ショッピングと文化の街「サンジェルマン・デ・プレ」を散策

ショッピングと文化の街「サンジェルマン・デ・プレ」を散策

Bonjour HappyTommyです。
パリ在住、私のお気に入りを日本の皆様にお届けしています。
今日は、私の大好きなカルティエ、パリ6区。
エレガントな街並みに洗練されたレストラン、カフェ、お店が並びます。


パリで一番古い教会の一つ。
パリの歴史を長い間見守ってきた建造物です。


542年にパリ司教であった聖ジェルマンが建てた修道院の付属教会でパリ最古の教会。現在の建物は10~11世紀ごろに再建されたもので、基本的な造りは初期ロマネスク、内陣とその奥の後陣はゴシック様式で造られている。現在も人々の拠り所となっている。

老舗カフェ Café de fleur

老舗カフェ Café de fleur

老舗カフェ Café de fleur

サンジェルマン・デ・プレ教会のすぐ向かいにある Café de fleur

1885年開店以来、詩人、文学界、俳優、画家などが集い、たくさんの新しい作品が生まれたという老舗カフェ。そんな偉人達の息吹を感じられる場所です。

カフェで食事

カフェで食事

カフェで食事

フランス人マダムが注文していたので、わたしもハムとアンディーブのグラタンを。
たーっぷりのチーズでしたが優しい味で、とても美味しかったです。

食後のカフェラテ。ラテアートが素敵!

私流、Café de fleur 楽しみ方

私流、Café de fleur 楽しみ方

私流、Café de fleur 楽しみ方

食事を頼むと敷いてくれるランチョンマット。
とってもオシャレで、私はそれを持帰り部屋に飾っています!
わたし流の楽しみ方ですが‥
パリに憧れていたころ、パリにいる自分を夢みて、部屋に飾っていたこのランチョンマットの中の人物に色をつけました。
毎日それを眺め、想像し…今パリに住んでいます。
このランチョンマットは、ギャルソンにお願いすると何枚か持たせてくれます。
お土産にもオススメです。

センスが光る花屋

センスが光る花屋

センスが光る花屋

そして、カフェの近くにあるハイセンスな花屋。
ODORANTES Paris
わたしが働いていた花屋さんでもあります。
花を愛するオーナーの世界観を感じられるお店。
彼らの作るブーケには心奪われます。
Fashion Week中は、シャネル、カルティエ、ロエベなど有名ブランドからオーダーを受けます。
一見とても敷居が高い外観。でも、花一本から買える親しみやすい花屋でもあります。

記事を書いた時には、想像もできなかったことが、今、起こっています。
はやく終息することを願っています。
落ち着いたら、また、リポートしますね。


この記事のライター

最新の投稿


甲斐駒の恵み(農薬や化学肥料を使わない野菜)を食べさせたい父の想い

事業を始めた時、小学5年生男児の父親であった私の偽らざる思いでした。当時、4年間、農業生産法人の労務者として日々泥まみれで作業をする中で、山梨県北杜市周辺には、こんな思いを共有できる生産者が数多く、また、その昔、東京で暮らしていた経験から、都会にも共感してくれる人たちが数多くいることも実感していました。


ストレスって怖くない。うまく付き合うコツ♪

よく「ストレスが半端ない環境にいる。」と言う人が増えています。 ストレスの語源は、“なにか圧を加えた時に生じる歪み”のことを言いますね。 ですが、ストレスは、私たち人間にとって良い時も悪い時も生じる現象なのだそうです。つまり、悪いことばかりではない、ということなのです。


あなたが酔っぱらいすぎると、男性は“勘違い”してしまう??

酔っぱらうと4割増しに見える“落とし穴” あなたはお酒が好きですか? お酒を飲むとテンションが上がって声が大きくなったり、身体がよく動くようになる人も多いですよね? これらは「サイン」として“勘違い”されやすいようです。


“うつ病予防に恋愛が効果的”,“一瞬で恋に落ちる”って言うけど本当!?

私たちの周囲で、うつ病で苦しんでいる人が多くいる現実について、また“うつ病に恋愛感情が効果的”とか、“一瞬で恋に落ちる”とかっていう話を聞きますが、実際はどうなのでしょう?紐解いていきますね。


ハーブを使って~鳥かごバスケット

コロナ時代のフラワーアレンジメント教室を模索しています。 今回使用するティーツリーはアボリジニが常備薬としているように,消毒効果があるそうです。日本でもアロマオイルとして使用されています。