いざモンゴルへ!首都ウランバートルの様子

いざモンゴルへ!首都ウランバートルの様子

今回はモンゴルの首都、ウランバートルの町並みや、訪れるべきスポットを紹介したいと思います!大草原のイメージとは一味違うモンゴルの姿が見えますよ〜。


首都ウランバートルに到着

こちらがモンゴルの玄関口、
「チンギスハーン国際空港」です。

前回の記事でお伝えした通り、
成田から5時間ほどで到着します!

入国審査を終えると「ようこそ」のボードでお出迎え。
チンギスハーン国際空港は小さく、迷うこともありません。

市内中心部とは15kmほど離れており、
渋滞がなければ車で30分ほどで到着します。

しかし
後述しますが、ウランバートルはアジア屈指の渋滞の街。

特に通勤・退勤時間は渋滞するので、
時間は多めに見積もっておいた方がいいかもしれません。

ここからは市内の様子を紹介していきます!

こちら、8月のウランバートルの様子です!
8月はモンゴルの短い夏の時期にあたります。
昼間の気温は暑い時で30度近く、夕方と朝は10度前後と、1日の気温差が激しかったです。

雨はあまり降らず、よく晴れています!

「モンゴル=草原」というイメージを持っている人からは
想像もつかないような景色ではないでしょうか(笑)

こちらは中心部、オフィス街です。
多くのビルが立ち並んでいます。
右側に見える三日月型のビルはホテルです。

オフィス街には多くの近代的なビルが立ち並んでおり、
道路も綺麗に整備されていますよ!

初めてウランバートルを訪れた時は、
モンゴルがこんなに発展した国だとは!!と驚きました。

こちらは住宅街の様子です。
オフィス街の中心部をのぞいて、住宅街は道路が未整備でガタガタしているところが非常に多いのが現状です。

ウランバートルは一軒家はあまりなく、
ほとんどがアマートやマンションとなっています。

前回の記事で触れましたが、
約300万人の全人口のうち、約半数がウランバートルに居住していると言われています。

中にはこのような露天屋台もあります。
フルーツやお菓子、水などを売っている屋台がありますが、
その数は、屋台が立ち並ぶ東南アジアの国と比べるとかなり少ないです。

冬が長く寒さの厳しいモンゴルでは、
屋外の商売はできないのでしょうね・・・。

こちらは「ノミンデパート」という
ウランバートルで最も大きい(?!)であろうデパートです。

スーパーマケットから日用品、家電や本屋、
さらにはお土産店があり充実しています。

私もモンゴルに行くと毎回、
ここでお土産を買って帰りますよ!

ノミンデパートの中はこんな感じ。

なかなか綺麗な造りをしています。
東南アジアのデパートにはかないませんが・・・。

コスメや香水、高級時計店などもあります。
モンゴルにはお土産やさんが少なく、空港の売店もあまり充実しているとは言えないため、外国人観光客はノミンデパートで買い物をする人が多いと思います。
おすすめです!

また、モンゴルは影が充実しています!

世界のどこにでもあるように思えるStarbucksなど有名な店は、
あまりモンゴルには進出していません(泣)
(2018年時点)
ですが、その代わり知らないカフェショップがたくさんあるので、
気に入ったお店を見るけるのもなかなか楽しいです♪

こんな可愛いラテアートをしてくれるカフェも♪

ちなみに、最近はハードロックカフェがウランバートルに進出しましたよ!
私が来店した時は客数が少なかったので、(モンゴル人には単価が高すぎる気がしますが…)
撤退してしまわないことを願っています。苦笑

8月は日が長く、写真の通り夜21時すぎでもこの明るさです・・・!

国会議事堂「スフバータル広場」

次に紹介するのは、ウランバートル観光にはずせない、
「スフバータル広場」です。

社会主義時代のパレード、その後の民主化運動など、
数多くの様々な社会運動が繰り広げられてきた、
20世紀以降のモンゴル政治の舞台となってきた広場です。

正面から見ると、その大きさと広さは圧巻。

真ん中に鎮座するのはかの有名な英雄、
チンギス・ハーンの像です。

チンギス・ハーン像。威厳あります。
国民にとってチンギスはモンゴルの英雄なのです。

スフバータル広場は様々なお祭りごとにも使用されます。
国内からもここを訪れる人は後を経ちません。

また、市民は散歩などでここを訪れることから、
日々多くの人で賑わっています。

例えばある日、結婚式の撮影に出くわしました。

若い人はドレスですが、
年配の人はモンゴルの伝統衣装を着ていることがわかります。

スフバータル広場ではよく結婚式の撮影に出くわすので、
こうした民族衣装を見るチャンスもありますよ!

