いいことばかり♡今夜からできる快眠術7選!

いいことばかり♡今夜からできる快眠術7選!

寝つきが悪い、眠りが浅い、起きた時疲れている人たちに知ってもらいたい快眠術を集めました。


①浴槽に浸かる

湯船に浸かるだけで、室内外の温度差などでこわばった筋肉がほぐれていきます。
体を温めることにより血液やリンパの流れも活発になのでマッサージ効果もあるのです。
日中の疲れはお風呂で解消できそうですね。
入浴後30分くらいは布団に入らず体を冷ましましょう。

②冷たい飲み物は避ける

冷たい飲み物はなるべくものは避けて常温~あたたかい飲み物を取り入れましょう。
寝る前に体を冷やすのはよくありません。
水分補給にハーブティーはいかがですか。ハーブの香りに包まれてリラックスできます。
生姜を擦りおろして生姜湯にするとじんわり温まるので呼吸も自然にゆっくりとなり気持ちよく眠りにつけますよ。
温活にもオススメです。

③間接照明に切り替える

直接照明は脳が冴えてしまうので寝る1時間程前から間接照明に切り替えるようにしましょう。
間接照明は直接照明に比べ光の刺激が弱いので脳にこれから眠りに入るということを伝える準備時間になります。
やさしい光で目を優しく守ってあげましょう。

④ストレッチをする

手をグーパーしたり、前屈をするだけでも充分なストレッチになります。
入浴後の睡眠前が適当な時間帯です。寝つきも寝起きもすんなりすっきりとしましょう。

⑤スマホやPCの使用を控える

眠れない時スマホいじりをしている人は多いのではないでしょうか。

スマートフォンの普及に伴いブルーライトによる影響が注目されています。
紫外線よりも有害と言われており、眼球疲労の負荷が大きくなるだけではなく、体内時計を狂わせ、緊張して寝つきにくくなってしまいます。
ブルーライト対策用のメガネをかたり、スマートフォンを寝室に持ち込まないなど意識的な対策も手段のひとつです。

⑥温度湿度の調整

エアコンのつけっ放しは冷えの原因になりますので寝る前に寝室は冷やしておくことをおすすめします。睡眠中の使用は調整機能を活用しましょう。
夏場は除湿、冬場は加湿が必要になります。過ごしやすい空間を作りましょう。
快適な湿度は年間を通して50パーセントです。

⑦寝具は清潔に保つ

シーツや枕カバーは何日周期に交換していますか?
どんなに肌、髪のケアを念入りにしていても寝具が汚いと肌トラブルや不調の原因になります。
皮膚には皮膚常在菌があり寝ている間に繁殖してしまいます。
寝ている間にシーツや枕カバーについた皮脂汚れやフケは菌のエサとなっているのです。
毎朝の洗顔と同様に枕にタオルを敷いて毎日交換することが大切です。
ベッドは体を回復させるための場所です。心地よく過ごすために常に清潔にしておきましょう。

最後に・・・

人生の三分の一の時間を制する睡眠に関心が持てましたか?
習慣を少し変えるだけで睡眠の質も大きく変わります。
寝室ではリラックス空間を作ってゆったりと過ごし疲れ知らずの体を目指しましょう。

関連する投稿


ライターが「ヨガ」を初体験するとどうなるのか?

ライターが「ヨガ」を初体験するとどうなるのか?

「ヨガ」・・まさに女性の美へのあくなき探求の象徴。駅前には多くのヨガ教室があり、なにやキツそうなポーズをしてるイメージです。今回の記事では、熟練者の方や少しでも経験した方には物足りない内容かもしれませんが、とにかく”初心者”として感じたことをそのままお伝えしてみます!


白湯健康法の理想と現実?こだわりすぎず、でも注意すべき事もあり!

白湯健康法の理想と現実?こだわりすぎず、でも注意すべき事もあり!

憧れのあの人もしている「白湯健康法」。そんな白湯には様々な良い効果があり正しく飲めば危険性もデメリットもありません。でも、単純に「白湯は身体に良い」とだけ安易に思って、ちゃんと意識せずに飲んでいると落とし穴も。今回の記事では白湯の飲み方についての注意点も書きますね。


笑う門には「福」と「健康」と「美」も来たる!もう常識だけど、その理由は?

笑う門には「福」と「健康」と「美」も来たる!もう常識だけど、その理由は?

「笑う門には福来たる」このことわざを知らない人はいませんよね。 この「福」がまさに「健康」や「長寿」であるだけでなく、さらには「美容効果」もあることも広く知られてきました。今回の記事ではその理由をわかりやーすく説明してみます!


今年はいつ?土用の丑の日はうなぎを食べて美人度UP!

今年はいつ?土用の丑の日はうなぎを食べて美人度UP!

土用の丑の日の由来や栄養価について


ブルーライト対策や美肌にも…○○を食べて今すぐ健康美人になる!

ブルーライト対策や美肌にも…○○を食べて今すぐ健康美人になる!

美容や健康に関心がある人必見!スーパーでよく見かけるアレが美容に良かったのです!


最新の投稿


美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

いちじくの旬な時期がいつ頃なのか知っていましたか?夏から秋にかけてレストラン、カフェ、バー等では様々ないちじくメニューに出会うことができます。栄養価が高いことで古くから不老長寿の果物とも言われているいちじくについて、主な栄養素とオススメのレシピをご紹介します。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

スタート:上野公園・西郷隆盛像⇒上野大仏⇒国立科学博物館前⇒東京国立博物館前⇒東京芸術大学⇒谷中霊園⇒日暮里駅⇒谷中銀座⇒根津神社⇒弥生式土器発掘の地⇒ゴール:東京大学正門前


復活なるか?「江戸東京野菜」

復活なるか?「江戸東京野菜」

東京は農業がさかん!・・ではないことはなんとなくご存知ですよね。しかし、実は東京でも独自の品種が栽培されているんです。それを認定したものが「江戸東京野菜」。今回はそのストーリーの他、どこへ行けば食べられるのかもご紹介します!


いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

桜木町駅前⇒ドックヤードガーデン⇒日本丸⇒汽車道⇒旧横浜港駅跡⇒横浜赤レンガ倉庫⇒象の鼻桟橋⇒大桟橋⇒日米和親条約調印の地⇒横浜開港資料館⇒神奈川県庁⇒横浜開港記念館⇒横浜公園噴水前 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは http://walkers-hi.jp/ を御覧ください。


「夏越の大祓」に「100万人のキャンドルナイト」はいかがでしょう?

「夏越の大祓」に「100万人のキャンドルナイト」はいかがでしょう?

「夏越の大祓」と「100万人のキャンドルナイト」、どちらも聞いたことがあるような、ないような。なんとなく知っているような、知らないような・・。1年の折り返し地点の時期にあるこの2つの行事を改めて振り返ってみて、残りの半年を気持ちよく駆け抜けましょう!