さつまいもはバランスよい栄養を貯蔵している食材なんですよ♪

さつまいもはバランスよい栄養を貯蔵している食材なんですよ♪

女性に嬉しい、美白効果と便秘予防。 男性に嬉しい脂質の代謝サポート。 そして眼病予防に。 さつまいもを見直してみませんか?


銅、食物繊維総量、ビタミンC、パントテン酸、ビタミンB6、葉酸、ビタミンE、カリウムが多く含まれます。
さつまいもはバランスよい栄養を貯蔵している食材と言っていいでしょう。
さつまいもの葉部分は根よりポリフェノール、ビタミンB6、ルテインが多い。
葉⇒茎⇒根の順だそうです。
実は捨てるところがない、そんな食材なんです。

脂質の代謝をサポートしてくれる ビタミンB6

たんぱく質の代謝に不可欠なビタミンです。
たんぱく質の摂取の多い人ほどビタミンB6の量も必要となります。
アスリートがバナナでビタミンB6を摂取しますが、サツマイモでも同じ効果を得ることができます。

脂質の代謝をサポートし、肝臓に脂肪が蓄積するのをセーブしてくれます。

ビタミンB6が不足すると湿しんなどの皮ふ炎や口内炎、貧血、脳波の異常などがおこします。
ビタミンB6は腸内細菌によって作られるので、一般的には不足しにくいビタミンですが、皮膚炎などの障害がある場合はビタミンB6の摂取を心がけたらいかがでしょうか?

便秘を予防してくれるヤラピン

さつまいもを切るとでる白い液体がヤラピンという成分です
腸の蠕動運動を促進して便を柔らかくしてくれます。
便秘予防に最適です。
調理するとき、アク抜きをするときせっかくのよい成分が出てしまいます。

また、胃の粘膜を保護する役割も持っています。

抗酸化作用のあるポリフェノール

抗酸化力をもっています
皮の周辺には、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」が多く含んでいます。
さつまいもはは皮ごと食べましょう♪

中でも紫芋や葉に多いそうです。

眼病予防にルデイン

ケールやホウレンソウより、さつまいもの葉は多く含んでいます。
白内障や加齢黄斑変性症など眼病予防に効く効果が期待されています。
酸化や光のダメージから守ってくれます。
参考サイト:http://luteininfo.jp/index.html

美白効果のビタミンC

さつまいものビタミンCはタンパク質が保護してくれるので熱に強いんです。
美白効果があると言われています。

ワンポイント

さつまいもは糖質の多い食材なので糖質制限されている方は摂取量に気をつけてください。
ポリフェノールがブロックしてくれるとダイエットとして話題になりましたが、とりすぎはだめです。

お芋だけじゃなく、竺や葉も食べよう

さつまいもの軸の佃煮の作り方|さつまいも レシピ 秋|旬菜里

http://farming.shunnasato.com/gallery/autumn/さつまいもの軸の佃煮の作り方

材料 さつまいもの軸 めんつゆ みりん 作り方 葉を取り、4センチの長さに切る。 鍋に入れて、みりんを1\4カップ入れて、めんつゆを軸がかぶるくらいまで入れて強火で加熱する...

葉っぱは柔らかい部分を選んで天ぷらにすると美味しいですよ

さつまいもの保存の仕方

さつまいもは保存次第ではよく年の春まで保存することが可能です

さつまいもの保存方法|さつまいも|旬菜里

http://farming.shunnasato.com/gallery/autumn/sweet-potato/20151108-02

さつまいもを冷蔵庫の野菜室にいれていませんか? さつまいもは20度から25度で保存することをお勧めします。 20度以下になるとさつまいもは冷害を起こし腐ってきてしまいます。 ここ千葉ではさつ...

