3000以上の遺跡が眠る街、ミャンマーの「バガン」

3000以上の遺跡が眠る街、ミャンマーの「バガン」

今回は、3,000以上もの遺跡が点在するミャンマーの世界遺産古都、「バガン」を紹介しちゃいます!


「バガン」ってどんなところ?

バガン(Bagan)はミャンマーのマンダレー 地方の古都です。
町の平野部一帯に、大小様々な仏教遺跡が点在しており、
その数はなんと3,000を超えると言われています。

多くのパゴダや寺院は11世紀から13世紀に建立されたと言われており、
考古学保護区にも指定されています。

これまで世界遺産の登録は失敗続きのバガンでしたが、
とうとう2019年に正式に世界遺産に登録されました!

さらにバガンは、
カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともに、
「世界三大仏教遺跡」のひとつとされています!

アンコール・ワットやボロブドゥールは
以前記事で紹介してきましたが、
今回はついに最後のひとつ、バガンに行ってきたので紹介します☆

実際に行ってみた!

バガンへはいくつかの行き方がありますが、
私は滞在していたバンコクからミャンマーのマンダレーへ飛行機で行き、
マンダレーからバガンへはバスで向かいました!

バスは写真↑のような感じ。

古都マンダレー からバガンは約180km離れていて、
バスだとなんと5〜6時間ほどかかります(笑)

ちなみにヤンゴンからバガンに向かう場合は、
飛行機かバスになります。
飛行機だとあっという間ですが、往復三万円ほどと値段は高めです。。
ヤンゴンからバスを使用すると、10時間かかります!

マンダレーにもたくさんの素敵な寺院があるので、
マンダレー にも寄って、バガンに行くことをお勧めします♪

5〜6時間の長旅と言えど、
道路状況もそれほど悪くなく少し寝れました。

さらに、窓からの景色もとっても素敵。

写真の奥に見えるのは黄金のパゴダですね。

道中でもたくさんのパゴダを見ることができます。

道中はこんな素敵な景色を楽しむことができます!

森の中を進んでいく感じが、
THE途上国という感じがして大好きです。

ここは休憩で立ち寄ったところ。

日本でいうパーキンエリアのようなところです(笑)
トイレ休憩や、昼食を食べることもできます。

地元の人が頭の上に食べ物をのせて、
バスの中まで売りに来ます。

ミャンマーらしい光景ですね。

あっという間に、バガンに到着☆

バガンに入域するには、必ず入域料を支払います。
外国人は25,000ミャンマーチャット。
日本円で約1800円です。

バス停からバガン域内のホテルまでタクシーを使ったのですが、
入域する時にドライブスルーのような形で、入域料を払います!

バガンに到着!

バガンにはいくつか区域があり、
ホテルやレストランが立ち並んでいるのは「ニューバガン」です。

パゴダや寺院があるのは「オールドバガン」で、
バイクで15~20分ほどで到着します。

ニューバガンは写真のような感じ、超田舎!

オールドバガンに向かう前にお昼休憩を。

ここは「ブラックローズ」というレストランで、
インターネットで調べたところ好評だったので行ってみました!

17種類の野菜のスープと、野菜チャーハンをチョイス。
安くて量も多くて、栄養も満点。
味もとっても美味しくて、長バス旅で消耗した体力が回復しました〜

バガンでは、e-バイクをレンタルすることをお勧めします。
1日中レンタルして、たったの300円ほど!
値段はレンタル屋さんによって変わるので、
安いところをいくつか探すことをお勧めします。

ちなみに、免許がなくてもOK。
私は日本で車の免許持っていなくて、
もちろん原付バイクに乗ったこともなく(苦笑)

でも乗っているうちに慣れました!!笑

レンタル屋さんで少し練習させてもらいました。

バイクで20分ほど走らせ、オールドバガンに向かいます。

オールドバガンには、本当にたくさんのパゴダや寺院があります。
名前がついている有名なものから、名もなき小さなパゴダまで。

暑くて疲れたら、パゴダに寄って涼むなど、
バイクを使えば自由に観光できますよ。

この日の気温は33度前後。
昼間はとっても暑いので、日焼け止め必須です!

写真のように、小さなパゴダが至る所にあります。

こちらはとっても大きいパゴダ。

以前は、パゴダの上に登ることができました。
しかし、現在は全てのパゴダに登ることが禁止されています。

数年前ミャンマーで起きた地震で、
多くのパゴダが崩れてしまい安全性が確保できないことや、
遺跡を守るという目的で、禁止されました。

オールドバガンは大きな道は舗装されていますが、
ほとんどはこのような、舗装されていない道なので、
普段バイクに慣れていない人は注意してくださいね!

