今日から食べたくなる!旬野菜を食べるメリット4選と日々の生活への活かし方

今日から食べたくなる!旬野菜を食べるメリット4選と日々の生活への活かし方

突然ですが、みなさんは”旬”を意識して生活をしていますか? スーパーに行けば、ほとんどの食材は春夏秋冬問わずに一年中手に入れることができますね。 また、外食をするときにも、わたしたちのまわりには一年中変わらないメニューがあふれています。 いつでもどんなものでも食べられる便利な時代ですが、野菜それぞれの”旬”は、今も昔も変わらずに存在します。 そんな”旬”を見直すメリットと普段の生活への活かし方について、お伝えしたいと思います。


知ってた?旬野菜のメリット4選

いつでも食べたいときに食べたいものが食べられるのに、なんでわざわざ旬を意識する必要があるの?と思うことなかれ。
旬野菜を食べることには、こんなにたくさんのメリットがあるんです。

①栄養価が最も高く、味が良い
野菜にとっての”旬”とは、自然の摂理に従って、大地と太陽の恵みをもっとも効率的に受けて育つ時期なんです。だから、旬に食べる野菜は栄養価が高く、味も良いんです。
たとえば、ほうれん草の本来の旬は冬ですが、冬と夏の同じ産地のほうれん草のビタミンC含有量を比べると、なんと、夏のものは冬の1/3以下に減少してしまいます。

《太陽の恵みをもっとも効率よく受けて育つので、栄養価も味も良い》

②価格が安価で安定しやすい
効率よく生産でき、需要と供給のバランスが取れるので、安定した価格・安価で手に入れることができます。

《旬野菜は価格も安価なことが多い》

③その季節に人間が必要としている栄養素をたっぷり含んでいるものが多い
人間の季節ごとの整理バランスに対応した栄養素が多く含まれています。自然界にいたときから、人間は旬のものを食べて体調を調節し、健康を保ってきたのですね。

《旬野菜には、必要な栄養素がたっぷり》

④残留農薬が少ない
オーガニックや無農薬がうたわれていない野菜であっても、ハウス内ではなく太陽の光をしっかり浴びて育つので、紫外線で農薬が分解されて残留農薬が少なくなります。

《紫外線の力で、残留農薬が少なくなる》

各季節ごとの旬野菜の特徴を知ろう

次に、春夏秋冬、各季節ごとの旬野菜の特徴をご紹介します。

①春が旬の野菜の特徴
春は、菜の花や山菜類、アスパラガスなど新芽や新葉を食べる野菜が旬を迎えます。
春は新陳代謝が活発になる季節ですが、春野菜に含まれるアルカロイドという苦味成分が、胃の働きを活発にし、老廃物を排泄して細胞を活性化する働きをします。

《新芽、新葉を食べる春野菜》

②夏が旬の野菜の特徴
夏はキュウリやナス、トマトなどの実を食べる野菜が旬を迎えます。
水分を多く含み、皮が薄いものが多い夏野菜。暑い夏に必要な水分やビタミン・ミネラル類が多く含まれ、身体を冷やし、むくみを取る効果があります。
また、暑さで弱った胃を刺激して消化を助けたり、利尿作用を促したりする働きもあります。

《実を食べる夏野菜》

③秋が旬の野菜の特徴
秋はジャガイモ、レンコン、サトイモなどの根茎を食べる野菜類・シイタケなどのきのこ類が旬を迎えます。
寒い冬に備えて、水分は夏野菜よりも少なくなり、体内に多くの養分を蓄えています。
これを食べることで、夏の暑さで疲れた胃腸の調子を整え、寒くなる冬に備えた養分の蓄積を行う働きがあります。

《根菜・きのこ類などの秋野菜》


④冬が旬の野菜の特徴
冬はホウレンソウ、コマツナ、ハクサイなどの葉野菜類や、ダイコン、カブなどの根菜類が旬を迎えます。
新陳代謝が鈍る季節に、滞りがちな血流をよくし、血液を浄化する作用があります。
また、冬の根菜類に含まれる栄養素には、貯蔵性が高く、冷えた身体を温める効果もあります。

《葉菜・根菜などの冬野菜》

いかがでしょうか?
各季節ごとのわたしたちの体の働きと一緒に考えてみると、旬野菜を食べることがとても理にかなっているように思いませんか。

旬野菜を取り入れて、体調を整えよう

旬野菜を食べるメリットについて、お伝えしてきました。
今日から簡単に取り組める「旬野菜の取り入れ方」について、お伝えします。

①スーパーで安売りしている野菜を選ぼう
メリットの点でお伝えしましたが、旬の野菜は安価で売られる傾向があります。
家計にも、体にも優しい、うれしいこと尽くめな旬野菜、意識して選んでみてくださいね。

《スーパーなどでは、その時々で比較的安く売られている野菜を選ぼう》

②外食では、できるかぎり季節限定メニューを選ぼう
チェーン店などでも、固定のメニューに加えてそのときに旬な野菜などを使ったシーズナルメニューを扱っているお店が多くあります。
できるだけこれを選び、旬野菜を取り入れてみましょう。

《外食のときは、シーズナルメニューを選ぼう》

ライフスタイルは変わっても、わたしたちに備わる本来の生物としての体の仕組みは変わっていません。
うまく自然の摂理を取り入れて、季節の変わり目にも負けない体を作っていきましょう!

