菜の花のほろ苦さは大人の味〜

菜の花のほろ苦さは大人の味〜

菜の花の苦味成分には血液ドロドロを改善したり、ダイエット効果があり!


菜の花は、花菜(ナバナ)とも呼ばれアブラナ科アブラナ属です。

アブラナ科アブラナ属には
大根、小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワーなどが含まれ、蕾を食べるのはアブラナが主です。

イソチオシアネートでドロドロ血の改善

菜の花はグルコシノレートの含有量がアブラナ科の中でもっとも多く含んでいます。特に蕾の部分が多く含んでいます。
グルコシノレートは辛味の成分です。
グルコシノレートは噛んだりすることで野菜の細胞内に含まれる分解酵素と混じりあい、イソチオシアネートという物質に変化します。
イソチオシアネートによってドロドロ血の改善されます。デトックス効果もあるそうです。
菜の花を食べる時はよく噛んで食べましょう!

ケンフェロールでダイエットをサポート、免疫力アップ

ケンフェロールはポリフェノールの一種です。
エネルギー代謝を促進します。
体外に余計なものを排出する効果があり、燃焼を促進してくれます。

ケンフェロールはミトコンドリアの働きを高める効果が期待されていて、免疫力アップしてくれます。

貧血予防

鉄分と鉄分の吸収をアップしてくれるビタミンCを含んでいるので貧血予防には最適です。

ビタミンCはホウレンソウの4倍近く含まれます。
熱に弱いので加熱は手早くやりましょう。

菜の花のおすすめレシピ

菜の花を軽く茹でて、わさび醤油で会える。
大人の一品です。

この記事のライター

食べることが好き。旅行することが好き。そんな私が各地見た、食べたをお伝えできたらと思っています。

関連する投稿


白湯健康法の理想と現実?こだわりすぎず、でも注意すべき事もあり!

白湯健康法の理想と現実?こだわりすぎず、でも注意すべき事もあり!

憧れのあの人もしている「白湯健康法」。そんな白湯には様々な良い効果があり正しく飲めば危険性もデメリットもありません。でも、単純に「白湯は身体に良い」とだけ安易に思って、ちゃんと意識せずに飲んでいると落とし穴も。今回の記事では白湯の飲み方についての注意点も書きますね。


笑う門には「福」と「健康」と「美」も来たる!もう常識だけど、その理由は?

笑う門には「福」と「健康」と「美」も来たる!もう常識だけど、その理由は?

「笑う門には福来たる」このことわざを知らない人はいませんよね。 この「福」がまさに「健康」や「長寿」であるだけでなく、さらには「美容効果」もあることも広く知られてきました。今回の記事ではその理由をわかりやーすく説明してみます!


美味しい栗をもっと美味しく

美味しい栗をもっと美味しく

免疫力アップしてくれる栗をクリっと剥いて、美味しく食べよう!!ー 栗を甘くする方法とクリっと剥く方法を教えちゃいます


とうもろこしはおしいだけじゃない!!ー嬉しい効能がいっぱいー

とうもろこしはおしいだけじゃない!!ー嬉しい効能がいっぱいー

ビタミン群、ミネラルを含むバランスのいい穀物です。 美味しいとうもろこしをもっと美味しく食べよう


黒の力!お正月だけじゃなく、日頃から黒豆を食べよう♪

黒の力!お正月だけじゃなく、日頃から黒豆を食べよう♪

黒豆は自然からもらったサプリメント!だからと言って食べ過ぎてはダメですよ! 失敗しない黒豆レシピも必見です。


最新の投稿


衝撃!モンゴルの「市場」でカルチャーショック?!

衝撃!モンゴルの「市場」でカルチャーショック?!

今回は、私がモンゴルに滞在中ショックを受けた、マーケットの様子を紹介したいと思います!


モンゴルの高級ゲルリゾート「ハーンリゾート」に泊まってみた!

モンゴルの高級ゲルリゾート「ハーンリゾート」に泊まってみた!

今回は、HISの「ハーンリゾート」に宿泊した体験をレポートして行きたいと思います。モンゴル屈指の高級リゾートで素晴らしい自然体験ができますよ♪


モンゴルの大草原で気球体験!

モンゴルの大草原で気球体験!

今回は、モンゴルの大草原の中を気球で飛んだ思い出をシェアします。日本では味わうことのできない大自然の体験をおすすめしていきます!


いざモンゴルへ!首都ウランバートルの様子

いざモンゴルへ!首都ウランバートルの様子

今回はモンゴルの首都、ウランバートルの町並みや、訪れるべきスポットを紹介したいと思います!大草原のイメージとは一味違うモンゴルの姿が見えますよ〜。


知っているようで知らない!「モンゴル」ってどんな国?

知っているようで知らない!「モンゴル」ってどんな国?

日本人にとっては、お相撲さんの活躍などから馴染みの深い「モンゴル人」。しかしモンゴルがどんな国か、知らない人も多いのでは?!今回からは、そんなモンゴルについて紹介していきたいと思います。筆者も大好きな国の一つです。