暗闇に輝く黄金の仏塔が!!

インフラが弱く、停電がしょっちゅう起きるヤンゴンですが、
なんと、このパゴダだけは絶対に光り続けるとか・・・。

とっても不思議です(笑)

それにしても美しい。この仏塔、表面は全部金箔ですよ。

インフラが弱く、停電がしょっちゅう起きるヤンゴンですが、
なんと、このパゴダだけは絶対に光り続けるとか・・・。

とっても不思議です(笑)

それにしても美しい。この仏塔、表面は全部金箔ですよ。

市民はよく参拝に来ます。
外国人よりも、ミャンマー人の方が多かったかもしれません。

特に、夜は涼しいので、彼らの憩いの場所でもあります。

市民はよく参拝に来ます。
外国人よりも、ミャンマー人の方が多かったかもしれません。

特に、夜は涼しいので、彼らの憩いの場所でもあります。

境内は裸足です。
石畳が冷たくて気持ちがいい。

みんな真剣にお祈りしていますね。
境内はお供えのお花とお香のいい香りでいっぱいです。

お寺やお線香といった仏教に馴染みが深い日本人には、
どこか落ち着く香りに感じるかもしれませんね。

境内は裸足です。
石畳が冷たくて気持ちがいい。

みんな真剣にお祈りしていますね。
境内はお供えのお花とお香のいい香りでいっぱいです。

お寺やお線香といった仏教に馴染みが深い日本人には、
どこか落ち着く香りに感じるかもしれませんね。

仏塔の中にも大小様々な仏像がずらり。

仏塔の中にも大小様々な仏像がずらり。

涅槃像もいらっしゃいます。
後ろのネオンがチカチカしていて可愛い。(笑)

日本のお寺とは全く違って、どこもかしこも派手で光ってます。

涅槃像もいらっしゃいます。
後ろのネオンがチカチカしていて可愛い。(笑)

日本のお寺とは全く違って、どこもかしこも派手で光ってます。

素晴らしい建物。

素晴らしい建物。

仏像以外にも、絵回廊などもあります。
夜の涼しいときに一時間ほどかけてゆっくり過ごすのがおすすめですよ。

仏像以外にも、絵回廊などもあります。
夜の涼しいときに一時間ほどかけてゆっくり過ごすのがおすすめですよ。

黒と金のコントラストがとっても綺麗ですね!

シュエダゴン・パゴダは、現在世界遺産登録間近と言われています。
ぜひ行ってみてください♪

黒と金のコントラストがとっても綺麗ですね!

シュエダゴン・パゴダは、現在世界遺産登録間近と言われています。
ぜひ行ってみてください♪

街の中心で輝く「スーレー・パゴダ」

街の中心で輝く「スーレー・パゴダ」

街の中心で輝く「スーレー・パゴダ」

スーレーパゴダは、ダウンタウンの中心にある、高さ48メートルの八角形のパゴダです。
スーレーとは「聖髪」の意味で、2000年以上前に
仏陀の遺髪を収めるために建立されたと言われます。
街の中心にあるため、常に多くの市民、観光客で賑わっていますよ〜。

スーレー・パゴダは、ヤンゴン、さらにはミャンマーの政治の中心地でもありました。
1988年の民主化運動や、2007年の反政府デモなど拠点にもなりました。


ダウンタウンの中心部に向かって歩いて行くと、
このように黄金の仏塔が見えてきます!

スーレーパゴダの周辺の道路は広く、綺麗に整備されています。

スーレーパゴダは、ダウンタウンの中心にある、高さ48メートルの八角形のパゴダです。
スーレーとは「聖髪」の意味で、2000年以上前に
仏陀の遺髪を収めるために建立されたと言われます。
街の中心にあるため、常に多くの市民、観光客で賑わっていますよ〜。

スーレー・パゴダは、ヤンゴン、さらにはミャンマーの政治の中心地でもありました。
1988年の民主化運動や、2007年の反政府デモなど拠点にもなりました。


ダウンタウンの中心部に向かって歩いて行くと、
このように黄金の仏塔が見えてきます!

スーレーパゴダの周辺の道路は広く、綺麗に整備されています。

ここが入り口。

中に入るより外観の方がすごくて、しばらく外で外観を眺めていました。

ここが入り口。

中に入るより外観の方がすごくて、しばらく外で外観を眺めていました。

こちらも、表面は全て金箔!

まだ経済成長中で貧しいミャンマーですが、
これだけの金箔を多くのお寺に使えるのはすごい。。
仏教信の強さを実感しますね。

こちらも、表面は全て金箔!

