「リコピン」って!名前が可愛いだけじゃないスゴイやつだっ♪

「リコピン」って!名前が可愛いだけじゃないスゴイやつだっ♪

トマトの赤い色素は「リコピン」という成分で「抗酸化作用」が非常に強いことが知られています。 だから、トマトを食べると活性酸素を消すことになるんですね!?


トマトと活性酸素

天狗にもウルトラマンにも変身するトマト

トマトの「リコピン」成分は「抗酸化作用」が強いのです。。。が・・・

活性酸素は、ものを酸化させる力が強い酸素で、体内に侵入した細菌を攻撃したり、体内の酵素反応を促したりする役割を果たしています。
ですから、活性酸素は、もともと備わっている活性酸素消去機能が順調に働いていれば問題にはならないのです。

活性酸素 VS トマト

しかし、ストレス、喫煙、飲酒、排気ガス、紫外線、電磁波、放射線など現代的な生活要因で活性酸素が増加し続けているため、体内の消去機能だけでは処理しきれなくなり、過剰な活性酸素が酸化作用によって脂質やたんぱく質を変化させます。
これにより、活性酸素が、がんや脳卒中、心臓病などの生活習慣病の原因になると言われています。

リコピン

おしりトマトにも変身

つまり、リコピンの効果・効能は、その抗酸化力から、血糖値を下げたり、動脈硬化の予防ができるわけです。

トマトのパワー


加えて、ガン予防、喘息の改善、美白効果、ダイエット効果があると言われています。

トマト大好き! になりたい (`-д-;)ゞ

この記事のライター

関連する投稿


ゴーヤを食べるとがん細胞が98パーセント死滅するって本当?

ゴーヤを食べるとがん細胞が98パーセント死滅するって本当?

乳がんや膵がんの細胞に効果を発揮しそう。 ゴーヤに含まれるモモルカロシドががん細胞を増やすことを抑制してくれるようです。


「ほおずき市」ってどんな意味があるの? 夏の風物詩に参加しよう!

「ほおずき市」ってどんな意味があるの? 夏の風物詩に参加しよう!

浅草の「ほおずき市」は有名ですが、実はこのお祭りは各地で開催されているものなんです。皆さんもぜひ由来を知って、さまざまな風物詩に参加してみてください♪


冬瓜を食べて身体の内側をキレイに♪ これで体内不調にさようなら!

冬瓜を食べて身体の内側をキレイに♪ これで体内不調にさようなら!

初夏から初秋までが旬の冬瓜には、食べれば得する素敵な要素がたくさん♪特に体の内側をキレイに健康的にしてくれます。そんな冬瓜の魅力を紹介!


とうもろこしはおしいだけじゃない!!ー嬉しい効能がいっぱいー

とうもろこしはおしいだけじゃない!!ー嬉しい効能がいっぱいー

ビタミン群、ミネラルを含むバランスのいい穀物です。 美味しいとうもろこしをもっと美味しく食べよう


黒の力!お正月だけじゃなく、日頃から黒豆を食べよう♪

黒の力!お正月だけじゃなく、日頃から黒豆を食べよう♪

黒豆は自然からもらったサプリメント!だからと言って食べ過ぎてはダメですよ! 失敗しない黒豆レシピも必見です。


最新の投稿


イタリア、市場でローマを感じる!テスタッチョ市場

イタリア、市場でローマを感じる!テスタッチョ市場

ローマと言えば、トレビの泉、スペイン広場…と名だたる観光名所がありますが、『ローマの素顔』を感じるならmercato(市場)に出かけるのが一番です!


北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸の地に、江戸時代から港町として栄えた三国町(現・福井県坂井市)という地域があります。先日そこにご縁があって訪れた際、地元食材をふんだんにつかった評判のジェラート屋さんに立ち寄りました。今回の記事は、そのお店や原材料にまつわる物語の、ほんの一端を書いてみました。


美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

いちじくの旬な時期がいつ頃なのか知っていましたか?夏から秋にかけてレストラン、カフェ、バー等では様々ないちじくメニューに出会うことができます。栄養価が高いことで古くから不老長寿の果物とも言われているいちじくについて、主な栄養素とオススメのレシピをご紹介します。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

スタート:上野公園・西郷隆盛像⇒上野大仏⇒国立科学博物館前⇒東京国立博物館前⇒東京芸術大学⇒谷中霊園⇒日暮里駅⇒谷中銀座⇒根津神社⇒弥生式土器発掘の地⇒ゴール:東京大学正門前


復活なるか?「江戸東京野菜」

復活なるか?「江戸東京野菜」

東京は農業がさかん!・・ではないことはなんとなくご存知ですよね。しかし、実は東京でも独自の品種が栽培されているんです。それを認定したものが「江戸東京野菜」。今回はそのストーリーの他、どこへ行けば食べられるのかもご紹介します!