どうして最近、稲刈り後の乾燥で、天日干しの光景をみるようになったの?

どうして最近、稲刈り後の乾燥で、天日干しの光景をみるようになったの?

収穫直後のお米は約20%程度の水分を含んでいる。 水分が多いとカビ等の原因になるので乾燥させて約15%にするのだそうだ! 昔、天日干し、近年、乾燥機、最近、天日干し?


稲刈り

機械による稲刈

稲刈り後は、稲(米)を乾燥させるのだが、乾燥機で火力乾燥させる方法と、刈り取った稲を束ねて吊るし、太陽の力で乾燥させる「天日干し」という方法がある。
最近は、コンバインで稲を刈り取りながら脱穀し、籾の状態で収穫され、その後乾燥機で短時間に乾燥する。
天日乾燥は労力と時間を要するため、現在ではほとんどが機械乾燥だ!

昔は、稲刈りは鎌による手刈りやバインダーと呼ばれる刈取り専用の農業機械で行い、その後天日による自然乾燥が主だったことを憶えている。

お米の美味しさ

天日干しのお米は、昼夜の温度差により日中光合成をした稲が夜間に休息し味が熟成するとか、稲を吊るすと養分がお米の中にゆっくりと下りてきて養分を籾に移動するとか、諸説ある。

はさ掛(天日干し)

地方により、横木に掛ける「はさ掛」や杭に掛ける「杭掛」など天日干しの方法も様々だ!

杭掛(天日干し)

実際、天日干しの方が本当に美味しいのかどうかわからないが、農家さんに聞くと、全員に天日干しの方が「うまい」と言われる。そういう自分も天日干しの方が「うまい」とは思っている
ただ、小さいころから、環境にやさしく愛情がこもった自然乾燥米という感情が、美味しいと思わせているのではないかとも考えていた。
いつか贅沢な食べ比べをしてみたいものだ!
いづれにせよ、一生、天日干し派の立場は変わることがないだろう。

ところで最近、天日干しの光景を多く見るようになったのは、気のせいなのだろうか・・・?

この記事のライター

最新の投稿


いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

桜木町駅前⇒ドックヤードガーデン⇒日本丸⇒汽車道⇒旧横浜港駅跡⇒横浜赤レンガ倉庫⇒象の鼻桟橋⇒大桟橋⇒日米和親条約調印の地⇒横浜開港資料館⇒神奈川県庁⇒横浜開港記念館⇒横浜公園噴水前 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは http://walkers-hi.jp/ を御覧ください。


「夏越の大祓」に「100万人のキャンドルナイト」はいかがでしょう?

「夏越の大祓」に「100万人のキャンドルナイト」はいかがでしょう?

「夏越の大祓」と「100万人のキャンドルナイト」、どちらも聞いたことがあるような、ないような。なんとなく知っているような、知らないような・・。1年の折り返し地点の時期にあるこの2つの行事を改めて振り返ってみて、残りの半年を気持ちよく駆け抜けましょう!


いっちゃんの東京まち歩き お出かけ編「横浜港・山手・元町・中華街」

いっちゃんの東京まち歩き お出かけ編「横浜港・山手・元町・中華街」

スタート:横浜公園⇒日本大通り⇒山下公園⇒氷川丸⇒ホテルニューグランド⇒マリンタワー⇒フランス山⇒港の見える丘公園⇒外人墓地⇒山手西洋館⇒代官坂を下る⇒横浜元町ショッピングストリート⇒横浜中華街⇒ゴール:横浜公園 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは http://walkers-hi.


九十九里のド真ん中、ニラで直球勝負を挑む「櫻田農園」さんをご紹介!

九十九里のド真ん中、ニラで直球勝負を挑む「櫻田農園」さんをご紹介!

九十九里平野・・・遠い昔、習った記憶があります。 九十九里浜まで約2kmの平坦地に位置する山武市は五木田。 そう!! 訪れた地の風景には、昔、聞いた「九十九里平野」そのもののイメージが存在していました。


いっちゃんの東京まち歩き「東京・築地~佃~月島」編

いっちゃんの東京まち歩き「東京・築地~佃~月島」編

築地本願寺⇒築地川公園⇒浅野内匠頭邸跡⇒芥川龍之介生誕の地⇒慶應義塾大学発祥の地⇒聖路加国際病院前⇒佃大橋⇒佃島⇒住吉神社⇒月島もんじゃストリート⇒勝鬨橋⇒築地本願寺