「カンボジア」ってどんな国?リアルな途上国の様子をご紹介

「カンボジア」ってどんな国?リアルな途上国の様子をご紹介

アンコール・ワットなどの世界遺産遺跡で有名な「カンボジア」について、バックパッカーで訪れた筆者が、リアルなカンボジアの現状をお伝えしたいと思います!


カンボジアってどんな国?

カンボジアは、正式名称をカンボジア王国といいます。
東南アジアにあり、西はタイ、東はベトナム、北はラオスと国境を接しています。

実は現在のカンボジア王国は非常に新しい国で、内戦を経て1993年に成立しました。
言葉はクメール語(カンボジア語)を話します。

カンボジア自体の歴史はひじょ〜に長いです。

カンボジアには、1世紀ごろから国があったと考えられています。
その頃の中国の歴史書に、現在のカンボジア付近に扶南(ふなん)王国
という国ができていたことが書かれています。

3世紀ごろから、カンボジアは中国・インド双方の中間にある交易都市として栄え始めました。
6世紀には真臘(しんろう)という今のカンボジアにとって原型に近い国ができ、
現在もカンボジアで使われているクメール文字という独自の文字が考えだされました。

9世紀にはアンコール王朝という王朝が始まります。
これが、有名な世界遺産であり、三代仏教寺院のひとつである、
「アンコール・ワット」の名前の由来です。
アンコールワットは12世紀に建設されました。

アンコール王朝では内乱や外国との争も多く、
13世紀からは、前回紹介したタイのアユタヤ王朝とも戦ったそうです。
15世紀には首都アンコールは陥落します。

その後首都を移しながらカンボジアは存在を続けます。

1867年にフランスの占領下におかれたカンボジアは、独立運動を続け1953年に独立します。

このように非常に歴史の長いカンボジアですが、
「小国」、「貧困」、「アジアで取り残された国」という印象が強いですよね。

それには後の悲惨な内戦の影響が大いにあると考えられますが、
それについてはまた後ほど!


現在は少しづつ経済成長し、
特にアンコール・ワット等、世界遺産のアンコール遺跡群を中心とした
貴重な観光資源のおかげで観光業が経済を牽引しています。

世界中から観光客やバックパッカーが訪れ、
私もバックパックでカンボジアを旅したひとりです☆

実際に行って見た☆街の様子

バックパッカーとして実際にカンボジアに行ってきました!

タイのバンコクからシェムリアップへ入国し、
シェムリアップから首都プノンペンへ深夜バスで移動、
プノンペンからベトナムのホーチミンに陸路で出国しました!

これは、私が首都プノンペンを移動中撮影した写真です。

カンボジアの「貧困」を目にした瞬間でした。
カンボジアには孤児が非常に多いです。
未だに貧困が蔓延しており、写真のように子供が物を売ってお金を稼ぐ様子が見られます。

特に私が外国人だとわかると、車に寄って来ます。

日本では見られない光景なので
(戦後の貧しい時代の日本では見られたかもしれないですね)
色々と考えさせられる旅になりました。

とはいえ、首都プノンペンの街は
発展中の活気が溢れ、とても明るい街でもあります。

街の外にも大小色々なマーケットが存在していて、
地元の人たちはここで生活用品を揃えたり、食料を買ったりしています。

衛生面はよくないので、
観光で行くならローカルマーケットでの飲食はやめたほうがいいです。

プノンペンの中心部のマーケットの様子です。

たくさんの果物がマーケットに並んでいるのは、
どこの東南アジアも一緒ですね!

一番大きなマーケットの屋内です!

外には食べ物などがありましたが、
ここではラグジュアリーやアクセサリー、洋服などが並んでいます。

ここでマーケットの外で目にした
ちょっと衝撃的な一枚。

カンボジアはまだインフラが整っていません。
廃棄物インフラも十分ではなく、
ゴミが街に散乱しています。

市内についてバスをおりた瞬間の私の感想は「臭い」でした(笑)

東南アジアのどの国と比べても、街にゴミが多かった印象です。

外の街の様子です。
日本車を中心とした中古車の流通が増えて来ていますが、
バイクもたくさん。

建物の様子。

「交通ルールどうなってるの?!」と言いたくなる一枚(笑)

信号はありますが、複雑に交わった道路では
みんな好き勝手走っているような印象で、
私はこの時バイクに乗っていましたが結構怖かったです(苦笑)

