2021年、上気元で過ごす!困難は神様からの贈り物!

2021年、上気元で過ごす!困難は神様からの贈り物!

2021年の干支は、辛丑(かのと・うし)。
どんな1年になるのかは、“上の気”の連鎖を起こすことで楽しく幸せなものに変えていくことができますよ。


私たちは、陰陽のバランスで生きている

私たちは、陰陽のバランスで生きている

私たちは、陰陽のバランスで生きている

「陰陽五行説」「陰陽五行思想」などという言葉を聞いたことは、ありませんか?
私たち日本人は、これらの文化や思想に影響を受けて過ごしています。

さらに東洋思想では言葉や文字に「天意」が宿ると考えられています。

陰陽は善悪の概念とは全く異なり、陰陽のバランスの概念なので、陽だからプラス、陰だからマイナスという意味ではないことを知っておいてくださいね。

かつて、陰陽士は、官僚でした。公務として術数(占術・天文・暦などの技術)を扱っていて、それが次第に貴族や庶民の間にも広まっていったのです。

古代中国で生まれた「陰陽五行」ですが、自然哲学であるとともに、陰陽五行思想は、それぞれの事象そのものが持つエネルギーのバランス調整理論であると言えます。

私たちの生活や社会現象すべてを網羅した実にシンプルなものの見かたです。

辛丑(かのと・うし)から見てみる

辛丑(かのと・うし)から見てみる

辛丑(かのと・うし)から見てみる

2021年の十干である「辛」という漢字からは、からい、つらいといった身体的な苦痛を伴う感覚が見て取れます。しかしながら、「丑」は、発芽直前の曲がった芽が種子の硬い殻を破ろうとしている「命の息吹」を表現しています。

そして、その種の中は、今にもはち切れそうな程の生命エネルギーが充満している状況です。

これらから、辛いことも多いが、大きな希望が芽生える年になる、とイメージできそうですね。

そして、一喜一憂しているのは、私たちだけではなく、世界中の人々も同様に、この新型コロナの話題でひとつになり、治療薬の開発や予防に尽力しています。

そんな中、私たちには大きな希望や、与えられた役割や、成し遂げなくてはならない沢山の思いがあるはずです。

世の中はいつもバランスでできているので、今が大変でも、プラスのことは必ずやってきますよ♪

困難は神様からの贈り物!

困難は神様からの贈り物!

困難は神様からの贈り物!

「神様?いるわけないじゃん、何をバカなこと言ってんだよ。」
そういう人もいらっしゃるでしょう。
では、その人には神様は確かにいないのでしょう。

かたや、「困難は神様からの贈り物だ。」
「いくら頑張っても悪い方にしかいかないということは、間違ったことをしていると、神様が教えてくれているに違いない。」
そう考えて過ごす人もいるのは、確かです。

普通、困難を乗り越えたら、よいことが待っています。
そして、神様は、人を困らせようなんて、しないものです。

神様の霊感にいちばん近くいたければ、〝上の気〟がたまっている人、つまり、いつも上気元な人でいることをおススメします。

眉間にしわを寄せ、「一生懸命働いてます」では、不機嫌な人が集まってきます。
肩の力を抜いて楽しむようにすると〝類友の法則〟で経済的豊かさを引き寄せやすくなりますよ。

「上気元の行」は〝不の気〟とは逆に、喜ばしいことを引き寄せる〝上の気〟を自分の中にためることをします。つまり、自分で自分の機嫌を取るのですから楽しいです!そして上気元の行は、金運が上がります♪

自分をおもてなしするのは、難しくありませんし、何かをやり遂げたら、「私ってすごい!」と自分で自分をほめてあげてもいいのです。
話す言葉や自分を磨いたり、好きな事や趣味を楽しんでもいいですね。

屏風とお店は広げすぎると倒れる

屏風とお店は広げすぎると倒れる

屏風とお店は広げすぎると倒れる

どこかで仕事をしたいと思って事務所を探すとき、誰もが駅前などの賑やかな場所を希望するかもしれません。ですが、ある成功者はわざと古くて狭い不便な場所からスタートするのがいいと言います。

遠方までわざわざ来てくれた人には、お茶を出したくなりいろいろサービスをしたくなるものです。来てもらうために知恵を絞りますよね?

その対応のまま、駅近で店を出した時には、繁盛するに違いないでしょう。

もし、目立つ場所で広いと、「空きスペース」が生まれます。
もし、ラーメン屋などを探しているときに、広くてきれいだけれどガラーンとした店と、狭いけど混んでいて活気のある店なら、どっちへ入りたくなりますか?

それが答えです。

もしお客様の数を比較して同じくらいであったとしても、お店が広いとヒマな感じがしてしまいます。だから、味は変わらないのにお客様は離れて行ってしまうのです。

場所だけではなく、「ヒマな波動」は、全てに及んでいき、ヒマな従業員やヒマな時間に繋がることから、最初は狭く、そしてうまくいったらほんの少しずつ広げていけばよい、と言います。

これは、ずっとその方法で長者番付10位以内にいつも入っている斎藤一人さんの方法でもあるので、何かのヒントにされてくださいね。

まとめ

まとめ

まとめ

私たちは、知恵を絞って試行錯誤していく事でいろいろなアイディアを生み出したり、心の持ち方でとんでもなく幸せになれたりしますよね。

あなたの2021年、心がワクワク感やときめき、喜びをたくさんキャッチできる上気元な年でありますように!


この記事のライター

関連するキーワード


初日の出 神様 辛丑 2021

最新の投稿


MusikPlatzの音楽ひろば通信第1号【R.シュトラウス作曲「アルプス交響曲」】

第1回である今回ご紹介するのは… ドイツの作曲家、リヒャルト・シュトラウス作曲の「アルプス交響曲」Op.64


秀吉の天下統一最後の相手「九戸政実」の城だった九戸城の物語

「続日本100名城」に選定された史跡九戸城跡(九戸城)は、九戸氏の居城の時に壮絶な戦いのドラマがありました。 九戸氏の居城だった九戸城は、三方を川に囲まれた天然の要害で、五千の兵で豊臣の六万の兵をてこずらせた、豊臣の天下統一にむけた最後の戦場だったのです。


あなたは、セルフイメージを高めるだけでいい。奇跡を起こそう

いつもしっかりやっているのに、なんだかうまくいかない。 努力家なのにいつも報われない・・・。 もしそうなら、解決できますよ。


三陸には、源義経は死せず北上伝説が、各所に残っている

旅行先で耳にした「義経北上伝説」が気になり、旅行ルートに沿った地だけではあるが行ってみた。 奥州 平泉の館のあった衣川から、北上川を渡って対岸の岩谷堂、大股、世田米、宮古、そして八戸から津軽半島の三厩への足どりを伝える史跡がルート上に残されているのは本当にロマンにあふれている。


百年もの間、小田原城を中心に関東を支配していた北条五代を知ろう

戦国時代の関東の勇者、北条氏(後北条氏)の本拠地、小田原城に行ってきました。 北条5代にわたり100年もの間、関東一円を支配していたた戦国大名、北条氏は、豊臣秀吉によって、ついに降伏させられてしまいました。