世界一美しい霊廟、インドの世界遺産「タージ・マハル」

世界一美しい霊廟、インドの世界遺産「タージ・マハル」

今回はインドに行ってきました!世界一美しい霊廟といわれ、インドで最も有名な世界遺産「タージ・マハル」をご紹介します♪


インドの世界遺産「タージ・マハル」の物語

ついに夢にまで見たタージ・マハルへ!

今日はインドで最も有名な世界遺産といっても過言ではない、
「タージ・マハル」霊廟についてご紹介します!!

中学校や高校の世界史授業で習った!という方も多いのでは?
それくらい、世界中で有名な世界遺産です。

この「タージ・マハル」建設の背景には
とある切ないラブストリーが存在しているのをご存知ですか?

「タージ・マハル」はインドの北部、アグラという街にあります。

16世紀初頭から北インドに栄えたムガル帝国の第5代皇帝、
シャー・ジャハーンが、死去した愛妃ムムターズ・マハルのために建設した
総大理石の墓廟(お墓)で、インド・イスラームを代表する建築物です。

1632年に着工、1653年に竣工したと言われており、
およそ20年の月日と国力を総動員して建設したそうです。
(国力を使いすぎて、実際に帝国が傾きかけたとか・・・)

「タージ・マハル」という名前は、
皇帝シャー・ジャハーンの愛する妃、ムムターズ・マハルの名前からとったという説が支持されています。

妃が死去する前、遺言として後世に残る墓を建ててほしいと伝えていたそうです。
まさに皇帝の愛の傑作ですね。

タージ・マハルは南北560m、東西303mの長方形の敷地にあり、
敷地内には広大な庭園や大楼門(出入口の門)、イスラム教モスクや集会場もあります。

とにかく広大で、墓廟も屋根最上部まで58mと巨大です。
この巨大な墓廟が総大理石とは驚きです。

その美しさから、ディズニー映画「アラジン」に出てくる
ジャスミンが住むお城のモデルになったと言われています。

たしかに、タージマハルがある「アグラ」と、アラジンの架空都市「アグラバー」
名前が似ていますもんね!


それでは、実際に「タージ・マハル」に行ってきたので
その様子・写真をご紹介します!

タージマハルには、東西南の三箇所の門から入ります。
南門は最も混雑しますので、東西のどちらかの門から入場することがオススメです。

私は混雑を避けるため、早朝に向かうことにしました。
西門のすぐ近くにホテルを取り、朝6時にゲートへ。

外国人入場料は1250ルビー(約2000円)。
ちょっと高いですね。。

が、なんと!
私が行ったこの日は運良くラマダン(イスラム教の断食月)の終了日!
ということで、早朝3時間だけ、入場料が無料でした!!

外国人も無料でした。とってもラッキー!
インドは物価が安いので、1200ルピー浮けばかなり色々な物が買える☆

本来ならば、チケットカウンターでチケットを買い、入場します。
セキュリティチェックもあります。
カバンの中身まで見られるので、結構厳しい。

灼熱地獄の中(この日は最高気温45度)、入口の門である大楼門に到着!

左右対称で美しい。荘厳なつくりです。

ここをくぐり抜ければ、夢にまで見たタージが!!
私のテンションはMAXでした(笑)

じゃーん!

目の前に、美しいタージ・マハル。
息を飲む美しさ。感動!

後ろを振り返ると、水辺に映る大楼門。
赤茶色で荘厳な大楼門は、真っ白なタージマハルとのコントラストが美しい。

水面に映る「逆さタージ」。
真っ白な大理石の透明感のある美しさ。
完璧なシンメトリー。
遠くからでも見える美しい幾何学模様の装飾。

タージマハルに入るため、近づいていきます。
大きすぎて、だんだんカメラに収まらなくなってくる・・・。

たどり着くまで結構歩きます。早朝とはいえ暑い。
行くなら絶対早朝がオススメです。
日中なんて暑すぎて倒れてしまいそう・・・。

大理石と装飾の模様。
透明感があります。

インド人たちも暑くて、みんな座って休憩。

ついに、墓廟の中へ入ってみましょう。
タージ・マハルは裸足か、靴にカバーをして入場します。

タージ・マハルの中には何があるのか??

「棺」しかありません。
だって、この巨大な建物はお城でもなく、お墓なのですから!

