自然栽培で美味しい野菜作りに挑戦中「白州おとなの里山塾」からのお便り

自然栽培で美味しい野菜作りに挑戦中「白州おとなの里山塾」からのお便り

南アルプス・甲斐駒ケ岳の麓、山梨県の白州から、笑顔と自然をお届けします。
「白州おとなの里山塾」で、一緒にオーガニックな生き方をシェアしよう (^^♪


今回は、恋する農園トミーファームの新しい仲間「白州おとなの里山塾」をご紹介します!

白州おとなの里山塾のメンバー紹介

白州おとなの里山塾のメンバー紹介

白州おとなの里山塾のメンバー紹介

自然栽培の野菜作りに挑んでいる「白州ワイルドベジファーム」さん♪

オーガニックで食卓を彩る野菜を作っている「平河アロイファーム」さん♪

里山農業と都会を結ぶ、「いつかこさいたろう農園」さん♪

「白州おとなの里山塾」農業コンセプト

「白州おとなの里山塾」農業コンセプト

「白州おとなの里山塾」農業コンセプト

「白州おとなの里山塾」では、有機無農薬農業から自然栽培まで多少幅はありますが、化学的な肥料や飼料等、いわば余計なものは一切使わない農業を行って美味しく安全な野菜を栽培されてます。
365日、自然からの恩恵を存分に受けながら里山農業に取り組む姿に魅力を感じます!!!

野菜は少量多品目の栽培を行っているようです。
オーソドックスな野菜から固定種・伝統種といわれる希少野菜にもチャレンジし、白州郷牧場では平飼い養鶏によるたまごの生産も行っているとのこと。
食卓を彩る色鮮やかな野菜達が想像できて、おなかが減ってきました。

ワークショップ

ワークショップ

ワークショップ

「白州おとなの里山塾」では、土や水に触れたり、収穫物を使ったお料理講座、ハーブを使った石鹸作りなどを企画し、皆さんと一緒に楽しく里山で過ごせる”農業体験”や”ワークショップ”を開催しています。
自然の中で過ごし自らが学べる環境を、子供達に経験させたいと思うのは私だけでしょうか?

白州地域

白州地域

白州地域

白州というと、ウィスキーを連想される方も多いはず。
そうなんです、皆さんご存知のサントリー工場がある場所です。
サントリーは、この地の「水」に目を付けたわけですね。
花崗岩を潜り抜けた伏流水はミネラル分がたっぷりです。
コメも野菜もたまごもおいしく仕上がるワケです。
シャトレーゼのアイスクリーム工場、知る人ぞ知る酒蔵・七賢、山梨の銘菓・信玄餅の金精軒など、穴場の観光スポットでもありますよ。
ぜひ、里山農業の体験と観光を兼ねて訪ねる計画を検討してみてください。

一度は、味わってみたい。

白州25年


酒齢25年を超える貴重な白州モルト原酒の中から、クリーミーでウッディーな原酒、ピートを効かせたスモーキー原酒、果実味濃厚なシェリー樽原酒を厳選・吟味し、じっくりと後熟。芳醇壮麗な熟成の極み。

一度は、味わってみたい。

白州25年


酒齢25年を超える貴重な白州モルト原酒の中から、クリーミーでウッディーな原酒、ピートを効かせたスモーキー原酒、果実味濃厚なシェリー樽原酒を厳選・吟味し、じっくりと後熟。芳醇壮麗な熟成の極み。

白州おとなの里山塾のサイトは、2020年4月から「甲斐駒の恵み」となりました。

甲斐駒・八ヶ岳の恵み

https://kaikoma.shop/

甲斐駒(八ヶ岳)の大自然が育てた旬な野菜を厳選お届け


この記事のライター

恋する農園トミーファームは、本物の野菜がもらえるリアル連動野菜育成ゲームです。この野菜を栽培している農家さんをご紹介しています。

関連する投稿


オーガニックで頑張っている農園さんを知ろうー日本の農地をオーガニックへー

NPO法人 「オーガニック事業法人」が主催する「自然栽培フェア」でオーガニックの取り組みをしている農園さんに会ってみませんか?


最新の投稿


2021年“風の時代”を生きる! 変化に対応して生きるコツ

2121年は、風の時代、という言葉をよく耳にします。 「グレート・コンジャンクション」という木星と土星が重なる日のことで、これは20年に一度起こる「時代の節目」であるとされています。 風の時代はいったいどんな影響を私たちに与えるのでしょうか?


苺(いちご)狩りの季節到来♪ 苺狩りを楽しくするための”うんちく”15選を順子の苺園で聞いてきた!

以前は、コンデンスミルクや砂糖をかけて食べていたものですが、最近の品種は甘すぎるため、そのまま食べるのが普通になりました。 一応、苺狩りでは、コンデンスミルクをお渡しますがっ。


バレンタインデー・ホワイトデーの歴史と想い

2月14日はバレンタインデー、3月14日はホワイトデーって誰が決めたのでしょう?その前後になると期待したり悩んだりの男女が、多くなるのでしょうか? このイベントの歴史もみていきますね☆


3.11”LoveSweetsコンサート”は、梶いちご園とのコラボ開催

東日本大震災から10年 あの日を忘れない。思いをひきつぎ、命をつなぐ、希望への奏で・・・! 音楽コーディネーター”関井うらら”の地方応援プロジェクト LoveSweetsコンサート3.11のお知らせです。


コロナ禍のクリスマスは、どうやって過ごす?

1年中で最もロマンチックな日は・・・クリスマスだと誰もが思いませんか? だけど、コロナ禍だし、今年はつまらないかもと、思っていませんか? そんなことはありません! とても素敵なクリスマスは、外出しなくてもできるはずですよ。