さらに、モンゴル人は気さくに一緒に写真を取ってくれるので
伝統衣装を着た方に声をかけてみてもいいかもしれません。

これはまた別の日・・
この日に出くわしたのは「デモ」です。(笑)

モンゴル人の友人の話によると、
賃金の安い教員たちが「給料を上げろ!」というデモを行なっていたようでした。

このように、現代でも様々なイベントや政治的活動がここで行われます。

ちなみに夜はライトアップされてとても綺麗なので
ぜひ夜も足を運んでみてください☆

ウランバートルを一望「ザイサンの丘」

ウランバートル市内を一望したい方はコチラ!

「ザイサンの丘」がおすすめです。

ザイサンというのは地区の名前で、ウランバートル中心部から車で20分ほどの場所にあります。
いわゆる高級住宅街で、モンゴル人で住める人はほんのわずか。

居住者の多くが日本や外国からの駐在員だと思います。

階段を登ると(ちょっとしんどいですが)
ウランバートルの町並みを一望することができます。

この写真は10月にとったもので、モンゴルでは冬にあたります。
気温はマイナス5度前後。
奥に雪化粧した山脈が見えますね。

こちらは夜に登ったときの写真です。

階段が結構辛いんです。

しかし登り切ると、綺麗な夜景を見ることができますよ。

国土の8割りが草原のモンゴル。
でも首都はこんなにも発展しているんですね。

夜景を見ているとしみじみと、そのことを実感します。

次回はモンゴルの都市部から離れて、
田舎の草原や自然の魅力をお伝えしたいと思います!

この記事のライター

Ayu

アジア大好きな大学院生

関連する投稿


衝撃!モンゴルの「市場」でカルチャーショック?!

衝撃!モンゴルの「市場」でカルチャーショック?!

今回は、私がモンゴルに滞在中ショックを受けた、マーケットの様子を紹介したいと思います!


モンゴルの高級ゲルリゾート「ハーンリゾート」に泊まってみた!

モンゴルの高級ゲルリゾート「ハーンリゾート」に泊まってみた!

今回は、HISの「ハーンリゾート」に宿泊した体験をレポートして行きたいと思います。モンゴル屈指の高級リゾートで素晴らしい自然体験ができますよ♪


モンゴルの大草原で気球体験!

モンゴルの大草原で気球体験!

今回は、モンゴルの大草原の中を気球で飛んだ思い出をシェアします。日本では味わうことのできない大自然の体験をおすすめしていきます!


知っているようで知らない!「モンゴル」ってどんな国?

知っているようで知らない!「モンゴル」ってどんな国?

日本人にとっては、お相撲さんの活躍などから馴染みの深い「モンゴル人」。しかしモンゴルがどんな国か、知らない人も多いのでは?!今回からは、そんなモンゴルについて紹介していきたいと思います。筆者も大好きな国の一つです。


タイで最も美しい「エラワンの滝」で自然を大満喫!

タイで最も美しい「エラワンの滝」で自然を大満喫!

今回は、タイで一番美しい滝と言われている滝がある、エラワン国立公園をご紹介したいと思います!


最新の投稿


衝撃!モンゴルの「市場」でカルチャーショック?!

衝撃!モンゴルの「市場」でカルチャーショック?!

今回は、私がモンゴルに滞在中ショックを受けた、マーケットの様子を紹介したいと思います!


モンゴルの高級ゲルリゾート「ハーンリゾート」に泊まってみた!

モンゴルの高級ゲルリゾート「ハーンリゾート」に泊まってみた!

今回は、HISの「ハーンリゾート」に宿泊した体験をレポートして行きたいと思います。モンゴル屈指の高級リゾートで素晴らしい自然体験ができますよ♪


モンゴルの大草原で気球体験!

モンゴルの大草原で気球体験!

今回は、モンゴルの大草原の中を気球で飛んだ思い出をシェアします。日本では味わうことのできない大自然の体験をおすすめしていきます!


知っているようで知らない!「モンゴル」ってどんな国?

知っているようで知らない!「モンゴル」ってどんな国?

日本人にとっては、お相撲さんの活躍などから馴染みの深い「モンゴル人」。しかしモンゴルがどんな国か、知らない人も多いのでは?!今回からは、そんなモンゴルについて紹介していきたいと思います。筆者も大好きな国の一つです。


卵屋さんシリーズ5 養鶏の大敵 

卵屋さんシリーズ5 養鶏の大敵 

冷蔵庫に必ず入っているといっても過言ではなく、日々の食卓に欠かせない「卵」。では、そんな身近な卵のことをあなたはどれくらい知っていますか? このシリーズでは、卵屋さんの目線で、色々な角度から卵を紹介していきます。せっかくなので、あまり知られてはいないであろう話題を集めてみました。 新しい情報満載で、卵への興味でいっぱいになるかも・・・。 シリーズの5回目は、養鶏の一番の困りごとについて。目に見えない敵との戦いのご紹介です。