節分にお蕎麦を食べる習慣があること知っていますか?

節分にお蕎麦を食べる習慣があること知っていますか?

節分に江戸時代はお蕎麦を食べて邪気を払っていました。 年越し蕎麦は節分に食べるものでした。 まだまだある節分の習慣!!


節分とは

四季の始まりの前日のことを節分といい、季節を分ける日、つまり立春・立夏・立秋・立冬の前日です。
2月3日だけじゃないんですよ。
ではなぜ、立春を重要な日としたのか。
「立春正月」とも言われ、年の始まりの前日とし、大晦日として重要な日とされていました。

豆まきはなぜ始まったのか

邪気を追い払うために、節分には古くから豆撒きの行事が執り行われている。宇多天皇の時代に、鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らすのを、祈祷をし鬼の穴を封じて、三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたという故事伝説が始まりと言われる[2]。豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある。

と言う説がありますが、中国の習俗から伝わってきたとも言われています。

「鬼は内」と言うところがあるって知っていますか?

「福は内、鬼は外」と豆まきしましよね?
鬼を祀っているお寺さんでは「鬼は内」という言うそうです。

節分にお蕎麦を食べる

節分にお蕎麦を食べる風習は江戸時代からありました。
昔は節分に食べるお蕎麦を年越しそばといい、立春の前日である節分に食べていたそうです。

蕎麦の実は魔除けになると言われ、蕎麦を食べることで邪気を追い払っていました。

今でも節分にお蕎麦を食べる地域は存在しています。

節分に柊鰯(ひいらぎいわし)を飾る

西日本では、「焼嗅(やいかがし)」とも呼ばれるそうです。
鬼は臭いもの、尖ったものが嫌いとされていて、鬼の侵入を防ぐために飾るそうです。
またイワシを食べる習慣もあるそうです。

柊鰯は平安時代までさかのぼり、土佐日記に
「小家の門の端出之縄(しりくべなは)の鯔(なよし)の頭、柊らいかにぞ。とぞいひあへなる」
と記されています。

節分に恵方巻を食べる

恵方巻は全国的に定着してきましたよね?
七福神にあやかり7品の具を巻いた太巻きを恵方の方向を向いて無言で食べます。
恵方とは、その年の幸福を司る歳徳神のいる方角のことで、2016年は、南南東です。

節分に落花生をまく

海道、東北、信越地方の8割の家で落花生をまくことが定着しています。
昭和30年代に北海道で始まったそうです。
歴史があるんですね。

開拓文化の北海道の人たちは「食べ物を粗末にしない」、「大豆よりカロリーが高い」と言った雪深い地方だからこそ考えられたそうです。それが東北、信州へと広がり、今では関東でも節分の時期になると大豆と一緒に並ぶようになりました。

節分にクジラを食べる

山口ではクジラを食べるそうです。
クジラを食べることで「大きな幸せ」を祈るそうです。

節分にこんにゃくを食べる

四国地方ちゅうしんに節分にこんにゃくを食べる風習があるそうです。
「砂おろし」といって体内にたまった砂を出す、つまり腸の中を掃除する意味があります。

しもつかれ

栃木の郷土料理、「しもつかれ」。
神社に供え、近所の方と分け合う伝統料理だそうです。

まだまだ知られていない風習や習慣がありますよね?
うちは他の家と違う、そう思ったら調べてみてください。
きっとそこには訳があると思います。

この記事のライター

食べることが好き。旅行することが好き。そんな私が各地見た、食べたをお伝えできたらと思っています。

関連する投稿


「節分」と「冬至」の本当の意味

「節分」と「冬至」の本当の意味

「節分」や「冬至」をテーマにした記事は、カラーズスタイルではそれぞれ共に1回ずつ登場しています。今回は冬至の日に早稲田の穴八幡宮で一陽来復御守りをもらってきたレポートを交え、「節分」の本来の大切な意味に迫ります!


野菜レストラン『農家の台所』の芋煮会に行ってみた

野菜レストラン『農家の台所』の芋煮会に行ってみた

『農家の台所』ってご存知でしょうか?いえ、言葉そのままの意味じゃなく(笑)、新宿・銀座・立川にある、野菜が美味しい飲食店のことです! 10月のある日、そちらのスタッフの方々の畑作業&芋煮会に同行させていただきましたので、レポートします!


日本五大稲荷の一つで、島根県津和野町にある「太皷谷稲成神社」に行ってきたけど、そもそも「稲荷神社」って何!?

日本五大稲荷の一つで、島根県津和野町にある「太皷谷稲成神社」に行ってきたけど、そもそも「稲荷神社」って何!?

太皷谷とは、津和野城の城山の一角であり、江戸期には時刻を知らせる太鼓が鳴り響いた谷間であることから、この地名がつけられました。


岩国にある美しい5連アーチの有名な橋「錦帯橋」は、未来への架橋だった!?

岩国にある美しい5連アーチの有名な橋「錦帯橋」は、未来への架橋だった!?

四季折々に訪れたい錦帯橋で口遊む歌は、未来への架橋! 「きみの心へ続く架け橋へと~♪」 えっと、栄光の架橋ですね。m__m


収穫後の掘りたて時にしか味わえない『ゆで落花生』食べたことありますか?

収穫後の掘りたて時にしか味わえない『ゆで落花生』食べたことありますか?

千葉の名産といえば落花生。全国の生産量の約8割を占めているそうです。 その千葉に住み、旬には大量に食べていた「ゆで落花生」意外とみなさん知らないとのことで、ちょっと優越感!


最新の投稿


美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

いちじくの旬な時期がいつ頃なのか知っていましたか?夏から秋にかけてレストラン、カフェ、バー等では様々ないちじくメニューに出会うことができます。栄養価が高いことで古くから不老長寿の果物とも言われているいちじくについて、主な栄養素とオススメのレシピをご紹介します。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

スタート:上野公園・西郷隆盛像⇒上野大仏⇒国立科学博物館前⇒東京国立博物館前⇒東京芸術大学⇒谷中霊園⇒日暮里駅⇒谷中銀座⇒根津神社⇒弥生式土器発掘の地⇒ゴール:東京大学正門前


復活なるか?「江戸東京野菜」

復活なるか?「江戸東京野菜」

東京は農業がさかん!・・ではないことはなんとなくご存知ですよね。しかし、実は東京でも独自の品種が栽培されているんです。それを認定したものが「江戸東京野菜」。今回はそのストーリーの他、どこへ行けば食べられるのかもご紹介します!


いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

桜木町駅前⇒ドックヤードガーデン⇒日本丸⇒汽車道⇒旧横浜港駅跡⇒横浜赤レンガ倉庫⇒象の鼻桟橋⇒大桟橋⇒日米和親条約調印の地⇒横浜開港資料館⇒神奈川県庁⇒横浜開港記念館⇒横浜公園噴水前 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは http://walkers-hi.jp/ を御覧ください。


「夏越の大祓」に「100万人のキャンドルナイト」はいかがでしょう?

「夏越の大祓」に「100万人のキャンドルナイト」はいかがでしょう?

「夏越の大祓」と「100万人のキャンドルナイト」、どちらも聞いたことがあるような、ないような。なんとなく知っているような、知らないような・・。1年の折り返し地点の時期にあるこの2つの行事を改めて振り返ってみて、残りの半年を気持ちよく駆け抜けましょう!