私も砂にタイヤを取られ、何度か転びました。。。

道の途中で、フルーツジュースで水分補給☆

こちらは一際大きな「タビニュ寺院」。
タビニュ寺院はパガンで最も高い寺院として有名で、
常に多くの人で賑わっています。

こちらは「シュエズィーゴン・パヤー」。
黄金の大きなパゴダで一際目を引きます。

こちらもとってもお勧めの寺院、「ティーローミィンロー寺院」です。

地震の影響で、一部が崩れてしまい、
現在は緑のネットが張られていました。。

パガンのナンダウンミャーという王が、
王位を継承したことを記念して建てられたそうですよ!

こちらは私一番のお気に入りの「アーナンダ寺院」。
ビルマとインドの建築様式を融合させたスタイルであり、
どこか西洋の建築の雰囲気が漂います。

白い寺院もバガンでは珍しいです。
こうした印象から「ビルマのウェストミンスター寺院」とも称されているそうですよ!

おすすめなのが、ここ「プー・パヤー」。
エーヤワディー川という川の畔にある寺院です。

黄金の不思議な形をした仏塔が、
美しい川と青空に照らされて輝いています。

こちらは夕陽スポットになっていて、
夕方は特に多くの人で賑わいます。

私が行った時は残念ながら雲に隠れてしまい、
夕日を拝むことができませんでしたが、
ここで夕日が見えたら本当に綺麗なんだろうと思います!

夜はミャンマービールで乾杯!

以上、バガンの紹介しました!

ここでは紹介し切れないほど、
数多くの寺院やパゴダが存在しているので、
バイクを借りて目一杯色んなパゴダに足を運んでみてください♩

この記事のライター

アジア大好きトラベラー

関連する投稿


神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

今回は、バックパック女子ひとり旅「ネパール編」。ネパールの首都で、人の数より神の数の方が多いと言われている「カトマンズ 」を紹介します。


「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

今回は、アジア3か国にまたがる「世界三大仏教寺院」について紹介したいと思います。それぞれ世界遺産にも登録されており、非常に長い歴史を持った遺跡郡です!


【バラナシ 】聖なるガンジス川の魅力!女ひとりでインド旅。

【バラナシ 】聖なるガンジス川の魅力!女ひとりでインド旅。

今回も、インド一人旅編。ヒンドゥー教の聖地、バラナシでの「ガンジス川」の魅力をたっぷりお伝えします!


インドで最もカオスな街「バラナシ」に行ってみた!

インドで最もカオスな街「バラナシ」に行ってみた!

今回は、これまでたくさんの国を訪れてきた筆者の一番のお気に入りと言っても過言ではない、インドの「バラナシ」 という街について紹介したいと思います!


絶対インスタ映え!マレーシア の「バトゥ洞窟寺院」

絶対インスタ映え!マレーシア の「バトゥ洞窟寺院」

今回は、マレーシア の首都、クアラルンプールに行ってきました。 絶対にインスタ映えすること間違いなし☆の、不思議な洞窟寺院を紹介します!


最新の投稿


神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

今回は、バックパック女子ひとり旅「ネパール編」。ネパールの首都で、人の数より神の数の方が多いと言われている「カトマンズ 」を紹介します。


ラウンドスタイル

ラウンドスタイル

「春」は、なぜか新しい気分にしてくれませんか? 新しいことも始めたくなりますよね? さて、フラワーアレンジメントを始めたくなる、そして、フラワーアレンジメントの基本「ラウンド」というフラワーデザインを春をテーマに製作してみました。


“数字の神秘”と2020年、“脳をだます”ことでパワーアップ!

“数字の神秘”と2020年、“脳をだます”ことでパワーアップ!

私たちは、“心の時代”と言われるこの2020年という年を迎えています。 そこで今回は、「2」と「0」が繰り返される特別パワーある年(毎年何らかの意味ある年と伝えられてはいますが、今年は他年とは違うようです)にちなんで、あなたの未来を明るくする話を少しだけ、あなたのためにお届けしましょう!


聖夜のためのキャンドルアレンジ

聖夜のためのキャンドルアレンジ

星降る聖夜にキャンドルを・・・明日はクリスマスイブ。素敵なクリスマスをお迎えください。 キャンドルのリースの作り方を公開しました。 メリークリスマス!


「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

今回は、アジア3か国にまたがる「世界三大仏教寺院」について紹介したいと思います。それぞれ世界遺産にも登録されており、非常に長い歴史を持った遺跡郡です!