まだ経済成長中で貧しいミャンマーですが、
これだけの金箔を多くのお寺に使えるのはすごい。。
仏教信の強さを実感しますね。

普通の仏塔は円形ですが、こちらは8角形。
とっても珍しいので、そこも見どころ。

普通の仏塔は円形ですが、こちらは8角形。
とっても珍しいので、そこも見どころ。

中に入ると、入場料を払って靴を脱ぎます。
お供えの花を買ったりもできます。

昼は暑いので、多くの市民がお寺の中で涼んでいましたよ。

中に入ると、入場料を払って靴を脱ぎます。
お供えの花を買ったりもできます。

昼は暑いので、多くの市民がお寺の中で涼んでいましたよ。

お供え&参拝中のみなさん。

お供え&参拝中のみなさん。

仏教では、自分の生まれた曜日を意識することが多いです。
こちらでも、自分が生まれた曜日の仏像に水をかけます。
私もやってみました!

仏教では、自分の生まれた曜日を意識することが多いです。
こちらでも、自分が生まれた曜日の仏像に水をかけます。
私もやってみました!

あまりに大きいので、全体像を撮影するのが大変!

こんな大きくて黄金のパゴダが、
街の中心にあるなんてすごく不思議な光景です。

ダウンタウンにいれば歩いていけるので、ぜひ行ってみてください。

あまりに大きいので、全体像を撮影するのが大変!

こんな大きくて黄金のパゴダが、
街の中心にあるなんてすごく不思議な光景です。

ダウンタウンにいれば歩いていけるので、ぜひ行ってみてください。

黄金の涅槃仏「チャウタッジー・パゴダ」

黄金の涅槃仏「チャウタッジー・パゴダ」

黄金の涅槃仏「チャウタッジー・パゴダ」

ダウンタウンから車で15分ほど。
「チャウタッジー・パゴダ」は、何と言っても
高さ17.7メートル、長さ65.8メートルという巨大な寝釈迦仏で有名です!
色白で、穏やかで、美しい釈迦の顔が人気です。

このパゴダは1907年に作られたものですが、その後修復を行い、
1966年に現在の寝釈迦仏に作り直されたそうです。

今までもタイなど、他の国で涅槃像をたくさん見てきたので、
美しい可愛らしい、チャウダッジーの涅槃像が楽しみでした♪

ダウンタウンから車で15分ほど。
「チャウタッジー・パゴダ」は、何と言っても
高さ17.7メートル、長さ65.8メートルという巨大な寝釈迦仏で有名です!
色白で、穏やかで、美しい釈迦の顔が人気です。

このパゴダは1907年に作られたものですが、その後修復を行い、
1966年に現在の寝釈迦仏に作り直されたそうです。

今までもタイなど、他の国で涅槃像をたくさん見てきたので、
美しい可愛らしい、チャウダッジーの涅槃像が楽しみでした♪

入り口です。

ヤンゴンは渋滞がひどいので、
夕方にいったら一時間以上かかって、途中でタクシーを降り一人で歩いて向かいました(苦笑)

渋滞に巻き込まれない時間であれば15分ほどで到着です。

寺院の境内は広く、入り口で靴を脱ぎます。
脱いでから、長い廊下をしばらく裸足で外を歩いていきます。
かなり足が汚れる(笑)

境内にとにかく野犬が多い!

入り口です。

ヤンゴンは渋滞がひどいので、
夕方にいったら一時間以上かかって、途中でタクシーを降り一人で歩いて向かいました(苦笑)

渋滞に巻き込まれない時間であれば15分ほどで到着です。

寺院の境内は広く、入り口で靴を脱ぎます。
脱いでから、長い廊下をしばらく裸足で外を歩いていきます。
かなり足が汚れる(笑)

境内にとにかく野犬が多い!

