圧倒的な景観美!棚田ってどんなところ?

圧倒的な景観美!棚田ってどんなところ?

「棚田」。主に山間部で斜面に沿って段状に作られた田んぼのことです。 田舎や農家に縁のない方でも聞いたことはありますよね。でも、実際に行く機会はそうそうないかも? 今回はそんな棚田で田植えをしてきましたので、レポートしてみますね!


インスタグラムでも圧巻の美しさ!

こちらの画像は、インスタグラムで「#棚田」で検索したもの。

思わず「フォトジェニック・・!」と唸ってしまうほどの美しい写真があふれています。

インスタグラムをやっていらっしゃる方は、是非とも「#棚田」などで検索してみてください。
数々の風光明媚な写真たちに圧倒されること間違いなし!
(インスタグラムをやっていなくても、グーグルの画像検索で「棚田」と打ち込んでみても、綺麗な写真がたくさん出てきます)

日本全国津々浦々、春夏秋冬、朝昼夕夜、様々なシチュエーションの棚田風景は、見ているだけで癒されたり、楽しい気分なります♪
ちなみにインスタグラムではときどき、バリ島や東南アジアあたりの棚田風景も投稿されていますよ。

僕は個人的に、田んぼに水が張っている時期の、夜の星空を水面に映したバージョンが特に好みです。夕日の茜色に染まっているのも王道ですね。

しかし棚田には消滅の危機が?

棚田は日本全体の田んぼ面積の約8%をも占めているそうで、名も知らないような土地にたくさんあります。

・・しかし!どこか懐かしさもおぼえるような誇るべき日本の原風景、いつまでも残っている、と安心はできません!

全国にある棚田のうちの4割が、耕作放棄地、すなわち作物(お米)を作っていない状態で放置されてしまっているようなのです。

棚田を持つ人々(その土地の農家さんなど)の悩みは、「棚田でお米を作っても、商売にはならない」こと。
なぜなら、田んぼ1つあたりの面積はとても小さく、また、まっすぐに区画されていないため機械が入れず、農作業(田植え、雑草取り、稲刈りなど)のほとんどが手作業となります。
大型機械や農薬で効率よく生産し、安く大量に供給する現代の流通事情には、そぐわないカタチの田んぼなのです・・。

大山千枚田保存会の取り組み

ではこのまま滅びゆくのを指をくわえて見ているだけなのでしょうか?

いや!そうはさせまいと、各地で「保存会」が組織され、なんとかこの文化的景観を守ろうと奮闘する方々がいます。

この記事では、その中でも代表的な「大山千枚田保存会」の取り組みについてご紹介しますね。

大山千枚田保存会 (千葉県鴨川)

https://www.facebook.com/oyama.senmdaida/

千葉県鴨川市の中山間地にある棚田は、都市と農村の交流活動を通して、新しい農村のスタイルを実践します http://www.senmaida.com/index.php

「大山千枚田」は、千葉県南部、鴨川市の山間部にある棚田で、面積約4ヘクタールに400枚弱の田んぼが段々に連なる、気候も穏やかで気持ちのいい空間。
「東京から1番近い棚田」のキャッチコピーのとおり、都心から車で片道数時間で行くことができます。

(パノラマ写真)

1999年に「日本の棚田百選」の1つとして農林水産省の認定を受け、その翌年、「棚田オーナー制度」を鴨川市が開設し、大山千枚田保存会が運営しています。
この場所に所縁のない人でも、100㎡あたり年間30,000円で田んぼのオーナー(耕作権と収穫物を得られます)となることができ、初心者でも保存会の人から稲作りの指導やサポートも受けられます。

今ではオーナー権は毎年抽選となる人気ぶり。
年々、施設もサービスも充実してきています。すごい!

千葉県/鴨川市 大山千枚田保存会 棚田の保全と都市農村交流による共生。

http://www.senmaida.com/

千葉県/鴨川市 中山間地にひろがる棚田は、都市と農村の交流活動を通して、新しい農村のスタイルを実践する棚田です。

実際に行ってきました

というわけで、このGWに僕も念願の棚田、行ってきました。

(インスタグラム投稿に書いてますが、なんと当日ドローン撮影のプロの方とご一緒に!)

とある団体オーナーの仲間に加えていただき、朝7時半にJR千葉駅で集合し、そこからレンタカーで2時間ほどで現地に到着!
(ところで話それますが、カーシェアの「タイムズカープラス」、すっごく便利でビックリ)

9時半開始の田植え講習には、オーナーたち100組以上が集います!やはりご家族連れが多いですね。

ちゃんと保全会の方(=地元の農家さん)が説明してくれる上に、その場で指導もしてくれるから安心です。足袋の販売や、お昼ご飯の手配もされています。

・割り当てられたのは区画Eのところ(A〜Eまであります)。僕らは人数が多いのもあり、作業自体はすぐに終わってしまいます。
・苗は保存会の方々によって前日からすでに用意してくださっています。ホント、至れり尽くせり!
・右から2つ目の写真、わかりにくくて申し訳ないですが・・なんと、サンショウウオ!(両生類です) カエルやオタマジャクシもいっぱいいますが、これは珍しいです!お隣の田んぼのお子さんが捕まえていました。
・ランチは山菜の香る混ぜご飯♪空気も良く風光明媚なところで農作業後のご飯の味は格別です。

お世話になったのは「NINO FARM」!