さつまいもを甘くする方法

さつまいもをさらに甘くする方法|さつまいも|旬菜里

http://farming.shunnasato.com/gallery/autumn/sweet-potato/20151118-02

直売場で会った、さつまいも農家のおじいさん。 さつまいもを購入している人に耳打ち。 「だれにも教えちゃ、ダメだよ! さつまいもを甘くする方法教えてあげる」 と 側にいた私に筒抜け! ...

この記事のライター

食べることが好き。旅行することが好き。そんな私が各地見た、食べたをお伝えできたらと思っています。

関連する投稿


発祥の地のプレミアム安納芋を食べてみませんか?

発祥の地のプレミアム安納芋を食べてみませんか?

畑でじっくりでんぷんを蓄えた薩摩芋の甘さに魅了されるはずです。


白湯健康法の理想と現実?こだわりすぎず、でも注意すべき事もあり!

白湯健康法の理想と現実?こだわりすぎず、でも注意すべき事もあり!

憧れのあの人もしている「白湯健康法」。そんな白湯には様々な良い効果があり正しく飲めば危険性もデメリットもありません。でも、単純に「白湯は身体に良い」とだけ安易に思って、ちゃんと意識せずに飲んでいると落とし穴も。今回の記事では白湯の飲み方についての注意点も書きますね。


笑う門には「福」と「健康」と「美」も来たる!もう常識だけど、その理由は?

笑う門には「福」と「健康」と「美」も来たる!もう常識だけど、その理由は?

「笑う門には福来たる」このことわざを知らない人はいませんよね。 この「福」がまさに「健康」や「長寿」であるだけでなく、さらには「美容効果」もあることも広く知られてきました。今回の記事ではその理由をわかりやーすく説明してみます!


とうもろこしはおしいだけじゃない!!ー嬉しい効能がいっぱいー

とうもろこしはおしいだけじゃない!!ー嬉しい効能がいっぱいー

ビタミン群、ミネラルを含むバランスのいい穀物です。 美味しいとうもろこしをもっと美味しく食べよう


黒の力!お正月だけじゃなく、日頃から黒豆を食べよう♪

黒の力!お正月だけじゃなく、日頃から黒豆を食べよう♪

黒豆は自然からもらったサプリメント!だからと言って食べ過ぎてはダメですよ! 失敗しない黒豆レシピも必見です。


最新の投稿


北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸の地に、江戸時代から港町として栄えた三国町(現・福井県坂井市)という地域があります。先日そこにご縁があって訪れた際、地元食材をふんだんにつかった評判のジェラート屋さんに立ち寄りました。今回の記事は、そのお店や原材料にまつわる物語の、ほんの一端を書いてみました。


美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

いちじくの旬な時期がいつ頃なのか知っていましたか?夏から秋にかけてレストラン、カフェ、バー等では様々ないちじくメニューに出会うことができます。栄養価が高いことで古くから不老長寿の果物とも言われているいちじくについて、主な栄養素とオススメのレシピをご紹介します。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

スタート:上野公園・西郷隆盛像⇒上野大仏⇒国立科学博物館前⇒東京国立博物館前⇒東京芸術大学⇒谷中霊園⇒日暮里駅⇒谷中銀座⇒根津神社⇒弥生式土器発掘の地⇒ゴール:東京大学正門前


復活なるか?「江戸東京野菜」

復活なるか?「江戸東京野菜」

東京は農業がさかん!・・ではないことはなんとなくご存知ですよね。しかし、実は東京でも独自の品種が栽培されているんです。それを認定したものが「江戸東京野菜」。今回はそのストーリーの他、どこへ行けば食べられるのかもご紹介します!


いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

桜木町駅前⇒ドックヤードガーデン⇒日本丸⇒汽車道⇒旧横浜港駅跡⇒横浜赤レンガ倉庫⇒象の鼻桟橋⇒大桟橋⇒日米和親条約調印の地⇒横浜開港資料館⇒神奈川県庁⇒横浜開港記念館⇒横浜公園噴水前 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは http://walkers-hi.jp/ を御覧ください。