ベトナムの最大都市、ホーチミンの観光スポットをご紹介

ベトナムの最大都市、ホーチミンの観光スポットをご紹介

今回はベトナム最大の都市、ホーチミン市の観光スポットをご紹介します♪


ホーチミンってどんな都市?

ホーチミン市は、旧名をサイゴンといい、
ベトナム戦争でアメリカ軍が駐留したことで有名なベトナム南部の大都市です。

街路には屋台が軒を連ね、賑やかなベンタイン市場周辺は特に密集しています。

古くからベトナムの経済的中心地として栄え、
「東洋のパリ」と呼ばれた19世紀のフランス統治時代の影響が残り、
フランス領時代にすべてフランスから輸入した資材で建設されたサイゴン大教会や、
中央郵便局などが残る町並みでも知られています。

また、経済成長で建てられた高層ビル郡と雑多なバイク渋滞・スラム街が同居し、
アジアらしさを残す街並みも存在しています。

登録人口が800万人を抱えるホーチミン市は、
ベトナム南部圏の中心として国内GDPのおよそ半分を占め、
ベトナム経済を牽引している大都市です。

そんなホーチミンの観光スポットを紹介します☆

サイゴン大教会

サイゴン大教会は、ベトナムのホーチミン市1区にあるカトリックの大司教座大聖堂です。
聖マリア大聖堂とも呼ばれていますよ。
サイゴンがフランスの植民地だった1863年から1880年にかけて、
全てフランスから輸入した資材で建設されました。

ネオ・ゴシック様式の教会で、カトリック教徒も多いホーチミンでは
ミサに訪れる人々がたくさんいます。
さらに観光としてもとても人気があります。

カトリック教会なので、鮮やかで美しいステンドグラスや
聖母像、キリスト像がたくさんあります。

さすが大聖堂といわれるだけあって、かなり広いです。

ステンドグラスがきれい♪

外には大きなマリア像が!
外観もフランス風で、アジアであることを忘れるよう。

建物自体がとても美しいのでぜひいってみてください!
次は、その奥にある黄色い建物、「中央郵便局」を紹介します。

中央郵便局

サイゴン中央郵便局は、1886年に建設を開始し、
1891年に当時のフランス領インドシナの郵便・電信施設として完成しました。
パリのオルセー美術館(当時駅舎)をモデルにしたといわれており、
コロニアルスタイルの観光名所として有名で、ヨーロッパ建物の風格があります。

黄色、というのもとても鮮やかで珍しいですよね!

ここでは現在でも通常の郵便・通信業務が行われています!

なんと、この日は結婚式の撮影をしているカップルが♪

絵になりますね〜!

中の様子がこちらです。
天井が高く、美しいアーチを描いています。

たくさんの観光客で賑わっていますよ!

観光客用のおみやげ物売り場もありますよ♪
ホール外周のカウンターでは現在でも郵便をはじめとして
各種通信・金融サービスカウンターが並んでいます。

こちらは国際電話用の電話ボックスと、それを模したATMです!
おしゃれですね〜!

統一会堂(旧大統領官邸)

統一会堂は、南ベトナム政権時代の旧大統領官邸で、
ベトナム戦争終結のシンボルでもあります。

1975年4月30日に解放軍の戦車が無血入城を果たし、事実上ベトナム戦争は終結したのです。

政情が不安定だった時代に建物の呼び名もたびたび変わっており、
1873年から1955年の呼称は「ノロドン宮殿」、
1955年から1975年の間は「独立宮殿」、などとも呼ばれていました!

大小100以上の部屋があり、地下は軍事施設として使われていました。

建物は当時の状態を保っており、一般観光客に公開されています。
現在でも重要な国際会議には統一会堂が使用されることがあるそうです!

たくさんのベトナム国旗が掲げられているのが印象的です。

入場料を払い見学します。
とてもきれいに整備された広い庭と噴水が望めます。

さすが元大統領邸ということもあり、
豪華なつくりの建物です。

絨毯なども高級そう・・・

こちらは実際に使われていた、宴会部屋です。
こうした部屋を実際にいくつも見ることができます!

こちらはひろ〜い会議室。
他にも、昔の大統領部屋や大統領の寝室まで見学することができます!

歴史を感じることができる場所なので、ぜひ訪れてみてください!

ホーチミン市人民委員会庁舎

ホーチミン市の象徴といえばこれではないでしょうか?!
「ホーチミン像」がある人民委員会庁舎です(像の後ろの建物)!

優雅なコロニアル建築で、こちらは一般公開されていないにもかかわらず観光客に大人気。
やはりホーチミンの像があるというのと、さらに夜はライトアップがとっても麗なのです!

