鏡開きに簡単おしるこ作りませんか?

鏡開きに簡単おしるこ作りませんか?

日本の行事を大事にしませんか?年神様にお供えした鏡餅を食べるのは食べ物を大事にする先人の思いです。


鏡開きとは

松の内(1月7日)まで年神さまに供えたお餅を11日に雑煮や汁粉でいただく儀式です。
昔は松の内は1月15日で鏡開きは20日に行っていましたが、徳川家康が4月20日に亡くなったことで20日は忌日としたため、20日から11日に変わったそうです。
20日に鏡開きを行うところは今でもあるようですね。

鏡餅は鏡餅は木槌や手で割ります。
包丁で切ると、切腹を意味するので避けます。

鏡餅の割れ目が多いと豊作の年と言われれいるそうです。

なぜ、鏡開きにおしるを食べるのか。小豆には「邪気を払う」と言う意味があるからなんですよ。

簡単おしるこの作り方

ゆであずきの缶詰を使うと簡単です。
缶詰と同量の水を加えて一煮立ちしてください。
こしあんが好きな方は水で溶いた後、皮をざるでこしてください。
その後、一煮立ちさせます。

本格的にあずきからで作る

材料

小豆 2合
砂糖

作り方

1,小豆を洗う

2.水に小豆を入れて沸騰させて一煮立ちさせる。煮過ぎないでください。

3.圧力なべに小豆を入れて圧力釜が豆類のときのMAXの水をそそぎ、圧力がかかって10分(圧力釜によっては違うので説明書をみてください)くらい煮る。

4.蓋が開くようになったら蓋をかえて弱火で煮る。ときどき水をカップ1をそそぎ指で軽く潰れるくらいまで煮る。

5.なべの上にざるを載せて小豆を入れ潰す。上から押しつぶす感じで。最後は手で水をかけながら小豆の皮だけにする。優しく扱ってください。粒あんの場合はそのままでOKです。

6.なべのそこに溜まった小豆を綿の布でこす。

7.小豆の重さをはかり、なべに小豆と約半分の砂糖、あずきと同じだけの水を入れてかき混ぜ、弱火で煮立てる。好みで塩を入れて下さい。

ワンポイント

圧力釜がない場合は弱火で4時間から6時間にてください。小豆が踊らない程度の弱火が理想です。

http://farming.shunnasato.com

この記事のライター

食べることが好き。旅行することが好き。そんな私が各地見た、食べたをお伝えできたらと思っています。

最新の投稿


【タイ滞在記】バンコク旅行なら必見!三大寺院巡りの旅♪

【タイ滞在記】バンコク旅行なら必見!三大寺院巡りの旅♪

今日は、タイにに行ったら必ず訪れたい!バンコクにおる三大寺院を紹介します♪ 現地で撮った写真と、基本情報や行き方などの詳しい情報を載せています!


【タイ滞在記】世界遺産の街「アユタヤ遺跡」のおすすめ6選♪

【タイ滞在記】世界遺産の街「アユタヤ遺跡」のおすすめ6選♪

今回は、タイに行ったら必ず訪れたい世界遺産の街、「アユタヤ遺跡」をご紹介します☆


【タイ滞在記】標高1000mの聖なるお寺!「カオ・キッチャクート」

【タイ滞在記】標高1000mの聖なるお寺!「カオ・キッチャクート」

今回はタイ人の友達と、タイ仏教の聖地に行ってきました!たくさんの写真とともにお伝えします♪


【タイ滞在記】巨大なパワースポット「カオシーチャン大仏壁画」!

【タイ滞在記】巨大なパワースポット「カオシーチャン大仏壁画」!

今回はパタヤのパワースポット、 「カオシーチャン大仏壁画」に行ってきたのでご紹介します♪


飽食の時代だからこそ!「まごはやさしい」食生活のススメ

飽食の時代だからこそ!「まごはやさしい」食生活のススメ

いまやあらゆる食材は手に入りやすくなり、外食はもちろんのこと、家で作る食事のレシピを見ても、おしゃれなメニューで溢れていますね。 家庭料理の定番というと、オムライス、カレー、ハンバーグなどが浮かびますが、ちょっと待って! 日本人の伝統的な食卓は、いったいどこへ行ってしまったのでしょうか?