新発田城

新発田城

別名「あやめ城」とも呼ばれた新発田城は、初代新発田藩主溝口秀勝(みぞぐちひでかつ)侯が慶長3年(1598年)に築城した城です。


新発田城

新発田城

新発田城

辰巳櫓

辰巳櫓

辰巳櫓

かつて、赤穂義士堀部安兵衛の父が管理責任者で、櫓の焼失の責任をとって浪人となりました。
その後、安兵衛は、家名再興のため江戸に出て、高田馬場の敵討ちによって名を遂げました。

2004年、木造で復元されました。
石垣は切石を使った切込接布積み(きりこみはぎのづみ)となっています。
また、角の部分は算木積みとなっています。

縄張

縄張

縄張

曲輪(本丸や二の丸)をどう配置するのか、堀や土塁、石垣はどこに作るのか、出入口の形はどうするのかなど、お城の基本設計を「縄張」といいます。

新発田城は、本丸の周囲を二の丸が囲み南に三の丸が突き出した「輪郭式+連郭式」併用型の縄張となっています。
現在では、そのほとんどが陸上自衛隊の駐屯地となっていて、観光客が入れるのは本丸と二の丸の半分ほどです。

連郭式(れんかくしき)

連郭式(れんかくしき)

連郭式(れんかくしき)

本丸とその他の曲輪を一直線にならべた形が「連郭式(れんかくしき)」といいます。
本丸の露出している面が多く、守りが手薄になりがちなので防御するために帯曲輪・腰曲輪や堀切が作られることが多いです。
山の尾根に築く山城や平山城に多く見られるパターンです。

輪郭式(りんかくしき)

輪郭式(りんかくしき)

輪郭式(りんかくしき)

本丸を中心にして、その周囲すべてをほかの曲輪で囲った形が「輪郭式(りんかくしき)」です。
本丸から四方へ曲輪を作っていくので、お城の規模が大きくなる傾向があります。
四方に対して均等に防御できる反面、二の丸が狭くなりがちです。
お城の規模が大きくなるため広い土地が必要で、輪郭式は平城に多く見られます。

柴田市民文化会館に三の丸跡碑が建っています。
そして、その北側には堀を挟んで二の丸がありました。
二の丸南側の復元計画があるようですね。

城の表門前に、すっと立っているのが堀部安兵衛の像。
赤穂義士の討ち入りで中心的な役割を果たした安兵衛。
像の顔は、しっかりと江戸を見つめています。

表門

表門

表門

石落としも復元されています。

現存する本丸表門は享保17年(1732年)に再建された2階建ての門です。
国の重要文化財になっています。
外は黒瓦を使ったなまこ壁で、2階には石落しを備えるなど実戦的な構えも備えています。

水堀に囲まれた本丸は船の形をしていることから舟形城との呼ばれていました。
3匹の鯱を配するという独特の櫓で、全国にも例がない大変珍しいものです。
平成16年には、この三階櫓、辰巳櫓が復元されました。

鎌倉時代初期に幕府設立に戦功のあった佐々木盛綱の傍系である新発田氏による築城と考えられています。
代々新発田氏の居城となっていましたが、天正9年(1581年)、新発田重家が上杉景勝に対して反乱(新発田重家の乱)を起こし、天正15年(1587年)、景勝方の攻勢により新発田城は落城して、大名としての新発田氏は滅亡しました。

その後上杉氏の会津転封に伴い、別名「あやめ城」とも呼ばれた新発田城は、初代新発田藩主溝口秀勝(みぞぐちひでかつ)侯が慶長3年(1598年)に築城し、3代宣直(のぶなお)侯のときに完成しました。

新発田城は、一般に多くある山城ではなく政治・経済の中心として交通の便利さを考え、平地につくった平城でした。
石垣がすき間なくかみ合うようにきちんと積まれる「切込はぎ」と呼ばれる美観を重視した技法でつくられ、白と黒が美しい海鼠(なまこ)壁で仕上げられています。

新発田城はかつて本丸、二の丸、三の丸からなり、堀や石垣に囲まれ、新発田川の水を巡らせた平城で、11棟の櫓と5棟の門が並び壮観な景観を呈していました。
中でも、天守閣の代わりを果たしていたのが三階櫓です。

城址碑をこの位置で取ると櫓が全く見えませんが、引きで撮影すると櫓を入れることができます。

三階櫓

三階櫓

三階櫓

三階櫓は事実上の天守です。
屋根は丁字型になっていて、3匹の鯱が乗っています。
なぜこういう形になったのかはわかっていません。

二の丸

二の丸

二の丸

旧二の丸隅櫓を訪ねます。
もともと本丸鉄砲櫓があった所に二の丸隅櫓を移築したので、そういう名前になっています。




この記事のライター

関連するキーワード


新発田城

最新の投稿


薪拾い散策から始まるキャンプには自然に触れる喜びが盛り沢山

グリーントピアフォレストは、人里から少し離れたキャンプ場で、その先は、道も荒れているので車があまり通りません。整備されてないので、散策しながら薪拾いを行って火起こしという自然との触れ合いを存分に楽しめます。火起こしデイキャンプ(BBQ)の方も多く訪れるキャンプ場です。


九十九里の恵み極上ネギの収穫体験、ねぎやSugary。ポロネギお土産

千葉県九十九里浜の温暖な気候と豊かな自然環境で育った、みずみずしくシャキシャキ食感、そして甘みと香りが漂う畑にお邪魔しました。 見てるだけで、うまいとわかる立派な葱です。今日は、この葱を収穫体験できるということで、潮風を感じる?葱畑に行ってきたのでご報告です。


学校給食に有機農産物を!オーガニック給食の素晴らしさ。

日本各地で進むオーガニック給食の動きは、地域の環境を考慮した農業への移行を目指しています。地域社会全体で持続可能な食材を生産し、消費し、地域農業をサポートし、持続可能な食生活を奨励するメリットは計り知れません。今回、みどり戦略とオーガニックビレッジのセミナーを参考に記事にしてみました。


日本の食料・農業危機に関する深刻な問題と解決策

深刻化する食料危機、崩壊の危機に瀕する日本の食料安全保障。農業の現状と根本原因、そして抜本的な解決策の提言が、【れいわ政策勉強会 ~日本の食料・農業危機~セミナー】で納得する形で受けてきましたので紹介します。日本が食料を確保するために今すぐ行動を起こさなければならない理由がありました。


野草食材の収集と調理で、サバイバルの場としての里山を体験

たびたび発生する災害、その時の食料源として野草が注目されています。災害時の野草の価値は計り知れません。今回は、グリーントピアフォレスト(グリトピ)キャンプ地周辺の里山を舞台に、野草散策を試みた。


ウィークリーランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

カラーズスタイルで話題のキーワード


AGE テロメア 食べて健康