田植え作業とお昼ご飯のあとは、ゆっくりと散歩したりドローン撮影したり(※許可を得て人が少なくなった時間帯)、ほどよい風にも吹かれ気持ちのいい時間を過ごせました♪

さてさて、そんな最高の休日を手配してくださったのは、こちら「NINO FARM」の皆さんです!

NINO FARM ー東京で農業してみたー

https://www.facebook.com/NINO-FARM-%E3%83%BC%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%A7%E8%BE%B2%E6%A5%AD%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%83%BC-282509908829058/

NINO FARM ー東京で農業してみたー. 121 likes · 124 talking about this. NINO Farmとは、NI(日本の) NO(農業)について考えるFarmです。東京で農作業に携わりながら、食と農へのオーナーシップをみんなが持つための共育の場を提供する、みんなの農園です。

「NI(日本の) NO(農業)について考える」が由来の「NINO FARM」。
現在5名のメンバーで、「食と農への”当事者意識”をみんなが持つための共育の場を提供する」ことをミッションとし、市民農園での農作業や農業イベントなど開催しています。

まだまだ消滅して欲しくない「棚田」に対しても、これから様々なアクションを起こしてくれそう。
こうして僕のような飛び込み参加者(笑)も受け入れてくれますので、東京圏にお住まいの方はどこか参加できるものがないか、リンク先をチェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事では現地レポは控えめにしましたが、こちらNINO FARMの松本純子さんのブログでは、プロのカメラマン!?と思うような多くの写真に収められた楽しい光景とともに詳細なレポートがされています。
是非是非、お読みになってみてくださいね!

「NINO FARM -東京で農業してみた -」 ―⑤ 棚田部発足!田植え― : 松本 純子 公式ブログ

http://lineblog.me/matsumotojunko/archives/13131677.html

NINO FARM の棚田部=「NINO RICE FARM」 を始めました!NINO FARMは、NI(日本の) NO(農業)について考えるFARMです。 いつもは都内の農園で野菜を作っているのですが やはり日本の農業を考えるには米作りは欠かせない。 ということで、千葉県の棚田「大山千枚田」で米作りも始めることにしました。

この記事のライター

夫婦でスローライフを徐々に実践中。インスタグラムではカフェや神社仏閣巡りの他に旅行や農関連を投稿してます。

関連する投稿


カンボジアの恐ろしい「負の遺産」をご存知ですか?

カンボジアの恐ろしい「負の遺産」をご存知ですか?

今回は、バックパック旅行中のカンボジアの首都、プノンペンで訪れた歴史的な「負の遺産」についてのご紹介です。日本で言うところの原爆ドームのように、それぞれの国には素敵な建築物の世界遺産だけではなく、重い歴史を背負った負の遺産も存在します。


タイの標高1000mの聖なるお寺!「カオ・キッチャクート」

タイの標高1000mの聖なるお寺!「カオ・キッチャクート」

今回はタイ人の友達と、タイ仏教の聖地に行ってきました!たくさんの写真とともにお伝えします♪


巨大なパワースポット、タイの「カオシーチャン大仏壁画」!

巨大なパワースポット、タイの「カオシーチャン大仏壁画」!

今回はパタヤのパワースポット、 「カオシーチャン大仏壁画」に行ってきたのでご紹介します♪


バンコクでおすすめのマーケット特集!

バンコクでおすすめのマーケット特集!

今回は、バンコクの数あるマーケットの中でも特におすすめな三つのマーケットを紹介したいと思います♪


農業と大地の芸術!「田んぼアート」のストーリー

農業と大地の芸術!「田んぼアート」のストーリー

広大な大地に描かれた絵画。それを聞いてまず思い浮かぶのは「ナスカの地上絵」でしょうか。 でも現代では、そこに「田んぼアート」という新ジャンルが加わっています! 今回は「田んぼアート」の魅力を紹介しつつ、それを描く技術や誕生のきっかけに迫ります。


最新の投稿


世界遺産のヒンドゥー教寺院「プランバナン」に行ってみた!

世界遺産のヒンドゥー教寺院「プランバナン」に行ってみた!

今回は、インドネシアの世界遺産で、ヒンドゥー教遺跡の最高傑作とも言われている「プランバナン寺院群」へ行ってきたので紹介したいと思います!


バリ島に次ぐ人気観光地!インドネシアの古都「ジョグジャカルタ」

バリ島に次ぐ人気観光地!インドネシアの古都「ジョグジャカルタ」

日本の古都、と言えば京都ですよね。インドネシアにも、前回紹介したボロブドゥールなど世界遺産や遺跡が多くある、古都があります。インドネシアのバリ島に次ぐ人気観光地、古都「ジョグジャカルタ」について紹介します♪ 


世界遺産、インドネシアの「ボロブドゥール」に行ってみた!

世界遺産、インドネシアの「ボロブドゥール」に行ってみた!

今回はインドネシアレポートです!世界遺産、さらに世界三大仏教寺院として有名な「ボロブドゥール遺跡」に行ってきましたので、写真とともにお伝えします♪


世界遺産の街!シェムリアップ遺跡

世界遺産の街!シェムリアップ遺跡

今回も、バックパッカーで訪れた世界遺産の街、カンボジアのシェムリアップについて紹介したいと思います!


カンボジアの恐ろしい「負の遺産」をご存知ですか?

カンボジアの恐ろしい「負の遺産」をご存知ですか?

今回は、バックパック旅行中のカンボジアの首都、プノンペンで訪れた歴史的な「負の遺産」についてのご紹介です。日本で言うところの原爆ドームのように、それぞれの国には素敵な建築物の世界遺産だけではなく、重い歴史を背負った負の遺産も存在します。