中心部に、ムムターズマハルの棺が。
そして、シャー・ジャハーンは死去した後には、
その横にシャー・ジャハーンの棺が並ぶようにして安置されました。

実はシャー・ジャハーンは、このタージ・マハルを建設後、
死去するまで実の息子に囚われてしまいます。
(この物語はまた次回に。)

タージ・マハルに眠る愛妃を想いながら亡くなっていったのです。
亡くなった後ではありますが、今ではこうして二人で寄り添っているのです。

切ない愛の物語ですね。

タージ・マハルの敷地内には、モスク(イスラーム教の礼拝場)もあります。
とっても立派なモスクですね。

前述した通りこの日はラマダンの終了日ということもあって、
多くのムスリム(イスラーム教徒)が礼拝をしていました。

インドはヒンドゥー教がメインですが、約13%がムスリムです。

墓廟をぐるりと一周。
奥に見える塔は「ミナレット」と呼ばれる尖塔です。

タージ・マハルはどこから見ても本当に美しい!

ぜひ敷地内の色んな場所から眺めてみてください。
私のお気に入りは、この木陰から覗くタージ♪

幻の「黒いタージ・マハル」?!

実はシャー・ジャハーン、
タージ・マハルの前を流れるヤムナー川という川の対岸沿いに
タージ・マハル全く同じ形の真っ黒な「ブラック・タージ・マハル」を、
黒大理石を使って自分のお墓として建設しようと考えていたんです。

川を挟んで、愛妃が眠るタージ・マハルと向き合うように。。。

かし、実の息子に捕らえられて死んでいったシャー・ジャハーンは
その夢をついに叶えることはできませんでした。。

その建設予定地がここ、「マターブ・バーグ」。
入場料は外国人が300ルピー。

現在は綺麗な庭園となっています。

幻の「ブラック・タージ・マハル」

二人のラブストーリーに想いを馳せながら、
対岸に佇むタージ・マハルを眺めてみてください。

以上、ちょっと切ない世界遺産
「タージ・マハル」を紹介しました!

この記事のライター

アジア大好きトラベラー

関連する投稿


神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

今回は、バックパック女子ひとり旅「ネパール編」。ネパールの首都で、人の数より神の数の方が多いと言われている「カトマンズ 」を紹介します。


「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

今回は、アジア3か国にまたがる「世界三大仏教寺院」について紹介したいと思います。それぞれ世界遺産にも登録されており、非常に長い歴史を持った遺跡郡です!


【バラナシ 】聖なるガンジス川の魅力!女ひとりでインド旅。

【バラナシ 】聖なるガンジス川の魅力!女ひとりでインド旅。

今回も、インド一人旅編。ヒンドゥー教の聖地、バラナシでの「ガンジス川」の魅力をたっぷりお伝えします!


インドで最もカオスな街「バラナシ」に行ってみた!

インドで最もカオスな街「バラナシ」に行ってみた!

今回は、これまでたくさんの国を訪れてきた筆者の一番のお気に入りと言っても過言ではない、インドの「バラナシ」 という街について紹介したいと思います!


3000以上の遺跡が眠る街、ミャンマーの「バガン」

3000以上の遺跡が眠る街、ミャンマーの「バガン」

今回は、3,000以上もの遺跡が点在するミャンマーの世界遺産古都、「バガン」を紹介しちゃいます!


最新の投稿


神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

今回は、バックパック女子ひとり旅「ネパール編」。ネパールの首都で、人の数より神の数の方が多いと言われている「カトマンズ 」を紹介します。


ラウンドスタイル

ラウンドスタイル

「春」は、なぜか新しい気分にしてくれませんか? 新しいことも始めたくなりますよね? さて、フラワーアレンジメントを始めたくなる、そして、フラワーアレンジメントの基本「ラウンド」というフラワーデザインを春をテーマに製作してみました。


“数字の神秘”と2020年、“脳をだます”ことでパワーアップ!

“数字の神秘”と2020年、“脳をだます”ことでパワーアップ!

私たちは、“心の時代”と言われるこの2020年という年を迎えています。 そこで今回は、「2」と「0」が繰り返される特別パワーある年(毎年何らかの意味ある年と伝えられてはいますが、今年は他年とは違うようです)にちなんで、あなたの未来を明るくする話を少しだけ、あなたのためにお届けしましょう!


聖夜のためのキャンドルアレンジ

聖夜のためのキャンドルアレンジ

星降る聖夜にキャンドルを・・・明日はクリスマスイブ。素敵なクリスマスをお迎えください。 キャンドルのリースの作り方を公開しました。 メリークリスマス!


「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

今回は、アジア3か国にまたがる「世界三大仏教寺院」について紹介したいと思います。それぞれ世界遺産にも登録されており、非常に長い歴史を持った遺跡郡です!