ホー・チ・ミン氏の誕生百周年を祝して、1990年に建物正面前の公園にブロンズ像が設置されました。
2015年に、現在の新しい像に置き換えられ、こちらもブロンズ製で高さは7.2メートル、
支持者に挨拶している姿となっています。

像の方からみた景色がこちらです。
美しく整備された街並みや高いビル、がベトナムの経済成長を物語っている様に感じます。

ホーチミン市の中でも非常にわかりやすい位置にあるので、ぜひ訪れてみてください!

ベンタイン市場

最後にご紹介するのはベンタイン市場です!

ベンタイ市場は、創立以来100年以上経つ歴史のある市場となっています。
生鮮食品、衣服、食品、工芸品などありとあらゆるものが売られており、
観光客はもちろん、地元の人々で常に賑わっています。

店舗数は、およそ1000店舗と言われています・・・!

中はかなり広いのですが、店がとにかく多いため、通路は狭く
モノと人でごったがえしています!(笑)

日用品、服なども売っています。

店員さんは基本座っていて、ご飯食べたり携帯いじったりかなり自由な接客スタイル(笑)
(アジアあるあるですね)

買うときは基本、値切り交渉しましょう!
最初にふっかけられる値段はかなり高いことが多いです。

食べ物屋台も数多く出店しています。
衛生面の保証はできません、、
(実は私ここで食べた料理で胃腸炎になり、その後市内の病院で入院する羽目に。。)

味は美味しかった・・・!
ベトナム名物、フォー!

お土産もここで揃うので、ぜひ行ってみてください☆

以上、ホーチミンのおすすめ観光スポットを紹介しました!

この記事のライター

Ayu

アジア大好きな大学院生

関連する投稿


モンゴルの大草原で気球体験!

モンゴルの大草原で気球体験!

今回は、モンゴルの大草原の中を気球で飛んだ思い出をシェアします。日本では味わうことのできない大自然の体験をおすすめしていきます!


いざモンゴルへ!首都ウランバートルの様子

いざモンゴルへ!首都ウランバートルの様子

今回はモンゴルの首都、ウランバートルの町並みや、訪れるべきスポットを紹介したいと思います!大草原のイメージとは一味違うモンゴルの姿が見えますよ〜。


知っているようで知らない!「モンゴル」ってどんな国?

知っているようで知らない!「モンゴル」ってどんな国?

日本人にとっては、お相撲さんの活躍などから馴染みの深い「モンゴル人」。しかしモンゴルがどんな国か、知らない人も多いのでは?!今回からは、そんなモンゴルについて紹介していきたいと思います。筆者も大好きな国の一つです。


タイで最も美しい「エラワンの滝」で自然を大満喫!

タイで最も美しい「エラワンの滝」で自然を大満喫!

今回は、タイで一番美しい滝と言われている滝がある、エラワン国立公園をご紹介したいと思います!


南国タイのクリスマスってどんな感じ?!

南国タイのクリスマスってどんな感じ?!

タイ滞在記!今回は、南国であり仏教国であるタイのクリスマスの様子がどんな感じなのか、お伝えしたいと思います!日本よりもクリスマス好きかも?!


最新の投稿


モンゴルの大草原で気球体験!

モンゴルの大草原で気球体験!

今回は、モンゴルの大草原の中を気球で飛んだ思い出をシェアします。日本では味わうことのできない大自然の体験をおすすめしていきます!


いざモンゴルへ!首都ウランバートルの様子

いざモンゴルへ!首都ウランバートルの様子

今回はモンゴルの首都、ウランバートルの町並みや、訪れるべきスポットを紹介したいと思います!大草原のイメージとは一味違うモンゴルの姿が見えますよ〜。


知っているようで知らない!「モンゴル」ってどんな国?

知っているようで知らない!「モンゴル」ってどんな国?

日本人にとっては、お相撲さんの活躍などから馴染みの深い「モンゴル人」。しかしモンゴルがどんな国か、知らない人も多いのでは?!今回からは、そんなモンゴルについて紹介していきたいと思います。筆者も大好きな国の一つです。


卵屋さんシリーズ5 養鶏の大敵 

卵屋さんシリーズ5 養鶏の大敵 

冷蔵庫に必ず入っているといっても過言ではなく、日々の食卓に欠かせない「卵」。では、そんな身近な卵のことをあなたはどれくらい知っていますか? このシリーズでは、卵屋さんの目線で、色々な角度から卵を紹介していきます。せっかくなので、あまり知られてはいないであろう話題を集めてみました。 新しい情報満載で、卵への興味でいっぱいになるかも・・・。 シリーズの5回目は、養鶏の一番の困りごとについて。目に見えない敵との戦いのご紹介です。


タイで最も美しい「エラワンの滝」で自然を大満喫!

タイで最も美しい「エラワンの滝」で自然を大満喫!

今回は、タイで一番美しい滝と言われている滝がある、エラワン国立公園をご紹介したいと思います!