彼らなりのルールがあるんでしょうか・・・?
もちろん事故も多いですよ。

観光にはタクシー(自動車)をおすすめします。

このような大きめのショッピングセンターもありましたが、
店舗はまだあまり入っていませんでした。。

タイ、ベトナム、フィリピンなど他のアジアの国では
かなり大きなショッピングセンターが存在するので、
それと比べるとまだまだ発展の遅れを感じますね〜

夜になって街を散歩していると、ナイトマーケットを見つけました。
(ゴミや食品の匂いでかなり臭い・・・。)

賑わっていましたが、観光客の姿はほとんどなし。
地元の人の調達の場のようです。
お土産品なども売ってはいません。

なまものがそのまま売られていたり、動物の肉が血がついたまま売られていたり・・・
衛生的にはかなり心配でした。

が、カンボジアローカルのカルチャーを知れた気がしました☆

夜には競技場になにやら賑やかな音楽が。。。

と思って行ってみると、
多くのひとたちが座って休んでいたり、健康体操を踊っていたりしました・・・!!

カンボジアにはまだショッピングセンターやレジャーが普及していないので、
このように競技場に集ってゆっくり時を過ごすのでしょうか・・・?

慌ただしい日本の生活とは大違いで、
なんだかこういう生活もいいな〜と思わせられる時間となりました。

首都のプノンペンには、あまり観光的なスポットはありません。

しかし、ぜひ訪れてほしい、
カンボジアの歴史に関わる重要なスポットが存在するので、
次回お伝えしたいと思います♪

この記事のライター

アジア大好きトラベラー

関連する投稿


神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

今回は、バックパック女子ひとり旅「ネパール編」。ネパールの首都で、人の数より神の数の方が多いと言われている「カトマンズ 」を紹介します。


「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

今回は、アジア3か国にまたがる「世界三大仏教寺院」について紹介したいと思います。それぞれ世界遺産にも登録されており、非常に長い歴史を持った遺跡郡です!


【バラナシ 】聖なるガンジス川の魅力!女ひとりでインド旅。

【バラナシ 】聖なるガンジス川の魅力!女ひとりでインド旅。

今回も、インド一人旅編。ヒンドゥー教の聖地、バラナシでの「ガンジス川」の魅力をたっぷりお伝えします!


インドで最もカオスな街「バラナシ」に行ってみた!

インドで最もカオスな街「バラナシ」に行ってみた!

今回は、これまでたくさんの国を訪れてきた筆者の一番のお気に入りと言っても過言ではない、インドの「バラナシ」 という街について紹介したいと思います!


3000以上の遺跡が眠る街、ミャンマーの「バガン」

3000以上の遺跡が眠る街、ミャンマーの「バガン」

今回は、3,000以上もの遺跡が点在するミャンマーの世界遺産古都、「バガン」を紹介しちゃいます!


最新の投稿


神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

今回は、バックパック女子ひとり旅「ネパール編」。ネパールの首都で、人の数より神の数の方が多いと言われている「カトマンズ 」を紹介します。


ラウンドスタイル

ラウンドスタイル

「春」は、なぜか新しい気分にしてくれませんか? 新しいことも始めたくなりますよね? さて、フラワーアレンジメントを始めたくなる、そして、フラワーアレンジメントの基本「ラウンド」というフラワーデザインを春をテーマに製作してみました。


“数字の神秘”と2020年、“脳をだます”ことでパワーアップ!

“数字の神秘”と2020年、“脳をだます”ことでパワーアップ!

私たちは、“心の時代”と言われるこの2020年という年を迎えています。 そこで今回は、「2」と「0」が繰り返される特別パワーある年(毎年何らかの意味ある年と伝えられてはいますが、今年は他年とは違うようです)にちなんで、あなたの未来を明るくする話を少しだけ、あなたのためにお届けしましょう!


聖夜のためのキャンドルアレンジ

聖夜のためのキャンドルアレンジ

星降る聖夜にキャンドルを・・・明日はクリスマスイブ。素敵なクリスマスをお迎えください。 キャンドルのリースの作り方を公開しました。 メリークリスマス!


「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

今回は、アジア3か国にまたがる「世界三大仏教寺院」について紹介したいと思います。それぞれ世界遺産にも登録されており、非常に長い歴史を持った遺跡郡です!