体育館のような大きな作りの中に、大きな涅槃像がどーん。

こんな美しい、女性的な涅槃像ははじめてでした!
チャウタッジー・パゴダの現在の涅槃像は、髪もお団子スタイル☆
キラキラのゴールドの袈裟を身につけ、肌は白く塗られ、
長いまつ毛にブルーのアイシャドウ、赤いルージュ、といった実に可愛らしい女性のイメージが施されています。

体育館のような大きな作りの中に、大きな涅槃像がどーん。

こんな美しい、女性的な涅槃像ははじめてでした!
チャウタッジー・パゴダの現在の涅槃像は、髪もお団子スタイル☆
キラキラのゴールドの袈裟を身につけ、肌は白く塗られ、
長いまつ毛にブルーのアイシャドウ、赤いルージュ、といった実に可愛らしい女性のイメージが施されています。

赤く塗られた足の裏にゴールドでびっしりと描かれているのは、
108の涅槃の世界を表現した絵です。
魚や動物、植物などあらゆる絵が描かれていて、それぞれに意味があります。
それぞれの絵の意味についてはミャンマー語と英語で説明文が書かれてもいます。

赤く塗られた足の裏にゴールドでびっしりと描かれているのは、
108の涅槃の世界を表現した絵です。
魚や動物、植物などあらゆる絵が描かれていて、それぞれに意味があります。
それぞれの絵の意味についてはミャンマー語と英語で説明文が書かれてもいます。

涅槃像の周りを一周回って、姿を拝めることができます。

なんと!ネイルまで!
お団子ヘアスタイルに赤いネイル、かわいい。

涅槃像の周りを一周回って、姿を拝めることができます。

なんと!ネイルまで!
お団子ヘアスタイルに赤いネイル、かわいい。

お坊さん。
こちらも、観光客よりも市民参拝客のが多かったですね。

とにかく大きくてすごい。

行く価値ありです!かなりおすすめです♪

お坊さん。
こちらも、観光客よりも市民参拝客のが多かったですね。

とにかく大きくてすごい。

行く価値ありです!かなりおすすめです♪

外に出るとちょうど夕焼けどき。

長閑で静かで、美しいヤンゴンの景色が広がります。
のんびり心を休める旅にいかがですか?


以上、ヤンゴンのパゴダ紹介でした♪

外に出るとちょうど夕焼けどき。

長閑で静かで、美しいヤンゴンの景色が広がります。
のんびり心を休める旅にいかがですか?


以上、ヤンゴンのパゴダ紹介でした♪


この記事のライター

アジア大好きトラベラー

関連する投稿


「万里の長城」!中国で最も有名な世界遺産をご紹介♪

今回は中国で最も有名な世界遺産「万里の長城」での旅を紹介します!東・東南アジアを旅し尽くした筆者おすすめの世界遺産☆


街全体が世界遺産!ラオスのルアンパバーン♪Part1

今回はアジアのレアな観光地、ラオスのルアンパバーンを紹介します!バックパックの思い出とともにルアンパバーンの魅力をお伝えします。


街全体が世界遺産!ラオスのルアンパバーン♪Part2

前回は世界遺産の街、ラオスのルアンパバーンの街並みを紹介しました。 今回はルアンパバーンのオススメ観光スポット二つを紹介します♪


中国の首都、北京の旅♪Part2

今回はお隣の大国、中国の首都、北京の街を紹介します♪隣の国なのにものすごくカルチャーショックを受ける国ですよ!part2では、北京でぜひ行って欲しい二つのスポットを紹介します☆


世界遺産の街「アユタヤ遺跡」のおすすめ6選♪

今回は、タイに行ったら必ず訪れたい世界遺産の街、「アユタヤ遺跡」をご紹介します☆


最新の投稿


“うつ病予防に恋愛が効果的”,“一瞬で恋に落ちる”って言うけど本当!?

私たちの周囲で、うつ病で苦しんでいる人が多くいる現実について、また“うつ病に恋愛感情が効果的”とか、“一瞬で恋に落ちる”とかっていう話を聞きますが、実際はどうなのでしょう?紐解いていきますね。


ハーブを使って~鳥かごバスケット

コロナ時代のフラワーアレンジメント教室を模索しています。 今回使用するティーツリーはアボリジニが常備薬としているように,消毒効果があるそうです。日本でもアロマオイルとして使用されています。


密を避け、親密に距離を縮めたいなら見るべき映画のジャンルはコレ!

恋人でも夫婦でも、デートの定番は案外映画だったりしませんか? 実は、映画鑑賞するならその種類によって観た後の恋愛感情や親密度が微妙に違ったりするのです。


トライアングルスタイル(ジューンフローラル)

花の形をとらえましょう♪ 今回のレッスンで使用したユリは八重咲で、まだあまり出回っていませんが、数年後には八重咲ユリが、当然のようになると思います。 八重咲のトルコキキョウが当然になったことと同様に…。


“免疫力”向上!こんな映画からも学べる<その2>

日々、コロナのニュースを見ながら一喜一憂する毎日になってしまうかもしれません。 ですが、不安な気持ちで日々生活しないことをおススメします。