やきいもミュージアムでさつまいもプリン作ってきました〜なめがたファーマーズヴィレッジ〜

やきいもミュージアムでさつまいもプリン作ってきました〜なめがたファーマーズヴィレッジ〜

茨城県行方市にオープンした「なめがたファーマーズヴィレッジ」の施設内にあるやきいもミュージアムでさつまいもスイーツ教室がオプションで開催されています。
お子さんが作れるように簡単レシピになっていますよ!


なめがたファーマーズヴィレッジでスイーツ教室が行われています。
小学校の家庭科室を使っているのでお子さんの背丈にあったキッチンでした。


作ったのはやきいもを使った「あったかいやきいもプリン」です

材料

材料

材料

作り方

作り方

作り方

卵をボールに入れてかき混ぜ、お砂糖を入れます。
別のボールにやきいもを入れてほぐします。

さつまいものボールに卵と砂糖を混ぜたものを入れてかきまぜ、最後に少しづつ牛乳を入れて玉にならないように混ぜていきます。
容器に入れて蒸します


蒸している間、冷えている生クリームにいちごジャムを入れてホイップ。
ジャムに含まれるペクチンが作用して簡単にホイップできました。

できあがったプリンにホイップをトッピングして、カラメルソースをかけて出来上がり!

やきいもプリンを試食してみて

やきいもプリンを試食してみて

やきいもプリンを試食してみて

とっても簡単で美味しくできました。
やきいもを使っているので口当たりもなめらかで。

体験教室は小さなお子さんでもできる工程にlなっています。

お子さんと一緒に参加されてみてはいかがでしょうか?

なめがたファーマーズヴィレッジとは

なめがたファーマーズヴィレッジとは

なめがたファーマーズヴィレッジとは

おいも、食べる、育てる、美味しい体験。
「霞ヶ浦」と「北浦」の大きな湖、美しい緑、澄んだ空気。
肥沃な大地という豊かな自然環境にかこまれた茨城県行方市。慈味あふれる野菜が育ち、さつまいもにおいては日本有数の産地でもあるこの町に、体験型農業テーマパーク「なめがたファーマーズヴィレッジ」は誕生しました。


この記事のライター

食べることが好き。旅行することが好き。そんな私が各地見た、食べたをお伝えできたらと思っています。

関連する投稿


食べて、育てて、学んで、自然をカラダにいっぱい感じよう〜なめがたファーマーズヴィレッジ〜

茨城県の行方市にあるなめがたファーマーズヴィレッジ。 山間の小高い丘にある廃校になった小学校跡地が生まれ変わった。


なめがたファーマーズヴィレッジでさつまいものことをもっと知ろう!

茨城県行方市にある、なめがたファーマーズヴィレッジは東京から約一時間ちょっとで行ける場所にあります。 おいものことが満載の場所です。


さつまいもはバランスよい栄養を貯蔵している食材なんですよ♪

女性に嬉しい、美白効果と便秘予防。 男性に嬉しい脂質の代謝サポート。 そして眼病予防に。 さつまいもを見直してみませんか?


発祥の地のプレミアム安納芋を食べてみませんか?

畑でじっくりでんぷんを蓄えた薩摩芋の甘さに魅了されるはずです。


最新の投稿


無農薬野菜を食べたい!そんな人は【重曹・クエン酸ドリンク】の効果も知っておこう

最近、よく見かけるのが、「カラダにいいこと」。 そういう情報は、効果があればあるほど巷に広まりますね。今回ご紹介する 【重曹・クエン酸ドリンク】は、紛れもなくその最先端をいっているでしょう。 中には、もうやってるよ、と言う人も多くいるかもしれませんが、その効果を再確認してみませんか?


別れと出会いの時期。喜びの「タネ」をまくことで望む人生を。

春は卒業式の後は始業式と、言うなれば学生にとっては別れと出会いの時期でもありますね。誰もが心に涙する、そして、たくさんの不安と少しばかりの希望を抱えて、過去と未来へ自分たちの想いを馳せる時期なのかもしれません。 ですが、一人ひとりが出来る限り明るい未来を創造していってほしいものです♪


人は楽しむために生まれてきた

私たちは、どうしても過ごしていく上で、苦手な人や「嫌だなあ、好きになれない」という人と出会うことがあります。 でも、どうやったらうまく付き合えるんだろう、悶々とすることはありませんか? これを読むと、ちょっと気が楽になるかもしれませんよ。


2021年“風の時代”を生きる! 変化に対応して生きるコツ

2121年は、風の時代、という言葉をよく耳にします。 「グレート・コンジャンクション」という木星と土星が重なる日のことで、これは20年に一度起こる「時代の節目」であるとされています。 風の時代はいったいどんな影響を私たちに与えるのでしょうか?


苺(いちご)狩りの季節到来♪ 苺狩りを楽しくするための”うんちく”15選を順子の苺園で聞いてきた!

以前は、コンデンスミルクや砂糖をかけて食べていたものですが、最近の品種は甘すぎるため、そのまま食べるのが普通になりました。 一応、苺狩りでは、コンデンスミルクをお渡しますがっ。