ショッピングと文化の街「サンジェルマン・デ・プレ」を散策

ショッピングと文化の街「サンジェルマン・デ・プレ」を散策

Bonjour HappyTommyです。
パリ在住、私のお気に入りを日本の皆様にお届けしています。
今日は、私の大好きなカルティエ、パリ6区。
エレガントな街並みに洗練されたレストラン、カフェ、お店が並びます。


パリで一番古い教会の一つ。
パリの歴史を長い間見守ってきた建造物です。


542年にパリ司教であった聖ジェルマンが建てた修道院の付属教会でパリ最古の教会。現在の建物は10~11世紀ごろに再建されたもので、基本的な造りは初期ロマネスク、内陣とその奥の後陣はゴシック様式で造られている。現在も人々の拠り所となっている。

老舗カフェ Café de fleur

老舗カフェ Café de fleur

老舗カフェ Café de fleur

サンジェルマン・デ・プレ教会のすぐ向かいにある Café de fleur

1885年開店以来、詩人、文学界、俳優、画家などが集い、たくさんの新しい作品が生まれたという老舗カフェ。そんな偉人達の息吹を感じられる場所です。

カフェで食事

カフェで食事

カフェで食事

フランス人マダムが注文していたので、わたしもハムとアンディーブのグラタンを。
たーっぷりのチーズでしたが優しい味で、とても美味しかったです。

食後のカフェラテ。ラテアートが素敵!

私流、Café de fleur 楽しみ方

私流、Café de fleur 楽しみ方

私流、Café de fleur 楽しみ方

食事を頼むと敷いてくれるランチョンマット。
とってもオシャレで、私はそれを持帰り部屋に飾っています!
わたし流の楽しみ方ですが‥
パリに憧れていたころ、パリにいる自分を夢みて、部屋に飾っていたこのランチョンマットの中の人物に色をつけました。
毎日それを眺め、想像し…今パリに住んでいます。
このランチョンマットは、ギャルソンにお願いすると何枚か持たせてくれます。
お土産にもオススメです。

センスが光る花屋

センスが光る花屋

センスが光る花屋

そして、カフェの近くにあるハイセンスな花屋。
ODORANTES Paris
わたしが働いていた花屋さんでもあります。
花を愛するオーナーの世界観を感じられるお店。
彼らの作るブーケには心奪われます。
Fashion Week中は、シャネル、カルティエ、ロエベなど有名ブランドからオーダーを受けます。
一見とても敷居が高い外観。でも、花一本から買える親しみやすい花屋でもあります。

記事を書いた時には、想像もできなかったことが、今、起こっています。
はやく終息することを願っています。
落ち着いたら、また、リポートしますね。


この記事のライター

最新の投稿


がんや糖尿病の人に“お医者様が知られたくない話”。これを試してみよう!

私たちは具合が悪くなると病院で大量の薬を出されたり、入院、手術で、その病を治そうとします。もし、自分で治癒へ導くことができたら・・、!? 「がんです。糖尿病です」と診断されたら、とてもショックですよね? ある素晴らしいドクターがこっそり教えてくれた方法が、実に効果があると評判なので、その情報の一つをお知らせします。


「励ましの言葉」が人に与える影響が素晴らしい!「励まし」で人は驚くほど変わる。

誰でもが励ましを必要としていて、その励ましの言葉の威力は絶大なものがあります。 その言葉は、相手が自分の価値に気がつけるように伝えることで、「やればできる」という思いや確信の手助けになるようです。それを知っているだけで、あなたは人々にいい意味で素晴らしい環境を提供することができるのです。


男性と女性は、なぜここまで違うのか!?「男脳と女脳」を知るとわかる意外性

男性と女性は、お互いに何を考えているのかさっぱりわからないと思ったりすることがありますよね。 それは、そもそも生まれた時の23番目の染色体の違いから来ているようです。 男女の違いを理解しておくと「うそでしょう?」と感じるようなことがあっても「まあ、仕方ないか」と、相手を思いやる気持ちになれるかもしれません。


がんの危険性が大幅に減る鉄則がある!?

この記事はNHKの“ためしてガッテン”で放送された内容のうけうりですが、生活の知恵として役立つと思い掲載しました。


渡邉 剛(わたなべたけし)の野菜と遊ぼう! [スナップエンドウ]

あの サクサクとした食感が楽しい! 今回は、スナップエンドウを育てます。 肉厚で、一緒に房が食べられる豆で、炒め物、茹でてサラダ、天ぷらにして食べても美味しいですよね? 早速、育ててみましょう♪