《本記事を書くにあたって参考にした資料》

本記事は、筆者も取得している野菜コーディネーター講座の講座内容を元にお伝えしました。
野菜全般に関する基礎知識、各野菜の栄養や働きはもちろんのこと、保存方法やレシピなども知ることができて、日々の生活に活かしやすい講座です。

野菜コーディネーター養成講座

https://www.gakubun.net/pc/contents/shop/LP/yasai/c30.html

野菜の資格をお家で手軽に取得したい方はこちら!がくぶんの野菜コーディネーター養成講座なら、野菜資格が取れて料理レシピのレパートリーも広げられます!

関連する投稿


都心に”農村”?!注目の新スポット「東京農村」潜入レポ!

都心に”農村”?!注目の新スポット「東京農村」潜入レポ!

赤坂見附駅から徒歩数分。そんな都内一等地の真ん中に、突如現れた5階建ての”農村”。今回、そのベールに包まれ・・てはいませんが(笑)、オープン間もないこの時期に訪れることができましたので、その実態に迫ります!


復活なるか?「江戸東京野菜」

復活なるか?「江戸東京野菜」

東京は農業がさかん!・・とは言い切れないことはなんとなくご存知ですよね。しかし、実は東京でも独自の品種が栽培されているんです。それを認定したものが「江戸東京野菜」。今回はそのストーリーの他、どこへ行けば食べられるのかもご紹介します!


奥田政行シェフの料理哲学から「本物の”ご馳走”」が見えてくる

奥田政行シェフの料理哲学から「本物の”ご馳走”」が見えてくる

日々何気なく使っている「ごちそうさま」というセリフ。この言葉に込められた本当の意味をまさに体現している料理人をご紹介します♪


野菜レストラン『農家の台所』の芋煮会に行ってみた

野菜レストラン『農家の台所』の芋煮会に行ってみた

『農家の台所』ってご存知でしょうか?・・いえ、言葉そのままの意味じゃなく(笑)、新宿・銀座・立川にある、野菜が美味しい飲食店のことです! 10月の秋晴れの日、そちらのスタッフの方々の畑作業&芋煮会に同行させていただきましたので、レポートします!


「ほおずき市」ってどんな意味があるの? 夏の風物詩に参加しよう!

「ほおずき市」ってどんな意味があるの? 夏の風物詩に参加しよう!

浅草の「ほおずき市」は有名ですが、実はこのお祭りは各地で開催されているものなんです。皆さんもぜひ由来を知って、さまざまな風物詩に参加してみてください♪


最新の投稿


世界遺産の街!シェムリアップ遺跡

世界遺産の街!シェムリアップ遺跡

今回も、バックパッカーで訪れた世界遺産の街、カンボジアのシェムリアップについて紹介したいと思います!


カンボジアの恐ろしい「負の遺産」をご存知ですか?

カンボジアの恐ろしい「負の遺産」をご存知ですか?

今回は、バックパック旅行中のカンボジアの首都、プノンペンで訪れた歴史的な「負の遺産」についてのご紹介です。日本で言うところの原爆ドームのように、それぞれの国には素敵な建築物の世界遺産だけではなく、重い歴史を背負った負の遺産も存在します。


世界遺産!アンコールワットの世界

世界遺産!アンコールワットの世界

今回は、バックパッカー憧れの世界遺産、カンボジアの「アンコール・ワット」についてご紹介します!


「カンボジア」ってどんな国?リアルな途上国の様子をご紹介

「カンボジア」ってどんな国?リアルな途上国の様子をご紹介

アンコール・ワットなどの世界遺産遺跡で有名な「カンボジア」について、バックパッカーで訪れた筆者が、リアルなカンボジアの現状をお伝えしたいと思います!


今日から食べたくなる!旬野菜を食べるメリット4選と日々の生活への活かし方

今日から食べたくなる!旬野菜を食べるメリット4選と日々の生活への活かし方

突然ですが、みなさんは”旬”を意識して生活をしていますか? スーパーに行けば、ほとんどの食材は春夏秋冬問わずに一年中手に入れることができますね。 また、外食をするときにも、わたしたちのまわりには一年中変わらないメニューがあふれています。 いつでもどんなものでも食べられる便利な時代ですが、野菜それぞれの”旬”は、今も昔も変わらずに存在します。 そんな”旬”を見直すメリットと普段の生活への活かし方について、お伝えしたいと思います。