美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

いちじくの旬な時期がいつ頃なのか知っていましたか?夏から秋にかけてレストラン、カフェ、バー等では様々ないちじくメニューに出会うことができます。栄養価が高いことで古くから不老長寿の果物とも言われているいちじくについて、主な栄養素とオススメのレシピをご紹介します。


いちじくの特徴

いちじくは世界中で古くから食用とされています。日本では江戸時代に中国から伝わり、現代では家庭菜園でも育てることもできる身近な果物です。

夏果と秋果があり、夏果は6月から7月、秋果は8月から9月が旬とされています。

ミネラル豊富

カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン等ミネラル成分がバランスよく含まれています。

ペクチン

水溶性の食物繊維であるペクチンは、腸の働きを促すため便秘に効果があります。食べすぎには注意してください。ドライフルーツで補うことができます。

酵素

酵素が多く含まれているので、生で食べる事で酵素のパワーを摂り入れることができます。朝食のフルーツや、ヨーグルトと一緒に食べても美味しいです。

いちじくとチーズのはちみつピザ

この時期(秋)に美味しい無花果を。

チーズをたっぷり乗せたピザ生地にたくさん並べて焼いて、焼きあがったらはちみつをかけます。
無花果とチーズのはちみつピザ!すこく美味しいです。

あとは落花生砕いて味噌とあえてチーズピザの上に乗せて焼いてもとっても美味しい。
秋の味覚を感じるアレンジレシピです。

いちじくのレシピは沢山ある♪

ドライフルーツや生のままでも食べられるいちじくですが、サラダやケーキ等にも多く使用されています。他の食材と一緒に組み合わせることでより取り入れやすく、さらに栄養価も高くなります。紹介したピザのようにチーズとの相性は抜群です。

いちじくは傷みやすい果物です。保存は乾燥しないようにビニール袋に入れてから冷蔵庫へ入れることをお勧めします。日持ちしないので早めに食べるようにしましょう。秋ならではのいちじくを使って新しいレシピを作るのも楽しいかもしれません。

この記事のライター

関連するキーワード


いちじく レシピ

関連する投稿


筍で心を元気にしよう♪

筍で心を元気にしよう♪

筍にはやる気を出す成分が含まれています。 5月病が出る季節に旬な食材です。


最新の投稿


北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸の地に、江戸時代から港町として栄えた三国町(現・福井県坂井市)という地域があります。先日そこにご縁があって訪れた際、地元食材をふんだんにつかった評判のジェラート屋さんに立ち寄りました。今回の記事は、そのお店や原材料にまつわる物語の、ほんの一端を書いてみました。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

スタート:上野公園・西郷隆盛像⇒上野大仏⇒国立科学博物館前⇒東京国立博物館前⇒東京芸術大学⇒谷中霊園⇒日暮里駅⇒谷中銀座⇒根津神社⇒弥生式土器発掘の地⇒ゴール:東京大学正門前


復活なるか?「江戸東京野菜」

復活なるか?「江戸東京野菜」

東京は農業がさかん!・・ではないことはなんとなくご存知ですよね。しかし、実は東京でも独自の品種が栽培されているんです。それを認定したものが「江戸東京野菜」。今回はそのストーリーの他、どこへ行けば食べられるのかもご紹介します!


いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

桜木町駅前⇒ドックヤードガーデン⇒日本丸⇒汽車道⇒旧横浜港駅跡⇒横浜赤レンガ倉庫⇒象の鼻桟橋⇒大桟橋⇒日米和親条約調印の地⇒横浜開港資料館⇒神奈川県庁⇒横浜開港記念館⇒横浜公園噴水前 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは http://walkers-hi.jp/ を御覧ください。


「夏越の大祓」に「100万人のキャンドルナイト」はいかがでしょう?

「夏越の大祓」に「100万人のキャンドルナイト」はいかがでしょう?

「夏越の大祓」と「100万人のキャンドルナイト」、どちらも聞いたことがあるような、ないような。なんとなく知っているような、知らないような・・。1年の折り返し地点の時期にあるこの2つの行事を改めて振り返ってみて、残りの半年を気持ちよく駆け抜けましょう!