収穫後の掘りたて時にしか味わえない『ゆで落花生』食べたことありますか?

収穫後の掘りたて時にしか味わえない『ゆで落花生』食べたことありますか?

千葉の名産といえば落花生。全国の生産量の約8割を占めているそうです。 その千葉に住み、旬には大量に食べていた「ゆで落花生」意外とみなさん知らないとのことで、ちょっと優越感!


落花生は、夏に花が咲き、数日後、花の茎が地中に潜ります。

黄色のかれんな花が咲く

土の中でさやを作り実となります。

9月頃から収穫できます。

ゆで落花生は、収穫後、すぐに水洗いして”ゆでる”ことになるため、本当に期間限定(結果、9月、10月頃のみ)食材なのです。

大きめの鍋に水と塩をいれて沸騰させてから生落花生をゆでます。

見た目はよくないが、病みつきの味!

そして煎りようの豆は10月以降に店頭に並びます。
この頃、掘りあげた落花生を畑で10日ほど乾かした後、株ごと円筒状に積み上げた「ぼっち」で、さらに1~2ヶ月自然乾燥します。
これが、甘みを増し風味豊かにする方法らしいです。

ぼっち?

さて、千葉の中でも生産量が一番の八街市にある農林総合研究センター落花生研究室は、全国唯一の落花生専門の研究機関です。

ご存知の方も多くなりましたが、ここで、もう1つお知らせです。
農林総合研究センター落花生研究室の成果でもある「おおまさり」のことです。
平成21年から販売された「おおまさり」は、14年の歳月をかけて育成され、甘みが強く通常の落花生の2倍の大きさがあります。

半立と「おおまさり」の比較!

在庫(収穫者)を探して味わってみるのもイイかもね!

http://farming.shunnasato.com

この記事のライター

関連する投稿


千葉で生まれたいちご「チーバベリー」が販売開始!!おいしいよ!

千葉で生まれたいちご「チーバベリー」が販売開始!!おいしいよ!

チーバくんの誕生日にチバベリーが誕生!!


野菜レストラン『農家の台所』の芋煮会に行ってみた

野菜レストラン『農家の台所』の芋煮会に行ってみた

『農家の台所』ってご存知でしょうか?いえ、言葉そのままの意味じゃなく(笑)、新宿・銀座・立川にある、野菜が美味しい飲食店のことです! 10月のある日、そちらのスタッフの方々の畑作業&芋煮会に同行させていただきましたので、レポートします!


ネギっ子県民から長ネギを紹介しま~す♪冬が長ネギの旬です。

ネギっ子県民から長ネギを紹介しま~す♪冬が長ネギの旬です。

2015年、2014年の総生産量1位は千葉県!! 秋冬ネギは海沿いの山武・長生地域が生産量が多く、甘くておいしいネギが生産されています。 千葉県の海沿いは12月から乾いた冷たい潮風が吹き、ネギを甘くしてくれます。


節分にお蕎麦を食べる習慣があること知っていますか?

節分にお蕎麦を食べる習慣があること知っていますか?

節分に江戸時代はお蕎麦を食べて邪気を払っていました。 年越し蕎麦は節分に食べるものでした。 まだまだある節分の習慣!!


成東いちご街道、私のオススメ「順子のいちご園」紹介〜

成東いちご街道、私のオススメ「順子のいちご園」紹介〜

千葉県を走る国道126号沿いには多くのいちご農家さんが建ち並んでいます。中でも山武(旧成東)には10件近くのいちご農家さんがあり、いちご街道として親しまれています。


最新の投稿


映画『美味しいごはん』東京初上映!

映画『美味しいごはん』東京初上映!

「美味しいごはんは、作る人も、食べる人も、幸せにする」・・・目新しいようで、当たり前のこと。でも、「当たり前」過ぎることは、やはり日々おろそかにされがち。そんな大切なことを気づかせてくれるノンフィクション映画が完成しました。6月末日に大阪でお披露目されたのに続き、翌週の七夕に東京で初めての上映会に行ってきましたので、今回はそのレポートをお届けします。


【アジア旅行記】シンガポールの「セントーサ島」で思いっきり遊ぶ旅♪

【アジア旅行記】シンガポールの「セントーサ島」で思いっきり遊ぶ旅♪

今回はシンガポールの観光地、セントーサ島を紹介します☆テーマパークからビーチまで遊ぶところがもりだくさん!


【アジア旅行記】国全体がテーマパーク?!な「シンガポール」でリッチ旅♪

【アジア旅行記】国全体がテーマパーク?!な「シンガポール」でリッチ旅♪

今回のアジア旅は、シンガポール!アジアの中でも超発展を遂げているリッチな国で、見所も満載です! 今回もたくさんの写真とともに市内の観光スポットをご紹介♪


【アジア旅行記】万里の長城!中国で最も有名な世界遺産をご紹介♪

【アジア旅行記】万里の長城!中国で最も有名な世界遺産をご紹介♪

今回は中国で最も有名な世界遺産「万里の長城」での旅を紹介します!東・東南アジアを旅し尽くした筆者おすすめの世界遺産☆


礼文島・利尻島の旅

礼文島・利尻島の旅

礼文島・利尻島のスケッチ旅をご紹介! 国内とはいえ、遠い道程でした。 伊丹空港→羽田空港→稚内空港・稚内港→礼文島の香深港へ